Entries

四度目の氷河期 荻原浩

装幀は新潮社装幀室。
「小説新潮」2005年7月号から2006年7月号まで連載。

主人公で語り手の南山渉:ワタルは研究者の母親と二人暮らし。
母親から父親は死んだと聞いていました。
落ち着きがない幼少時を経て、小学校では走る速さには自信を持っていましたが、
巻き毛で茶色の髪、紅茶キャンディのような瞳の色、凹凸が深い顔など、
周囲と違うことの不安に悩まされていました。
その理由を自分なりに検証して、父親がクロマニヨン人だからと思い込みますが・・。

荻原さんは「オロロ畑でつかまえて」その続編「なかよし小鳩組」以来、3冊目でした。
体の大きな変化があった小学五年生の時、似たもの同士の“仲間”、
室田紗知:サチと出会い、孤独だったワタルの世界が一変します。
そして思春期の目覚めも。それでも自分は誰なのか?という問いかけは抱き続け、
持ち前の身体能力が道を切り開いていくことに。・・ワタルの気持ちが率直に伝わってきました。
四歳から十八歳目前までの、探してたどり着いた父親、
そして自分探しの道のりを描いた成長の物語でした。
「明日の記憶」が深刻な内容みたいだったので、作風が変わっていないか心配でしたが、
サチと出会いや三文字会話など、笑える場面も、微笑ましくなる部分もあって安心しました。
思い込みが強いワタルと行動力があるサチの体育会系な二人のこれからが、
楽しいものでありますように。
タイトルの意味はp82にあって、今はまだ第四氷河期の間氷期とのこと。
でもこの表紙は寒すぎるのでは?。半袖ですし、心証風景かも。
そして月見うどんが食べたくなりました・・。
関連情報 荻原浩の読了本
・・千年樹 荻原浩
・・サニーサイドエッグ 荻原浩
・・さよなら、そしてこんにちは 荻原浩
1997年「オロロ畑でつかまえて」で第10回小説すばる新人賞を受賞デビュー。
2005年「明日の記憶」で山本周五郎賞を受賞。主な作品「ハードボイルド・エッグ」「噂」
「メリーゴーランド」「僕たちの戦争」「神様からひと言」「押入れのちよ」など。

四度目の氷河期
四度目の氷河期 荻原浩
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/153-a0167f2d

トラックバック

[T779] 四度目の氷河期*荻原浩

☆☆☆☆・ 四度目の氷河期荻原 浩 (2006/09/28)新潮社 この商品の詳細を見る人生を語るには、早すぎるなんて言わせない。ぼくは今日から、トクベツな子どもになることにした―何をやっても、みんなと同じに出来ないワタルは

[T781] 「四度目の氷河期」荻原浩

四度目の氷河期荻原 浩単身ロシアに渡り、父親と思っていたクロマニヨン人のミイラに会いに行ったワタルの物語。町の外れに研究職の母とひっそりと住むワタル。目の色や髪の毛の色から「父親は外人だ」と噂されています。走るのが大好きで、じっとしていられない。人とちょ

[T782] 四度目の氷河期     ~荻原 浩~

読み応えあり。ワタルは母親と二人小さな町で暮らしている。よそ者の二人に町の人たちは冷たく、二人をかたくなに受け入れようとしない。幼稚園の頃から人と違う行動を取るワタルに友だちはなく、いつも一人で母親

[T784] 特別じゃない 「四度目の氷河期」

評価:70点四度目の氷河期新潮社このアイテムの詳細を見る面白かったといえば、面白かったのですが、結構凹む展開だったり、ラストがイマイチはまらなかったりして、結局この評価。序盤は結構つまらなくてどうしようかと思いました。私が読んだ荻原浩作品の中でも、今まで

[T786] 『四度目の氷河期』荻原浩

四度目の氷河期荻原 浩 2006年 新潮社 P.459★★★★★地球は氷河期を使って、地上の生物を何度もふるいにかけた。そして、過酷な環境に打ち勝った生物だけに未来を与えた。マンモスやネアンデルタール人がふるいから落ち、クロマニヨン人が救われたように。世界

[T844] 四度目の氷河期/荻原浩

荻原 浩 四度目の氷河期 人生を語るには、早すぎるなんて言わせない。ぼくは今日から、トクベツな子どもになることにした―何をやっても、みんなと同じに出来ないワタルは、ある日死んだ父親に関する重大な秘密を発見する。その瞬間から、少年の孤独なサバイバルゲー

[T869] 『四度目の氷河期』

今日読んだ本は、荻原浩さんの『四度目の氷河期』です。

[T879] 四度目の氷河期 荻原浩

自分は何か人と違うという違和感に苛まれているワタル少年の、4歳から18歳までを鮮やかに描いた長編青春小説。父親の存在を明かされないままに成長、その風貌や奇行を自らのコンプレックスとして抱きつつも、自分の殻を破ろうと必死にもがいているワタル少年の姿が、鮮...

[T895] 四度目の氷河期 荻原浩 新潮社

「自分は普通じゃない」と思うところから、47億分の一としての自分自身にたどり着くまで。一人の少年が、大人になるまでの、軌跡。・・・ということになるのかな。その時期を、「自分が、クロマニヨン人の子供だ」と思うことをアイデンティティとした男の子の話です。

[T909] 四度目の氷河期 [荻原浩]

四度目の氷河期荻原 浩 新潮社 2006-09-28生まれたときから母と二人暮らしのワタル。常に付きまとう「父の不在」という影に加え、容姿も他の子供とはどこか違う彼。何をやってもみんなと同じに出来ず、それが原因で周囲から辛くあたられる孤独な子供時代を送っていたワタル

[T967] 四度目の氷河期 (荻原 浩 )

父親はクロマニヨン人??父親は、一万年前に死んだ、クロマニヨン人だと信じてきたワタル。 見たことのない父親。 古代人とのハーフ。クロマニヨン人として生きるため自らを変えていく。心も体も。 どんなことも他の人とは同じにように 出来ない幼い頃のワタル。 子供

[T1058] 四度目の氷河期 荻原浩

四度目の氷河期僕のお父さんは、クロマニヨン人だ。ワタルは、小さな田舎町で母と一緒に住んでいる。父親はおらず、誰なのかも分からない。自分がだんだん他の子とは違う身体に成長していくのを感じ、自分はクロマニヨン人の子どもだと思い始める。それからは毎日....

[T1164] 四度目の氷河期 〔荻原浩〕

四度目の氷河期荻原 浩 新潮社 2006-09-28売り上げランキング : 3370おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫人生を語るには、早すぎるなんて言わせない。ぼくは今日から、トクベツな子どもになることにした―何をやっても、みんなと同じに出来ないワタ....

[T1602] 四度目の氷河期

四度目の氷河期荻原浩 新潮社 2006年9月 ワタルは、母親と暮らしていたが、よそものだし、生まれる前から父がいないため、悪くうわさされていた。ワタルは、母親の書物から、ぼくの父親は1万年前のクロマニヨン人だと思い込み、石器作りに専念し、釣りをす

[T1690] 四度目の氷河期 - 荻原 浩

主人公ワタルの成長過程をワタル自身の語りで約18年の彼の歩んできた人生を読ませてくれました。当然ですがそこら辺の普通の子供達とは違う設定だから面白い。

[T1692] 四度目の氷河期  荻原浩

実は一度挫折しているこの『四度目の氷河期』なるほど私は面白くなる前に止めてしまったわけですね。博物館に眠るクロマニョン人のミイラに「父さん」と呼び掛ける始まり方。何じゃ一体?と思って期待したのに何も起こらないし、時間の都合もあったので諦めてしまったのが..

[T1850] 四度目の氷河期/荻原 浩 [Book]

 荻原 浩:著 『四度目の氷河期』  1万年前に生きたクロマニヨン人を父と定める ワタルの、18年間の記録。 端的に言うと、そうなります。 でも、もちろんそれだけじゃない。 なんていうか、すごくロマンなお話でした。 そして、ワタルのロマンを、知らず知らず応援

[T2147] 四度目の氷河期

四度目の氷河期荻原 浩おすすめ平均:愛すべきキャラクター・ワタルこれが現代の青...

[T2265] 四度目の氷河期 荻原浩

四度目の氷河期荻原 浩 新潮社 2006-09-28売り上げランキング : 111011おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools

[T2276] 『四度目の氷河期』

これはタイトルがいいですね。 私には、名前負けしてるとさえ見えるほどです。このタイトルに、読む前や読んでる途中に、妙にイマジネーションがふくらみそうになりながらも、実際の中身はそういうものとは違ったのですが、それでも、一口に青春小説というには惜しいスケー

[T6562] 四度目の氷河期 荻原浩著。

≪★★★≫ 結構ぎっしりでしたね、内容の濃さ。 シングルマザーやハーフなんて、白い目で見られちゃうある田舎町。研究所で働く母親と二人で暮らすワタルは、ちょっと変わった男の子。走ることが大好きで、決められた色で絵を描くことよりも好きな色で絵を描きたい。そん...

[T12358] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2009-10-10 13:52

[T12949] 四度目の氷河期

『四度目の氷河期』。 久しぶりの青春モノです。 繊細な心が伝わってきます。 読みやすい筆致ですので高校生にもお勧め

[T13522] 「四度目の氷河期」/荻原 浩

「四度目の氷河期」/荻原 浩(新潮文庫刊) 今年の初読みは文庫本になっていたのでこの本にしました。映画『明日の記憶』の原作者が荻原 浩だと知って、色々読み始めたけれど、僕が主に読書タイムにしているのは専ら通勤電車の行き帰り。困るのは思わず吹き出してしまい

コメント

[C856]

藍色さん、こんばんわ(^^)
今は束の間の夏なのですね…。
最近急に冷えこんできて、少し心配になってしまいました(^^;
心の準備(クロマニヨン人のような生活の用意)しておいたほうがいいのかな…なんて。
では、では。

[C859]

uririnさん、こんばんは。
この頃冷え込んできましたね。ワタルが調べた氷河学によると小康状態らしいです。
突然やってきて一度入ったら、何万年も終わらないらしいので、怖いですね~。
クロマニヨン人の生活って、すごくサバイバルなイメージが・・・野性的(笑)。

[C927]

藍色さん、こんにちは!
月見うどん・・・わたしも食べたいです(笑)
テーマは重かったですが、荻原さんらしく微笑ましいところもあって、読みやすかったですね!
3文字会話も、やったことがないけれどなんだかとても懐かしい感じでした。

またまたTBさせていただきますね!

[C929]

ミカ丸さん、こんにちは。
月見うどんを見るたびに、この作品を思い出しそうです(笑)。
始めのうちは、あまりに内省的で心配でしたけど、サチが登場して、やっと荻原さんらしくなった気がしました。
3文字会話、意外とテクニックがいるのでは、と思ったりしています(笑)。

[C969] いつもながら早いですねぇ。

藍色さん、こんばんは。
コメント&TB、ありがとうございます。
相変わらず読むのが早いですねぇ。
この本は図書館で予約していたので、読んだらコメント&TBをするつもりだったんですが…。

ワタルが自分の父親がクロマニヨンだって思うあたりが荻原さんらしいですよね。
え?え~っ、て感じなんですが、そのうち本当にそうかもしれないって思えたりします。
まあ、そんなわけないんですけどね。(笑

そうそう、月見うどんもいいですねぇ。

[C970]

mintさん、こんばんは。
私も図書館で予約していたのですが、順番が遅かったので、焦っちゃいました。
記事をお見掛けして、迷ったのですけど、こちらからコメント、トラバさせていただきました(笑)。

父親がわからないからって、クロマニヨン人っていうのは、突飛というか・・。
思い込みの王者を印象付けるためとはいえ、荻原さんらしいですね~(笑)。
サチの登場で、ホント、mintさんのおっしゃるようにカラーになった感じでした。
印象に残ったこと、ついつい食べ物に目が行っちゃう私・・(恥)。

[C972]

おはようございます。藍色さん。
月見うどん・・・私も食べたくなりました。
もちろん、鳥の皮をはいだやつを入れて(笑)
ワタルの育ってきた過程での、心のうちを思うと、やりきれなくなりますが、ラストが爽やかで、本当によかったと思います。
ワタルのこれからの人生は、楽しいものになるんだろうな、なんて思いました。
  • 2006-11-08 09:36
  • ゆう
  • URL
  • 編集

[C980]

ゆうさん、こんばんは。
読んでいて、ワタルが誰にも相談できずにいた、苦しい気持ちが伝わってきました。
サチと迎えたエンディングは爽やかで、ほんとによかったですよね。
寒くなってきたので、鳥皮入りの月見うどんがおいしく食べられそうです(笑)。

[C992]

ワタルくんも好きでしたが、サチちゃんの爽やかな女の子らしさが、とっても可愛かったです。二人の恋が好ましくて、何度も微笑んでしまいました。ワタルくんにサチちゃんがいてくれて、ほんとによかったですよ。
いい夫婦になりそうですよね♪

[C1007]

ERIさん、こんばんは。
ワタルを孤独の世界から連れ出したサチ。可愛くて頼りになって、ほめずにいられません。
サチの言動がどれだけワタルを救い、支えになってきたことか・・・。
微笑ましい場面を、何度も見ることができましたね。
いいパートナー、いえ、尻に敷かれる価値がある、大切な大切なベターハーフでしょう(笑)。

[C1010]

私もちょっとこの表紙には違和感を覚えました。内容や雰囲気に…あっているような、いないような。表紙を見てからそのイメージで読み始めるくせがあるので、あわないとちょっと軌道修正にとまどいました(笑)。

[C1019]

chiekoaさん、こんばんは。
私も表紙からのイメージ作りは強いです。
最後まで一人きりで、シリアスな内容だけならこれでいいような気もします。
けど、荻原さんらしい笑える場面や、サチとのあれこれ、トラとの友情など盛り沢山だったので、もう少し寒さ柔らかめ(?)にするとか、裏表紙に違うカットを入れるとか、何か工夫してほしかったですね。
特にこれから寒くなるので、未読の人は手に取りにくいかも、です(笑)。

[C1088]

TBありがとうございました。
ワタルのこれからは
良い方向にいって欲しいですねですね。 
ワタルの理解者、サチがいてほんとうに良かったと思います。

[C1092]

kazuさん、こんばんは。
ワタルがサチと出会って、やっと好転して物語が面白くなりましたね。
これからふたりで、立ちふさがる困難を乗り越えていける、と信じています。

[C1221]

あ~月見うどん。確かに食べたくなりました。
面白かったですね。
サチの存在が大きいです。やっぱり。
自分の片割れのような人に出会えるのって、素敵ですよね。
ロシアでの再会は素敵でしたね~

[C1228]

苗坊さん、こんばんは。
この頃寒いですから、月見うどん、温まっていいですよね(笑)。
思い込みが強いワタルと、ワタルを理解して支えるサチ、素敵なカップルです。
サチの行動力旺盛なところも魅力的でしたね。

[C1369]

こんばんは!
タイトルからして、勘違いしながら読みはじめたので、クロマニヨン人が出てきたときにはビックリしました~
ワタルの置かれた状況って、氷河期みたいに辛いものだと思うんですけど、そこから成長してゆく姿に好感が持てました。
  • 2007-01-11 21:27
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C1376]

エビノートさん、こんばんは。
荻原さんのこれまでから、そう受け取れることもなきにしもあらず、かもです。
でもクロマニヨン人に結びつける発想は、やっぱり驚きますよね~。
ワタルの孤独や寂しさ、伝わってきましたね。サチと出会うまで心配でした。
気持ちが変わり、成長してたどり着くエンディング、心がホットになれました。
この時期のこの表紙…かなり寒さを感じられたのでは?。

[C2034] こんばんは。

ワタルとサチのやり取りはとても好きです。ワタルはサチには一生かなわないんだろうなって関係性も。ワタルもさることながらロシアまで追いかけるサチの行動力には脱帽です。

[C2040]

たまねぎさん、こんにちは。
ワタルとサチのやり取り、気持ちが通っていていいですよね~。ええ、私もたぶんこのふたりの関係、ワタルはサチに一生かなわないでしょうし、それが円満の秘訣(?)と思います(笑)。
ロシアまで追いかけるサチの行動力、ビックリしましたよね。きっとワタルには心強かったことでしょう。ずっと仲のいいふたりでいてほしいですね。

[C2246] NoTitle

 こんばんは♪
 TBさせていただきました。

 よかったですよねー。
 私もワタルの気持ちがびんびん伝わってきました。
 ワタルもサチも母さんもほかのみんなも、
 すごく好きになってましたよ。

 月見うどん、私も食べたくなりました^^

[C2257] NoTitle

miyukichiさん、こんばんは。
読んだ後、心が温かくなりますよね。
miyukichiさんもワタルのつらい気持ち、強烈に感じられたのですね。
このつらさを乗り越えての結末。みんなをすごく好きになってたこと、わかります。
夜はまだ寒いので、月見うどんで温まりましょう(笑)。

[C8547]

私はこの表紙が、なんだかワタルの長い間の孤独を表わしてる気がして気に入ってます。この寒そうな、心がシンシンとしてくるところが、いいです♪
ああ、月見うどんおいしそうでしたね!
やっぱり自分の存在の出所みたいなものが曖昧だと、自分の存在自体に自信がなくなってしまうものなんですね。だからワタルの思い込み、すっごい思い込みだけど、分かるな~って思ってしまいました。
  • 2008-08-22 23:25
  • じゃじゃまま
  • URL
  • 編集

[C8568]

じゃじゃままさんへ。
寒々しい表紙に、孤独を抱えたワタルの気持ちが映されてるみたいでしたね。
激しい思い込みも曖昧な出生からで、やっと自信を持ててよかったです。

[C15355]

こんにちは。
トラックバックさせていただきました。

ワタルがたどりついた答え、いつまでも離さないでいてほしいです。

[C15362]

さかもとさん、TBありがとうございます。
ワタルの掴んだこと。清々しかったです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー