Entries

灰色のピ-ターパン-池袋ウエストゲートパークVI、石田衣良

カバー・目次写真は新津保建秀。モデルはKOTAO。装幀は関口聖司。
池袋西口公園前の果物屋の店番(息子)でクラシック音楽を愛し、
ミニコミ紙にコラムも書いているトラブルシューター、
主人公で語り手の真島誠(マコト)が持ち前の機転の良さと
知人のネットワークを駆使して、舞い込む難題に立ち向かっていきます。
オール讀物不定期掲載の4つの連作短編を収録。通称IWGPシリーズ第6弾。

灰色のピ-ターパン:
小学5年生で非合法ビジネスで稼いでいる稔から恐喝への交渉を頼まれます。
その先には、マッドドッグと呼ばれる手強い男が。

野獣とリユニオン:
路上強盗で兄の足を壊して調理師の仕事をできなくした未成年(ケダモノ)の
男の足を壊すように妹の千裕から持ちかけられます。

駅前無認可ガーデン:
無認可保育園の園長をしている先代キングから、誤解されやすい見習い保育士が
危険でないことを証明する依頼を受けます。

池袋フェニックス計画:
健全な街の再生が名目の、警察の外国人と風俗店摘発にうさん臭さが。
一方、風俗に行った姉・和美を救いたい妹・郁美の依頼を受けることに。

石田さんは「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ、「娼年」「波のうえの魔術師」
「4TEEN」「東京DOLL」「アキハバラ@DEEP」「ブルータワー」などを読みました。
すでにおなじみのメンバー:北東京一のハッカーで池袋の情報屋のゼロワン。
池袋の少年少女たちのチーム、Gボーイズの王様で冷厳を身にまとうキング安藤崇。
元いじめられっ子で関東賛和会羽沢組系氷高組の渉外部長のサル。
池袋署生活安全課の万年平刑事の吉岡。
幼なじみで池袋署の署長の礼にい、こと横山礼一郎警視正-
とのやりとりや協力関係を得て、マコトは物語を進めていきます。
難題の解決は綺麗すぎる気もしますが、このシリーズはそれでいい、
むしろフィクションとしての楽しさ、
最善をつくせた場合のファンタジーという見方をしています。
書き方によってはいくらでも
「LAST」や「池袋ウエストゲートパーク外伝・赤と黒」のような
暗黒(ノワール)な話にできるので。
石田さんの作品は読んでいる時は夢中になれるのに、
あとで思い返そうとすると忘れてしまっているのが自分でも哀しかったりしてたので、
ブログが思い出すのに役立つといいな、と考えてます。
印象に残った言葉:着実に、忍耐強く、賢くあれ。そうして、男らしく困難を克服せよ(p42)。
関連情報 石田衣良の読了本
・・Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク7 石田衣良
灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉 (池袋ウエストゲートパーク (6))灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉 (池袋ウエストゲートパーク (6))
(2006/06)
石田 衣良

商品詳細を見る

灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉 (池袋ウエストゲートパーク (6))
石田 衣良
4163250301

灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉 (文春文庫)
石田 衣良
4167174138

灰色のピ-ターパン-池袋ウエストゲートパーク6 石田衣良
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/120-cb6bdabc

トラックバック

[T361] 灰色のピーターパン

灰色のピーターパン/石田衣良確か原作を先に読んだはず。だからドラマの評判を聞いても、なかなか見る気になれなかった。一作目を読んで、すぐに原作のファンになったからだ。今では年に一度会えるのが楽しみで仕方がない。一年待っても、ほとんど一日で読んでしまうんだけ

[T370] 「灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパーク6」石田衣良

灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉石田 衣良表題作を含む4つの短編集。IWGPもとうとう6冊目。この本は唯一主人と話題を共有できる本なのです。とりあえず、主人に先に回しました。感想は「前半二つはあっけなかった…」そんな主人の感想を頭に入れな

[T413] 「野ブタ。をプロデュース」&「灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパーク6」

昨日、「チョメチョメが一番高い国」という記事を書いた。クイズ形式の内容だった為、答の「ビッグマック」を伏せ字で表す必要が在ったのだが、単に「○○」とするよりも「チョメチョメ」と書いた方が、一寸意味深な香りが漂って面白いかなと考えてのタイトル付けだった。そ

[T415] 『灰色のピーターパン』

今日読んだ本は、石田衣良さんの『灰色のピーターパン』、IWGPシリーズ第6弾です。

[T442] 灰色のピーターパン ― 池袋ウエストゲートパーク〈6〉

灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉posted with am

[T558] 【灰色のピーターパン】 石田 衣良 著

図書館にオーダーし、ようやく手にした「池袋ウエストゲートパーク(IWGP) VI」。《盗撮映像売買で恐喝されるハメになった小学生、足に障害を負った兄の敵を討つために復讐を誓うブティック販売員、幼児誘拐事件に巻きこまれた園児救出劇。トラブル続きの“ネバーランド”

[T873] 「灰色のピーターパン-池袋ウエストゲートパーク〓」石田衣良

「灰色のピーターパン-池袋ウエストゲートパーク〓」石田衣良(2006)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、池袋、IWGP※ネタバレあり、未読者は注意願います。池袋の果物屋の一人息子、フリーライターで池袋という街を通し現代を書くコラムニストの主人公

[T1409] 『灰色のピーターパン-池袋ウエストゲートパーク〈6〉』石田衣良

灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉石田 衣良 2006/6/30 文藝春秋 P.255 ¥1,600★★★★★春がめぐってくるように、おれたちの心には自分自身の傷を修復しようという自然の治癒力があるはずなのだ。そうでなければ、心なんて不便な

[T1731] 灰色のピーターパン 石田衣良

灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉■やぎっちょ書評とうとうシリーズを全て読みきりました。7まであると思っていたんだけど、6までだった。。。多少のマンネリ感は5を読んだときに感じていて、この灰色のピーターパンでも少々そういうところがあった....

[T2431] 『灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパーク?』  石田衣良  文芸春秋

『人間が野獣に対するとき、どんな態度がもっとも人間的なのか。憎しみを返すために棒でたたくか。目を見て話をするか。実はそれが、あんた自身をケダモノと人間に分ける細くかすかな線なのだ。』この本、早く読みたいなぁ・・と思っているうちに、いつのまにか次巻が....

[T2535] 「灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク?」石田衣良

灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉石田衣良さんについては、なぜか視線がいじわるになりがちで、(たぶんそれは上手すぎて軽やかすぎるから・・)今回もつい、そこそこおもしろいんだろうけどマンネリ感が漂っているに違いないなんて決めてかかってまし...

[T2901] 『灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉』 石田 衣良

盗撮映像売買で恐喝されるハメになった小学生 足に障害を負った兄の敵を討つために復讐を誓うブティック販売員、幼児誘拐事件に巻きこまれた園児救出劇。トラブル続きの“ネバーランド”を描くシリーズ第6弾。<Amazon「BOOK」データベースより>重~い話も好きだけど、軽妙

[T3255] 「灰色のピーターパン」石田衣良

タイトル:灰色のピーターパン-池袋ウエストゲートパーク(6) 著者  :石田衣良 出版社 :文藝春秋 読書期間:2007/08/03 - 2007/08/04 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 盗撮映像売買で恐喝されるハメになった小学生、足に障害を負った兄の

[T3630] 灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパーク6

石田衣良 キングは相変わらずカッコいい。 先代のキングも登場。やっぱりカッコよかった。 図書館/06.10.13読了

[T4733] 灰色のピーターパン/石田衣良

IWGPシリーズ第6弾。出来に多少のムラはあっても、高値安定なので安心して読むことができます。それは6冊目にしても変わらない。灰色のピー...

[T6738] 灰色のピーターパン/石田衣良

灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉石田 衣良 文藝春秋 2006-06by G-Tools 石田さんは「うつくしい子ども」がイマイチだったの...

[T7156] 灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパーク6

 シリーズ第6巻もサクサクっと、あっという間の軽い読書。楽しませてもらった。 ・内容 池袋は安全で清潔なネバーランドってわけじゃない。盗撮画像を売りさばく小学5年生が、マコトにSOSを発してきた。“まだ人を殺してない人殺し”マッドドッグ相手にマコトの打つ手は...

[T7196] 「灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパーク6」石田衣良

「灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク6」 石田衣良(文春文庫) 池袋の街には今日もまたトラブルが。盗撮画像を売りさばく小学生、少年犯罪の被害者、幼児を狙った犯罪に、そしてその池袋の浄化政策も。トラブルシューターのマコトが活躍するIWGPシリーズ第6

[T7478] 「灰色のピーターパン」

今回ご紹介するのは「灰色のピーターパン」(著:石田衣良)です。 -----内容----- 池袋は安全で清潔なネバーランドってわけじゃない。 盗撮画像を売りさばく小学5年生が、マコトにSOSを発してきた。 ”まだ人を殺してない人殺し”マッドドッグ相手にマコトの打つ手は? ...

コメント

[C361]

こんばんは。
そう、仰るとおり、時々きれいにまとめすぎ?とか思うときもあるんですが、それはそれでこの本に関してはいいかなぁと思ってしまいます。
扱ってる事件は結構キツイのが多いんですけどね(笑)
それにしても石田衣良、毎回タイトルの付け方上手いですよね。

[C366]

rocketさん、こんばんは。
ご訪問、コメント、トラバありがとうございます。
上手すぎる解決と思えても、この本についてはいいですよね。
賛成が得られたみたいで、うれしいです。
そうですね。各巻、イメージが膨らむような、印象的なタイトルが多い気がします。

[C369]

藍色さん、こんばんは。

私もこのシリーズは、この路線でずっと言って欲しいって思っています。

それにしても石田さんの物語って忘れますよね。読んだ側らか忘れていきます。
ブログであらすじを書いていなかったら明日には忘れているかもしれません(苦笑)

[C370]

ななさん、こんばんは。
ななさんの思い・・・そう言っていただけると、心強いです。

読み終わったあとに忘れてしまうのは、文章がきれいなためでしょうか?。謎ですね(笑)。

[C443]

藍色さん☆おはようございます。
石田さんの文章ってとても読みやすいから、サラッと読んでしまうので、後で想い出すのが大変なのかも?
わたしも自分のブログを読み返して、「あら、こういうストーリーだったんだ」なんて想い出すことが良くあります。(^^ゞ

[C445]

Rokoさん、こんばんは。
あらあら、Rokoさんもですか?。お仲間でうれしいです。
安心って言うのはおかしいですけど、いろんな問題提起もあったりするので、石田さんの作品、ブログでの記録が必須かもしれませんね。
いいお話だった~っていう印象は残るんですけどねぇ。

[C823] 4TEEN

こんにちは、藍色さん^^
藍色さんの読書リストをだ~っと拝見させて頂いて、殆ど私が読んでない本が一杯あって、これから何を読もうかな?って時の参考にさせて頂きます。

ところで、昨晩読んだのが、4TEENでした。池袋・・・は、ドラマでも小説でもまだなのですが、いつも引っかかっていていつか見よう・読みたいと思っていたんです。
石田さんの作品は、以前「あなたとどこかへ」という何人かの作家さんが集まっての短編集で初めて読んだのですが、そこではピンと来なかったので、今回は有名どころから一発読んでみようっかな?と思ったのです。
なかなか面白かったし、優しいな~~!!って思った反面、後で冷静になってみたら、こんなに優しい子ばっかりいるかな・・・?ともふと思ったり・・・でも、後味は良かったし、その現実離れした優しさを、信じたいような気持ちになりました。

[C830]

latifaさん、こんばんは。こちらでははじめまして。
読書リスト、見ていただいてありがとうございます。少し恥ずかしいです(笑)。

「あなたとどこかへ」は、アンソロジーの顔ぶれとしては、いいメンバーでした。
でも作家さんを知らなくて、ここから読み始めるには向いていなかった気がします。
「4TEEN」直木賞受賞作品ですね。
優しい少年達の日常が楽しく描かれていました(むかし読んでて記事なしです)。
石田さんの作品は、読みやすさ、読んだ後の気持ちよさが特徴ですね。
私は実現可能なファンタジーと思ったりしています。

本選びの参考におすすめを挙げさせてください(敬称略)。
「ミーナの行進」小川洋子
「エバーグリーン」豊島ミホ
「風が強く吹いている」三浦しをん
「パパとムスメの7日間」五十嵐貴久
「キサトア」小路幸也
たぶん、楽しんでいただけると思います。
これからもよろしくお願いします。

[C3134]

こんばんは。
確かに、解決は綺麗すぎる気がしますが、このシリーズはそれでいいのだと思います、私も♪
おとぎ話的な展開でも、許せてしまう不思議な魅力です。新刊も読まなくては・・・!

[C3142]

EKKOさん、こんばんは。
このシリーズって、綺麗すぎる解決の気がしますが、これでいいですよね♪。
石田さんって物語の運び方が上手です。許せちゃいますもんね。新刊のレビューも楽しみにしていますね。

[C3271]

このシリーズは好きです。おとぎ話でもいいんです!でもタカシやサルに電話して簡単に解決というのはちょっと・・・と思ってしまいます。
シリーズのはじめのころのように、オタクやひきこもりとかもまた活躍してほしいななんて、つい思ってしまいます。

[C3277]

juneさん、こんばんは。
このシリーズって、ほんと現代のおとぎ話なのかも。でも好きなのでいいですよね。そうそう、最近電話で簡単解決のケースが増えてきて抵抗が。
juneさん、シリーズの初めの頃のことをしっかり憶えていらっしゃるんですね、さすがです。そう、あの人たちもまた活躍してほしいですよね。
次は熱いですよ~。お楽しみに。

[C3800]

こんばんわ!
ご無沙汰しています♪
児童文学とかハードボイルド好きの私は、どうも本ブロガーさんと読んだ本がかぶらないので、なかなかトラバが出来ず…気がつけばけっこうなご無沙汰になっていたかも…。

「池袋ウエストゲートパーク」シリーズはつい最近初めて読んだんですけど、
さらっと読めるくせに勢いがあるし、マコトはカッコいいままで終わるし、解決も綺麗で読後感もいいし…
すっかりはまってしまって、今いっき読みしてる最中です。

礼にいが好きなので、もっと礼にい出てこないかなぁ…と思いながら、いま7巻読んでます。
あぁぁぁぁ…7巻読み終わったら、もう外伝しか残ってない…。
早く8巻出ないかな…。

[C3817]

マメリさん、こんにちは。
おうかがいしてもなかなか合う記事がなくって、ご無沙汰しちゃいました(汗)。マメリさんは児童文学やハードボイルドがお好きなんですね~。合う記事に忘れずに来てくださってうれしいです。
「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ、はまりましたね(笑)。石田さんのスマートな文章で現代性がある事件、マコトの事件に取り組むスタンス、きちんとした端正な解決の心地よさ…わかります~。うかがったら最近の記事欄、まさに一気読みでしたね。
おぉ、礼にいがお気に入りのキャラなのですね。出番は少なくてもマコトといい関係で頼れる存在ですよね。外伝は別物として読んだ方がいいかも。ノワールです(笑)。8巻が楽しみですね~。

[C9543]

こんばんは。TBありがとうございます。
確かにいつも綺麗に事件が解決しすぎな感もありますが、そこがこのシリーズの良いところかなぁなんて思っていて、私も大好きです。

[C9556]

ひろねこさん、こんばんは。
こちらこそ、ありがとうございます。
綺麗すぎる解決もいいですよね。
大好きなIWPGシリーズ、次も楽しみです。

[C9950]

こんばんは。
今日の昼間に「灰色のピーターパン」を読みました。
私は池袋フェニックス計画が一番面白かったです。
最初は風俗店から依頼者の姉を助け出すのが目的でしたが、次第にフェニックス計画を止めるためにドラマが繰り広げられていって、楽しく読めました。
今回はどの短編も読みやすかったなと思います。
このシリーズはすっかりお気に入りになりました☆
トラックバック送らせて頂きます♪

[C9980]

はまかぜさん、こんばんは。
トラックバック、返させて頂きました。
依頼から明らかになる事件でしたね。
マコトと仲間たちの連携が素敵でした。
このシリーズは、ずっと読み続けています。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー