Entries

雷の季節の終わりに 恒川光太郎

装丁は片岡忠彦。書き下ろし。
異世界の町、穏に住む少年・賢也は姉の失踪後、
物の怪「風わいわい」に取り憑かれます。
ある秘密を知り町から逃れた先には…。
穏の慣習、雷季、風わいわい、墓町、闇番、鬼衆など魅力的な設定。
穂高や遼雲など生き生きとした登場人物。
加えて丁寧な風景の描写に、穏で暮らしているような気分に。
残酷な場面もありましたが先が気になって読み進みました。
賢也がどうなるのか、結末まで飽きさせない展開。
ホラー、ミステリー、冒険といろいろな要素を含んだ異世界伝奇ファンタジー。
この物語も幻想的で美しい世界観。
伏線の回収も上手で面白かったです。
迷子の時は風わいわいに案内してほしいです(危険?笑)。
早田浩司の正体?が気になります。
関連情報 恒川光太郎の読了本
秋の牢獄 恒川光太郎
夜市 恒川光太郎
雷の季節の終わりに
恒川 光太郎
4048737414

雷の季節の終わりに
恒川 光太郎
4048737414

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)
恒川 光太郎
4043892020

雷の季節の終わりに 恒川光太郎
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/405-792a1f9d

トラックバック

[T4442] 『雷の季節の終わりに』 恒川光太郎

雷の季節の終わりにposted with amazlet on 07.01.15

[T4444] ◎◎「雷の季節の終わりに」 恒川光太郎 角川書店 1575円 2006/10

 前作『夜市』では、その表題作でも、一緒に収録されていた「風の古道」でも、現実の世界のすぐ隣にある異世界を物語に取り込み、少し淋しげで、また静謐な世界観を作り上げていた作家恒川光太郎。今回も同様の世界を描く。しかししかし、その世界の奥は深く、こんな比較は

[T4449] 雷の季節の終わりに/恒川光太郎

異世界の小さな町、穏(おん)で暮らす少年・賢也。「風わいわい」という物の怪に取り憑かれている彼は、ある秘密を知ってしまったために町を追われる羽目になる。風わいわいと共に穏を出た賢也を待ち受けていたものは-? つわり初期に読んだ本。2006年12月下旬か年が明けた頃

[T4452] 雷の季節の終わりに

『雷の季節の終わりに』恒川光太郎(角川書店)現世から隠れて存在する小さな町・穏で暮らす少年・賢也。彼にはかつて一緒に暮らしていた姉がいた。しかし、姉はある年の雷の季節に行方不明になってしまう。姉の失踪と同時に、賢也は「風わいわい」という物の怪に取り憑かれ

[T4457] 恒川光太郎「雷の季節の終わりに」

『夜市』で第12回日本ホラー小説大賞を受賞した恒川光太郎、待望の受賞第一作。

[T4460] 雷の季節の終わりに / 恒川光太郎

雷の季節の終わりに(2006/11)恒川 光太郎商品詳細を見る現世から隠れて存在する小さな町・穏で暮らす少年・賢也。彼にはかつて一緒に暮らして...

[T4463] 雷の季節の終りに  恒川光太郎

公開はいつになるか分かりませんが、この記事を書いている今現在は6日の深夜、いやもう日付は変わって7日になります。草木も眠る丑三つ時とまではいきませんが、冬の深い闇が外を包んでいます。 そして折からの低気圧の影響で台風並の強風が吹き荒れ、窓が軋み、近所の...

[T4465] 無常の季節

少年の日、僕にとっての雷の季節とは、 梅雨という季節の終わりであり、 夏という季節の幕開けでもあった。 松原の先の海へと落ちていく稲光と 稲光からほんの僅かに遅れて届く轟音は まさに雨の季節との決別であり、 巡り来る真夏との融合だった。 稲妻はどこ...

[T4488] 雷の季節の終わりに 恒川光太郎著。

初めて恒川氏の長編読んだ。なるほど、今まで彼の書く不思議な空間の物語、是非長編で味わいたいと思っていたけど、こうなるのか。 日本ではない、そしてちょっとずれた異空間にある国、穏。文明の発達してないちょっと古びた町をイメージした。 穏では、四季の他に雷季が

[T4492] 『雷の季節の終わりに』 恒川 光太郎

現世から隠れて存在する小さな町・穏で暮らす少年・賢也。彼にはかつて一緒に暮らしていた姉がいた。しかし、姉はある年の雷の季節に行方不明になってしまう。姉の失踪と同時に、賢也は「風わいわい」という物の怪に取り憑かれる。風わいわいは姉を失った賢也を励ましてくれ

[T4505] 「雷の季節の終わりに」 恒川光太郎

雷の季節の終わりに恒川 光太郎デビュー作の『夜市』を読みたいと常々思いつつ、買うでもなく借りるでもなく時が過ぎていくうちに、書店に並ぶ新刊を目にした。前作同様、目を引く美しい色合いの装丁である。2作目に急かされるようにして、2冊まとめて購入してみた。まだ1冊

[T4572] 『雷の季節の終わりに』恒川光太郎

雷の季節の終わりに恒川 光太郎 角川書店 2006-11売り上げランキング : 5006おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 現世から隠れて存在する小さな町・穏で暮らす少年・賢也。彼にはかつて一緒に暮らしていた姉がいた。しかし、姉はある年の雷の季節に行方不明にな

[T4624] 『雷の季節の終わりに』/恒川光太郎 ◎

これはいい作品だ~。なんだろう、こう、ひたひたと忍び寄ってくる、そこはかとない、怖さ。すぐ後ろに、闇がわだかまっている。今にも、「ひと」を呑み込もうと。いや、飲み込まれるのは人なのか。世界はすでに、呑み込まれているのではないか。彼岸と此岸の境は、曖昧だが

[T4627] 「雷の季節の終わりに」感想。

読み終わりました。大好きな作家さんなので感想をば。恒川光太郎著作:「雷の季節の終わりに」この方はとても柔らかい文章を書く方だと...

[T4648] 雷の季節の終わりに(恒川光太郎、角川書店)

衝撃のデビュー作「夜市」が、次回作が期待できるような内容だったので、おぉ!新刊!と喜び勇んで手に取った作品。異世界の小さな町、穏(おん)で暮らす少年・賢也。「風わいわい」という物の怪に取り憑かれている彼は、ある秘密を知ってしまったために町を追われる羽目に

[T5557] 恒川光太郎のことども

  ○ 『夜市』 ◎◎ 『雷の季節の終わりに』   ◎ 『秋の牢獄』

[T5781] 書籍「雷の季節の終わりに」読了。

雷の季節の終わりに 書籍「雷の季節の終わりに」 恒川光太郎・著 角川書店・刊を読了。 先日エソラを読んで読みたくなったので、手をつけてみた。 この話は、穏という日本とは隔離された次元のずれた場所での物語。そこには雷季というのがあり、外では風わいわ...

[T5812] 雷の季節の終わりに

 これで現在出版されている恒川光太郎の本を全て読んでしまった。『秋の牢獄』、『夜市』、そして本書の順である。著者はデビューして間もないため、まだ三冊しか出版していないのだから仕方がない。 ただ長編は本作のみで、あとは中編集である。どちらかと言えば、著者...

[T5820] 本「雷の季節の終わりに 」

雷の季節の終わりに 恒川光太郎 角川書店 2006年11月 穏は、海辺の漁村を中心とした一帯の名称で、海と畑からとれるものを基本として生計をたてている。書物にも記載されてないし、地図にも載っていない。穏には、冬と春の間に雷の季節がある。 その穏で

[T5984] 雷の季節の終わりに/恒川光太郎

雷の季節の終わりに/恒川 光太郎 ¥1,575Amazon.co.jp 【現世から隠れて存在する小さな町・穏で暮らす少年・賢也。 彼にはかつて一緒に暮らしていた姉がいた。しかし、姉はある年の雷の季節に行方不明になってしまう。 姉の失踪と同時に、賢也は「風わいわい」とい

[T5988] 雷の季節の終わりに

雷の季節の終わりに 恒川光太郎著 地図に載ることもない土地『穏』には、四季の他にもう一つ、冬と春の間に雷季という季節があった。その...

[T10008] 「雷の季節の終わりに」 恒川光太郎著

―内容(「BOOK」データベースより)― 現世から隠れて存在する小さな町・穏で暮らす少年・賢也。彼にはかつて一緒に暮らしていた姉がいた。しかし、姉はある年の雷の季節に行方不明になってしまう。姉の失踪と同時に、賢也は「風わいわい」という物の怪に取り憑かれる。...

コメント

[C6169]

藍色さん☆おはようございます
「風わいわい」が気になって仕方ありません。
わたしのそばにもいるような気ガします。

[C6175]

藍色様、こんにちは!お邪魔致します。
ひ~!トラバうまく出来ていると良いのですが…笑。

かわらず、レビュー数も凄いですね!尊敬します。
これから色々読ませて頂きます。何にしようかな~♪♪
個人的に貫井徳郎先生が大好きなのでそこから…笑。

ではは!失礼致しました。

[C6176] こんにちは。

TB、コメントありがとうございます。

本当にリアリティ溢れる文章を書かれる作家さんですよね。
これからの作品もとても楽しみです。
ジャンルが特定できないような複雑な物語でありながら、すっとその世界に入っていける懐の深さ。
読書の醍醐味を味あわせてもらえます。

[C6186]

不思議でこことは違う世界だけど、でもどこかであるんじゃないかなと思える話でした。ほころびがないのがすごい。
風わいわい、魅力的でしたね。
早田浩司の正体はやっぱり気になります。

[C6189]

藍色さん こんばんは。
独特の世界観が楽しめますよね。風わいわいも、良かった。
ただ、ト○○○○以降が←くどいよ私!! 
確かに大学生の正体気になりました。
残虐テイストも好きなんですが、後半はちょっとねぇ(苦笑)

[C6194]

「夜市」TBありがとうございます。
何故か管理画面から締め出しを食らっていて、TBを返すことができませんでした(^^;

三作とも時に残酷だけど、幻想的で美しい世界を描いた作品ですね。
僕個人としては、作を経るごとにどんどん書き方が上手くなってきていると思います。
  • 2008-02-05 21:52
  • おんもらき
  • URL
  • 編集

[C6197]

藍色さん こんばんは
独特の世界観でしたね。妖しげな世界だけど、堪らなく魅力的な世界でした!! 人物に謎を残した終わり方は、続編を期待させますね!!

[C6200]

恒川さんの世界は広いですね。
それこそ風わいわいの案内が欲しいくらいに。

それにしても彼は何者なんだか。
  • 2008-02-05 22:58
  • たまねぎ
  • URL
  • 編集

[C6201]

Rokoさん、こんばんは。
風わいわいって、ちょっと気になるキャラでした。
もしそばにいるんでしたら、道案内してもらえますね(でも危険!笑)。

[C6206]

藍乃さん、こんばんは。
トラバ未着です。再トラバ&トラバ欄の承認待ち表示のご確認をお願いします(汗)。
本のことコツコツ書いてきて形になった感じです。選びやすいといいのですが。
貫井さん最近の「夜想」は重いので「ミハスの落日」「悪党たち~」が楽しめるかも。

[C6210]

びびこさん、こんばんは。
こちらこそTB、コメントありがとうございます。
独特の文章に引き込まれ、ホラーの枠に留まらない奥深さに魅了されてます。
読書の醍醐味を深く濃く味わえる物語ですよね。今後も期待できそうです。

[C6220]

ちきちきさんへ。
穏、どこかにあってもおかしくないようなリアルさが感じられました。
風わいわい、穂高、早田浩司など、サブキャラたちも存在感があってよかったです。

[C6223]

naruさん、こんばんは。
まるで穏にいるような臨場感、楽しめました。風わいわいが一味加えてた気もします。
早田浩司の謎、深まります。トバムネキ(ネタバレ!忘れ予防)過激すぎたかもです。

[C6227]

おんもらきさんへ。
こちらこそ、TBありがとうございます。
私も2月3日はログインから強制排除、長時間入れなくて。遅れはお気になさらずに。
三作読んでみると、残酷さもありますが、幻想的で美しい世界が素敵ですよね。
そうですね。一作ごとに書き方が上手くなられて、洗練されている気がします。

[C6229]

yoriさん、こんばんは。
妖しげで怖さもある世界なのに、とっても素敵に感じました。
あっ、早田浩司の謎、続編への伏線って事もありえますね!期待しちゃいます。

[C6235]

たまねぎさんへ。
風わいわいに恒川さんの広い世界の案内を!さすがの発想です。
彼=早田浩司の正体、気になりますね。

[C6250]

本当にあの大学生の正体気になります!続編なかったら勿体なさすぎますよね。
終盤にあんなおいしいキャラを用意してて、あれでおしまいなんて、ね~。もっともっと後半だけでも話膨らみましたよね。
  • 2008-02-08 16:12
  • じゃじゃまま
  • URL
  • 編集

[C6253]

こんばんわ☆

早田浩司の正体、私も気になります!
彼はいったい何者なんだ~!穏の住人だったのか…。
早田だけでお話作ってもらいたいくらいです。
彼なら主役はれると思う(笑)

風景描写がとてもきれいで丁寧なので、まるで見てきたかのような気分になれるお話でしたね。
早く新作が読みたいです♪

[C6265]

こちらにもお邪魔します。
穏の描写にリアリティがあって、異世界なのにすっと引き込まれてしまいました。
風わいわいとか、穏の風習とか独特で魅力的です。
彼の存在は謎のままですね。
永遠の謎に終るのか、解ける日がくるのか。
それはこの先のお楽しみということでしょうか。

[C6270]

じゃじゃままさんへ。
早田浩司、魅力的なキャラでした。このままだとほんと、勿体なさすぎです。
終盤が駆け足のような気もしました。もう少し膨らませてほしかったですよね。

[C6276]

マメリさん、こんばんは。
謎めいてる早田浩司のお話、読んでみたいですね~。彼を主役に新たな世界が(笑)。
目の前に映し出されるかのように、丁寧で美しい描写でした。新作が楽しみですね。

[C6291]

雪芽さんへ。
こちらにも、寄ってくださって嬉しいです。
そこにいるような臨場感あふれる穏の描写。独創的なイマジネーションが素敵です。
早田浩司の謎、いつの日にか解けることを楽しみにしています。

[C6446]

藍色さん、こんばんは(^^)。
恒川さんは、素晴しいですね!
美しい描写、確固とした世界観、そして幽かに現実世界とつながる「異界」。本当に、読んでいてどんどん惹き込まれました。
早田は、天上家の人間では?早田の存在について語る物語が、描かれるといいですよね。
  • 2008-02-22 22:52
  • 水無月・R
  • URL
  • 編集

[C6468]

水無月・Rさん、こんばんは。
恒川さんが描く異界。独特の世界観に怖くても惹き込まれて、とても好きです。
早田の正体、天上家っていうのもアリですね。語られる物語、期待しています。

[C6478]

「夜市」のテイストはそのままに、
だけど一層恐ろしさが感じられる作品でした。
序盤で腰がひけてしまって、
馴染めぬまま読みすすめてしまって残念。
三作目、まだ読んでいないので、期待しています。
  • 2008-02-24 20:34
  • くろ
  • URL
  • 編集

[C6501]

くろさんへ。
「夜市」の異界の味わいに、ブラックな要素も含まれてて怖さがありました。
あら~、序盤で腰が…残念でしたね。三作目「秋の牢獄」短編集で面白かったですよ。

[C7674]

藍色さん、こんばんわ。
ほんとうに色んな要素がありましたね。『風わいわい』私も気に入りました。藍色さんのレビューを読んで、今すごく早田浩司の正体が気になりだしました。謎…ですよね。

[C7695]

romiさん、こんばんは。
気まぐれな風わいわい、すっかり人気キャラですね。
早田浩司って何者でしょう?別の物語に再登場、あるいは続編を期待してます。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


カテゴリー