Entries

邪魅の雫 京極夏彦

邪魅の雫
ブックデザインは熊谷博人・釜津典之。カバーデザインは板野公一。
カバー挿画は石黒亜矢子。組版レイアウトは京極夏彦。
読んだ作品「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」「狂骨の夢」「鉄鼠の檻」「絡新婦の理」
「塗仏の宴 宴の支度」「塗仏の宴 宴の始末」「陰摩羅鬼の瑕」(京極堂シリーズ)。
「百器徒然袋-雨」「百器徒然袋-風」(榎木津シリーズ)など。

昭和二十八年夏。
江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように毒殺死体が続々と発見されます。
その被害者と榎木津は見合い予定だったため、榎木津本家筋から調査依頼が。
探偵見習いの益田と、文士関口が謎の渦中に飛び込んでいきます。
それは戦時中に旧陸軍研究所が極秘に研究開発した毒物でした。
これまでに輪を掛けた登場人物の多さに、頭の中で整理しながら読み進みました。
ふたりが確信に近づけず周囲をうろうろしてるだけのような気もしながら、
誰がどのような目的で使ったのか、そして今は誰の手元にあるのか―。
手にした凶器の万能な特徴で殺人が引き起こされるため、
きちんとした犯行理由よりも衝動が勝っていて、現在に近い手ざわりでした。
p526で山下警部補の、「筋が通らない感じ、邪悪な魔物が飛び移るような」
犯行イメージから事件の妖怪を関口が簡単に命名したので、
いつ京極堂に弟子入りしたの?と突っ込んでしまいました(笑)。
榎さん(榎木津礼二郎)は、人を食ったような登場で毒舌も傍若無人ぶりも健在。
ふたりへの罵倒もいつも通りの一方、“隠し事”の一抹の影から少し大人に見えたりも。
そして黒衣の男、京極堂(中禅寺秋彦)の憑き物落とし。
今回も一見無関係に思えるエピソードなど、遠いところから巡り巡って到達する結末。
“別の話”が幾重も描かれ連なっていく中で明かされる真実の驚きに、
読み応えがありました。哀感が漂うラストシーンが印象的でした。
前作「陰摩羅鬼の瑕」がその前の「塗仏の宴」上下巻からトーンダウンした印象で、
期待低めだったのですが、濃厚な京極ワールド、復活を遂げた気がします。
p291の益田の考察―榎木津と中禅寺の補完関係が、興味深かったです。
榎(エノ)さんの最後の台詞が心に響きました。

これだけ長いシリーズで登場人物に愛着も持っていると、
どちらかといえば淡白な描かれ方をしている京極堂の妻、千鶴子さんや妹の中禅寺敦子、
関口の妻の雪絵さんを主役に、当時の風俗を織り込んだ、
日常の謎解きのような物語を読んでみたくなりました。
でも京極さんは、たぶん書かれないでしょう。なので、
西尾維新さんが清涼院流水さんのトリビュートや、
「デスノート」のノベライズをされたみたいに、
どなたかこのシリーズが好きで詳しい作家さんに書いていただけないかな、
と思ったりしています。
宮部みゆきさんだと大宮極の関係もあり今や大御所だから書きそうにない?。
小野不由美さんだと当時の風俗に詳しそうですがトリビュートはどうか?。
日常の謎といえば北村薫さんや加納朋子さんですが当時の風俗がネックかも?。
と、妄想が暴走開始(笑)。
次回作は『鵼の碑(ぬえのいしぶみ)』。木場修の活躍を期待したいです。
関連情報 京極夏彦の読了本
・・旧怪談―耳袋より 京極夏彦
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/189-de6afbd7

トラックバック

[T1340] 邪魅の雫/京極夏彦

 「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」「殺されて仕舞いました」「俺は人殺しなんだ」「死んだのか」「―自首してください」「死ねばお終いなのだ」「ひとごろしは報いを受けねばならない」 昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように毒殺死体が続々

[T1344] 邪魅の雫/京極夏彦

久しぶりの京極堂シリーズの長編。先のエントリーにも書いた特装版、小冊子の件、さらに去年の騒動と合わせて、内容とは別のところでも話題になった人騒がせな本です。邪魅の雫京極 夏彦 講談社 2006-09-27売り上げランキング :

[T1345] 『邪魅の雫』

今日読んだ本は、京極夏彦さんの『邪魅の雫』です。

[T1346] 邪魅の雫

京極夏彦 著

[T1347] 邪魅の雫 京極夏彦 講談社ノベルス

三年ぶりの新刊は、外伝あたりでよく噂になっていた大磯の事件のお話。

[T1348] 邪魅の雫

邪魅の雫/京極夏彦この感じをいったい何に例えればわかりやすいだろう。野外のフェスやライブで、焦ってないような顔しながらも、ゲートをくぐるとなぜか早足になったり小走りになってしまう感じ、みたいな。店頭には比喩ではなくまさに山のように積まれているのに、とにか

[T1351] 邪魅の雫 〔京極夏彦〕

邪魅の雫≪内容≫「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」「殺されて仕舞いました」「俺は人殺しなんだ」「死んだのか」「──自首してください」「死ねばお終いなのだ」「ひとごろしは報いを受けねばならない」昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と連鎖する....

[T1353] 『邪魅の雫』

私は原則文庫以外は買わない方針だというのに、どんなに場所ふさぎだろうと、どんなに高かろうと(ノベルスで1600円って…)、どんなに厚く読みにくかろうと、この京極堂シリーズは必ず買ってしまう。。。(かなり待たされてい

[T1354] 【邪魅の雫】 京極 夏彦 著

ようやく読了! 本は去年の10月に購入済みだったのだが…厚さ4cm(817頁)は、さすが重かった(笑)特に前半は進まない。なんと言っても、くどい。理屈、屁理屈のオンパレード。まぁ、これが京極さんの売りでもあるのだが…《「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」

[T1358] 「邪魅の雫」 京極夏彦

邪魅の雫京極 夏彦「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」「殺されて仕舞いました」「俺は人殺しなんだ」「死んだのか」「―自首してください」「死ねばお終いなのだ」「ひとごろしは報いを受けねばならない」昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように

[T1360] 邪魅の雫 京極夏彦

はふぅ~ようやく読み終わったよ、「邪魅の雫」。嗚呼、手が疲れた。今回は、探偵榎木津の縁談破壊工作に、ますだおかだ、じゃなかった益田関口が大奮闘!こけし青木君もかなりいい味出してます。死にました。またまた連続(?)殺人事件。都合6名。「あなたが、蜘蛛だった

[T1368] 邪魅の雫 / 京極夏彦

昭和二十八年夏。江戸川、大磯と相次いで毒殺事件が発生する。そして──平塚。被害者の女性は偽名で生活し、身許不明。

[T1373] 邪魅の雫

京極夏彦の、妖怪シリーズ新作。3年ぶりということと、確か昨年、発売されるされないで勘違い情報が出ていたこともあって、相当待ち望んでいた1冊です。今回は、いつもの中心キャラの出番が少なく、脇役メインの作品の為、本編というよりも番外編に近い。といっても、一見

[T7969] 「邪魅の雫」 京極夏彦

待ちに待たされた3年ぶりの 京極堂シリーズの新刊です。 いつもながらの辞書並みの 厚さです!!(笑) ホントは、一気読みしたかったのですが 今回は時間がとれず、 やっと読了です!! 舞台は、昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と相次いで 毒殺事件が発生

コメント

[C1596] はじめまして!

こんにちは♪
トラバ&コメントありがとうございました。

どなたかこのシリーズが好きで詳しい作家さんに書いていただけないかな>
無理だとは思いますけれど、私も小野不由美さんが雰囲気合っていていいように思います。けど、小野不由美さんにはその前に十二国記の続きを是非出して欲しいですね。ものすご~く、待ちこがれているので。

厚さもさることながら、内容も大満足の1冊でした。
榎さんにはすっかりやられてしまいましたし…^^
次か楽しみですね♪

[C1600]

こんにちは。

さすが藍色さんならではの書評ですね。
京極堂の謎解きも事件とは一見関係のない話から始まって……という感じで、読みごたえがありました。
最後の榎さんもよかったです。
京極さんのトリビュート作品、あったらいいですね。
ホント、どなたかに書いてほしいです。

そうそう、加納朋子さんの「モノレールねこ」を読んだんですね。
私は図書館に予約中です。
読んだら、感想書きますので、またよろしく~!

[C1601]

今回の作品は、なんかもう途中で訳わからなくなりながら、それでも読まされてしまうという、ほとんど中毒患者みたいな症状に陥りましたが、おかげさまで今ではすっかり元気です(笑)
本編の方で榎木津が地味になってきたので、ここらで榎木津シリーズの第3弾も期待したいところですが、とりあえずオレとしては榎木津さえ暴れてくれればそれでいいんです。
そしたらもう一揆読みです。

それはそうとオレのMac、「邪魅」って文字が一発変換されます。
いったいどれだけ入力したんだって話ですが。

[C1602]

藍色さん、こんばんは!
登場人物を整理しながら読まないと大変ですよね~
でも、途中で断念しました…複雑なんだもの。
物語の中にいるときは私にも『憑き物』が付いてたんだわ、きっと。
京極堂の『憑き物落とし』ですっきりでした~~
次回作では木場修に活躍して欲しいですよね!
  • 2007-01-29 21:57
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C1605] お疲れ様でした!?

どうしても、このシリーズを読んだ方には「ごくろうさま」と声をかけたい。
他を寄せ付けない、圧倒的なボリューム感、書く方も大変だけど、読む方も根性いりますよね?

[C1610]

Rayさん、こんにちは。はじめまして。
ご訪問、コメント、TBありがとうございます。
女性たちのお話は妄想なので、実現度(?)は低いと思ってます(笑)。小野不由美さん、雰囲気合ってますよね。うれしいです。でも「十二国記」、まだ続いていたのですね。知りませんでした(汗)。未読ですけど高い人気を持つ作品ですから、きっと魅力十分な物語が展開されているのでしょうね。
栗本薫さんの「グイン・サーガ」、美内すずえさんの「ガラスの仮面」と並べて、未完の三大大河ドラマと呼びたいです。

この作品、良かったですよね。
榎さんの最後のセリフ、素敵でした。ハート鷲掴みも、うなづけます。
次がとっても楽しみです。

また合う記事がありましたら、TB、コメントお気軽にどうぞ。
こちらからも、またうかがいますね。
これからも、よろしくお願いいたします。

[C1614]

mintさん、こんにちは。
京極堂の謎解き、本編同様にどうつながるのか、見えにくいのがちょっとハラハラでしたけど、しっかり結びついて読み応え十分でしたね。
最後で榎さんに惚れちゃった方、多数かも(笑)。
トリビュート作品、同意していただけてうれしいです。考えてみたら京極さんの許可がまず要るんでした。でもやっぱり書いてほしいです。

加納朋子さんの「モノレールねこ」予約中なのですね。いい作品ですよ!。
レビュー、楽しみにしていますね~。

[C1615]

ロケットさん、こんにちは。
ほんとに前半は読みにくかったですよね。読んでいってつながって、ほっとしました。中毒症状が完治されて良かったです(笑)。
榎さん、ちょっと地味になってきましたね(よく言えばいぶし銀?)。たぶんよそでは暴れない(暴れられない)でしょうから、榎木津シリーズ(「百器徒然袋」)の第3弾を楽しみにしています。
京極作品で、一揆読みできるといいですね。榎さんには逆らえそうにないですけど(笑)。

[C1616]

エビノートさん、こんにちは。
複雑でしたよね~、登場人物。
私もきちんと整理できたかどうか怪しいのですけど、折り合いをつけながら読み進めました。
なのでエビノートさんが断念されたのも、よくわかります。
あ、それで『憑き物』が付いたんですか?。
関口が命名する前に、京極堂に落としてもらえたのですね~、よかった(笑)。
木場修は隠居したみたいだったので(失礼)、次回作では豪腕を発揮して活躍して欲しいです!。

[C1620]

こんばんは、藍色さん。
京極ワールドはやはり読むと濃いですね。
しばらくぶりのこの感覚が楽しかったです。
話が複雑に絡んで、物語の途中で迷子になって、
最後は京極堂に手を引かれて迷宮から抜け出せました。
榎さんの最後の言葉も女泣かせな台詞で。
ますます惚れちまうじゃないかと(笑)
次回作の木場の活躍が早く読みたくなりました。

[C1622] はじめまして!

早速お邪魔させてもらいました!

エノさん、あんなセリフ言えるとは・・・
なかなか隅に置けないです。(置いてないけど)
あ、そっか、今回の妖怪は命名関口だったんですね。
彼もかなりの妖怪通になってきたってことかな?

なかなか幅広く読み込まれておられるようで、私の好きな作家さんもカブってるし、ゆっくり拝見させていただきます。
ありがとさんでした!
ではまた遊びに来ます。ヨロシク!

[C1623]

juzjiさん、こんにちは。
京極さんのこのシリーズ、合言葉は「お疲れ様でした」になるのでしょうね。
手に取ると、いつもこの厚さにひるみそうになりますが、読み始めるとぐいぐい引き込んでいくのは、京極さんの上手さなのでしょう。初めての方は根性が必要かも、ですね。

[C1627]

雪芽さん、こんにちは。
久しぶりの京極ワールド、やっぱり濃厚でした。
でも、なじんでると快感ですよね~。
複雑な筋道、京極堂に手を引かれて抜け出せたのですか。いいなぁ~。
私は関口に感情移入していたので、出る時もアタフタ大変でした(笑)。
榎さんの最後の言葉、惚れちゃいました?。女泣かせで罪作りな人(笑)。
次回作、木場修の活躍の場を見たい気持ちが強くなってます。

[C1629]

hoy.さん、こんにちは。はじめまして。
ご訪問、コメント、TBありがとうございます。
榎さんのあの台詞…大人になったということでしょうか?。隠し持っていたパーソナリティだったのでしょうか?。たぶん隅に置いても中央に出てこられるでしょう(笑)。惚れこまれる方、急増中です(笑)。
関口が妖怪を命名できたのも、ミステリのひとつかも、です。
京極堂の家に入り浸って、妖怪通になってきたのかもしれませんね。

hoy.さんも幅広く読んでいらっしゃって、好きな作家さんも重なっているみたいです。合う記事がありましたら、TB、コメントお気軽にどうぞ。
こちらからも、またうかがいますね。
これからも、よろしくお願いいたします。

[C1639]

こんにちは。
TB&コメント、ありがとうございました。
榎木津、よかったですね~。
前半のキツさを吹っ飛ばしてくれた後半でしたが、ラストでは更にグッとくるものがあり、京極さんはやはり裏切りませんね。
次回作が楽しみですね。

[C1643] はじめまして

トラックバックありがとうございます。

関口の妻、雪絵さんを主人公にした話、
私も読んでみたいです。
『百鬼夜行―陰』の川赤子で、本編よりも少しだけ、
雪絵さんの心に触れることができたような気がしますが、
もう少し突っ込んだところを見てみたいです。
が、謎解き物では、やはり難しいでしょうね。

次回作では、いつもどおり胡乱な関口がでてくることを期待します。

[C1647]

izumiさん、こんばんは。コメントもいただけて、うれしいです。
榎さん、いいところで登場して、前半の疲れを、そうです、一気に吹っ飛ばしてくれましたね。
ラストはもう、胸に迫る感じでした。
京極さん、メリハリまでよく考えて書かれていますよね。
次回作が、ほんとに楽しみです。

[C1651]

虫合さん、こんばんは。はじめまして。
ご訪問、コメント、TBありがとうございます。
女性たちのお話、同意していただけてうれしいです。
そういえば、『百鬼夜行―陰』の川赤子、そういう場面があったような気がします(すでに忘れかけてます、汗)。
もう少し深く掘り下げて見せてほしいですよね。
やっぱり実現は難しいでしょうか。

次回作、関口は胡乱に戻っちゃった方がいいですか?。もう少し活躍を見たい気もします(笑)。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


カテゴリー