Entries

赤い指 東野圭吾

装幀は緒方修一。

照明器具メーカー勤務で、認知症の実母・政恵と同居している前原昭夫が、
妻・八重子からの電話に急かされ、帰宅して見たものは少女の死体でした。
犯人の中学三年の息子・直巳を自首させようとしますが妻に説得され、
息子を守るために邪悪なアイデアの実行を決意します。
一方、警視庁捜査一課の新米刑事、松宮脩平は、物心ついた頃からの恩人で、
癌に冒され余命幾ばくもない状態の伯父、加賀隆正を見舞いながら、
父の見舞いに来ない従兄に焦りや悔しさを感じています。
そして上記の女児殺害の事件捜査で、
その従兄で練馬署の刑事である加賀恭一郎と組むことになります。

『容疑者Xの献身』の後だけに期待しすぎないように気をつけて読み始めました。
東野さんの作品はわずかしか読んでいませんが、『レイクサイド』『さまよう刃』に続く、
家族・親子テーマの重い物語でした。
平凡な家庭で突如起こった絶望的な現実から、家族と向き合わない夫・
嫁と姑の対立・認知症介護・多発して歯止めが効かない少年犯罪・・・
現代社会が抱える問題が浮き彫りになります。
この家族に、腹を立てながら読んでしまいました。
最初からわかっている犯人を守るという目的は前作同様ですが、
その方法はグロテスクで戦慄するものでした。
伏線があったので、謎解きは途中まではわかりましたが、
刑事、加賀恭一郎は理詰めで解決するのではなく、
家族自身の手で犯行を解き明かすことに挑みます。
そしてその先に隠されていた驚愕の真実。
わずか二日間の出来事をノンストップで一気に読ませます。
さまざまな親と子の姿を描き、やりきれなさや切なさも含めて、
最後の加賀父・息子の特別なやりとりにまで目配りが行き届いた、
読み応えのある作品でした。
印象に残った言葉:「刑事というのは、真相を解明すればいいというものではない。
いつ解明するか、どのようにして解明するか、ということも大切なんだ」
「この家には、隠されている真実がある。それは(中略)この家の中で、
彼等自身によって明かされなければならない」
赤い指
1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞。
1999年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞を受賞。
2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞を受賞。
主な作品『宿命』『白夜行』『幻夜』『どちらかが彼女を殺した』『毒笑小説』
『時生』『手紙』『さまよう刃』など多数。

「小説現代」1999年12月号の掲載をもとに書き下ろし。
関連情報 東野圭吾の読了本
・・容疑者Xの献身 東野圭吾
・・使命と魂のリミット 東野圭吾
・・たぶん最後の御挨拶 東野圭吾
・・あの頃ぼくらはアホでした 東野圭吾
・・夜明けの街で 東野圭吾
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/127-a1a6a139

トラックバック

[T447] 「赤い指」

東野圭吾氏が「容疑者Xの献身」で第134回直木賞を授賞したのは、今年初めの事だった。古くから彼の作品に惚れ込んでおり、「やっと世間に認められた。」という嬉しさは在ったが、同時に「『容疑者Xの献身』は彼の力量からすればイマイチな内容なのに、何故この作品で?

[T448] (書評)赤い指

著者:東野圭吾 赤い指価格:¥ 1,575(税込)発売日:2006-07-25

[T449] 赤い指

おでとしては、容疑者Xの献身に続いて東野圭吾の作は2作目。 なんだろ? 読み終

[T450] 赤い指/東野圭吾

赤い指出版社 / 著者からの内容紹介直木賞受賞後第一作。構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説、ついに登場! 身内の起こした殺人事件に直面した家族の、醜く、愚かな嘘に練馬署の名刑事、加賀恭一郎が立ち向かう。ひとつの事件を中心に描き出されるさまざまな親子

[T451] 『赤い指』 東野氏にしては…

著者:東野圭吾 書名:赤い指発行:講談社書き下ろし度:★★★☆☆直木賞受賞後第1作となる長編書き下ろし…だそうです。<中年サラリーマン松原昭夫は妻、中学生の息子、痴呆症の母と4人暮らし。妻と母の関係、ゲームオタクの息子など家庭の悩みは尽きない。そんなある

[T455] 『赤い指』東野圭吾

赤い指東野 圭吾 2006年 講談社 P.270★★★★★この家には、隠されている真実がある。それは警察の取調室で強引に引き出されるべきことじゃない。この家の中で、彼等自身によって明かされなければならない。捜索願の出ていた少女の遺体が発見された。現場周辺の

[T456] 赤い指 著者:東野 圭吾

≪採点(読むなび!参照)≫合計:70点 採点内訳へ≪梗概≫直木賞受賞後第一作。構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説、ついに登場! 身内の起こした殺人事件に直面した家族の、醜く、愚かな嘘に練馬署の名刑事、

[T457] 赤い指 東野圭吾

<この家には、隠されている真実がある>直木賞受賞後第1作。デビューから60冊目は、親と子を問う力作でした。前原昭夫は認知症の母を抱え、妻、息子の四人暮らし。ある日、至急帰ってきてくれと妻から電話がかかる。帰宅するとそこにあるのは、少女の死体。悩みながらも

[T465] 赤い指 東野圭吾 講談社

東野圭吾さんの新刊、ということで図書館でも非常に人気でして、なかなか順番が回ってこなかった・・。やっと読んだよ!!うん、うまいですね、やっぱり。座布団5枚くらいあげてもいいくらいですか。(微妙な枚数やね・・)一見関係ない冒頭のシーンが、ラストでばっちり効

[T466] 赤い指/東野圭吾

東野 圭吾 赤い指 直木賞受賞後第一作。構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説、ついに登場! 身内の起こした殺人事件に直面した家族の、醜く、愚かな嘘に練馬署の名刑事、加賀恭一郎が立ち向かう。ひとつの事件を中心に描き出されるさまざまな親子像。東野

[T469] 『赤い指』

今日読んだ本は、東野圭吾さんの『赤い指』です。

[T484] 赤い指/東野圭吾

東野さんの新刊…「家族の絆」について考えさせられます。ずっと家族の問題に目を背けてきた夫、恐ろしく自己中心的な妻、愚かな両親が過保護に育てた息子、認知症の老母。今どき探せばどこにでもあるような家庭に日常渦巻く憂鬱気分なんて吹き飛ぶようなとんでもない悲劇が

[T678] 赤い指

赤い指東野圭吾 講談社 2006年7月 昭夫は、妻の八重子から電話を受け、帰ってみると庭に・・・・・・・・一方、松宮は、母が以前世話になったおじ加賀を時々見舞っているが、彼の息子は、見舞いに来ない。その息子と一緒に捜査をすることに・・・・・

[T695] ハズレはしない 「赤い指」

評価:70点赤い指講談社このアイテムの詳細を見る東野圭吾、直木賞受賞後第一作。安定した面白さですね。ただ、ちょっとミステリー的な展開を予想していたので、物足りなく感じましたが。全体的に浅く、広くといった感じ。ミステリー要素あり、家族描写あり、って感じなの

[T719] ■ 赤い指 東野圭吾

赤い指東野 圭吾講談社 2006-07-25なんと、ネタバレなしでがんばりました!難しかった!ごく普通のサラリーマン、前原昭夫の家族は、息子を溺愛する妻と、15歳のひきこもりの息子と、痴呆症の母親の4人。嫁姑の不仲は息子が生まれて以来ずっと続いており、昭夫の妹が母

[T728] 【赤い指】 東野 圭吾 著

読み始めて、何かいやぁな予感…殺人を犯した家族の苦悩。「守る」ということがどんどん違う方向へ進んでいく。人間のエゴをたっぷり見せられたような、「せつない本」。《身内の起こした殺人事件に直面した家族の、醜く、愚かな嘘に練馬署の名刑事、加賀恭一郎が立ち向かう

[T754] 赤い指 東野圭吾

赤い指父親のように慕ってくれた加賀隆正に憧れ、刑事となった松宮修平は、警視庁の捜査一課に所属する新米刑事。東京の練馬で少女死体破棄事件がおき、松宮は捜査に加わることになった。松宮には気になることがあった。練馬署には、松宮の従兄で隆正の息子、恭一郎が....

[T793] 赤い指 東野圭吾

幼い少女を殺してしまった身内をかばう為、その家族は証拠隠滅計ったが、その裏には新たな真実が隠されていた。名刑事・加賀恭一郎が、隠された事実に迫る社会派長編ミステリー。老人介護・嫁姑間の確執・親子のあり方など、現代の世相を凝縮したかのような家族が描か...

[T797] 赤い指/東野圭吾/講談社

加賀!また登場してね!度★★★★★ラストの真実を聞いたとき…鳥肌たった。。。読みはじめて気づいたけど加賀恭一郎シリーズだった☆かっこいいなぁ。赤い指 講談社東野圭吾 (著) わたくしごとですがちょ

[T801] 東野圭吾 「赤い指」

直木賞受賞後第一作。構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説、ついに登場! 身内の起こした殺人事件に直面した家族の、醜く、愚かな嘘に練馬署の名刑事、加賀恭一郎が立ち向かう。ひとつの事件を中心に描き出されるさまざまな

[T838] 東野圭吾さんの赤い指を読む

期待して読みました.犯罪の謎解きというミステリーなのですが,初めから引かれている伏線が見え隠れしています。うん、何だあ。もう少し意外性を期待したのですが,うーーんと言ったところです。

[T1064] 『赤い指』東野 圭吾

ミステリーには犯人探しをするタイプと最初から犯人がわかっているタイプとがある。書く方としては後者のほうが難しいらしい。この作品は後者なのであるが、ただ犯人がわかっていてそれを隠すために努力しているのを見せるだけでなく、今の世の中に実際ありそうな家庭...

[T1077] 『赤い指』

この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自身によって明かされなければならない-。犯罪を超えたその先に、本当の闇がある。2日間の悪夢と、孤独な愛情の物語

[T1336] 息子が幼女を殺して・・・  東野圭吾著「赤い指」

直木賞作家の東野圭吾。著者の作品を読むのは、受賞作の「容疑者Xの献身」以来・・・。安定した筆力の著者ですから、楽しませてもらおうと舌なめずりをしながら読みました。東野圭吾著「赤い指」

[T1627] 赤い指<東野圭吾>-(本:2007年25冊目)-

講談社 (2006/7/25)ISBN-10: 4062135264評価:90点んー、うまい。「引きこもり」「少年犯罪」「親の介護」「認知症」「家族の崩壊」読むのをやめたくなるような暗い題材を数珠繋ぎにしていながらも、スピード感溢れる展開で最後まで一気に読ませてくれる。こ...

[T1632] 東野圭吾『赤い指』

ニュースに登場するような幼女殺害事件、その加害者の親を描くことで家族のあり方を見つめ直す物語。これなかなかすごいです。

[T1726] 赤い指  (東野圭吾)

この小説に登場しているのは、ごく平凡な家族。どこにでもありそうな家族が、子供の事件を契機として行き場を失ってしまう。事件に直面したときの心の弱さ。破綻してしまった家族が 次第に追いつめられていく様が描かれているこの家族の、愚かで醜い判断。人間性も感じられ

[T1868] 赤い指*東野圭吾

☆☆☆☆・ 赤い指東野 圭吾 (2006/07/25)講談社 この商品の詳細を見る直木賞受賞後第一作。構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説、ついに登場! 身内の起こした殺人事件に直面した家族の、醜く、愚かな嘘に練馬署の名

[T1879] 見知らぬ主人公

「容疑者Xの献身」から約1年、新作「赤い指」は、東野圭吾ファンが待ちに待った、待望の書き下ろし長編小説である。しかも、である。今作は僕の大好きな「加賀恭一郎シリーズ」なのである。今作では、過去のシリーズでは語られなかった、加賀と父親との間....

[T2052] 赤い指 東野圭吾

赤い指この本はどくしょるーむのia.さんにオススメしてもらいました。ありがとうございました!■やぎっちょ書評加賀刑事モノの最新作。いきなり加賀父が出てきたのでビックリしました。この本が第7作で、第6作の「嘘をもう一つだけ」を読んでいないので、ひょっとす...

[T2201] 赤い指  東野圭吾

壊れてしまった家族。家庭を省みなかった男。そんな夫に愛想を尽かし息子に縋る妻。口もきかず閉じこもりがちな息子。そして認知症の母。でもそれは決して特別ではありません。今日本の家庭の中、どこででも起こりうる状況であり、そしてこの国の現実なのです。都心....

[T2319] 『赤い指』 東野 圭吾  講談社

赤い指 犯罪を越えたその先に、本当の闇がある。二日間の悪夢と、孤独な愛情の物語。直木賞受賞後第一作で、『放課後』から数えて60作目の作品。加賀シリーズでもある。母親が痴呆症になり同居するが嫁とは上手くいかず、実の妹がお世話をしに来ている。嫁は一人息子を溺

[T2466] 「赤い指」東野圭吾

タイトル:赤い指著者  :東野圭吾出版社 :講談社読書期間:2007/05/09 - 2007/05/10お勧め度:★★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自身によって明かされなければならない-。犯罪を超えたその先に

[T2876] 「赤い指」東野圭吾

赤い指東野 圭吾松宮修平は父親のかわりに面倒を見てくれた母の兄・加賀隆正に憧れ刑事となった。東京・練馬で起こった幼女変死事件の担当となり、現場にかけつけてみるとそこには加賀の一人息子・恭一郎がいた。加賀と一緒に行動する事になった松宮は加賀の仕事ぶりを見る

[T3354] 『 赤い指 』 東野圭吾

加賀恭一郎が立ち向かう 加賀シリーズのサスペンス。{/book/}でも、サスペンスというか家族の問題をテーマにした人間ドラマ のようなイメージでした。我が儘いっぱいの息子!息子ベッタリで偏った愛し方しかできない母親姑との同居を嫌がりないがしろにしているので家の中

[T3932] 【東野圭吾】赤い指

 『使命と魂のリミット』、『夜明けの街で』とも残念ながら「このミステリーがすごい! 2008年版」ではBEST10入りならずだったが、本作は2007年版第9位、久々の泣けるミステリーであった。まだ感想をアップしていない本が4,5冊あるのだが、この感動が冷めぬうちに書いてし

[T7466] 「赤い指」「悪意」東野圭吾 感想

評判が良くない「赤い指」と、評判がとても良い「悪意」。両方に加賀刑事が登場しています。

[T7896] 赤い指

講談社より¥1575で発売中 <あらすじ> 犯罪を超えたその先に、本当の闇がある。2日間の悪夢と、孤独な愛情の物語 直木賞受賞第1作 書下ろし長編小説 「この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自身によって明かされなければならない」 (..

[T11338] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2009-08-06 13:10

[T12972] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2009-11-18 17:58

[T15925] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2010-11-06 14:08

コメント

[C456]

藍色さん、こんにちは。
確かに、一気に読ませますね。
さすが東野圭吾です。

[C458] こんにちわ

「この家には、隠されている真実がある。それは(中略)この家の中で、彼等自身によって明かされなければならない」・・・この言葉は私もかなり印象的です!あと、期待を抑えて読まれた藍色さんは正解でしたね・・・過剰な期待は時として裏目に出ちゃうこともありますよね・・・といっても東野作品ファンとしては、次の作品もも過剰な期待とともに発売を待ってしまうと思います・・・

[C459]

bibliophageさん、こんばんは。
目的は前作『容疑者Xの献身』と同じなのですが、どうやったかを考えながら読んだのに対して、この作品は、どうなるかが気になったので早く読めたのかもしれませんね。

KOROさん、こんばんは。
東野さんの作品は、ずっと読んできたファンの過剰な期待に答えられる面白さを本来、持っているのですね。
レベルを高く設定するのも、わかる気がします。

[C462]

こんばんは。
TBさせていただきました。遅れて申し訳ありませんでした。

わたしはこの作品、良かったほうですので、加賀恭一郎の魅力に取り付かれてしまいました。
松宮刑事にあえて、加賀と組ませ、勉強させるところなども良かったですね。「加賀のすごいところはこれからだ」といわれるところなんぞ、ゾクゾクしました。
どんどん自信を持って押しましょう。

[C464]

よしさん、こんばんは。
この場面、刑事、加賀恭一郎の事件への取り組み方と、上司から一目も二目も置かれている信頼感がわかる台詞でしたね。
加賀シリーズ第1作の『卒業』、楽しみです。

[C470]

TBとコメント、どうもありがとうございました。東野さんの力量は、さすがです。加賀刑事と父親の心情と、この事件との対比も見事でしたね。常に高いレベルを維持していく東野氏には脱帽です。

[C471]

ERIさん、こんばんは。
ご訪問、コメント、トラバありがとうございます。
加賀父子と前原一家との対比も、鮮明に印象に残りますね。
東野さんの物語を紡ぎ出す力に、いまさらですが感心します。

[C475] 読みたてです!

昨日読み終えましたので、やっとTBできます!(笑)

加賀刑事の人柄(?)が出ていましたね。
わたしは、前原一家に(一人除く)ムカムカしてたまりませんでしたが、加賀刑事のおかげで、わたしも少し救われた気がします。


リンク、わたしも申し出ようと思っていたところでしたので、光栄です!
こちらもリンクさせていただきました。

[C476]

ミカ丸さん、こんばんは。
加賀刑事のキャラクター(考え方や生きる姿勢)が、魅力的でした。
私も前原一家には、ムカムカ感が一杯でした。
加賀刑事による、読者を含めた救済の物語といえそうな気もします。

相互リンク、ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします。

[C486] はじめまして

藍色さま、はじまして。
TB&コメントありがとうございました。
東野さんの作品はいつも一気に読めちゃいますよね。
この「赤い指」はやりきれなさもありますが、加賀刑事の思いやりが救いになっているように思いました。


[C492]

mintさん、こんばんは。はじめまして。
ご訪問、コメント、トラバありがとうございます。
今回は特に次が気になって、ページを繰るのが早かったです。
加賀刑事の姿勢、そして思いやりが心に残りましたね~。

また、合う記事がありましたらお気軽にどうぞ。
こちらからも、またうかがいますね。

[C507]

一気読みでした。
内容はいろいろ考えさせられましたが
とにかくスゴイ引力で…さすがですね。

[C513]

ユミさん、こんばんは。
ユミさんも一気に読めました?
引き込まれましたねー。
どんどんページを繰るのが早くなるのが、自分でもわかりました(笑)。

[C731]

加賀刑事の思いやりのある捜査には、心打たれます。
父親に会おうとしない加賀のことを書いて、読者に心配させておいて、ラストにしめる。
さすがですね。

[C748]

花さん、こんばんは。
加賀刑事が、家族自身によって真実を明らかにさせる手腕にびっくりしました。
そして、始まりと終わりがぴったりと閉じ合わされる、見事な物語でしたね。

[C785]

こんばんは…
コメントありがとうございました。

東野さん、やっぱりうまいなぁ、と思いつつ。最後のシーンは自分には納得できませんでした。
あそこまでなって、家族に「嘘」をつく必要はなかったのでは?
それとも、「復讐」だったのでしょうか?
まだ、納得できていません。

[C788]

juzjiさん、こんばんは。
緊迫感で目が離せませんでしたね。
最後のシーン、「嘘」が徹底していました。
判断は読者にゆだねられていますが、たぶん「復讐」も少しはあったのかも、です。

[C816]

こんばんわ^^
ようやく読みました~TBさせていただきます。
止まらなくなっちゃいましたね。
加賀刑事のシリーズでしたし^^
いろいろ考えさせられる作品でしたね。
介護の問題、嫁姑、教育。
リアルすぎて、実際にこういう家庭があるんだろ思うと、嫌な感じになります。
加賀刑事は相変わらずかっこよかったです。

[C818]

苗坊さん、こんばんは。
家族・親子に関する問題が描かれていて、リアルでした。
こういう家庭、たくさんあるかと思うと、やっぱり重い気分になっちゃいますね。
東野さんのキャラの中でも大人気ですね、加賀刑事。私も惚れそうです(笑)。

[C864]

こんばんは。藍色さん。
なんだか重たい問題が詰め込まれた作品でしたね。
ラストがもう少し納得のいくようにまとめてあれば、私の感想も違ってきたのではと思っております。
  • 2006-10-27 22:29
  • ゆう
  • URL
  • 編集

[C867]

ゆうさん、こんばんは。
現代の家庭や家族が抱えている問題を、凝縮したかのような作品でした。
ラストは、確かに、都合よすぎの面があったかもしれませんね。

[C885]

藍色さんこんにちは。
そうですね、二日間のお話とは思えないぐらい、濃密な心理描写でした。
「最後の加賀父・息子の特別なやりとりにまで目配りが行き届いた、読み応えのある作品でした。」
本当に行き届いてましたね!
また寄らせていただきます。リンクさせていただきました☆よろしくお願いします。

[C894]

ちゃぴこさん、こんばんは。
濃密でしたね。人物描写も心理描写も。
この家族、読みながら腹が立ってしかたなかったですね。
お互い無関心な家族の団結がこの事件というのも皮肉で悲しいことでした。
加賀親子の絆が素晴らしかったですね。
リンクありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

[C1234]

この家族に対して憤慨してる人ってやっぱり多いんですね。
そしてこんな家族がいるような気がする、という意見も。
私も一気に読みましたが、やはり『容疑者x』のほうが面白かったかな。
そういえば『レイクサイド』も複雑な親子関係を描いてましたね。
人の親ではない私としては理解しがたい世界です。
人の親でも普通には理解して欲しくないですけど。

[C1240]

うーさん、こんばんは。
同じ、犯人が先に判っている設定でも、こんなに違ってくるのが驚きですね。
私も、好みは『容疑者x』のほうになっちゃいます。
そうそう、『レイクサイド』も、いびつな家族たちのお話でしたね。
東野さんの、人間関係、家族関係がむかしとは変わってしまった現実を踏まえて描き出されるドラマ、リアルゆえに憤慨も起こさせるのでしょう。その一方で、切なくさせる作品も多いですよね。

[C1592] TBさせていただきました

現代の日本の家族の問題を深く考えさせられる本でした。
結末は、わが子に対する親の愛情を深く感じました。

[C1606]

タウムさん、こんにちは。
コメント、TBありがとうございます(2回目ですよね?)。
前原家は日本の家族の一面を見せているようで
腹が立ったり、痛々しかったりしました。
親の愛情、子供の愛情が伝わってくるラストシーンでしたね。

[C2077]

こんにちは~!
TBありがとうございました。
二つの家族の対比が
際立っていましたね。
加賀恭一郎の刑事としての
優秀さ、人間としての優しさ、切なさも
感じることが出来ました。





[C2079]

kazuさん、こんばんは。
前原家と加賀家、対照的に描かれていましたね。
加賀恭一郎の事件に取り組む姿勢、存在感、プライベートでの考え方なども、魅力的でした。

[C2281] NoTitle

家の中で起こっていることは、外からでは計り知れないものだということを
前原家・加賀家両方から、違った形で見せられたようにも思います。
加賀恭一郎の捜査の姿勢、すばらしいですね。
  • 2007-04-12 07:26
  • ふらっと
  • URL
  • 編集

[C2285] TBありがとうございます

TBいただきありがとうございました。
「粋な提案」のお名前は色々なところで見かけていたのですが
訪ねたのは初めてです。
色々読まれていて幅が広いですね!!
また寄らせていただきます!!

[C2289] NoTitle

ふらっとさん、こんばんは。
一見平和で、何事もないような家庭で起こっていること。
前原家では、問題や暗部をまとめて見せられたような気がしました。
加賀家の“事情”も、独特でしたね。
加賀恭一郎の取り組む姿勢、頼りがいがあって、ほれぼれしちゃいました。

[C2293] NoTitle

yoriさん、こんばんは。はじめまして。
ご訪問、コメント、TBありがとうございます。
本の話には目がないものですから、ついついあちこちにお邪魔させていただいています。
記事の数はまだわずかで偏った読み方をしてますので、幅が広いなんて…、恥ずかしいです。
こんなサイトでよろしかったら、また、お気軽にお越しくださいね。
これからも、よろしくお願いいたします。

[C2784]

容疑者Xと比べると凶行に至ってしまうまでの心情や状況が正反対なだけに余計に嫌悪が溜まってしまいますよね。
隠された真実、それが犯行の隠蔽だけでなく、あのような事実にたどり着くとは思いもよりませんでした。
  • 2007-05-20 00:58
  • たまねぎ
  • URL
  • 編集

[C2797]

たまねぎさん、こんばんは。
そうなんです。どちらも初めから犯人はわかっているのに、こんなに印象が変わってしまうなんて。
自分では意外でしたけど、嫌悪や怒りを抱いたのは、私だけじゃないみたいで安心しました。
事件のさらに向こうにあった隠された真実、加賀刑事がそのことまで引きずり出す手腕に驚きましたね。

[C3770]

前原夫妻、まったくどうしようもない人たちです。
特に妻。義母に対する態度を見て「あなたにだって親がいるでしょう!」って
ずっと思っていました。
加賀刑事、素晴らしかったですね。
加賀刑事シリーズが出ているようなので、これから少しずつ読み進めて
いこうと思ってます。

[C3780]

ななさん、こんばんは。
前原夫妻の言動には、怒りと驚きでいっぱいでした。妻の義母への態度、ななさんとほとんど同じで、「自分の親にもそう言える!?」って言ってました。
加賀刑事のシリーズ、これから読み進めて行かれるのですね。どんな活躍をされてきたのか、ちょっと興味があります。でも読めるかどうか…微妙です。

[C4494]

こんばんは。

たくさん、ブログを読ませていただきました。

古い記事への投函ですが
コメントを書かせてください。

この物語は最後の展開が凄かったでしたね
まさか 義理のお母さんがあんなふうだったとは・・・
あの酷い扱いには小説と思っても腹が立ちました。

[C4513]

asitahatennkiさんへ。
こんばんは。記事をたくさん読んでくださったんですね。うれしいです。
古い記事へのトラバ、コメントも大歓迎です。ありがとうございます。
義理のお母さんへの仕打ち、酷くて怒りが湧いていました。
最後にあんな展開になるなんて…予想できなくてすごい衝撃を受けました。

[C5415] あまりに対照的な…

 あまりに対照的な前原一家と加賀父子の夫婦愛・親子愛。ラスト10ページちょっとで三度泣かされました。

[C5441]

higeruさんへ。
前原一家と加賀父子の家族愛、対比が強烈でしたね。higeruさんを三度も泣かせるなんて…東野さん、ただ者ではないですね(今頃…汗)。

[C9941]

こんにちは~藍色さん☆
3連休いかがお過ごしですか?^^
私もラストで泣かされてしまいました。
鬼の目にも涙ってヤツです(^^;)

藍色さんは、東野さんの最新作2冊もすでに読まれていらっしゃって
いつもながら、凄い早いペースで、一杯本を読まれていて驚くばかりです。

[C9953]

latifaさん、こんばんは。
三連休はバタバタしていました(恥)。
泣けるラストでしたね。まぁ!仏の涙でしょう。
新刊、運良くお先しちゃいました。
読めてない本、いっぱいです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


カテゴリー