Entries

橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ 橋本紡

広告会社に勤めるOL、友香。父と和解はできるのか『清洲橋』、
銀座でならしたバーテンダー、耕平。深川で自分の店を持つが『亥之堀橋』、
進学校の秀才と不良少年の再会『大富橋』、
バツイチの佳子は英会話教室の生徒との逢瀬をやめられない『八幡橋』、
新居探しで足を棒にする美穂と哲也のカップル『まつぼっくり橋』、
世田谷から来た千恵と、祖父エンジとの交流の物語『永代橋』。
水の都・深川を舞台に描く六つの人生。

東京深川が舞台。六つの橋にまつわる連作短編集。
海が近い深川独特の水や潮の匂い。それぞれの思いが迫ります。
迷いながら歩く橋。思い出深い橋。諍う二人を繋ぐ橋。
乾いた恋の橋。夢を思い出す橋。新生活へと踏み出す橋。
丁寧な描写。悩みを抱えた人たち。橋を渡って変わる風景や風向き。
素直に向き合う自分の気持ち。動き出す心がいいです。
心の橋をめぐる。橋本紡さんのしみじみとしたお話でした。
橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ
(2008/11)
橋本 紡

商品詳細を見る

橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ
橋本 紡
4163276505

橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ 橋本紡
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/1513-7395ce3a

トラックバック

[T14585] [本]「橋をめぐる」橋本紡。

橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ 作者: 橋本紡 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2008/11 メディア: 単行本 クリック: 4回 この商品を含むブログ (16件) を見る 深川近辺を舞台にした短編集。6つのお話はそれぞれに橋の名前がつけられている。 じんわり温か

[T14586] 橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ(文藝春秋、橋本紡著)

深川の町に架かる橋にまつわる6つの物語 ・清洲橋 ふと仕事後に空いた時間で実家の深川をぶらつく友香 ケンカ中の実家に立ち寄りがたいと...

[T14587] 【橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ】橋本 紡

広告会社に勤めるOL、友香。父と和解はできるのか『清洲橋』、銀座でならしたバーテンダー、耕平。深川で自分の店を持つが『亥之堀橋』、進学校の秀才と不良少年の再会『大富橋』、バツイチの佳子は英会話教室の生徒との逢瀬をやめられない『八幡橋』、新居探しで足を棒に...

[T14601] 橋をめぐる いつかのきみへ、いつかのぼくへ  橋本紡

さて、今年最初の更新です。 更新頻度を上げたいとは思っているのに最初の更新が1月の半分を超えてからになってしまうとは・・・。 期待できないなあ。 引き返そうか、 進もうか。 人生は橋を渡ることに似ている。 水の都・深川を舞台に描く六つの連作短編。 僕の一...

[T14619] [小説]橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ

橋本紡『橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ』文芸春秋,2008 橋本紡さんの作品感想 水の都・深川を舞台に描かれる短編集です。最初は、久しぶりに戻った実家付近の、変わってしまった風景に戸惑う有香の話「清洲橋」資料館での弟との電話でつながったやりとり「仕

[T14746] [小説]橋本紡『橋をめぐる』

橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ 作者: 橋本紡 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2008/11 メディア: 単行本 クリック: 4回 この商品を含むブログ (16件) を見る 先日、とてつもなく糞なものを読んでしまったので、その口直しにと、橋本紡の読んでない本を読む

[T14852] こんなふうに歩いてさえいれば

あけました。おめでとうございます。 今日は一日フルに使ってテニプリ全巻を読み直してました。 大満足です。 ではでは、新年一発目は読...

[T14881] 橋をめぐる

 父に反発していた友香が結婚を前に実家を訪ねる「清洲橋」銀座でバーテンをしていた耕平が町内会を取り持つ「亥之堀橋」大学受験を目前にクラスメイトが死に旧友に会いに行く「大富橋」離婚した夫に子どもを預けて自宅で逢引をする「八幡橋」建築を学んだ将来の...

[T15005] 橋本紡『橋をめぐる』 感想

橋本紡さんの『橋をめぐる』という作品を読みました。深川を舞台に6つのお話が展開されている作品です。とてもいい世界観がある作品です。少...

[T15283] 橋をめぐる

『リカ』を読み終えたあと、あまりに怖くて穏やかな気持ちになれる本が読みたいと思い、これを選びました。ところが、勝手なもので、のんびりしすぎて物足りなく感じるという、なんとも身勝手な読者になってしまいました。隅田川のそばの、いくつかの橋をめぐっての物語で...

コメント

[C16910] こんばんは。

トラックバックありがとうございました。
心情や情景を丁寧に描写している作品でしたね。
心が温まりました^^
  • 2010-08-12 01:16
  • fu-ta
  • URL
  • 編集

[C16942] Re: 橋をめぐる―いつかのきみへ、いつかのぼくへ 橋本紡

fu-taさん、温まりましたね。
トラックバックありがとうございます。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


カテゴリー