Entries

RUN!RUN!RUN! 桂望実

写真は井上佐由紀。装丁は番洋樹。シューズ(カバー写真)
提供は亜細亜大学陸上競技部。
2003年「死日記」でエクスナレッジ社「作家への道!」優秀賞を受賞デビュー。
主な作品「県庁の星」「ボーイズ・ビー」「Lady,Go」など。

別冊文藝春秋2005年11月号から2006年7月号初出。
主人公の岡崎優は、中学の頃から区間最高記録を走る度に
塗り替えてきた、不敗記録を持つアスリート。
目標はオリンピックの金メダル。
箱根駅伝で準優勝したS大学に入学後、箱根駅伝は通過点、
個人競技だから仲間なんていらないと発言、陸上部で浮いた存在に。
そんな時、突然の兄の死の衝撃で、
母・弘子さんが口にしたことは、真実なのか?。

初・桂さんでした。
主人公の優は突出した才能の持ち主ゆえに、
きっちり練習を積んでいれば恐怖は生まれないと断定。
走る喜びを感じながらも、内心で周囲の人々を軽蔑し、
見下し、嘲笑し、容赦なく毒舌を振るいます。
この性格は、読み進めるのに抵抗がありました。
ところが上記の、心を揺るがす疑惑から不安に陥り、
家族や、陸上や自分の将来などについて自問自答を重ねます。
抱えた悩みからメンタルコントロールも不安定に。
危機を回避する計略のはずが、一転して周囲は好意的な雰囲気になり
箱根駅伝に懸ける仲間との関わりを通して優は変わっていきます。

優と周囲との間をとりなしてくれる、
面倒見のいい岩本海人(かいと、通称岩ちゃん)。
彼が語る家族のこと、故郷のこと、置かれた状況、優への思いは、
もう一人の主人公といえるほどでした。
優とは対称的な、温厚でヒューマンなキャラクターを
際立たせることで、独特の面白さを増しているのかも、です。
むかし観たテレビドラマ「振り返れば奴がいる」をなぜか思い出しました。
箱根駅伝、そして優がどうなるのか、
最後の最後まで目が離せない物語でした。

印象に残った言葉:
「難しいこと考えないで、走って走って走ればいいのよ」(中略)
「誰も救えないことに夢中になってるんだから、あれこれ考えず、
自分のために走ればいいのよ」(女医でタロット占いをする水野あさ美の言葉、p143)
そして昼食に、コーチのボン小松の手打ち蕎麦、
夕飯には、風邪を治す、岩ちゃん特製うどん雑炊が食べたくなりました(笑)。
余談:たしか「風が強く吹いている」のハイジも岩ちゃんと同じ
島根県出身だった記憶が(あるいは鳥取県?)。
この地区のアスリートって世話好きな方が多いのでしょうか?(笑)。
関連情報 桂望実の読了本
・・明日この手を放しても 桂望実
・・女たちの内戦 桂望実
関連情報 陸上競技の読了本
・・風が強く吹いている 三浦しをん
・・一瞬の風になれ第一部イチニツイテ 佐藤多佳子
・・一瞬の風になれ第二部ヨウイ 佐藤多佳子
・・一瞬の風になれ第三部ドン 佐藤多佳子
RUN!RUN!RUN!RUN!RUN!RUN!
(2006/11)
桂 望実

商品詳細を見る

RUN!RUN!RUN!
桂 望実
4163254501

RUN!RUN!RUN! 桂望実
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/164-22fd20d4

トラックバック

[T990] Run! Run! Run!

 Run! Run! Run! 桂望実著/文藝春秋 読んでいてこれほど憎々しい主人公は滅多にいない。 著者が何を描きたくてこの物語が創られたのか それを知りたいがために、どんなに腹立たしくとも ただひたすらに読む

[T991] Run! Run! Run!   ~桂 望実~

http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-164.html最近、駅伝とか陸上を題材にした小説が多いですね。まだ、この作品しか読んでないので何とも言えませんが、少なくともこの作品は単なる陸上(長距離)を描いた作品で

[T1007] 『Run!Run!Run!』桂望実

RUN!RUN!RUN!桂 望実 2006年 文藝春秋 P.300★★★★★優は周りのヤツらの顔を眺めた。出走しない部員まで緊張した顔をしている。意味ないのに。学内選考に落ちる程度の能力しかないヤツらが、なんで出走選手たちと同じ顔をしてるんだ? なぜここにいる? なぜ

[T1010] RUN!RUN!RUN!

『RUN!RUN!RUN!』桂望実(文藝春秋)目標はオリンピックの金メダル。箱根駅伝は通過点、仲間なんか必要ないはずだった…。天才ランナーを揺さぶる血の秘密。「BOOK」データベースより初読み。『県庁の星』(小学館)で読みそこなったので。『一瞬の風になれ 』佐藤多佳子(

[T1019] Run!Run!Run!

桂 望実 RUN!RUN!RUN! [要旨]目標はオリンピックの金メダル。箱根駅伝は通過点、仲間なんか必要ないはずだった…。天才ランナーを揺さぶる血の秘密。 どこかで聞いたことのある作家さんだなぁと思ったら…「県庁の星 」の作家さんだったのね。に

[T1060] Run!Run!Run!(桂望実、文藝春秋)

今年もやってきました、箱根のシーズン。わたくしミーハーなもので、毎年必ず見ているのです。毎年ドラマがそこかしこにあって、お正月のだらりとした雰囲気の中、家族ともらい泣きしつつ見る箱根。サイコーです。目標はオリンピックの金メダル。箱根駅伝は通過点。仲間なん

[T1070] 「Run! Run! Run!」桂望実

RUN!RUN!RUN!桂 望実長距離ランナーとしての高い能力を持って生まれ、子どもの頃から地道な努力を重ねる事を当然としてきた岡崎優。目標はオリンピック出場。S大学陸上部でも仲間を必要とせず、一人孤立していた。箱根駅伝での優勝も自分にとってはオリンピックの為の通過

[T1112] 桂望実『RUN! RUN! RUN!』●

 2006.11.15初版。初出「別册文藝春秋」2005年11月号~2006年7...

[T1279] Run!Run!Run! 〔桂望実〕

RUN!RUN!RUN!桂 望実 文藝春秋 2006-11売り上げランキング : 26836おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫目標はオリンピックの金メダル。箱根駅伝は通過点。仲間なんか必要ないはずだった…。アスリートとして最高の資質を持つ主人公が知った事実....

[T1294] 海  小川 洋子

海小川 洋子 07-19 ★★★☆☆ 【海】 小川 洋子 著  新潮社 《美しく、奥行きの深い物語……小川ワールド》 内容(「MARC」データベースより)キリンはどんなふうにして寝るんだろう-。『新潮』掲載の表題作ほか、「博士の愛した数式」の前後に書かれた、美

[T1578] 桂望実  Run!Run!Run!

RUN!RUN!RUN!桂 望実岡崎優は天性の才能を持つアスリート。スポーツ推薦で大学に入るも傲慢で人を見下す態度で一匹狼を貫いている。目標はオリンピック、箱根駅伝は通過点と言い切る優。そんな中、母がもらした出生の秘密。出生の秘密とはいったいなんなのか?『風が強く吹

[T1775] 「Run! Run! Run!」桂望実

「Run! Run! Run!」桂望実(2006)☆☆☆★★※[913]、国内、現代、小説、駅伝、スポーツ、青春※詳細な(?)あらすじあり未読者は注意願います。物語は記者からのインタビューを受ける主人公の姿から始まる。生まれてから30年。そんな主人公が振り返るのは大学時代のこと。

[T1778] 「Run! Run! Run!」桂望実

タイトル:Run! Run! Run!著者  :桂望実出版社 :文芸春秋読書期間:2007/03/05 - 2007/03/06お勧め度:★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]標はオリンピックの金メダル。箱根駅伝は通過点。仲間なんか必要ないはずだった…。アスリートとして最高の資質を持つ主人公

[T2890] 『RUN!RUN!RUN!』

今日読んだ本は、桂 望実さんの『RUN!RUN!RUN!』です。

[T2995] 桂望実【RUN! RUN! RUN!】

中学生のときから駅伝大会で華々しい記録を打ち立ててきた岡崎優が、スポーツ推薦で大学に入学。いよいよ活躍の場を箱根駅伝へ移そうかというとき、優は人生を左右する重大な秘密を知る。 RUN!RUN!RUN!桂 望実 (2006/11

[T3783] 『RUN!RUN!RUN!』桂望実 を読んで

RUN!RUN!RUN! (文藝春秋)桂 望実 タイトルと表紙が気に入って、どんな内容なのかは全然確かめずに、この本を選んだ。 つぶれたシューズの写真に、「この本は良い!」って予感を強く感じた気がした。 著者は桂望実(『県庁の星』が映画化されている)。 読み始めると、大学

[T13373] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2010-01-12 15:06

コメント

[C1130] ご無沙汰してます

最近、陸上を題材にした小説がブームなんですかねー?
「風が強く~」や
「一瞬の風になれ」など。
この作品も本屋さんで見掛けて
そんな事を思いながら
立ち読みしました。
が…最初だけ読んだだけだったんで
主人公がなんとなくいけすかなくて(笑)
でも藍色さんのレビューを読んで
印象が変わりました!
図書館で探してみようかなぁ(^o^)

[C1133]

藍色さん、こんばんわ(^^)
これ、想像してたより全然面白くて良かったです。
「岩ちゃん」サイコーですね。愛すべきキャラクターでした。
郷里で教員というのもぴったりで、こんな先生を持つ子供たちが羨ましく思えたりして。
では、では。

[C1134]

弥勒さん、こんばんは。
ご無沙汰しちゃってます。うかがっていても書き込みができなくてごめんなさい。
また書き込みさせていただきますね。

どうやら陸上を題材にした小説、ブームみたいです。
「風が強く~」や「一瞬の風になれ」(こちらは未読)の記事、よく見かけます。
この作品はかなり傾向が違っていて、いけすかない主人公(まさに、笑)がどう変わるのか、成長ドラマという面が大きいです。
レビュー文の中の、“疑惑”と“計略”は、ミステリー要素からこう書きました。
読むと結構、衝撃的かも、です。
図書館で探してみてくださいね。おすすめです。

[C1141]

uririnさん、こんばんは。
コメント書き込み中に、コメントいただいてたんですね(汗)。
読み始めからは予想もつかない展開ですよね。
「岩ちゃん」の言動、想い。素敵なキャラクターでした。
きっと、生徒への思いやりの深い教師になっているでしょうね。もし彼を主役にしたお話が書かれたら、うれしいですね~(ちょっと期待、笑)。

[C1152]

藍色さん、こんばんは。
ここまで嫌な感じの主人公は久しぶりでした。岩ちゃんのおかげで最悪な奴ではないんだろうなと思いつつも、なんとなく納得いかない、みたいな。
そして箱根駅伝はやっぱり特別な何かがあるのだなあと思った一冊でした。

[C1166]

ちきちきさん、こんにちは。
思いっきり自己中心的な主人公でしたね。
岩ちゃんの存在も含めて、桂さんの物語作りの上手さを垣間見た感じです。
陸上をさほど知らなくても、箱根駅伝の持つ重要な意味が伝わってきますね。

[C1230]

藍色さん、こんにちは。
このいけすかない主人公(失礼)、
少しずつ変わっていきましたけども、
本人が、自分が変わっていっていることを
なかなか認めなかったためか
最後までどきどきさせられました。
もう!あなたはここまできてまだこういうセリフを言うの?!とはらはら(いらいら?)しっぱなしでした。
もし、彼があの悩みを抱えなかったら、
あのまま我が道を突っ走っていたのかしら・・・とちょっと心配に。
いつのまにか主人公に肩入れしていた私だったのでした(笑)

[C1236]

くろさん、こんばんは。
ご訪問、コメント、トラバありがとうございます。とってもうれしいです。
誰もが嫌うほど、滅多にいない、いけすかない主人公でしたね。
見方を変えると、読者に読み続けられるか、挑戦してるみたいでした(笑)。
そうそう、“まだこういうセリフを言うの?!”と私も突っ込んでました。
あれで、最後まで読み通せた気がします。
あの悩みを抱えて考えていく中で、読者に肩入れさせちゃう・・上手ですよね。

[C1251]

藍色さん、こんばんは。

そうか。優はいけすかないヤツなんですね。
私、ちょっと視点が違いすぎていたのかもしれません。

確かに三浦さんの本と同じ頃に出てしまい、どちらも箱根駅伝。ちょっともったいないですね。

[C1253]

ななさん、こんばんは。
いえいえ、ななさんは、きっと優の悩みや孤独感が目に付いて、優の心に歩み寄って優しく包んであげたい気持ちが、最優先されたのでは、と思います。

「風が強く吹いている」と同じ頃に出たのは、やっぱり分が悪いでしょう。
もったいない感じ、ありますね。

[C1511]

意外な主人公、意外な話の展開にビックリの作品でした。岩ちゃんの人柄に優もそして、私も救われました~。
スポーツ界の一面を上手く作品に盛り込んだ意欲作だったなぁと思います。
『風が~』も好きだけど、この作品も印象的でした。
  • 2007-01-23 22:55
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C1526]

エビノートさん、こんにちは。
読み手の先入観を覆すような、主人公と物語が印象に残る作品でしたね。
岩ちゃんの人柄、ほんとに読んでて、ほっとさせてくれました。
スポーツ界って、こんな部分もあるのでしょうね。驚きました。
桂さんもこれから見逃せない作家さんになりそうです。

[C1877]

連日のTBで失礼しま~す(^^ゞ
『風が強く吹いている』、『一瞬の風になれ』でいい人達のお話はおなかイッパイだったのか?あまり嫌悪感なく読むことができました。(私の性格がブラックなのかも 苦笑)
後半にかけて、優がいい方向へ変わっていくんだろうなぁとは予想してたんですけど、こんな大きな爆弾?がでてくるとは思いませんでした。私はこの本、結構好きかも?です。(^^;ゞ

[C1887]

板栗香さん、こんばんは。
連日のTBありがとうございます。うれしいです。
これまでの陸上モノ、爽やかなのが多かったせいか、とても異色な感じでしたよね。嫌悪感なく読むことができたのですか?。板栗香さん、懐が深い読み手ですね~。
後半からの展開がびっくりでした。滅多にない物語で、強い印象が残っています。私も好きになれるよう、キャパシティ広げなくちゃ、です(笑)。

[C3795]

おはようございます。
優はちょっと生意気なタイプだけど、岩本との練習で変化していくあたりがおもしろかったですね。
陸上青春ものかなと思っていたら、話が途中で意外な方向へ…。
この展開もおもしろかったです。
『風が~』『一瞬の~』もよかったけど、視点がちょっと違うこの本もおもしろい。

[C3801]

mintさん、こんばんは。
優の性格に読み始めはちょっと抵抗もありました。でも岩本との会話や練習を通して人間的な成長を遂げていったのがよかったです。
ただの駅伝ものじゃなくて遺伝子操作が出てきて驚きました。そこからの展開が面白かったですね。
この作品、『風が~』、『一瞬の~』と合わせて密かに陸上三部作って呼んでます。それぞれに特徴がありますよね。mintさんの三部作読破、うれしいです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー