Entries

風が強く吹いている 三浦しをん

装画・挿画は山口晃。装幀は新潮社装幀室。
寛政大学四年生、清瀬灰二は銭湯からの帰り道、万引きした男の走りに目を奪われ、
自転車で追跡。
無一文の万引き犯で、四月から後輩になる蔵原走(カケル)に自分のアパート、
竹青荘を紹介したハイジは、カケルの歓迎会で、
十人の力で頂点を取るスポーツ、箱根駅伝への挑戦を宣言します。
ハイジは陸上未経験の八人の、各人のペースを尊重して我慢強く指導。
練習を積み重ねていきます。
十人のキャラクターが魅力的で、衝突もありますが
共同生活ならではの明るいノリ、雰囲気が楽しい。
応援する八百屋の娘・勝田葉菜子、カケルの高校のチームメイトで彼らを挑発する東体大の榊、
六道大のキャプテン藤岡もキャラが立っています。
予選会への公認記録を持つための記録会、10位以内入賞が条件の予選会をクリアして、
後がない人数、ハイジの布陣で箱根駅伝に挑みます。

往路(1日目)1区・運動が駄目なマンガオタクの王子、
2区・陸上とは無縁の国費黒人留学生ムサ、3区・サッカー経験者で双子の兄ジョータ、
4区・サッカー経験者で双子の弟ジョージ、5区・田舎出身ゆえに強靭な足腰を持つ神童/
復路(2日目)6区・剣道経験者で司法試験合格の頭脳派ユキ、
7区・陸上経験者でニコチン中毒の5年生ニコチャン先輩、
8区・サッカー経験者でクイズ王(マニア)のキング、
9区・才能を持ちながら暴力沙汰で高校陸上界から去ったカケル、
10区・膝の故障で一度は陸上を止めたハイジ、
・・襷を繋ぐことでそれぞれの胸の内が掘り下げられ、思いが描かれていきます。
気がつけば疾風怒涛のスピードで夢中で読んでいました。
流れる景色、吹いてくる風、途中で苦しくなる体調。
一緒に走っているようなリアルな感じ。
ランナーズ・ハイがあるように、リーダーズ・ハイ(?)になったみたいでした。
楽しく読めて、走ることの素晴らしさが伝わってくる、爽快感いっぱいの物語でした。
心に残った言葉:走りとは力だ。スピードではなく、一人のままでだれかとつながれる強さだ。
/ハイジさんが、それを俺に教えた。言葉をつくし、身をもって、竹青荘の住人たちに示した。
好みも生きてきた環境もスピードも違うもの同士が、走るというさびしい行為を通して
、一瞬だけ触れあい、つながる喜び。(p462)
余談:表紙から裏表紙まで繋がっている、山口晃さんの時代劇を思わせる繊細なイラストは、
駅伝の雰囲気と物語のエピソード(下部分、モノクロで右から左)を伝えて、
1枚の絵巻物みたいです。中表紙は住んでいるアパート、
竹青荘の立体図解(名犬ニラつき、笑)。
関連情報 三浦しをんの読了本
・・まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん
・・きみはポラリス 三浦しをん
・・あやつられ文楽鑑賞 三浦しをん
関連情報 箱根駅伝の関連本
・・RUN!RUN!RUN! 桂望実
関連情報 陸上競技の読了本
・・一瞬の風になれ第一部イチニツイテ 佐藤多佳子
・・一瞬の風になれ第二部ヨウイ 佐藤多佳子
・・一瞬の風になれ第三部ドン 佐藤多佳子
風が強く吹いている
風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)
4101167583

風が強く吹いている 三浦しをん
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/148-197dc9ab

トラックバック

[T732] 風が強く吹いている 〔三浦しをん〕

風が強く吹いている≪内容≫箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝....

[T734] 風が強く吹いている/三浦しをん

風が強く吹いている「風が強く吹いている」/三浦しをん箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上がっていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走る事を愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸...

[T740] 風が強く吹いている

 風が強く吹いている 三浦しをん著/新潮社 読んでいてゾクゾクと鳥肌が立ってしまった。 決して気持ち悪いとかでなく、感動というか 感謝というか、うまく言えない気持ちで。 良い作品を読んだなぁ。 

[T749] 「風が強く吹いている」三浦しをん

風が強く吹いている三浦 しをん寛政大学4年の清瀬灰二は肌寒い三月、すばらしい「走り」で万引きしたお店から逃げていく蔵原走に出くわし、自転車で追いかける。運命の人に出会ったのだ。スポーツの秋です!体力の全くない私。子供の運動会のビデオを撮る為に歩いてるだけ

[T764] 三浦しをん『風が強く吹いている』  ★★★★★

風が強く吹いている三浦 しをん さんざん泣いた。いい作品だった。三浦しをんを心底尊敬した。エッセイで駅伝の話を書きたいと言っていたのは知っていたが、ここまでのとは。私の中で女性による女性のための男性メインのスポーツ三大小説が決定しました。森絵都『DIVE!!』

[T787] 風が強く吹いている 三浦しをん

同じアパートに住むようになった寛政大学の10人の学生。清瀬灰二の提案で、陸上の経験が全くない者を含む他の9人と共に箱根駅伝に出場し、その頂点を目指すスポーツ青春物語。名もなく、補欠すら立てられない弱小チームの、その無謀とも言える挑戦・・・。一見、あ...

[T796] 風が強く吹いている 三浦しをん 新潮社

三浦さんの新作が箱根駅伝の話とは意表を突かれました。スポーツ物は初めて・・だと思うんですが。これが、面白かった!!三浦さんの新しい一面を見せてもらいました。こう・・こんな事いって偉そうなんですが、書きたいことと作品のバランスが良くなってきた、という感じで

[T827] ● 風が強く吹いている 三浦しをん

風が強く吹いている三浦 しをん新潮社 2006-09-21面白かった!面白かった!面白かった!感動した!以上!と、やたら“!”マークが出てしまう1冊。三浦しをんファンではない人にも、性別や年齢を問わず、オススメできる小説。駅伝というチョイスは珍しいけれど、基本的に

[T872] 「風が強く吹いている」三浦しをん

風が強く吹いている発売元: 新潮社価格: ¥ 1,890発売日: 2006/09/21売上ランキング: 1949おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/11/04のっけからすっごいえらそうなこと書きます。直木賞作家に何を言うかって感じですけど、何様?なのはいつものことなんで、すいま

[T874] 風が強く吹いている  三浦 しをん

風が強く吹いている三浦 しをん 278 ★★★★★ 【風が強く吹いている】 三浦 しをん 著  新潮社 《テレビで見る箱根駅伝より300倍の感動をもらえます!》 内容(「BOOK」データベースより)箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら

[T881] 三浦しをん『風が強く吹いている』

三浦しをん『風が強く吹いている』新潮社 2006年9月20日発行ボロアパート「竹青荘」に住む大学生(ほぼ素人)10人が、箱根駅伝に挑む!真に“強い”ランナーを目指し、それぞれの“頂点”に向かい走る、超ストレートな青春小説。風が強く吹いている三浦 しをん“スポ根モノ

[T884] 風が強く吹いている

箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝に挑む。たった十人で。それぞれの「頂点

[T916] 「風が強く吹いている」 三浦しをん

風が強く吹いている三浦 しをん数ある大学駅伝の中で、もっとも苛酷なレースを強いられるのが、毎年1月の2、3日に行なわれる箱根駅伝だろう。なんといってもひと区間の距離が長い。各選手20キロ前後の道のりを走らなければならない。5区と6区には箱根の山登りと山下りという

[T920] 「風が強く吹いている」 三浦しをん

風が強く吹いている作者: 三浦 しをん 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2006/09/21 メディア: 単行本   2001年の正月、酩酊しつつテレビを見ていた三浦しをんの脳内に   天啓のような閃きが駆け抜けた。「箱根駅伝いいっす。これは小説になる!」   以来、駅伝経

[T926] 風が強く吹いている [三浦しをん]

風が強く吹いている三浦 しをん 新潮社 2006-09-21「箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。」才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れてい

[T930] 風が強く吹いている 三浦しをん

風が強く吹いているオススメ!箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝....

[T932] 「風が強く吹いている」 三浦しをん

風が強く吹いているposted with 簡単リンクくん at 2006.11. 5三浦 しをん著新潮社 (2006.9)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

[T939] 「風が強く吹いている」三浦しをん

陸上ブーム?高校の陸上部を描いた佐藤多佳子さんの「一瞬の風になれ」で、すっかり高校生の「走り」に魅せられ、読了後しばし放心状態。もっともっと読みたい、「走る」若者達を見ていたい…そんな気持ちの時に本書の評判を聞きました。寄せ集めの即席陸上部で箱根駅伝....

[T969] 『風が強く吹いている』

今日読んだ本は、三浦しをんさんの『風が強く吹いている』です。

[T971] 風が強く吹いている

風が強く吹いている三浦 しをんいや~。これは面白かった。ホントに単純に楽しませてもらった。ベタな青春スポーツもの。ありえない夢物語だろう。だけど、途中からすっかりペースにはまってしまってやめられない。アタシは陸上競技のことなんてなんもしらない。箱根駅伝。

[T973] 風が強く吹いている*三浦しをん

☆☆☆☆・ 風が強く吹いている三浦 しをん (2006/09/21)新潮社 この商品の詳細を見る箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけて

[T977] 風が強く吹いている

風が強く吹いている 三浦しをん/著  この本も予約待ちの長かったこと…。皆、面白い本は知っているんだなぁ。久しぶりに一気読み。  高校駅伝で将来を有望されていた蔵原走。走と書いて「かける」君。走

[T978] 『風が強く吹いている』三浦しをん

風が強く吹いている三浦 しをん 2006年 新潮社 P.508★★★★★一人ではない。走り出すまでは。走りはじめるのを、走り終えて帰ってくるのを、いつでも、いつまでも、待っていてくれる仲間がいる。駅伝とは、そういう競技だ。家賃がたったの三万円、大学からは歩

[T984] 風が強く吹いている/三浦しをん

いやはや参りました…しをんさん。今まで読んだ三浦作品は3つ。微妙なズレを感じながらもおもしろかったんです…それはそれで。しかしこの作品はもう無条件にガッチリときました!ズバリ箱根駅伝ものです。一度は挫折した陸上バカが仲間10人と無謀にも箱根駅伝を目指し再生

[T1034] 「風が強く吹いている」三浦しをん

風が強く吹いているうぉー!これは良かったです!みなさんがあまりに熱心に勧めてくださるんで、期待しすぎてがっかりしたらどうしよう・・と思ったりしてたんですが、期待以上でした。ここは泣くところじゃないだろうと思うようなところでも、途中何度も何度もじわっじ....

[T1065] 風が強く吹いている

風が強く吹いている/三浦しをんだいたいアレがよくない。あんな賞を獲ってしまったアレだ。アレであんな賞を獲ってしまった直後に出版されたもんだから、てっきりアレと同じ方向の物語だと思ってしまった。しかも今回は集団の。こんなオレのことを、いったい誰が責められよ

[T1116] 三浦しをん『風が強く吹いている』●

 2006.9.20初版、12.5第7刷。書き下ろし1200枚長篇駅伝小説。  ...

[T1135] 風が強く吹いている

今日で松の内もお終い。なんとなく残った正月ムードともお別れだ。正月の楽しみの一つに箱根駅伝を見るというのが加わって何年になるのだろう。毎年、様々なドラマが繰り広げられてテレビの前で涙する事も多い。 箱根駅伝テレビ観戦と共に正月休みの楽しみだったこの本を読

[T1359] 「風が強く吹いている」三浦しをん

タイトル:風が強く吹いている著者  :三浦しをん出版社 :新潮社読書期間:2007/01/06 - 2007/01/09お勧め度:★★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ること

[T1381] 風が強く吹いている

 突然、映画を観たくなった。それがこれ。ekiden[駅伝]/伊藤高史 ¥2,400 Amazon.co.jp  どうやら2000年の作品らしい。私はこの映画を、劇場で観たわけではない。ビデオを借りてきて観たのだと思う。その頃は、モーニング娘。出演のピンチランナーも観たくらい

[T1396] 『風が強く吹いている』三浦しをん

風が強く吹いている三浦 しをん新潮社2006-09-21by G-Tools奇跡のような出会いから、清瀬灰二と蔵原走は無謀にも陸上とかけ離れていた者たちと箱根駅伝に挑む。それぞれの「頂上」めざして…。長距離を走る(=生きる)ために必要な真の「強さ」を謳いあげた、超ストレートな青

[T1412] 『風が強く吹いている』  三浦しをん  新潮社

『優勝できなきゃ、走れないのか?じゃあおまえら、いずれ死ぬからって生きるのやめんのかよ』箱根駅伝は興味ありながら、じっくり見たことがありません。多分、関西よりも地元の関東のほうが人気が高いのだと思います。そして、私個人的にはお正月って昼間に何時間....

[T1416] 三浦しをん  風が強く吹いている

風が強く吹いている三浦 しをんオンボロアパート竹青荘に住む10人の面々は、清瀬灰二のひと声で箱根駅伝を目指す事になる。最初は渋っていたメンバー達も楽しさに目覚め次第に本気になっていく。陸上経験者もいるがほとんどド素人で、しかもたった10人で箱根を目指す熱

[T1419] 『風が強く吹いている』(三浦しをん著)を読み終わる

年末年始少し長めの休みをとることにしていたので、休み中に読もうと年末に買ったまま、結局読まないまま「積ん読」になっていた本が何冊かある。『風が強く吹いている』(三浦しをん著、新潮社)もその1冊。TBSの「王様のブランチ」で、箱根駅伝を舞台にした話と聞き、中

[T1504] 『風が強く吹いている』三浦 しをん

ブログ友から勧められて読んでみた。全然予備知識もなく読み始めたので最初はどうなるものなのかわからなかったけれど、表紙をまず見てみたら予想がついたのだった。箱根駅伝に出場するために仲間が団結していくストーリー。箱根駅伝は結構好きで、ここ数年はちょこ...

[T1530] 風が強く吹いている

 三浦しをん 2006 新潮社 文句なしに、面白い。 今年の一冊目は、箱根駅伝

[T1657] 風が強く吹いている 三浦しをん

風が強く吹いているこの本は雪芽さん、リサさん、弥勒さん、tomekitiさんにオススメしてもらいました。ありがとうございました。■やぎっちょ書評目の熱い熱いお話でした。上アゴと下アゴをグッとかみしめ、最後の方は手が揺れるんですよ。走っているみたいに。...

[T1816] 風が強く吹いている

************************************************************ 箱根の山は蜃気楼ではない。 襷をつないで上っていける、俺たちなら。 才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから 見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。 奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上

[T2156] 「秘密の花園」、「風が強く吹いてる」三浦しをん

2つとも、面白く読みました。感動!という程ではなかったけれども・・・。

[T2256] 本「風が強く吹いている」

風が強く吹いている三浦しをん 新潮社 2006年9月 万引きをして逃げていた蔵原走は、若い男に声をかけられる。清瀬灰二と名乗る男は、同じ寛政大学と知り、竹青荘を紹介される。竹青荘の住民が10人になったことから、ハイジ(灰二)は、箱根駅伝出場の話をする

[T2558] 風が強く吹いている(三浦しをん)

しまったなぁ;;;あと1週間、早く読むんだった・・・。後悔しても遅いけれど、これはお正月の「箱根駅伝」の前に読むべきだった。昨年から読みたいとは思ってたんだけど、なかなか遭遇できずにいて。これも縁だからと、自然の流れ?にまかせようと思ってたんだけども。やっ

[T2628] 風が強く吹いている/三浦しをん [Book]

 三浦しをん:著 『風が強く吹いている』 風が強く吹いている新潮社このアイテムの詳細を見る こないだ読んだのはエッセイだったので、 小説としてはこれが初のしをんさんの作品でした。  いい、いい、とは聞いていたので かなり期待して読んだんですけど、 期待に

[T2825] 「風が強く吹いている」三浦しをん

長距離やってる人たちの心をわしづかみにした本です。スポーツ全般苦手です…という私にも、心に響く作品でした。★★★★☆この作品、主人公・走(かける)の成長物語としても、十分読ませてくれます。言葉より

[T3425] 三浦しをん 『風が強く吹いている』

風が強く吹いている/三浦 しをん ¥1,890Amazon.co.jp箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れ

[T3590] 風が強く吹いている/三浦しをん

読書期間:2007/10/27~2007/10/28奇跡のような出会いから、清瀬灰二と蔵原走は無謀にも陸上とかけ離れていた者たちと箱根駅伝に挑む。それぞれの「頂上」めざして…。長距離を走る(=生きる)ために必要な真の「強さ」を謳いあげた、超ストレートな青春小説。

[T3601] 風が強く吹いている

三浦しをん 直木賞受賞後第一作は 箱根駅伝をテーマにした青春スポーツ小説。 団体競技ものだと、どうしても主役と脇役で 扱いが違ってきてしまうものだけど、 この作品ではメンバー10人それぞれの キャラが立っていてよかった。 後半のレースのシーンはドキドキする展開

[T4001] 風が強く吹いている

著者:三浦 しをん出版社:新潮社紹介文:駅伝には興味がなくて、箱根駅伝も見たことがなかったのですが、こんなにドラマチックで面白いものだったんですね。これは箱根駅伝のために運命的な出会いをした大学生たちの物語。かなり長い物語だったのですが、続きが...

[T4390] 風が強く吹いている:三浦しをん

栞サン、こういうのダメです。ほんっとに弱いです。プロローグ読んだだけで、やられる予感がしたんですよ、

[T4694] 風が強く吹いている⇔三浦しをん

風が強く吹いている 〔三浦しをん〕箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と....

[T6927] 「風が強く吹いている」

今回ご紹介するのは、「風が強く吹いている」(著:三浦しをん)です。 多少ネタバレも含まれていますので、ご了承ください。 -----内容&感想----- 竹青荘に住む10人が、ゼロから箱根を目指す青春小説。 彼らが通うのは「寛政大学」。 陸上の弱小校で、当然箱根駅伝に...

[T7167] 風が強く吹いている 三浦しをん

風が強く吹いている 三浦しをん 君だったのか、俺が探していたのは。走るために生まれながら、走ることから見放されかけていた清瀬と蔵原。二人は無謀にも陸上とは無縁だった八人と「箱根」に挑む。走ることの意味と真の“強さ”を求めて……。新直木賞作家の本領全...

[T10942] 風が強く吹いている 三浦しをん

風が強く吹いている 三浦しをん 新潮文庫 ISBN 978-4-10-116758-9 2009/07/01 この本を読み終わるのに相応しい場所はどこか考えてしまいました。今週も通勤電車で読んでいて、今朝、走と灰二とのタスキが繋がる場面に差し掛かりました。 気に入ってしまった..

[T11307] 風が強く吹いている

 この秋、小出恵介・林遣都主演で映画化されるらしい。 ・内容 箱根駅伝を走りたい - そんな灰二(ハイジ)の想いが、天才ランナー走(カケル)と出会って動き出す。「駅伝」って何?走るってどういうことなんだ?十人の個性あふれるメンバーが、長距離で走ること(=...

[T13216] 強く風が吹いている(三浦しをん)

風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)(2009/06/27)三浦 しをん商品詳細を見る あらすじ この春から寛政大学に入学する蔵原走(くらはらかける...

[T13226] 『風が強く吹いている』三浦しをん著(新潮文庫)

 20日の日曜日は結局、年賀状を一枚も書けず仕舞いだった。10時過ぎまで寝ていて、午後から親子四人で近鉄パッセに出かけたこととと、時間が空けば、この本を読み続けていたことがその理由だ。そう、この本は、面白い。  箱根駅伝にはそれほど興味がない。正月二日...

[T13920] 『風が強く吹いている スペシャルエディション<限定盤>』

『風が強く吹いている スペシャルエディション<限定盤>』 風が強く吹いている スペシャルエディション<限定盤> 三浦しをんの小説を、 小出恵介、林遣都の共演で映像化した駅伝映画。 致命的な故障を負ったハイジ...

[T19133] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-08-29 11:15

コメント

[C790]

藍色さん
こんばんは!
そうそう!まさしく「リーダーズ・ハイ」の状態ですよね~
読むのを止められないんですよ!
10人+αと登場人物が多いのに、ちっとも混乱せず読むことが出来ましたね。
それぞれのキャラクターがしっかり描かれていたからでしょうね。
私は王子が走れるようになるのか、ハラハラでした。
  • 2006-10-15 20:32
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C792] はじめまして

エビノートさんのところから飛んできました!

>気がつけば疾風怒涛のスピードで夢中で読んでいました。
ホントその通りです。
こんなに夢中になって読んだのはないんじゃないかって位貪るように読みました。
そしてすんごく面白くて読み終わるのがもったいなかったです。
キングの言葉の通りいい夢だからずっとたゆっていたかったです。

[C794]

エビノートさん、こんばんは!
読むのが止まりませんでしたね~。
キャラクターの描き分けがしっかりできていて、誰もが個性的で楽しく読めました。
私も運動音痴なので、王子が走れるようになるのか、そして、最後まで走れるのか心配してました。
ハイジの話で、粘着質(情熱の持続力p93)が長距離向きの性格というところに、なんだか自分が励まされたような気がしました(笑)。

弥勒さん、こんばんは。はじめまして。
ご訪問、コメント、トラバありがとうございます。
あちこちのサイトでお見かけしてました。来ていただいて、うれしいです。
“貪るように”がぴったりの、読み応えがある、面白さがいっぱいの作品でしたね。
プライドと疎外感を抱えていたキングが、仲間との濃密な日々、全員の夢になった駅伝の素晴らしさを語るところ(p444)、心に残りました。
これからもよろしくお願いいたします。

[C798] リーダーズハイ!

こちらにもおじゃまします♪
リーダーズハイ!うまいことを
言いますね。確かに読み出したら
やめられなくて、リーダーズハイ
になっていました(笑)来年の
箱根駅伝を見るのが楽しみに
なりました。

[C806]

BEEさん、こんばんは。こちらにもありがとうございます。
リーダーズハイは、夢中になって読んでいた高揚感を表す言葉を思いつけなくて、ハイジの説明(p479)から、作っちゃいました(笑)。
来年の箱根駅伝、楽しみですね~。

[C808]

藍色さん、こんばんは。

「リーダーズハイ」ナイスです。
体力、根性ともにない私は、ランナーズハイは決して体験できないですが、リーダーズハイならきっと何度でも体験できるでしょう。

[C809]

ななさん、こんばんは。
運動が苦手な私も、読み続けて一緒に走っているような興奮と感動を感じました。
ななさんの“読書でスポーツ”というフレーズがぴったりの1冊でしたね。
またリーダーズハイを体験できるような本に、出会いたいです。

[C857]

こんにちは。藍色さん。
TBさせていただきました。
読後感のよい作品でしたよね。
本当にスカッしました。
登場人物も、個性豊かでよかったです。
  • 2006-10-26 14:46
  • ゆう
  • URL
  • 編集

[C860]

ゆうさん、こんばんは。
みんなそれぞれ個性が光ってましたね。
始めは無謀にも思えたチャレンジ・・。
最後には達成感と爽快感いっぱいで、気持ちよかったですよね。

[C871]

私昨日ここにコメントとTBをしたつもりでした・・(汗)できてなかったんですね。
あれまあ。
「ほんまに行けるんかいな」から、どんどん
皆が真剣になり、夢が実現していく。
奇跡は願わなければ起こらない。
読み終わったあと、爽やかな気持ちになりました。

[C877]

ERIさん、こんばんは。
えっと、トラバとコメント、届いてませんでした。
もしかして何か障害が起きたのかも。記事アップした日に、トラバが込み合って反映されないことはあるみたいなのですけど・・。
承認制で確認しにくいのも、たぶんありますね。ごめんなさい・・・。

無謀にも思えたのがハイジの気持ちが伝わり、みんなの姿勢が変わっていく。
その過程もきちんと描かれていて、一丸となる部分もぐっときましたね~。
奇跡を成し遂げたハイジとメンバーに、重ねて声援を送ってあげたいですね。

[C974]

こんばんは!TB&コメントありがとうございました。
まさに“一気読み”な感じで私も読み終わりましたよ。とても面白かったです♪

[C977]

藍色さん、こんばんは。
気になってた本をようやく読むことができました。
ものすごく興奮して読んでしまった。幸せな読書時間でした。
リーダーズハイ、まさに。

[C984]

tomekitiさん、こんばんは。はじめまして。
ご訪問、コメント、トラバありがとうございます。
先へ先へと読ませる力がある、とっても魅力的な作品でしたね。
また合う記事がありましたら、お気軽にどうぞ。

ちきちきさん、こんばんは。
最後まで興奮が続く、感動の物語でした。
幸せな読書時間が持てましたよね。

[C1021]

藍色さん、こんばんは。
読み出したらどんどん加速度がついて、止まらなくなってしまいました。
リーダーズ・ハイって、上手ですね~
その言葉ぴったりです。
今度のお正月はしばらくぶりに箱根駅伝観ようかな。

[C1029]

雪芽さん、こんばんは。
笑いも加えながら、先へ先へと読ませる勢いがある、素晴らしい作品でしたね~。
密着取材された成果で、箱根駅伝のリアルな興奮が伝わってくる物語でした。
箱根駅伝観たくなりますよね。

[C1036]

「リーダーズハイ」!!
皆さんに同感です、ナイスです!
今度どこかで使わせてください。(C)藍色、で!

[C1037] こんばんわ。

TBとコメントありがとうございました。
素敵な作品でしたね。
最初は、箱根駅伝がテーマと聞いて、読もうか悩んでいたんですが、読んで本当に良かったとおもいます。
面白かったです。
襷でのつながり。小説でもしっかり伝わってきました。
皆かっこよかったです。

[C1041]

chiekoaさん、こんばんは。
恐る恐る書いた、「リーダーズハイ」。みなさまに支持されて、感謝しています。
まるで合言葉になっちゃってます(笑)。
ご使用OKです。コピーライトまでつけてくださって、うれしいです(勝手にその気)。
その際は、ご一報&リンクしていただけると喜びます(ワガママな要望、笑)。

苗坊さん、こんばんは。
魅力あるキャラクターたちが素敵で、読ませる勢いのある物語でしたね。
箱根フリークで駅伝に強い愛着がある苗坊さんの、読む前の迷い、そして感動。
その喜びは、駅伝を知らない私の何倍も大きかったんじゃないかな、と思います。
レビュー、熱く書かれていて良かったですよ。私も好きなことは熱くなる方です。

[C1052]

運動苦手ですが、人生で一回ずつランナーズ・ハイと水泳のソレ(スイマーズ・ハイ?)を体験したことがあります。どちらも脳内麻薬の分泌で、辛いはずなのに笑えてしかたないというか、猛烈な幸福感で一杯になるんですが…リーダーズ・ハイ。まさに。って感じです。
このハイな感じはくせになるというか、ハマるようになると結構頻繁になる状態みたいです。…わかるかも。
次こんな感覚を味わわせてくれる作品を!ってすぐ別の作品に手が伸びてしまいます。

[C1057]

まみみさん、こんばんは。
ランナーズ・ハイとスイマーズ・ハイを体験していらっしゃるんですね、すごいです!。水泳でも、そうなることができるなんて、びっくりです。まみみさん、しっかりスポーツウーマンなのですね。私は水泳もほとんど金槌です。
そういえばハイジが、その先の“ゾーン”という領域のことも言ってましたね。
次なるリーダーズ・ハイを、探し求めていきたいですね。

[C1089] 駅伝を走ったことはないけれど…

藍色さん、こんばんは。

「リーダーズハイ」、ピッタリな言い方ですね。

私は駅伝とかマラソンを走ったことはないのですが、この本を読んでいて、走ることが楽しいという気持ちがよく伝わってきました。

箱根駅伝のシーンはハラハラ、ドキドキしながら読みました。

来年の箱根駅伝、ホントに楽しみです。

[C1093]

mintさん、こんばんは。
私も駅伝とかマラソンなど、長距離を走ったことはありません。
この作品は、走ることの楽しさ、喜びの気持ちをしっかり教えてくれましたね。
熱いドラマの箱根駅伝。楽しみです。
その前に、全国高校駅伝を楽しみにしています。がんばれ郷土勢!(笑)。

[C1099]

絵巻物みたいな装画、よかったですね。
読む前にじっくり眺め、読みながらちらちら見、読み終えてまたじっくり見直しました。
選手たちの横の噴出しのひと言が、端的にその人らしさを表わしていてうならされました。
  • 2006-11-27 06:55
  • ふらっと
  • URL
  • 編集

[C1103]

藍色さん
こちらにもTBしました。

面白かったですね~。友だちに箱根駅伝大ファンがいるのですが、早速これを読むべし!と薦めました。
10人と一緒に私も走りきったような
感覚でした。
ハイジがベタ誉めする、かけるくんの走る姿が目に浮かぶような…。
きっと風をきって走っているのかな、と思いました。
  • 2006-11-27 22:04
  • はいびすかす
  • URL
  • 編集

[C1106]

ふらっとさん、こんばんは。
装画は、ひとりひとりのキャラクターと駅伝の雰囲気、いい味出してますよね。
それぞれの人を特徴づける一言つきでした。
カケルが後姿なのが、もったいないと言うか、想像を掻き立てられます(笑)。

はいびすかすさん、こんばんは。
箱根駅伝大ファンの方には、福音になること間違えなしでしょう(笑)。
運動が苦手な私も伴走しているような気分で、熱中して読みました。
“黒い弾丸”の走り・・私たちの想像を超えて、風を従えているのかも、です。

[C1113]

藍色さん…こんにちは。
泣きました思いっきり。
やっぱ本はその物語にのめりこめてなんぼって感じじゃないですか?
もうお手本のような作品でした。
箱根駅伝の視聴率はコレでぐっとアップするんじゃないでしょうか。
駅伝中継が楽しみなんて…今までの私じゃない(笑)!
  • 2006-11-30 10:18
  • ユミ
  • URL
  • 編集

[C1118]

ユミさん、こんばんは。
ひとりひとりの気持ちが伝わってくるストーリーと感動。泣けましたね。
まさに、しっかりのめりこめる物語の新しいスタンダードになれそうな作品です。
箱根駅伝の視聴率、絶っ対、アップするでしょう。
ユミさんの駅伝への見方を変えた、カルチャーショックな作品になったのですね。
私は全国高校駅伝だけは、見ていました(なぜか限定してました、笑)。

[C1181]

藍色さん、この作品を勧めてくださってありがとうございます!よかったですー。
まさに「リーダースハイ」でした。あーもう、ずーっと読み続けていたかったです。
絵巻物風の表紙いいですよね。ちゃんとダイジェストにもなっていて、今しみじみ見ています。

[C1191]

juneさん、こんばんは。
juneさんに喜んでいただけて、うれしいです。
以前から箱根駅伝のファンだったのですね。かなりの感動があったことでしょう。
ほんと、ずっと読み続けていたい物語でした。
この表紙、添えられたキャラクターのひと言も、内容を思い出させますね。

[C1242]

来年の箱根駅伝は、多分観るでしょう。
どうやら本を読んだ興奮が冷めないうちに見ることが出来そうです。
「まほろ市~」の後だっただけに、なかなか手を出せなかったんですが、今はただただ読んで良かった!と、ひたすら思う日々です。

表紙イラストの山口晃は、以前どこかの雑誌で見かけてからずっと気になってた人です。
画集を立ち読みしましたが、やっぱり買おうかな。

[C1246]

ロケットさん、こんばんは。
来年の箱根駅伝、間近になってきましたよね。
この興奮を携えて中継を見る楽しさ、読書の醍醐味といえるでしょう。
私も感動の余韻、今も続いています。

表紙イラストの山口晃さん、ご存知だったのですね。独特の絵柄ですよね。
画集も出していらっしゃるのですか。今度図書館で探してみます。

[C1673]

こんばんは!
リーダーズ・ハイ!上手いでねぇ。まさに!ですね。
もうこの世界に取り込まれて私も走状態になっていました。
本当に熱い作品でした。
来年の箱根駅伝はぜーったい見ます!
その前に再読ですね。

[C1680]

リサさん、こんばんは。
そう、合言葉は、リーダーズ・ハイ!です(笑)。
引き込まれて釘付けですよね、この作品の世界。
読んだ後の熱い気持ちが、今でも思い出せます。
来年の箱根駅伝、必見になりますよね。
再読も、時間を確保、熱くなる(なぜか5・7・5、笑)。

[C1688] はじめまして

「銃とチョコレート」にTBありがとうございました。訪問させていただき、素敵な記事がたくさんあって、楽しませていただきました。またゆっくりお邪魔させてください。
この本、私も最近読みました。走の走りを見てみたいです♪TBさせていただきました。

[C1691]

リーダーズハイって言葉はピッタリですね(笑)ちょっと厚めでしたけど、そんな事は感じさせずぐいぐい読んでしまいました。読書でこんなに熱くなって興奮できるとは思いませんでした。来年は箱根駅伝見るぞー(笑)

[C1696]

EKKOさん、こんばんは。はじめまして。
ご訪問、「銃とチョコレート」とこの記事へのTBにコメントまで付けてくださって、ありがとうございます。
ハイジが見とれて惚れ込んだ、そして駅伝本番では“黒い弾丸”と言われた走の走り、見てみたいですよね~。綺麗なフォームで駆け抜ける妄想が湧き上がってます。
記事、見ていただけたのですね。お手持ちのといくつか重なっているみたいで、うれしいです。いつでもごゆっくりしていかれてくださいね。
合う記事がありましたら、TB、コメントもお気軽にどうぞ。
これからも、よろしくお願いいたします。
こちらからも、またお邪魔しますね。

[C1700]

板栗香さん、こんばんは。
そうです、まさに合言葉は、リーダーズ・ハイ!です(笑)。読む前はこの厚さに少しひるみますが、読み始めたら、早かったですよね。読んでいるうちに、これほど熱い気持ちになって興奮できる本って、滅多にお目にかかれませんよね。私もたぶん初めての経験でした。これからは箱根駅伝、見逃せませんね(笑)。

[C1788] リーダースハイ、納得です

職場でも目を盗んで読んでたくらい、止まりませんでした。
笑っては泣き、笑っては泣き、の忙しい本でしたが、そのくらい集中して読んでた感じです。
三浦しをんさん、すごいですね。
これから注目して探して読みたいと思ってます。

[C1798]

うーさん、こんばんは。
おぉ!止まれずに職場まで持ち込んで、読まれたのですね。
わかります。私も笑っては泣き、の連続でした。やっぱり途中では止まれない、強い魅力の作品ですものね。
三浦しをんさんのすごさ、私もこの作品で思い知りました。
これから目が離せない作家さんですよね。

[C2187] こんばんわ

遅ればせながら、やっと読む事が出来ました。
面白くて面白くて、ノンストップ。w
すべての登場人物が気持ちよく爽やかでした。
本当に青竹荘があるなら行ってみたい。
読み終わった後、やっぱり読書っていいなって思いました。

[C2203] NoTitle

ゆきさん、こんばんは。
ページを繰る手が止まらなくなる面白さでしたね~。
登場人物の誰もが個性的で、それぞれに輝いていました。
そうそう、青竹荘に彼らが住んでいるようなリアルさも。
やっぱり読書っていいですよね。この快感は読んでみないと、ですね(笑)。

[C2215] お初です! by pomo (^_^)/~

あちこちの本読み系ブログを徘徊していると、
時たま別格なブログに出くわすことがあります。
こちらは、まさにノード的なサイトですね。スゴイ!

自分が感じて言葉に出来なかったことが
きちんとした文章で書かれている ...
あちこち拝見して、そんな喜びを感じました。
まさに「読書の喜び、発見をわかち合える」サイトですね。

私はこれを読んだ後、
勢いで山中湖ハーフマラソンに申し込んでしましました。
「リーダーズ・ハイ」の典型です。(失笑)

[C2221] NoTitle

pomodori_rossiさん、こんばんは。はじめまして。
ご訪問、コメントありがとうございます。
ノード=ネットワークを構成する一つ一つの要素のこと。(ヤフーで検索)…褒めていただいて、サブタイトルにも共感いただいてありがとうございます。恥ずかしい…でもうれしいです!。
後づけですが、
“未読の人が読みたくなる、既読の人が楽しめる、忘れた人が思い出せる”
を、サイトポリシーにしてこれまでやってきました。
どうしても忘れてしまうので、内容はくわしめですが長くなりがちなのが、ちょっと困ってることです(笑)。

山中湖ハーフマラソンに申し込まれたのですか!?。すごいです!「リーダーズ・ハイ」を実践されたのですね~。
故障や怪我などに気をつけて、走られてくださいね。

[C2738]

藍色さん、こんにちは!
この本、藍色さんも、そして皆さん大絶賛されているのに、自分はちょっと感動というところまで、はまって読めなかったのが、残念ではありました。
もちろん、楽しく読めたのですけれども^^
読書のレビュー、参考にさせて頂いております☆

[C2748]

latifaさん、こんにちは。
はまるほどではなかったんですね~。
でも楽しく読めたそうで、よかったです。
合う合わないは人それぞれですから、そういうこともありますよ。
これからも参考にしていただけたら、うれしいです。

[C3305]

こんにちは。
原因不明ですが、TB送れてるみたいですね!(喜)ということで、浮き浮きとした気持ちに乗せられて大量に送りつけてしまいました。すみません;;;

「一瞬の風になれ」とはまた違った感じで、読んでて走ってみたくなるような小説でした。王子が出来るんだから、私でも!とウッカリ勘違いしそうになりました(笑)

>ランナーズ・ハイがあるように、リーダーズ・ハイ(?)になったみたいでした。

うわーそうです!その言葉がぴったりですね。

年末、絶対に再読しよう!と思っている作品です。

[C3310]

すずなさん、こんばんは。
浮き浮きと送っていただけて、ありがとうございます。
さっそくこちらにもくださって、うれしいです。
「一瞬の風になれ」は短距離でしたけどこちらは持久力が要求される長距離。でもやっぱり走りたくなりましたね~。そうそう、王子が出来るんだったらって突っ走ったら…アイタタタ(笑)。そうです!この作品、合言葉はリーダーズ・ハイですっ(笑)。
年末、箱根駅伝前に再読ですよね。あれ?もしかしたら若だんなからの箱根つながりでしたか?(今頃気づいてます、汗)。

これからもTB、コメントお気軽にどうぞ。楽しみにしていますね。

[C3391]

 そうそう、私も一緒に走っているような、
 沿道で応援してるような、
 そんな感じで一気に読んでしまいました。

 表紙も楽しいですよね♪

[C3394]

miyukichiさん、こんにちは。
物語にぐいぐい引き込まれて一気に読めました。
素晴らしいキャラクターたちと一緒に走って爽快な気分でした。表紙もぐるっと楽しめましたね♪。

[C3693]

藍色さん、こんにちはっ♪
やっと、図書館の順番が回ってきました\(^o^)/
でも、長く待ったかいがある、躍動感溢れる作品でした♪
ハイジのコーチングに教えられることも多々あり。。。って感じでもあったかな。
読んで爽快な作品でしたね~♪

[C3704]

そらさん、こんばんは。
図書館の順番、長く待ったかいがありましたね。一緒に走ってるような臨場感もいっぱいで。
ハイジのコーチング、一人一人に合った練習法で苦労と執念も垣間見えました。
キャラの名前を見てるだけで、また気持ちが熱くなってきちゃいます(単純?笑)♪。

[C4617]

こんばんは。
TBさせていただきました。
「走りとは力だ。スピードではなく、一人のままでだれかとつながれる強さだ。」は私もとても印象に残った言葉でした。
本当まるで本物の駅伝を見ているような感動がありましたよね。
箱根駅伝、最近全然見ていないのですが、来年は絶対見ようと思いました。

[C4695]

masakoさん、こんばんは。次回:
抜き書きの言葉、masakoさんもとても印象に残ったんですね。書いてて良かったです。
本物の駅伝を見て、走っているような感動、興奮に包まれる作品でしたね。
次の箱根駅伝を絶対見ようと決意させてくれる、素晴らしい本でした。

[C5506]

こんばんわ。
リーダーズ・ハイ!わかります。
私も読みながらそんな感じでした(笑)
みんなの熱にあおられて、読みやめることができず、一気読み。
もっと読みたい、読み続けたい、でも結果も気になる・・・
そんなジレンマでしたね。

[C5518]

ia.さん、こんばんは。
リーダーズ・ハイ!感じられましたよね~(笑)。
まさに、キャラクターに後押しされるように一気読みでした。
結果がどうなるのかと、読み続けたいのに残りの頁数…ジレンマもありましたね。

[C6545] 強くなれ!

こんにちは。
強くなれ!とても印象に残った言葉でした。
どんなに頑張っても半年で予選会が通るほど成長するとは思えないけれど、そんなことも吹っ飛んでしまうほど、スピード感と臨場感にあふれた作品でした。
今年の箱根駅伝を見ながら泣きそうになったことを思い出しました。
箱根に賭けて一年間練習を積んできた選手たち、全員の重みがあの襷には込められています。
読んでよかった!と思える一冊でした。

[C6566]

らぶほんさん、こんばんは。
スピード感と臨場感がいっぱいで、メンバーと一緒に駆け抜けていきましたね。
箱根駅伝への見方が大きく変わりました。襷の深い絆が素晴らしい作品でした。

[C9102]

こんばんは。
先日「波打ち際の蛍」でお知り合いになったはまかぜです。

「風が強く吹いている」は何と言っても、クライマックスの箱根駅伝がとても面白かったです☆
一人一人の戦い、思いが丁寧に描かれていて、読んでいるほうも一緒に走っているような気持ちになってきます。
力を出せた人も出せなかった人もいたし、みんなが万全で戦えるとは限らないというのも、リアルに描かれていましたね。
ハイジが二度と走れなくなるのを覚悟して必死につないだ襷を、走が受け取って六道大学の藤岡とのエース対決。
最後の最後まで、ドラマチックな戦いでした。
素晴らしい作品だと思います^^
トラックバック送らせていただきましたので、よろしくお願いします。

[C9118]

はまかぜさん、こんばんは。
トラックバックありがとうございます。返させていただきました。
箱根駅伝、一緒に走ってました。
万全じゃない戦いが、リアルでしたね。
走の激走に、胸が熱くなりました。
エキサイティングな、素晴らしい物語でした。

[C9500]

ただ走ってるだけの駅伝。しかし襷があることで、一人ではない駅伝。いいですよね。
駅伝は特に好きって訳ではなかったのですが、絶対に来年は見るでしょうね!

[C9514]

しおさんへ。
襷がメンバーの思いを繋ぐ駅伝、素敵ですよね。
駅伝の見方が根本的に変わりました(でも走るのは…汗)。

[C15530] お久しぶりです。

お久しぶりです。覚えてますか?(^^;)

今年はどうも選ぶ本との相性が悪く、遅々としてページが進まない作品ばかり読んでいたんですが、年末になって素晴らしい作品に出会えて、今私は喜びでいっぱいです。

こちらのブログにもやっとコメントが書けて嬉しいです。
三浦しをんさんの作品は、こちらの紹介を読むとどれも面白そうですね。
来年は、他の三浦作品も読んでみようと思いました。
  • 2009-12-19 16:27
  • みるちゃんのママ
  • URL
  • 編集

[C15538] 傑作でした

藍色さん、ご無沙汰しています。

楽しい本でした。
三浦さん独特のユーモアにクスッと笑ったり、鼻にツンとくる場面で涙ぐんだり、読書の醍醐味を味わいました。

走が藤岡に挑戦状を叩きつける場面では、背中がゾクゾクしてしまいました。

[C15562]

みるちゃんのママさん、お久しぶりです。
喜びの出会い、よかったです。
他の作品もおすすめです。ぜひ。

[C15563]

touch3442さん、ご無沙汰でした。
醍醐味が詰まった一冊でしたね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー