Entries

遮断、古処誠二

遮断
装幀は新潮社装幀室。
第14回メフィスト賞を「UNKNOWN」で受賞してデビュー。主な作品「ルール」、「分岐点」、「接近」、「七月七日」など。
小説新潮2004年2月号から2005年3月号までの不定期掲載を加筆修正。

佐敷真市の死の二週間前に届いた手紙から、始まる回想。
昭和二十年五月、米軍が上陸した沖縄。防衛部隊から逃亡して非常用壕に逃げ込んだ佐敷真市・十九歳を待っていたのは、戦友・普久原清武の妻で幼なじみのチヨと、はぐれた子ども、初子を捜しに部落の防空壕へ戻ることでした。降り止まない梅雨の長雨を受け、北上するふたりは、片腕を失い右足を骨折した友軍の少尉から拳銃を向けられ、行動をともにすることに。
生後四ヶ月の乳飲み児が、はたして生き延びているのか。絶望的な状況の中、時折り挿入される手紙の一文が場面と密接に結びつき、物語の先へと促していきます。

初古処さんでした。子どもの生存を信じて部落へ向かうチヨの執念。生きるために百姓の視点・矜持から心を別のものへと変える真市。生への執着が旺盛で軍人としての信念を持ち続ける少尉。極限状態でどう生きるかを問う、三人三様の重いドラマでした。真市と少尉(川辺雅志・二十一歳、チヨや清武と同い年)の、相容れることができないながらも幾度となく重ねていく会話で向き合う心。中でも、少尉の「お前が責任を持って苦痛から解放してやれ」が、あまりにも重い言葉として心に残りました。部落にたどり着いてからの真市の気づき、そして結末の真相…。

戦争小説は読んだ後のダメージが大きかった経験から、第135回直木賞候補といえども読むつもりはありませんでした。読んだみなさんのレビューに、背中を押していただいたような気持ちになって、手に取ることができました。
激戦地に放り込まれたような臨場感、無駄のない濃密な文章で読み応えがありました。考えさせられることも多く、二十歳の頃の自分と照らし合わせたりもしました。戦争を知らない世代だからこそ、読んでおくべき作品と思いました。ありがとうございました。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/124-e013242e

トラックバック

[T396] 遮断 [古処誠二]

遮断古処 誠二 新潮社 2005-12-20昭和20年5月、沖縄。防衛隊から逃亡した真市は、逃げた郷里の防空壕で、戦友の妻で幼なじみのチヨと再会する。行方不明だというチヨの子ども・初子を探しに部落へ戻ろうとする二人は…。直木賞候補作にもなった作品です。私にとっては「初

[T397] 「遮断」古処誠二

遮断直木賞候補ということで、図書館で探したら普通に書架にありました。候補になるずっと前に予約を入れた「風に舞い上がるビニールシート」はまだ回ってこないというのに・・。なじみのない沖縄戦が舞台なのに、まとわりつく雨に降り込められた戦時中の沖縄の世界に....

[T398] 遮断 沖縄戦をさまよう逃亡兵

遮断 感想☆☆☆ 古処誠二 新潮社 2006年上半期の直木賞候補になった作品のうち、 最初に手に入ったのがこの「遮断」。 昭和二十年、沖縄戦を舞台にした戦争小説です。 久々に戦争小説を読みましたが、 しかも、沖縄住民の視点から沖縄島陸戦を描いています。 

[T399] 遮断 〔古処誠二〕

遮断≪内容≫置き去りにされた子供を捜して戦場を北上する。生きているはずがない赤子のために命を賭けたのは、なぜか。極限下で、人は何を「信じる」ことができるのか? (出版社/著者からの内容紹介より)

[T400] 古処誠二(大戦末期物)のことども

◎◎ 『ルール』  △ 『分岐点』  ◎ 『接近』  ◎ 『七月七日』◎◎ 『遮断』※おまけ※参考のため読みました。◎◎ 『菊と刀』 ルース・ベネディクト

[T401] ◎◎「遮断」 古処誠二 新潮社 1470円 2005/12

 今朝の讀賣新聞朝刊の“人生案内”が非常に印象に残った評者である。評者は、毎朝、新聞の全ての面を開いて眺めるが、そんなにつぶさに記事を読むわけではない。ただし、植田まさしの漫画“こぼちゃん”を読む確率よりは、人生相談コーナーといえる“人生案内”を読む確率

[T402] 「遮断」古処誠二

タイトル:遮断著者  :古処誠二出版社 :新潮社読書期間:2006/07/12 - 2006/07/13お勧め度:★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]昭和20年5月、沖縄。防衛隊から逃亡した真市は、戦友の妻で、幼なじみのチヨと再会する。行方不明だというチヨの子どもを探しに部落へ

[T403] ● 遮断 古処誠二

遮断古処 誠二新潮社 2005-12-20戦に現出する最大の恐怖は道徳の失効だった末期ガンで死期の近い孤独な老人が、自分の人生を変えた沖縄戦を回想をするという形式で、物語は進みます。その合間に、彼の元に届いた一通の手紙が一文ずつ挿入されます。昭和20年5月、沖縄戦

[T404] 『遮断』古処誠二

遮断古処 誠二新潮社2005-12-20by G-Tools置き去りにされた子供を捜して戦場を北上する。生きているはずがない赤子のために命を賭けたのは、なぜか。極限下で、人は何を「信じる」ことができるのか? 古処さんの『ルール』が刊行された時、それまで著者が書かれてきたミステ

[T1357] 古処誠二「遮断」

本日ご紹介する本は、古処誠二さんの「遮断」です。●あらすじ沖縄戦時中。戦争に動員された沖縄人が戦地から逃げ出し、故郷の防空壕へと戻った。しかし、脱走兵が見つかれば村人たちにも危害が及びかねないと判断した班長は、はぐれた子供を連れ戻すという名目で彼と母親..

コメント

[C403]

「戦争を知らない世代だからこそ、読んでおくべき作品」そのとおりですね。もうすぐ15日。なんだかいろいろ考えてしまう自分がいます。

[C404]

藍色さん、こんにちわ。
私もこれはなんとなく手にとりにくかったのですが、読んでよかったと思っています。

戦争の1部を切り取りながらも、戦争というものの悲惨さや愚かさが、戦争を知らない世代である私にもしっかりと伝わってきました。これは中学か高校の必読書にしてもいいのでは?とすら思います。

[C406]

こんばんは!
戦争を知らない世代だからこそ、読んでおくべき作品ってほんとにそうですよね。
戦争の話を聞く経験があまりなかったので、そういう意味でも貴重でした。
  • 2006-08-11 20:40
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C407]

藍色さん、こんばんは!
これを読んだ後はいろいろと考えてしまいますね。
靖国への認識もこれによって少し変わりました。
私あちこちでオススメしているんですが、古処さんは『ルール』が素晴らしいのです!
是非機会がありましたら手に取ってみてくださいね。

[C408]

chiekoaさん、こんばんは!
自然に、この言葉が出てきました。
やっぱり実際に読んでみて、わかることが多いですね。
このレビュー、十五日に間に合って、ひと安心しました。

juneさん、こんばんは!
ほんとに、戦争の一部分なのに重く濃く戦争の怖さ、苦しさまでを感じることができました。
今の子供たちに教えるためにも、夏休みの必読書にしたいくらいですよね。
中学生にも十分伝わると思います。

エビノートさん、こんばんは!
戦争を知っている世代の方々から話を聞くことって、なかなかないですよね。
この本が直木賞候補になることで知る機会が持てて、よかったです。

リサさん、こんばんは!
靖国神社のことも、知ってびっくりでした。
古処さんの『ルール』、オススメありがとうございます。
今度、図書館で探してみますね。

もうすぐ八月十五日。
改めていろんなことを考えてしまいそうです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー