Entries

新釈走れメロス他四篇 森見登美彦

装幀はchutte。装画は山本祐布子。
「小説NON」2005年10月号から2007年3月号まで不定期掲載をまとめた短編集。

・山月記・原作中島敦(既読)
孤高の大学生、斎藤秀太郎が大文字山で変化(へんげ)したのは…。抑えた簡潔な筆致が受け継がれ、ユーモアのサービスも。
・藪の中・原作芥川龍之介(既読)―黒澤明監督が映画化(「羅生門」)。
学園祭で上映された映画「屋上」。関係者それぞれが語る静かな“物語”。大学で映画研究会にいて映画作りをしていたので、メイキングのドキュメンタリーみたいでうれしかったです。だんだん核心に近づく描写にどきどき。
・走れメロス・原作太宰治(既読)
詭弁論部の廃部を救うため図書館警察長官が出した提案に大爆笑。森見さんお得意の妄想全開に抱腹絶倒。書き出しの“(主人公)は激怒した”や、“ああ、神々も笑覧あれ!”を憶えててハマりました。やっぱり京都は加茂川なのですね。目次はシルエットでしたが、あとがきの先の初出ページには猥褻物陳列ダンスユニットの、桃色ブリーフ着用乱舞姿が(誰も知りたくない情報?笑)。
・桜の森の満開の下・原作坂口安吾(未読)
ていねいな語り口。淡々とつづられる男と女の行きつく先は…。幻想的なお話。ちょうど桜咲くこの季節に読んだので、印象に残ります。
・百物語・原作森鴎外(未読)
怪談会の催し、百物語の集いに参加した作者が主人公。なかなか始まらないと思っていたら最後に…。これまでの登場人物が再登場。

五つの名作を森見流にカバー・リミックスしたリメイク小説集です。設定を現代の京都に置き換え、登場人物はあの大学の学生たち。読んでいたのは始めの三つだけでしたが、原作の文体やエッセンスなど特徴を活かしながら、森見さん独自の作風を盛り込み、新たな物語へと昇華。それぞれの作品に合ったスタイル、アレンジでメリハリも効いていました。
一番好きなのはやっぱり「走れメロス」。京都の町を走るスピード感、畳み掛けてくるばかばかしさの笑い、壊れたように見えてきちんと合わさる整合性。三拍子揃って楽しめました。
この本は、編集者の提案・アイデアを賞賛したいです。新刊なのに年代もののようなレトロチックな装画が、ヴィンテージな雰囲気を醸し出しています。
そして須磨さんの、未曾有にうまい猫炒飯の作り方を知りたくなりました(男たちのハートをわしづかみ、笑p110)。
関連情報 森見登美彦の読了本
・・太陽の塔 森見登美彦
・・夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦
・・有頂天家族 森見登美彦
新釈 走れメロス 他四篇
新釈走れメロス他四篇 森見登美彦
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/215-aa97cef2

トラックバック

[T1789] 新釈 走れメロス

 新釈 走れメロス 森見登美彦著/祥伝社 これは誰がどう読んでも「夜は短し歩けよ乙女」と リンクしていますぞ。 〈新釈〉走れメロスposted with 簡単リンクくん at 2007. 3.22森見 登美彦著祥伝社 (2007.3)通常2

[T1792] 【新釈】走れメロス他四編   ~森見登美彦~

古典の名作を森見流に解釈したらこうなった!キターーーーって感じです。前5篇からなる短編集。もちろん原作は誰でも知っている作品ばかり・・・・だと思う。自分は『山月記』と『走れメロス』しか読んだことはあ

[T1795] 【新釈】走れメロス 他四篇 〔森見登美彦〕

新釈 走れメロス 他四篇森見 登美彦 祥伝社 2007-03-13売り上げランキング : 1947おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫あの名作が、京の都に甦る!?異様なテンションで突っ走る表題作をはじめ、先達への敬意が切なさと笑いをさそう、5つの傑作短編....

[T1796] 『新釈 走れメロス 他四篇』 森見登美彦

新釈 走れメロス 他四篇 ○読んだことのある作品 △あらすじくらいは知っている作品 ×ほぼ知らない作品 ↓ ○『三月記』中島敦 ×『藪の中』芥川龍之介 ○『走れメロス』太宰治 △『桜の森の満開の下』坂口安吾 ×『百物語』森鴎外 これらの作品を森見さんらしく、 現

[T1811] 新釈 走れメロス 他四篇(森見登美彦)

新釈 走れメロス 他四篇 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2007/03/13 メディア: 単行本 来ました森見登美彦の最新刊!!! これを読まずして何を読みましょうか。 おおざっぱに感想を述べると、これまでの森見ワールドはそのままに、現代小説の礎を築いた

[T1815] 【新訳】走れメロス 森見登美彦

新釈 走れメロス 他四篇■やぎっちょ書評森見登美彦さんの月。で、発送が一番早かった、そして最近出版されたこの本を読んでみる。正直文学は大の苦手だが果たしてだいじょうぶか!?「走れメロス」他4編の短編から成ってますが、個人的には「走れメロス」が飛びぬけて...

[T1824] 「【新釈】走れメロス 他四編」森見登美彦

「山月記」「藪の中」「走れメロス」「桜の森の満開の下」「百物語」を現代の京都を舞台に森見流に再構築。これはもう、【文学】ではなく【文楽(‘ぶんがく’と読んでね)】です。楽しい楽しい読書の時間を過ごすことができました。元ネタの文体や設定を生かしながら、....

[T1881] 新釈 走れメロス 他四編

 森見登美彦 2007 祥伝社 あ、またパンツ。表紙の中央に輝くピンクのブリーフ

[T1888] 「〈新釈〉走れメロス」 森見登美彦

〈新釈〉走れメロスposted with 簡単リンクくん at 2007. 3.15森見 登美彦著祥伝社 (2007.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

[T2099] 『新釈 走れメロス 他四篇』

今日読んだ本は、森見登美彦さんの『新釈 走れメロス 他四篇』です。

[T2203] 「新釈 走れメロス 他四篇」森見登美彦

新釈 走れメロス 他四篇森見 登美彦現代の京都の大学を舞台に文豪達の名作をよみがえらせた短編集。元になったお話しは「山月記」中島敦、「藪の中」芥川龍之介、「走れメロス」太宰治、「桜の森の満開の下」坂口安吾、「百物語」森鴎外えっと、えっと。「文豪達の名作」と

[T2208] 『新釈 走れメロス 他四篇』森見登美彦

新釈 走れメロス 他四篇森見 登美彦 2007/3/20発行 祥伝社 P.216 ¥1,470★★★★★「約束を守るも守らないも問題ではないのだ、信頼するもしないも問題ではないのだ。迷惑をかけてもいいだろう。裏切ってもかまわん。助け合いたければそれもいい。何

[T2218] 新釈 走れメロス 他四篇

あの名作が、京の都に甦る!? 暴走する恋と友情――若き文士・森見登美彦の近代文学リミックス集!祥伝社HPより面白かったです。どんな感じなのかと思ってたら、想像してたよりまんまの森見節。原作が有名どころばっかなのでどう料理されるのかと思ってましたが、こういう

[T2249] 『新釈 走れメロス 他四篇』森見登美彦

新釈 走れメロス 他四篇 森見登美彦/祥伝社あの名作が、京の都に甦る!? 異様なテンションで突っ走る表題作をはじめ、先達への敬意が切なさと笑いをさそう、5つの傑作短編を収録。若き文士・森見登美彦の近代文学リミックス集。 ややや!これは面白い!めちゃくちゃ面白

[T2286] 【新釈】走れメロス 他四篇  森見登美彦

森見さんの『【新釈】走れメロス 他四篇』です。中島 敦 『山月記』芥川龍之介『藪の中』太宰 治 『走れメロス』坂口 安吾『桜の森の満開の下』森 鴎外 『百物語』以上の五つの作品を下地に新釈という形で森見テイスト満載に書き上げた短篇集になり....

[T2303] 『【新釈】走れメロス 他四篇』森見登美彦著(祥伝社)

『山月記』(中島敦)、『藪の中』(芥川龍之介)、『走れメロス』(太宰治)、『桜の森の満開の下』(坂口安吾)、『百物語』(森鴎外)の5篇を収録。

[T2391] 「新釈 走れメロス 他四篇」森見登美彦

新釈 走れメロス 他四篇発売元: 祥伝社価格: ¥ 1,470発売日: 2007/03/13売上ランキング: 725おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/05/28いやーおもしろかった、おもしろかったのだ、これは信じて欲しい、森見がおもしろくないわけがない。私は彼が大好きなのだ。も

[T2728] 【新釈】走れメロス 他四篇 森見登美彦 祥伝社

森見さん、楽しく遊んでおられます。この芸の細かい遊び方が、なかなか楽しい。「山月記/薮の中/走れメロス/桜の森の満開の下/百物語」の五編の小説を下敷きにして、「夜は短し歩けよ乙女」で出てきたキャラクターなんかも登場して、もう独特の森見ワールドが展開されて

[T2824] 〈新釈〉走れメロス 他四篇 森見登美彦

あの名作が、京の都に甦る!?暴走する恋と友情――若き文士・森見登美彦の近代文学リミックス集!その時、彼の腕を通りすがりの女性が必死で掴み、「ちょっとすいません!」と叫んだ。思わず見返した相手は驚くほどに可憐な乙女であり、目に涙を溜めている....

[T2900] 『新釈 走れメロス 他四篇』森見登美彦

「あるのだ。そういう友情もあるのだ。型にはめられた友情ばかりではないのだ。声高に美しい友情を賞賛して甘ったるく助け合い、相擁しているばかりが友情ではない。そんな恥ずかしい友情は願い下げだ!俺たちの友情はそんなものではない。俺たちの築き上げてきた繊細微妙な

[T3308] 「新釈 走れメロス 他四篇」森見登美彦

タイトル:新釈 走れメロス 他四篇著者  :森見登美彦出版社 :祥伝社読書期間:2007/08/07 - 2007/08/09お勧め度:★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]異様なテンションで京都の街を突っ走る表題作をはじめ、先達への敬意が切なさと笑いをさそう、五つの傑作短編。文

[T3477] 【新釈】走れメロス-他四篇

著者:森見 登美彦出版社:祥伝社紹介文:文豪の作品を現代風にアレンジした作品集。『山月記』『藪の中』『走れメロス』『桜の森の満開の下』『百物語』。連作、というわけではないのですが、同じ大学が舞台になっているようです。既読の原作は3つでしたが、...

[T4284] 新釈 走れメロス 他四篇  (森見 登美彦)

古典を原作として現代に置き換えて書かれた短編集。全ての作品が京都を背景としていて、学生が主人公です。登場人物はリンクがなされていて、斎藤秀太郎が、ちょこちょこ登場します。詭弁論部も出てきます。原作は「走れメロス」「藪の中」位しか憶えていませんが、他の作品

[T4538] 〈新釈〉走れメロス 他四篇 森見登美彦

〈新釈〉走れメロス 他四篇 森見登美彦異様なテンションで京都の街を突っ走る表題作をはじめ、先達への敬意が切なさと笑いをさそう、五つの傑作短編。(「BOOK」データベースより)山月記/薮の中/走れメロス/桜の森の満開の下/百物語正直原作は...

[T12626] 新釈 走れメロス 他四篇 / 森見登美彦

実は先日の事前準備はこの本のため!森見登美彦の現代版「走れメロス」。リメイク本とでもいうのかな、とにかく面白かった!! 森見さん(勝手に「もりみぃ」と呼んでいる)の本は、「夜は短し歩けよ乙女」をアンソロジーの中でちょっと読んだだけ。京都を舞台にとんでも...

[T12743] 新釈 走れメロス 他四篇

新釈とつけられたとおり森見登美彦ファンにはたまらない一冊。かくも有名な「走れメロス」。森見さんが手掛かるとこうも違った面白さになり、それでいてなおかつ未だに「走れメロス」なんです。こうも縦横無尽に京都を疾走する現代のメロスにただただ感服するのみでした。...

コメント

[C2144] また次も

こんにちは。
どこまでこの大学ものをひっぱれるかと
いうところかもしれませんが(笑)
やっぱりバカバカしくて好きなんですよねぇ。
私など原典をひとつも読んでいないという
暴挙の上、読了しましたが、
やっぱり読んでおくべきだったでしょうか(汗)

[C2148] NoTitle

こんばんは!
表紙のイラストも、作品の内容をちゃんと表わしてるんですよね~
もちろん、あとがきのあとのページもチェックしました!
男をとりこにする猫炒飯!どんな味なんでしょうねぇ~
  • 2007-04-04 22:44
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C2149] NoTitle

>桃色ブリーフ着用乱舞姿
う、確かに知りたくなかった情報ですね。しかし知ってしまったならば見ないと夢にまででそうです(笑)。
私も「走れメロス」が一番好きでした。
あの「偏屈王」の舞台裏で、こんな凄まじい物語が展開されているとは。
実際の京○大学(伏字の意味なし)もこんな学生ばかりなのではと疑ってしまいますよ(笑)。
  • 2007-04-04 22:50
  • リベ
  • URL
  • 編集

[C2150] TB&コメントありがとうございます。

藍色さん、こんばんは。

メロスのスピード感は、すごかったです。
確かに、原作のメロスの要素は、かなり残っていたのですが、
ばかばかしすぎて、そこがとてもおもしろく、
思わず、ページをめくるスピードも上がってしまいました。

装画は、僕もとても好きです。
手のとった瞬間、なんか昔っぽいなって思い、
本気の文学できたのかな?って最初は感じました。

でも、こういうはちゃめちゃなのが、
森見さんのふざけているようで、
大真面目な文学なんだろうなって思ったりしています。

[C2155] NoTitle

BEEさん、こんばんは。
そういえば森見さんの登場人物、ずっと大学生でしたね。
学生の活気(バカバカしさですね、笑)が物語を引っ張っていて面白い気がするので、これからも続けてほしいです。
原作を読んでいたほうが、どう変えたかというのはわかりますが、読んでなくても楽しめれば、それでいいと思いますよ。

[C2159] NoTitle

エビノートさん、こんばんは。
作品の内容、シックな色あいの表紙イラストがわかりやすく教えてくれてますよね。
あ、初出ページすでに見られてました?。エビノートさん、さすがです。
猫炒飯の作り方、須磨さんから教えてもらいたいですよね~。

[C2160] NoTitle

リベさん、こんばんは。
お眼汚しかもしれませんが、ダンスユニットから伝えるようにという強いメッセージが発信されていて…ってウソです(笑)。
そうそう、「偏屈王」の真っ最中だったんですよね。なので「夜は短し~」のアナザーストーリーにもなってます。
“伏字の意味なし”に笑いました。実際の学生さんはどうなのでしょうね。知りたいような、知るのが怖いような(笑)。

[C2161] NoTitle

kakasiさん、こんばんは。はじめまして。
ご訪問、コメント、TBありがとうございます。
走れメロス、原作の部分を活かしながら、ばかばかしさも大いに盛り込んでいましたよね。
ページをめくるスピード、私も速くなっていました。
装画、凝ってますよね。
あえてこういう古さや格調の高さを感じさせる作りにしたのでしょう。ちょっと身構えたのは私だけじゃなかったみたいで、安心しました。
あとがきの文章を読むと、きちんと取り組んだことがわかる内容でした。真面目な姿勢に好感が持てました。

また合う記事がありましたら、TB、コメントお気軽にどうぞ。
これからも、よろしくお願いいたします。

[C2185] NoTitle

藍色さん、こんばんは。コメント&トラバありがとうございます。
「それぞれの作品に合ったスタイル、アレンジでメリハリも効いていました。 」←まったく、そのとおり!です。それぞれの短編のテイストは全然違うのに、なぜかすっきりと一冊に納まってるんですよね。読むほうも、笑ったり切なかったりと大忙しで幸せな時間をもらった感じでした。
今後の作品も楽しみですね~♪

[C2196] 木曽のあばら屋

こんにちは。
「桜の森の満開の下」は、森見氏の作品としては初めて、
京都以外が(一部)舞台になってますね。
でもって「野性時代」4月号掲載の「ペンギン・ハイウェイ」ではついに、
全面的に脱京都を敢行!
どことは知れない新興住宅地が舞台です。
森見ワールド、新たな段階に入ったのでしょうか。

[C2201] NoTitle

juice78さん、こんばんは。
コメントもいただいて、ありがとうございます。
レビュー、褒めていただいて、うれしいです!。まったく違うテイストの短編が、森見作品としてきちんとまとまっていましたよね。「走れメロス」の笑いだけじゃなくて、切なかったり怖かったり、いろんな感情の振幅を楽しむことができて、読書の楽しみを満喫したひとときでした。
これからの作品も、とっても楽しみですね♪。

[C2212] NoTitle

木曽のあばら屋さん、こんばんは。はじめまして。
ご訪問、コメントありがとうございます。
そういえば、「桜の森の満開の下」は、京都以外の場所の出来事が一部、描かれていましたね。
えっ、「野性時代」4月号掲載の「ペンギン・ハイウェイ」ではついに、京都以外が舞台になっているのですか?!。
情報ありがとうございます。森見ワールド、ついに新展開なのかも、ですね。

[C2287] NoTitle

TB、よろしくお願いいたします。
私の場合、『鴨川ホルモー』を先に読んでいたため、桃色ブリーフ着用乱舞の場面にて、思わずレナウン♪と歌いだしてしまいました。
「ペンギン・ハイウェイ」は主人公が大学生ではない点でも、新路線かも。

[C2302] NoTitle

香桑さん、こんばんは。
コメントは反映されましたが、念のためもう一度トラバしておきますね。
あはは、『鴨川ホルモー』のレナウンソングがあの場面に!。頭の中で合わせてみたら…「美しき青きドナウ」よりも活発で、マッチしてました(笑)。
「ペンギン・ハイウェイ」、主人公が大学生ではないのですか!?。ではついに新路線ですね。教えてくださって、ありがとうございます。

[C2310] TBの件

こんばんは。TB&コメント、ありがとうございました。承認しないと反映されませんが、ちゃんと届いています。御手数をおかけしました。私のほうで承認するまで、こちらのように「承認待ち」のメッセージが出るといいのですが…。

最初、桃色ブリーフの貧弱な肉体男性二人が向かい合ってワルツを踊っているところを想像しようとして……あんまり楽しくなかったのです。
「野性時代」Vol.4は森見さんの特集で、黒髪の乙女の先輩と図書館警察の短編や、インタビューに用語集など、盛りだくさんでしたよ。

[C2315] NoTitle

香桑さん、こんばんは。
TBとコメント到着のお知らせ、ありがとうございます。安心しました。
「承認待ち」のメッセージが出なくて心細いこと…察してくださって、うれしいです。承認制はスパム対策には効果がありますよね。待ちのメッセージが出るようになったら、気持ちが楽になると思います。
ワルツは上品で、ブリーフの下品とのミスマッチが笑えますけど、盛り上がりには欠けますものね。レナウンソングくらいテンポがなくちゃ(笑)。
「野性時代」Vol.4は森見さんの特集なのですね!。教えてくださって、ありがとうございます。面白そうですね。まだ置いてるでしょうか。本屋さんに行かなきゃ、です。

[C2659]

藍色さん、こんばんは。
森見さんの本、やっと読みました。

原作の雰囲気を生かしながら、なぜか森見ワールドになっているところが楽しかったですね~。
レトロチックな表紙もよかったです。
次作はどんな内容になるか、楽しみですわ。

[C2682]

はじめまして。こんばんは。
森見さんの描く大学生像は、
“不健全”なんだけど、このグダグダで、
しょうもないことばかりやるのが学生らしくて素敵です。

うちの学園祭でも、桃色ブリーフ着用乱舞をする猛者はいないものか・・・。BGMはハンガリー舞曲が良いかも。
  • 2007-05-10 01:18
  • きんとき芋
  • URL
  • 編集

[C2683]

mintさん、こんばんは。
原作それぞれの持ち味、いい感じに生かされてました。
独自の森見ワールドが展開されていて楽しかったですね。
表紙のレトロチックなムード、懐かしさもありました。
次作はどんな作品を書かれるのか、とっても楽しみですね~。

[C2694]

きんとき芋さん、こんばんは。はじめまして。
コメントありがとうございます。
森見さんの描く大学生って、ある意味卑猥で妄想が先走ってますけど、学生らしい真面目さもあって素敵ですよね(褒めてます笑)。
あはは、リアル桃色ブリーフ着用乱舞ですか?。見たいような見たくないような…。
BGMにハンガリー舞曲!「~ドナウ」より盛り上がりそうですね。ハチャトリアンの「剣の舞」を妄想したりしましたけど動きが派手すぎるかも、です(笑)。

きんとき芋さんは最近ブログを始められたのですね。
気長に続けてみてくださいね。
またTB、コメントお気軽にどうぞ。
これからも、よろしくお願いいたします。

[C2785]

須磨さんの、未曾有にうまい猫炒飯。
食べてみたいって思いました。
たくさんの男の人のハートを鷲づかみでしたからね!

[C2798]

ななさん、こんばんは。
須磨さんの猫炒飯、食べてみたいですよね~。
レシピを教えてもらう貢ぎ物あるいは交換条件は、何がいいでしょう?。
須磨さんの欲しそうな物をリサーチしなくちゃです(笑)。

[C2809]

こんばんは。
原作もとネタ、「夜は短し」ネタいろいろサービス満点で楽しめました。
可愛らしい装丁だなあと思ってたら、実はしっかり桃色ブリーフも表紙に(しかも中央に)のっかってましたよね。
下品なのに笑い飛ばせるので?好きです。
こんな大学生活覗いてみたいです。

[C2818]

ちきちきさん、こんばんは。
原作をアレンジしても、登場人物をすべて京大生にしてしまうのが、森見さんらしさ?(笑)。
一作ごとに趣向が凝らしてあって面白かったですよね。
可愛らしくレトロな装丁と思わせといて、実はしっかり中央の桃色ブリーフ!光ってました。
下品だったので遠慮なく笑い飛ばせました。
京大生になれば、こんな大学生活を体験できるかも?(笑)。

[C2854]

藍色さん、こんにちは!
お伺いするのが遅くなってごめんなさい。

一体どんな風に古典ものを料理するのかしら~と
わくわくしていましたが、いやはやさすが森見さん!
しっかりご自分の世界に取り込んでいましたね。
堪能しましたー。
全体に配する「孤独さ」が作品を物悲しくさせて
またしっとりとしながら読みました。
これからも楽しみですね♪

[C2860]

リサさん、こんばんは。
来てくださってうれしいです♪。遅れは気になさらずに。
森見さんの古典ものへのアプローチと換骨奪胎のアレンジ、
期待以上で、お見事な腕前でしたね。
森見ワールドの新しい展開を見た気がしました。
“全体に配する「孤独さ」が作品を物悲しくさせて”いることに気づかれたリサさん、さすがです。
この先の作品も、とても楽しみですね~。

[C2905] 猫炒飯

藍色さんこんばんは。あれだけの猛者どもを虜にして放さないその味、とても気になります。男を惑わす魔性の味?
  • 2007-06-01 23:38
  • たまねぎ
  • URL
  • 編集

[C2914]

たまねぎさん、こんにちは。
猫炒飯、気になりますよね~。猛者たちが引き付けられて夢中になっている魔性の味、食べてみたいです~。

[C2929]

藍色さん、TBとコメントありがとうございました。

「猫炒飯」のレシピを書いておいてくれたら、もっとこの本を楽しむことができたのに残念です。

それにしても、ぼくが四半世紀前に地方の大学で過ごした学生生活でも、もっとスマートだったのに、京大生は今でも、こんなバンカラな生活を送っているのかと、気になります。

TBさせていただきます。

[C2932]

touch3442さん、こんばんは。
こちらこそ今回もコメント、TBありがとうございます。
「猫炒飯」おいしそうでした。レシピは森見さんの頭の中にあるのでしょうか?。今度料理本を書いてほしいですね(笑)。
森見さんが一連の作品で築き上げた京大生のイメージって、強烈ですよね。私もいつのまにか京大生=バンカラになってました。

[C3539]

どの先行作品も、元々の面白さを残しつつ、自分色に染めて遊んではりましたね。体に馴染んだ作品って、中途半端なパロディでは笑えないんですが、これは楽しく大笑いしました。笑いは世界を救う。詭弁論部万歳。面白かったですよ♪

[C3545]

ERIさん、こんばんは。
私が知っているのは始めの三つだけですが、オリジナルの持つ味わいを残しながら、しっかりご自分の味付けをされていましたね。ERIさんには体に馴染んだほどの作品だったんですね。きっと深く笑えた(?)んでは?。面白くていっぱい笑えた作品でした。詭弁論部よ永遠に、です(笑)。

[C3692]

こんにちは。
私は森見さん初読作品だったので、他の作品を読むのが楽しみです。
5作品の中で既読なのは「山月記」と「走れメロス」だけなんですよね。
他の実際の作品も読んでみたくなりました。
  • 2007-08-05 16:11
  • 苗坊
  • URL
  • 編集

[C3703]

苗坊さん、こんばんは。
森見さん、初読みだったんですね。これから他の作品を読めるっていいですね~。
未読のオリジナル三作品、どれも短編なので読みやすいでしょう。楽しまれてくださいね。

[C4686]

こんばんわ。
うまい猫炒飯の作り方、気になりますよね。
鰹節と卵かな?ネギかな?ツナかな?
「走れメロス」のバカバカしさが好きでした。
現代風と言いながら、ちょっとレトロな文章も良かったですね。

[C4699]

ia.さん、こんばんは。
おぉ、猫炒飯の味の秘密に鰹節と卵、ネギ、ツナからアプローチ。決め手は?(笑)。
「走れメロス」のバカバカしさ、面白かったですね~。
原作を踏まえてレトロなエッセンスも残ってて、いい味わいがありました。

[C5900] こんにちは!

TBありがとうございました。

「走れメロス」ほんとに
おもしろかったです。

他の作品もつながっているようで
それぞれ独特の味わいがあって
楽しめました。

[C5917]

kazuさん、こんばんは。
こちらこそ、TBありがとうございます。
「走れメロス」痛快でした。
他の作品との繋がりもうれしい独特の森見ワールド、楽しかったですね。

[C6321]

「走れメロス」は笑いましたね。金城さん原作「SPEED」のゾンビーズを思い出しました。「屋上」は人によって捉え方がこうも違うか!というところを上手く書いていましたね。後半2作品は好きです。「百物語」はそうきたか!って感じでしたね。ちなみに原作は一つも読んだことがありません(-.-;)

[C6333]

しおさんへ。
「走れメロス」笑いました~。ある意味、京大ゾンビーズかも、です(笑)。
「屋上」は視点の違いが秀逸でしたね。「百物語」には驚かされました。
原作からの発展と独特の味付けが楽しい森見ワールドでした。

[C7135]

藍色さん、こんばんは(^^)。
桃色ブリーフで踊り狂う、むっさい腐れ大学生3人・・・。うわ~非常にトホホな気分ですね(笑)。
そして、京大生全体を巻き込見繰り広げられる逃走劇の壮大さ滑稽さ。
たまらなくツボでしたねぇ~♪
  • 2008-04-27 00:17
  • 水無月・R
  • URL
  • 編集

[C7156]

水無月・Rさん、こんばんは。
あら~、鮮明にイメージしちゃいました?私はモザイク仕様で切り抜けました(笑)。
逃走劇もビジュアル的でスケールの大きな面白さでしたね。いっぱい笑えました。

[C15075]

「走れメロス」が秀逸でしたね。そういう友情もアリかと、しかも桃色ブリーフ(笑)

実は、森見さん、ちゃんと読んだのは初めてでした。
これからはまりそうです。

[C15105]

たかこさん、笑えましたね。
これから、お楽しみに。
  • 2009-10-23 02:58
  • 藍色
  • URL
  • 編集

[C15169]

TBさせていただきました。

走れメロス、さすがでしたね。
藪の中は何度も読める面白さでした。
  • 2009-10-29 04:35
  • monkeywalk
  • URL
  • 編集

[C15178]

monkeywalkさん、TBありがとうございます。
走れメロス、面白さは期待以上でした。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー