Entries

通天閣 西加奈子

書き下ろし。
夢を失いつつ町工場で働く四十四歳の中年男。チーフとしてスナックで働く若い女。
別々に住む、無関係のようなふたりが交互に語り手となり、
冬の数日間、それぞれの日常や仕事での出来事と気持ちを、
ありのままにつづっていきます。
中年男は工場の新入りを指導。毎日が早く終ればいいと思いながら生きるのは、
生きているのではなく日々をこなしているだけで、
死ぬまでの時間を飲み下すようにやり過ごしているだけと気がつく。
若い女は、映像作家を目指す同棲相手の彼氏(マメ)が半年前に
ニューヨークに行ってしまい、私たちは別れるのではないと念じながら、
家賃支払いと夜を埋めるために選んだスナック勤めが嫌になっている。
ある夜、通天閣を舞台に起こった大騒動で何の関係もなさそうな
ふたりの接点が明らかになり、変化をもたらします…。

西さん初読みでした。それぞれの暮らしにつきまとう不満や悩み。
本人たちは標準語で真面目に語り(会話文は大阪弁で、読みやすくメリハリあり)、
その語り口の中から自然に次第に笑える部分がかもし出されてきます。
描かれる周囲の濃いキャラクターとの人間模様の猥雑な面白さも。
それぞれの一日の始まりに挿入される、その日見た夢(太字表記)の不条理さは、
夏目漱石の「夢十夜」を思い出しました。
終盤、意外な人物の思いもよらない事件が引き起こす感動。
それまでのふたりの生き方、考え方、伏線が十分に生かされています。
冬に読むのがふさわしい、心がほんのり温かくなるような人間ドラマでした。
大阪弁風に言うと、「けったいな人たちがぎょうさん出てきて、
しんどいけどちょっとええ話」?。
ネタバレ反転:・・・謎だったふたりの関係は、途中105ページでわかりました。
勘のいい方なら75ページで気づかれたかもしれませんね。

若い女の勤め先のスナック「サーディン」のママとキワモノ揃いのホステスたち、
強烈でした。
声が聞き取りにくく「怨」を背負っているママ、下ネタ大好きの千里さん、
やることなすこと古臭い響さん、お色気満点の嘘つきのまみさん、
(一番若くスタイルがいいチイコちゃんは休み)。
このうち、私に一番近いのは、口数の少なさでママかな。
装幀は多田進。装画は西加奈子。
主な作品「あおい」「さくら」「きいろいゾウ」など。
関連情報 西加奈子の読了本
・・しずく 西加奈子
通天閣
通天閣 西加奈子
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/167-4aac14e1

トラックバック

[T1044] 通天閣

 通天閣 西加奈子著/筑摩書房 ドカ~ン!と素晴らしくて、誰彼かまわず薦めたくなるような 派手さはないけれど、後からじわじわ良さが来るような、 「こたつ」的作品です。 通天閣posted with 簡単リンクくん

[T1067] 通天閣   ~西 加奈子~

夢を失いつつ町工場で働く中年男と恋人に見捨てられそうになりながらスナックで働く若い女。この二人の日常が交互に描かれています。そしてこの二人が接することはありません。最後までは。最後にほんのちょっとだ

[T1074] 【通天閣】 西加奈子

= 通天閣 西加奈子 筑摩書房 =通天閣の近くに暮らす若い女性「私」と中年男「俺」の生活が交互に描かれていく。「私」は同棲していた恋人が夢をかなえるため渡米してしまい、一人ぼっちの寂しさ、そして消えない不安に泣いてばかりいる。そんな「私」は恋人へのあてつけ、

[T1075] 通天閣/西加奈子

西 加奈子 通天閣どうしようもない人々が醸し出す、得体の知れないエネルギーが溢れている大阪ミナミ。社会の底辺でうごめく人々の愚かなる振る舞いや、おかしな言動が町を彩っている。主人公は、夢を失いつつ町工場で働く中年男と恋人に見捨てられそうになり

[T1090] 通天閣

『通天閣』西加奈子(筑摩書房)どうしようもない人々が醸し出す、得体の知れないエネルギーが溢れている大阪ミナミ。社会の底辺でうごめく人々の愚かなる振る舞いや、おかしな言動が町を彩っている。主人公は、夢を失いつつ町工場で働く中年男と恋人に見捨てられそうになり

[T1258] 『通天閣』西加奈子

通天閣西 加奈子 2006年 筑摩書房 P.203★★★★★「生きている」というのは、もっと、血の通ったことだと、俺は思う。こんな風に日々、早く時が過ぎればいい、今日が早く終わればいいと思いながら過ごし、そのくせ明日を心待ちにすることもない。こうやって明日

[T1338] 「通天閣」西加奈子

通天閣西 加奈子大阪、通天閣の見える場所に住む44歳独身、工場で働く男とNYにいってしまった恋人を思いながらスナックでチーフとして働く女。そんな二人が交互に語る物語。もう!もう!もう!なんだかどうしてこうもしょーもない人たちばかり出てくるんでしょうか。まずは

[T1448] 通天閣 西加奈子 

<ゆっくりでええから、坂上ろう。通天閣が見えるから>人と関わり切れない。壊れた時計に囲まれた生活。夢すらなく、ただ毎日、工場で働く男。恋人のマメと遠距離恋愛を余儀なくされ、スナックに勤める女。そんな二人に通天閣は優しく問いかける。この作品でも、西さんは上

[T1515] 「通天閣」 西加奈子

通天閣posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.30西 加奈子著筑摩書房 (2006.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

[T1546] 通天閣 〔西加奈子〕

通天閣西 加奈子 筑摩書房 2006-11売り上げランキング : 76188おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫どうしようもない人々が醸し出す、得体の知れないエネルギーが溢れている大阪ミナミ。社会の底辺でうごめく人々の愚かなる振る舞いや、おかしな言動....

[T1613] ◎「通天閣」 西加奈子 筑摩書房 1365円 2006/11

 少し、甘めの評価◎。全体通しての読後感は○のような気もしたけど、読み心地的なところで◎なのである。ベタな感性小説なのだけど、評者個人としてはこの感性が悪くなく、他人には特段勧めないが、自分には良かったよという記憶のために。 同じ著者による大売れした『さ

[T1614] 西加奈子のことども

◎◎ 『さくら』  ◎ 『きいろいゾウ』  ◎ 『通天閣』

[T1739] 通天閣*西加奈子

☆☆☆☆・ 通天閣西 加奈子 (2006/11)筑摩書房 この商品の詳細を見るどうしようもない人々が醸し出す、得体の知れないエネルギーが溢れている大阪ミナミ。社会の底辺でうごめく人々の愚かなる振る舞いや、おかしな言動

[T2173] 西加奈子【通天閣】

地味な小説なのに、ものすごく心を揺さぶられた。最初は登場人物たちが嫌いだった。まず中年の男が登場する。真面目に働いているし、人並みの常識が備わってもいるが、周囲の人々とは一切かかわろうとしない。

[T4136] 第24回織田作之助賞は西加奈子と小玉武

第24回織田作之助賞は、西加奈子さんの「通天閣」と 小玉武さんの「『洋酒天国』とその時代」に決まりました。 また、青春賞は緒野雅裕さんの「天梯」です。西加奈子さんの「通天閣」は、夢を失いつつ町工場で働く中年男と恋人に見捨てられそうにな....

[T6186] 通天閣 西加奈子

通天閣 西加奈子 どうしようもない人々が醸し出す、得体の知れないエネルギーが溢れている大阪ミナミ。社会の底辺でうごめく人々の愚かなる振る舞いや、おかしな言動が町を彩っている。主人公は、夢を失いつつ町工場で働く中年男と恋人に見捨てられそうになりながら...

[T6378] 通天閣:西加奈子。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)得体の知れないエネルギーが溢れている大阪ミナミ。社会の底辺でうごめく人々の愚かなる振る舞いや、おかしな言動が町を彩っている。主人公は、夢を失いつつ町工場で働く中年男と恋人に見捨てられそうになりながらスナックで働く...

[T7875] 通天閣

筑摩書房より¥1365で発売中 <あらすじ> どうしようもない人々が醸し出す、得体の知れないエネルギーが溢れている大阪ミナミ。社会の底辺でうごめく人々の愚かなる振る舞いや、おかしな言動が町を彩っている。主人公は、夢を失いつつ町工場で働く中年男と恋人に見捨..

[T12735] 通天閣 / 西加奈子

通天閣に行きたいと思っているのに、なぜか未だに一度も行けてない私です。 で、タイトルがそのものずばりな「通天閣」。西さんの小説はベストセラーになった「さくら」があんまりパッとしなかったので、期待薄だったけど、これはなかなかおもしろかった!と、言っても...

[T13070] 通天閣

通天閣 西 加奈子 ●通天閣/西加奈子 ●筑摩書房 ●1365円 ●評価 ☆☆☆ 夢を失いつつ町工場で働く中年男と、 恋人に見捨てられそうになりながらスナックで働く若い女。 ふたりは周りの喧騒をよそに、少しづつ追い込まれていく。 しかし、通天閣を舞台に起こ

[T13685] [本]通天閣

NHKで太宰治のことを取り上げた時、この本の著者の西加奈子さんがしゃべりっぷりがおもしろくておもしろくて・・著書を読んでみた。この人の文も太宰のようになにかこう読む人の心をわしづかみにするものがある。ええ話の周辺でダダ滑りにならずちゃんとふんばる含羞っぷり

コメント

[C1207] 最後が

こんにちは。
藍色さんの初・西作品はどうでしたか。
私は「きいろいゾウ」が初作品だった
のですが、その愛情の深さや重さに
すっかりやられてしまいました。

今回の作品は「きいろいゾウ」に
比べるとシンプルな感じがしますが、
最後の最後でピタっとはまる
感覚が気持ちよかったー!
地味だけど、BSでドラマ化もアリ
な作品でしたよね。

[C1208]

BEEさん、こんばんは。
冬に読むのがぴったりの、心がほんわか温かくなるような、お話でしたね。
愛情の深さや重さ、この作品にも反映されていましたね。
最後にはまる、あの感じ、良かったです!
そうそう、ドラマ化期待したいです。今BSがトレンディなのでしょうか?(笑)。

[C1254]

こんにちは~。
わたしも読みました!!
これ、とっても好きな本になりました♪
ダメ人間が起こす小さな奇跡(笑)がとても温かくて・・・面白かったです。
TBさせていただきますね!

[C1255]

ミカ丸さん、こんばんは。
中年男と若い女のどこか笑える語り口、周囲の人々のキャラも立ってましたね。
そうです、あの小さな奇跡(笑)、温かいものを届けてくれました。

トラバ、反映されたので、うれしいです。
いつもトラバしてくださるミカ丸さんの気持ちに、改めて感謝です。
これからも好きな本のお話、続けていきましょうね。

[C1266]

藍色さん、こんばんは。
西さん、初読みだったのですね。
私は3作目なんですが、ちょっと他の作品とは違った感じがしました。
主人公(のひとり)がオヤジだったからかな?
最初は本当にテンションの低くなる感じだったんですが、最後はちょっと素敵だったのでよかったです。

[C1275]

ちきちきさん、こんにちは。
中年男の主人公、人生に疲れている感じが良く出ていましたね。
幻想的な夢の部分と現実のリアルな描写、最後の感動まで、いっぱい楽しめました。

[C1486]

藍色さん、こんばんわ(^^)
私も西さん初読みだったのですが、感動しちゃいました。
「けったいな人たちがぎょうさん出てきて、しんどいけどちょっとええ話」?。
まさに、その通りですね(^^)
最初はしんどかったです(夢も…)、まさかこの二人がそんな繋がり方をしていたとは…その上手さにやられてしまいました。
では、では~。

[C1495]

uririnさん、こんにちは。
とても良かったですよね。uririnさんも感動されたので、うれしいです。
付け焼刃の大阪弁、きちんと伝わっているみたいで安心しました(笑)。
初めの戸惑いも、あのラストの出来事でほんわかすっきり。
二人の繋がり方は意外性があって、上手でしたよね。
次の作品も見逃せなくなりそうです。

[C1594]

本当にどうしようもない人たちばかりでしたね。
スナックの人たち、客を帰したくなると吐くオーナーを初めみんな面白い人たちばかりでしたね。

二人の生活が寒々しくて、体の芯まで凍えてしまいました。私、冷え性なもので…

[C1608]

ななさん、こんにちは。
みんな一癖も二癖もあって、特にスナック関連の人たちはリアルでした。
この猥雑さが不思議な活力を生み出しているのかもしれませんね。
冬の寒さと二人の生活がマッチしていて、寒々しさが伝わってきました。
私も最近、冬の寒さはつらいです…。

[C1725] 遅くなりました

こんばんは。
遅くなってしまいました。ぐいぐい読まれていますね。
えー、も色々ありまして、UPするのが精一杯でした。ごめんなさいです。
この作品の「サーディン」というスナックの人たち、笑えますよね。スナックの名前の由来も笑いました。
笑って、ほんのり、ホカホカ。いい作品でした。

[C1731]

よしさん、こんばんは。
来ていただけてうれしいです。体調や多忙もおありでしょうから、遅れはお気になさらずに。懲りずにまたうかがっちゃいます(笑)。
スナックの人たちとその言動、なんとなくありそうで滑稽でした。お店の名前の由来も笑えました。
ラストで、ほっとしてホカホカになれましたね。

[C1808]

こんにちは。
コメントとTBありがとうございました。
この作品で西さん初読みだったんですね。他の作品は結構辛いの多いんですが、この作品は寒々しい中にもおかしみが漂っててよかったです。
一番なんだか印象的だったのは、中年男の「毎日が早く終ればいいと思いながら生きるのは~」のくだりでした。

[C1815]

まみみさん、こんにちは。
ゆるやかに回復基調、とのことで安心しました。
西さんのほかの作品って、辛いのが多いんですか。この作品が初読みだったんですけど、語り口が自虐的といいますか、自然に笑えるようなおかしさがあって、物語になじむことができました。
中年男のこのくだり、やるせなさが実感できる書き方で、読んでてつらかったりしました。

[C1827]

太字の夢の描写は、夏目漱石の「夢十夜」ですね~
藍色さんの記事で、ああそうだ!と納得しました。
最初は、かなり戸惑ったんですけど、夢の部分だけ読み返すと、これまた味があって良い感じでした。
コンビニのお稲荷さんとそばが無性に食べたくなりました。
脚気になっちゃったら嫌だけど(苦笑)
  • 2007-02-22 22:43
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C1833]

エビノートさん、こんばんは。
唐突で脈略がない、不条理劇のような夢で思い出したのが漱石の「夢十夜」。
高校時代に放送部で、放送コンテスト朗読部門の課題作品だったんです。
エビノートさんにも納得いただいたので、心強いです。
夢の部分は、単独でも幻想小説(?)として楽しめる味わいがありますね~。
そうそう、お稲荷さんとざる蕎麦、食べたくなりましたよね。
脚気、そればかり食べ続けなければ、きっと大丈夫でしょう(笑)。

[C2083]

通天閣のある街で、何の接点もなく暮らす二人の物語
かと思いきや・・・・・。
勘がいいほうではないわたしですけれど
藍色さんご指摘の早いほうのページで、
もしや!? と思いましたね。

東京タワーでもエッフェル塔でもなく
通天閣のある街だからこその物語のように思いました。
登場人物たちのキャラが それぞれ味わい深かったです。
  • 2007-03-26 06:49
  • ふらっと
  • URL
  • 編集

[C2085]

ふらっとさん、こんばんは。
私もこのふたり、どんな接点があるのか、初めは見つけられなかったのです。あの早いほうのページで、すでに気づかれたのですね。
勘の悪い私はあそこでした。ふらっとさん、さすがです。

いい意味で猥雑で活気がある、通天閣のある街ならではの心に残る物語でした。
登場人物たち、誰もが濃くて個性的で独特の味わいでしたね。

[C7964]

確かに文章は面白かったですね。やはり、どこもかしこも漫才をしている感じですね。
語りの二人の生き方は読んでいてつらかったです。多分、おそらく、確実に自分のようだからです。

[C7984]

しおさんへ。
大阪の方には失礼かもですが、文章に面白さが感じられましたね。
つらく苦い思い、尾を引かれませんように。元気出してくださいね。

[C15435]

TBありがとうございます。
藍色さん、西加奈子さんを初読みなんて意外です。
もうたくさん読まれているイメージでした。

[C15490]

ともみさん、この時初めてでした。
TBありがとうございます。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー