Entries

地に埋もれて、あさのあつこ

装画は民野宏之。装丁は藤田知子。
「バッテリー」で第35回野間児童文芸賞受賞。
「バッテリー」全6巻で第54回小学館児童出版文化賞受賞。
ほかの作品「NO.6」シリーズ、講談社青い鳥文庫「テレパシー少女「蘭」事件ノート」シリーズ、
「TheMANZAI」「透明な旅路と」「福音の少年」「弥勒の月」など。

無料携帯サイト「The News」2005年9月5日から11月23日連載を改稿。

心中を頼まれ薬を飲み、土の中に埋められ死にかけていた
城台優枝(じょうだいゆえ)を掘り起こしたのは、見知らぬ少年でした。
少年は、美しい鉱物のような瞳と沁み込むような声を持ち、
なぜか優枝の名前やこれまでの事情を知っていて、
気持ちを読むような言動をします。
・・・神か悪魔か死神か?。
「おれのこと、絶対、忘れないと言ったのにな」と囁き、
心中相手を憎むように促す謎の少年と、優枝は部屋に帰り着きますが・・・。

何の先入観もなく穏やかな表紙のイメージから、
平凡な市井の人々の話かと思っていたら、タイトルそのまんまの始まり方にビックリ。
物語は優枝の視点で、心中までのいきさつ、
職場の仕事内容や人間関係などに、不思議な魅力を持つ
謎の少年とのやりとりを織り交ぜながら、語られていきます。
思いもよらない人からの連絡に決断を下し、向き合いたくなかった家族のこと、
人と関わりを持ちたがらない理由:過去の衝撃的な事件が明かされていきます。

あさのさんは、「NO.6」シリーズの1・2巻、「透明な旅路と」を読んだくらいです。
大きな文字で読みやすいこともあって、一気に読めました。
優枝の、生きることに後ろ向きな姿勢への違和感が始めにあったのですけど、
理由がわかって氷解しました。
最後に、少年との関係を思い出した優枝が、導かれた先でのサプライズ・・・。
優枝が自分を信じて生きていく気持ちに変わり、
自分の場所に帰るエンディングが印象に残る、再生の物語でした。
心に残った言葉“笑って、泣いて、生き抜いて死になさい。(p262)”

少年は「透明な旅路と」にも登場した白兎(はくと)くんです。
もしかするとこの先、シリーズになるのかもしれません。
地に埋もれて地に埋もれて
(2006/03)
あさの あつこ

商品詳細を見る

地に埋もれて
あさの あつこ
4062132753

地に埋もれて、あさのあつこ
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/116-3d6e358a

トラックバック

[T251] ■ 地に埋もれて あさのあつこ

地に埋もれてあさの あつこ講談社 2006-03意識を取り戻すと、自分は土の中にいて、心中していっしょに死んだはずの恋人が、自分の体の上にさらに土をかけている。そんな、これは辛すぎるぞ・・・!という状況から始まる本書。この状況から、主人公優枝を助けるべく、「透明

[T275] 地に埋もれて*あさのあつこ

☆☆☆・・ 地に埋もれてあさの あつこ (2006/03)講談社 この商品の詳細を見る月明かりの夜、藤花の下、わたしは土の中から引き戻された。夢なのか、それとも幻なのか・・・・・。黄泉と現が交差する、生と死のミステリー

[T372] 地に埋もれて 〔あさのあつこ〕

地に埋もれて≪内容≫月明かりの夜、藤花の下、わたしは土の中から引き戻された。夢なのか、それとも幻なのか…。黄泉と現が交差する、生と死のミステリー。(BOOKデータベースより)

[T753] 地に埋もれて あさのあつこ

無理心中を持ちかけられ、恋人から生き埋めにされる寸前に救われた女性・優枝と、彼女を救った少年・白兎の物語。『透明な旅路と』にも登場した少年・白兎が再登場、その妖艶で神秘的な雰囲気を今回も醸し出し、物語のキーパーソンとなり話は展開していく。生きる望み...

[T3584] 地に埋もれて

あさの あつこ 無理心中の末、地中に埋められた主人公が 掘り出される所から物語が始まる。 出だしはホラー調だけれど、力づけられる作品だった。 主人公を助け出す少年、白兎は 『透明な旅路と』にも登場。 図書館/06.06.09読了

[T5906] 地に埋もれて あさのあつこ

地に埋もれて ■やぎっちょ読書感想文 またもや隔世の物語(惚) 死んでいるのか、生きているのかよくわからない。ホラーファンタジーは昨日の「夜市」に続いて連続。 とゆうか、吉本ばななさんの「キッチン」を読んでいたのだけど、こっち明日(もう今日)図書館...

コメント

[C373]

こんばんは!
冒頭はショッキングでしたよね~
でも、藤の描写などで不思議と受け入れていました。
なんとも幻想的で不思議な感覚。
優枝の過去は辛いものがありましたが、読後感はとっても良かったです。
  • 2006-08-02 21:28
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C374]

エビノートさん、こんばんは。
冒頭はホラーでしたね。読んでて身構えてしまいましたけど、「二人藤」で落ち着けました。
優枝の過去の事件、自分だったら、と思ってちょっと怖かったり辛かったり。でもいい終わり方で、よかったです。
白兎くんのシリーズ、次を期待しちゃいますよね。

[C815]

こんばんは。藍色さん。
TBとコメントありがとうございました。
『透明な旅路と』と同じ雰囲気があり、私も一気に読んでしまいました。
人物の心理描写や展開が巧いですよね。
ラストが少し唐突のような気がして、ちょっと残念に思いました。
しかし、白兎くんシリーズは、この先に刊行させるといいですね。
  • 2006-10-20 19:22
  • ゆう
  • URL
  • 編集

[C817]

ゆうさん、こんばんは。
語り手の優枝がなぜ、こんなに生きることに後ろ向きなのか、という謎。
土の中から救い出した少年の謎。
戸惑いと明かされていく過去の心理描写、先へと引っ張る展開が上手でした。
ラスト、そうですね、唐突な感じもありました。
白兎くんシリーズ、続編期待してもいいかも、ですね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー