Entries

夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦

装画は中村佑介。装丁は高柳雅人(角川書店装丁室)。「野性時代」初出。
クラブの後輩の黒髪の乙女に密かに想いを寄せる先輩は、
ひたすらに彼女の姿を追い求めます。
京都を舞台に気ままな乙女、
見失いはぐれた先輩がそれぞれに出会う奇々怪々な面々。
そして巻き起こる珍事件の数々の一年間を描く連作短編集。

・夜は短し歩けよ乙女―春の夜の先斗町(ぽんとちょう)
先輩の「私」は黒髪の乙女を見失い、黒髪の乙女の「私」は職業天狗の樋口さん&
タダ飲み美人の羽貫さんと行動。三階建電車に乗り込み、
李白翁と偽電気ブランの飲み比べをすることに…。
・深海魚たち―夏の神社の古本市
本を巡って火鍋対決に挑む先輩。黒髪の乙女は探している絵本を入手できるのか?。
何でも知っている少年は…?。
・御都合主義者かく語りき―秋の学園祭
韋駄天コタツと偏屈王事件に、パンツ総番長や大学祭事務局長や
「象の尻」の担当嬢など楽しいキャラが総出演。
伝聞から黒髪の乙女に近づいた先輩はついに…?。
・魔風邪恋風邪―クリスマス目前の冬
黒髪の乙女は降臨し跋扈する風邪の元が李白翁と知って薬を届けに。
風邪で寝込んでいた先輩は外出して竜巻に出会って…。

多彩な登場人物、次々現われる不思議な出来事に魅了されて楽しく読めました。
古風で大袈裟な文章も、京都という土地柄の雰囲気に添うようです。
暴走したはずのロマンチック・エンジンが空転して苦境に立つ先輩。
天真爛漫・好奇心旺盛で誰からも愛される黒髪の乙女。
表紙が醸し出す可愛いらしさもあって(乙女は裸足!)、
キュートで微笑ましくて、あちこちでくすくす笑えました。
ただ、所属する某クラブとふたりの名前がわからなかったのがミステリー。
荒唐無稽なのに、のどかで心地よいこの世界にずっと浸っていたかったです。
これってもしかすると京都版「不思議の国のアリス」かも。
何かあったらとなえたい「なむなむ!」。
そしておいしそうな幻のカクテル、偽電気ブランが飲みたくなりました(笑)。
余談:黒髪の乙女が古本市で探していた「ラ・タ・タ・タム」の絵本のレビュー、
そのうちアップする予定です(実在してました!)。
追記:絵本のレビュー、アップしました。下記のリンクからどうぞ。↓
・・ラ・タ・タ・タム―ちいさな機関車のふしぎな物語 ペーター・ニクル
関連情報 森見登美彦の読了本
・・太陽の塔 森見登美彦
・・新釈走れメロス他四篇 森見登美彦
・・有頂天家族 森見登美彦
夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女 [ 森見登美彦 ]


夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/216-b38fdd9b

トラックバック

[T1798] 夜は短し歩けよ乙女 [森見登美彦]

夜は短し歩けよ乙女森見 登美彦 角川書店 2006-12livedoor BOOKSで購入_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker();同じサークルの後輩「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」。春の夜の先斗町で、夏の神社の古本市、秋の大学の学園祭。二人を待ち受けるのは

[T1799] 夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦やられた。参った。それ以外言葉が思い浮かばん。物語はもちろん、タイトルも、ジャケットイラストも、完璧。だいたいオレは一度読んだ本は、余程のことがない限り読み返さない。増してや恋愛小説である。それがどうだ。この本ときたら。ほぼ

[T1800] 夜は短し歩けよ乙女

 夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦著/角川書店 これはぜひスタジオジブリでアニメ化を願いましょう! 李白さんの三階建て電車なんて、絶対宮崎監督のツボ だと思うんだけどなぁ。 夜は短し歩けよ乙女posted

[T1801] 夜は短し、歩けよ乙女/森見登美彦

話題の本、だそうです。ブランチに紹介されたのがきっかけで品薄になり、一時は書店から消えちゃったという話。そんなこととは露知らず、『きつねのはなし』が去年のマイベストなので、その流れで読みました。夜は短し

[T1802] 夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女posted with 簡単リンクくん at 2007. 2.19森見 登美彦著角川書店 (2006.11)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見るチョーー楽しい~!!!なんだこの本(笑)。って、普段”

[T1803] 夜は短し歩けよ乙女 〔森見登美彦〕

夜は短し歩けよ乙女著:森見登美彦出版社:角川書店定価:1575円livedoor BOOKS書誌データ / 書評を書く≪内容≫私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我なが...

[T1804] 夜は短し歩けよ乙女

私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。「ま、たまたま通りかかったもんだ

[T1805] 夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦、角川書店)

Sweet Blue Ageを読んだときには、こんな展開になり、こんな終わり方になるなんて、全く想像しておりませんでしたよ!(リンクを貼ったものの、「夜は短し~」には全く触れてなかったですね・・・。読んだ当初は「クジラの彼」にノックアウトされていたのです!)京都の大学に

[T1806] 「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦

なんだか書くのがすっかり遅くなってしまいました新年一冊目。森見登美彦さんの「夜は短し歩けよ乙女」「黒髪の乙女」に恋してしまった「先輩」。二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大回転だった!私はなるべく彼女の目にとまるよう

[T1807] 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女森見 登美彦 2006年 角川書店 P.301★★★★★  しかし重大な問題は、彼女がまったく意を払わないということであった。私の持つたぐいまれなる魅力どころか、私の存在そのものに。こんなにしょっちゅう会っているのに。「ま、たまたま通りか

[T1808] 『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女 愉快痛快、抱腹絶倒、なんだか不思議な恋愛小説、 現実と妄想を爆走、ロマンチック・エンジンフル稼働! とでも語りましょうか。 いや~純粋におもしろかった! 同作者の『きつねのはなし』のような世界観も好きだけど、 こんなドリームワールドも大歓

[T1810] 夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女世間はクリスマスイブ。本日はこちらでございます。「夜は短し歩けよ乙女」/森見登美彦私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。...

[T1812] 夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦)

夜は短し歩けよ乙女 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/11/29 メディア: 単行本 天然ボケな「黒髪の乙女」に恋した硬派な「先輩」。さりげない恋の始まりを演出するため、京都を西へ東へ暴走する「先輩」のロマンチック・エンジンは「乙女」に届く

[T1819] 夜は短し歩けよ乙女  森見登美彦

さて、本日の日記を披露する前に、一つ前置きさせて頂きたい。これより繰り広げられる、戯言、妄言、失言の数々はあくまで褒め言葉である事を、心の片隅に留め置いといて欲しいのである。勿論、常日頃、某の様な空け者の綴る、駄文、拙文、戯文を、その寛大な御心で受け....

[T1821] 森見登美彦  夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女森見 登美彦クラブの後輩である黒髪の乙女に恋をした先輩は、偶然を装って出会ってみたりと自分をアピールしようと外堀を埋め続けるも、空回りばかりで結局、本丸を攻め込めないでいる。春は三階建ての電車が走る先斗町界隈での飲み会。夏は古本市、秋は

[T1822] 『夜は短し歩けよ乙女』

今日読んだ本は、森見登美彦さんの『夜は短し歩けよ乙女』です。

[T1823] 森見 登美彦 「夜は短し歩けよ乙女」

夜は短し歩けよ乙女森見 登美彦 (2006/11/29)角川書店 この商品の詳細を見る【あらすじ】私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢い

[T1830] 夜は短し歩けよ乙女   ~森見 登美彦~

最高だ。「黒髪の乙女」に恋した先輩。偶然を装いながら後輩である彼女に近づいていく。それってストーカー!?間違いなくストーカーなんだけど、「黒髪の乙女」が先輩の苦労にまったく気づいてないのでス

[T1831] 夜は短し歩けよ乙女

 森見登美彦 2007 角川書店 表題にある第1章を『Sweet Blue A

[T1835] 「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女森見 登美彦京都の某国立大に通う私(先輩)はクラブの後輩(黒髪の乙女)に一目ぼれをし、春は夜の先斗町に、夏は糺ノ森の古本市に、晩秋は学園祭に…偶然を装いつつ彼女を追い続け、外堀をうめるだけの日々。アンソロジー「sweet blue age」で第一章「

[T1864] 「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女アンソロジー「Sweet Blue Age」の中でこの中の「夜は短し歩けよ乙女」を読んだ時、それはもう驚いたものでした。感想に参ったと2度も書いてました。そしてその後「太陽の塔」を読んでまたまたやられて、「太陽の塔」は「夜は短し~」の後日談?なん....

[T1877] 夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女 先輩の結婚祝いの席上で粗相をしてはいけないと、お酒を慎んでいた私(女子大学生)は、通りかかった四条木屋町界隈の賑わいに惹かれ、よし、今晩こそは徹底的に「お酒」を飲み歩いて、魅惑の大人世界の仲間入りをするのだ、と決めました。 これは....

[T1885] 「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女posted with 簡単リンクくん at 2006.12.24森見 登美彦著角川書店 (2006.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

[T1895] 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女森見 登美彦角川書店2006-12by G-Tools鬼才モリミが放つ、キュートでポップな片想いストーリー!「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。二人を待ち受けるのは奇々怪々な

[T2178] 第20回三島由紀夫賞山本周五郎賞の受賞作品と候補作品

第20回三島由紀夫賞と山本周五郎賞が以下の通り決まりました。<三島由紀夫賞>佐藤友哉さんの「1000の小説とバックベアード」 <山本周五郎賞>恩田陸さんの「中庭の出来事」と 森見登美彦さんの「夜は短し歩けよ乙女」 佐藤友哉さんは「....

[T2252] 「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

タイトル:夜は短し歩けよ乙女 著者  :森見登美彦出版社 :角川書店読書期間:2007/04/11 - 2007/04/13お勧め度:★★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の

[T2309] 「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女森見 登美彦京の都を偶然を装いながら、思いを寄せる黒髪の乙女を追って恋の成就に奮闘する男子大学生と、夜の街を、古本市を、秋の学園祭を、風邪の猛威に静まる師走の街をと、二足歩行ロボットのステップ踏み踏み闊歩する、天然黒髪乙女の物語。とにか

[T2342] 森見登美彦の「夜は短し歩けよ乙女」を読んだ!

「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2007年本屋大賞」は、佐藤多佳子の「一瞬の風になれ」でしたが、2位は森見登美彦の「夜は短し歩けよ乙女」でした。併せて、「第20回山本周五郎賞」も受賞したという。なにしろマンガチックなカバー(装画・中村祐介)の本が

[T2531] 「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

「夜は短し歩けよ乙女」森見 登美彦角川書店2006-11-29勝手に評価:★★★★★読書期間:3日 鬼才モリミが放つ、キュートでポップな片想いストーリー! 「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求め

[T2697] 『夜は短し歩けよ乙女』  森見登美彦  角川書店

なんと不思議でオモチロイ本だったことでしょう!!本屋大賞や直木賞にもノミネートされていたこの本、(本屋大賞は2位でしたっけ)評判も良さそうなので、とても楽しみにしていました。この方の作品は初めてだったのですが、いや~参りました。妄想炸裂ではないです...

[T2700] 夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦 角川書店

いや~遊んでますね(笑)この、ちょとレトロな香りの遊び、なかなか心地いいです。高等遊民、なんて言葉をちょいと思い出しました。

[T2801] 夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦)

絶賛っ!ではないですねぇ・・・。「本屋大賞」2位という結果は、私的に肯けないかな、という感じです。これはね、好き嫌いがハッキリ分かれるんじゃないのかな、やっぱり。デビュー作「太陽の塔」の方が面白かった。だからって、面白くないとかツマラナーイってことではな

[T3043] 森見登美彦 『夜は短し歩けよ乙女』

夜は短し歩けよ乙女/森見 登美彦 ¥1,575Amazon.co.jp私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺

[T3195] ○「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦 角川書店 1575円 2006/11

 主人公青年と黒髪の乙女の、擦違いラブナンセンス物語である。擦違いラブ物語というのは、本書は4章からなるのだが、各章において主人公青年は憧れの黒髪の乙女との、何気ない偶然の出会いばかり画策し、外堀を埋めることしかせず(彼女が古書市に出かけると聞き及び、

[T3711] 夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦

JUGEMテーマ:読書読書期間:2007/11/11~2007/11/14【山本周五郎賞(第20回)】「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。ふたりを待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった…。キュートで奇抜な恋愛小説in京都。『野性時

[T3778] 夜は短し歩けよ乙女<森見登美彦>-(本:2007年145冊目)-

夜は短し歩けよ乙女出版社: 角川書店 (2006/11/29)ISBN-10: 4048737449評価:89点詭弁論部に入部した大学1回生の女の子、黒髪の乙女に恋をした先輩。現実と幻想が入り混じったような展開も素敵だし、言葉のひとつひとつも面白い。一見読みにくそうな仰々しい...

[T4008] 夜は短し歩けよ乙女 (森見 登美彦)

まるでストーカー。情けなさが漂っている先輩。お酒を求めて先斗町、絵本を求めて古本市。学園祭には緋鯉を背負った姿、読者にさわやかな魅力を、感じさせる黒髪の乙女。何てほほえましくて愛しい人達なんだろう。本を読み終えての第一の感想です。また、本を閉じて表紙の絵

[T5277] 夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女 私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。 吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。 我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。 「ま...

[T5287] 夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦 私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずが...

[T8064] 夜は短し歩けよ乙女

 いやぁ、楽しかったわぁ、コレ。  『四畳半神話大系』よりもこっちの方が好きだな。共に独立した作品だけど、両方を読むのがいいね。 ・内容 「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求...

[T10858] [読]『夜は短し歩けよ乙女』

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング 発売日: 2008/12/25 メディア: 文庫 不思議っ子ここに極まれり。 そんな女子学生のマイペースな日々と、常に予想の斜め上を行く彼女を好きになってしまった男子学生のアドベン

[T11868] 私の上半期のヒット

JUGEMテーマ:読書 …といえば、 森見登美彦氏のお書きになった本です。 この世界観、大好き。 初めて拝読したのはこの作品でした。 もう一気に読んでまいましたよ。 京都好きだし ついこの本読んでから お花見がてら モリミーツアーをしてしまいました。 ...

[T12705] 「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

-「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、 京都のいたるところで彼女の姿を追い求めた。 二人を待ち受ける珍事件の数々、そして運命の大転回とは? 山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、 キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作-

[T13452] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2010-01-26 19:43

[T20102] 森美登美彦『夜は短し歩けよ乙女』

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)(2012/09/01)森見 登美彦商品詳細を見る (1)関連記事  「粋な提案」さん (2)評価(最低1点から最高5点までの5段階) ・読みやすさ  4点 ...

コメント

[C2164] NoTitle

私もあの絵本は実在らしいってことを知って興味津々です。もう入手されたんですね~!感想楽しみにしてます!

[C2165] NoTitle

ジャケットといい中身といい、乙女でなくてもど真ん中でした。
そして読み終えると、乙女でなくてもついつい「なむなむ!」と唱えたくなります。

[C2166] 楽しみ!

「ラ・タ・タ・タム」のレビュー、
楽しみにしています!
どんな絵本なのか全然知らないのでー。

[C2167] 初めまして

TBありがとうございました。
『ラ・タ・タ・タム』実在してるんですか?
楽しみです。アップお待ちしてます。

[C2168] NoTitle

とっても、キュートでしたよね♪
偽電気ブランの飲み比べ、火鍋対決、学園祭と、
私も体験してみた~い♪と思うほどの楽しさがありました。
「ラ・タ・タ・タム」は、本屋さんでこの本と一緒に並んでるのを見て、
実在するんだ~と思ったんですが、読んでないので、
藍色さんのレビューを楽しみにしてますね♪
  • 2007-04-05 20:49
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C2169] こんばんは。

はじめどうも冴えないと思ってた〈先輩〉もいろいろすごく頑張ってたので、すごく応援してしまいました。
やってることかなり変なのに、なんとなく微笑ましく見えてしまうのは人柄でしょうか。
登場人物も多彩で魅力的な人たちばかりでした。
>京都版「不思議の国のアリス」
ってのは言いえて妙ですね。
「ラ・タ・タ・タム」、実在していたとは!感想楽しみにしてます。

[C2170] NoTitle

藍色さん、ご無沙汰しております。こんばんは~。

え!「ラ・タ・タ・タム」は実在しているのですか!!
ちょっと現実離れしたもろもろにまぎれて、
この絵本もてっきり存在しないものだと・・・!
あの乙女が大事にしている作品、どんなものなのかすごく気になります。
レビュー楽しみにしています!

[C2174] NoTitle

chiekoaさん、こんばんは。
あの絵本、実在してました。絵本のレビューは初めてなので、うまく書けるかどうか…どきどき。
ご感想、書き込みしていただけたら、うれしいです。

[C2175] NoTitle

ロケットさん、こんばんは。
ジェンダーフリーでエイジレスな、好きになれる魅力があふれていましたね。
気がつけば、何もなくても唱えてる「なむなむ!」。世界平和の合言葉にしたいくらいです(笑)。

[C2176] NoTitle

BEEさん、こんばんは。
「ラ・タ・タ・タム」のレビュー、
楽しみにしてくださって、ありがとうございます。
上手にご紹介できなかったら、ごめんなさいです…(もうすでに弱気)。

[C2177] NoTitle

momoさん、こんばんは。はじめまして。
ご訪問、コメント、TBありがとうございます。
「ラ・タ・タ・タム」、実在してました。
楽しみにしてくださって、うれしいです。
アップまで、しばらくかかりそうですが必ず…。

[C2178] NoTitle

エビノートさん、こんばんは。
キュートで面白いお話でしたね~☆。
そうそう、どの事件もその場所にいるかのように活き活きと描かれていて、楽しそうで、何度となく体験したいって思っちゃいました。
「ラ・タ・タ・タム」、本屋さんで一緒に並んでたんですか?。読んでますね~書店員さん。しっかりメディアミックス(違う?)。
エビノートさんも読まれてなかったのですね。
絵本のレビューは初めてなので、うまく書けるかなぁ…がんばりますね。

[C2179] こんばんは

コメントとTBありがとうございます。

この本は、最初から最後まで、
とにかく楽しませてもらいました!
古風な文章も、良かったですよね。
ついついマネしてみたくなってしまいます。

そして『ラ・タ・タ・タム』
存在してるのですか!?考えもしてなかったです。
どんな本なのか、興味がありますよ。
レビュー楽しみにしています。
なむなむ。

[C2180] NoTitle

ちきちきさん、こんばんは。
最初は冴えない、あるいは怪しいような「先輩」だったのに、いつの間にか頑張っている姿に、応援をおくってましたよね。
変なのに一生懸命で、その空回りぶりが微笑ましく映って、これも人柄なのでしょう(あるいは役得?)。
登場人物もみんな個性がはっきりしていて魅力的でしたね。
>言いえて妙、…京都ご出身のちきちきさんにそう言っていただけて安心しました。失礼かも、的外れかもと不安に思ってました。
「ラ・タ・タ・タム」のレビュー、もう少しお待ちくださいね。

[C2181] NoTitle

くろさん、こんばんは。
2月3月が忙しかったので、ご無沙汰してしまいました。
この楽しい本の記事でやっとうかがえたので、よかったです。
私も「ラ・タ・タ・タム」の存在は半信半疑だったのですが、
図書館でダメモトで調べていただいたら、ありますよ、とのことで。
いま手元にあります。絵本のことが書かれていた手がかりから、たぶんこれで間違いないと思いますが…。
あの乙女が大事にしている理由がなんとなく…。
レビュー、あまり期待しすぎないでくださいね(すでにプレッシャーが、汗)。

[C2183] 個人的には

この本が森見さんの著作の中で1番好きな本です。
もーこれ笑いまくりましたよ(笑)
特に学園祭の章は、電車等で読めませんです。
笑ってしまって怪しい人になってしまう!!
こんな学園祭があったら、是非ともさんかしたいし
李白翁の電車にも乗ってみたい。
魅力たっぷりな本でした!!
  • 2007-04-06 02:14
  • 弥勒
  • URL
  • 編集

[C2184] NoTitle

kakasiさん、こんばんは。
最後までしっかり楽しい和風妄想エンタテインメントでしたね。
あの古風な文章、マネしてみたくなったのは私だけじゃなくて安心しました(笑)。
「ラ・タ・タ・タム」存在していました。レビューは、しばしお待ちくださいね。
ああ、そうでした。この万能のお祈りがありました。
これを唱えながらレビューを書くことにいたしましょう。「なむなむ!」。

[C2186] NoTitle

こんばんは♪
なんか、ニコニコしちゃう作品ですよね。ひたすらかわいくて。最近遠ざかってるわたしにも、だれかロマンチック・エンジンを!……なんてわけわからないことまで思ってしまいました。
「かわいい」というジャンルなら、わたしのなかでオールタイムベスト3に入る、忘れがたい作品です。

[C2190] NoTitle

どうも。今日の昼休みに買いに行って、帰りの電車から読み始めてさっき読み終えました。これは傑作ですね。これなら女の人もあんまり抵抗ないかと。
3章の学園祭いいですねえ。実際の京大11月祭はあそこまで面白くはないけど、何が起こってもおかしくない雰囲気はあります。京大では何が起こってもおかしくない、という雰囲気が伝わるweb siteを二つ。
http://freedomorita.web.fc2.com/
校内に立っていた「折田先生の像」がアートになりました。像が撤去されてもアートの魂は引き継がれました。

http://ishigakicafe.hp.infoseek.co.jp/
石垣の工事に反対する学生が、石垣の上に勝手にカフェを作ってコタツを持ち込み住み込みました。風雲偏屈城+韋駄天コタツみたいなモンですね。
  • 2007-04-07 00:40
  • 田中樋ノ口町
  • URL
  • 編集

[C2192] 3連続とは

森見ワールドに浸かってますね。『太陽の塔』と比べるとこの本のバランスの良さがよくわかるなあと思いました。
  • 2007-04-07 00:55
  • たまねぎ
  • URL
  • 編集

[C2193] NoTitle

『ラ・タ・タ・タム』がどんな本がずっと気になっていて、本屋さんや図書館で探しているんですがないんですよ~(涙)絵本を買うのもなぁ・・・と思って読むのは諦めていたのですが藍色さんが読まれたようなので、レビュー楽しみにしています♪
この先輩ってちょっと書き方を間違えれば『太陽の塔』に出てくる男性陣と同類のようになってしまいそうなんですが、表紙のイラストにすっごい助けられていいイメージになっていると思いました!(笑)

[C2194] NoTitle

藍色さん、こんにちは~♪
「夜は短し~」は、モリミーパワー全開のストーリーでしたね。
最初から最後まで楽しんで読みました。
登場人物も、先輩や乙女をはじめ、李白さんなど楽しいキャラでした。

そうそう、あの絵本が実在しているというのは私も最近知りました。
記事のアップ、楽しみにしてますね。

[C2195] こんにちは

コメント&TBありがとうございました。

「京都版不思議の国のアリス」!確かにそうですね!
本当にこの言葉がぴったりです。またこの迷路に迷い込んで行きたいですね。
読み終わってしまうのがこれほど寂しいと思った作品は久々です。
「ラ・タ・タ・タム」がお手元にあるなんて羨ましいです。

TBさせていただきました。宜しくお願いします。なむなむ!

[C2197] 本屋大賞残念

こんにちは。
本屋大賞を逃したのは正直残念・・・。
「一瞬の風」も悪くはないが、あまりにもまとも、まともすぎるっ!
森見氏の、オモチロくもミョウチキリンな世界のほうが、
「本屋大賞」にふさわしかった気が勝手にしています。。。
  • 2007-04-07 14:32
  • 木曽のあばら屋
  • URL
  • 編集

[C2200] NoTitle

弥勒さん、こんばんは。
あちらこちら、とっても楽しくていっぱい笑えましたよね~。
人目の多い場所では周囲を気にしながら読んでました。
でももしかすると、声が出たり顔がにやけてたりして、白い眼で見られていたかもです(怪しい人だ!)。
学園祭、行って参加したいですよね~。
李白翁の三階建電車もラグジュアリーな感じで乗ってみたいです。
夢が次々と広がるお話でした(笑)。

[C2202] NoTitle

juice78さん、こんばんは。
こちらにもコメント、ありがとうございます。
かわいらしくてひたむきで、くすくすにこにこしながら読めました。ロマンチック・エンジン搭載の男子っていいですね(笑)。
「かわいい」というジャンルでオールタイムベスト3に入るのですか?。あとのふたつが気になります~。よかったら次の機会に教えてくださいね。

[C2206] NoTitle

田中樋ノ口町さん、こんばんは。
最初に読んだ「太陽の塔」から比べると、とってもまろやかでした。
森見さん、こんな作品も書かれるなんて…って、いい驚きもありました。
京大11月祭の情報、ありがとうございます。京大では何が起こってもおかしくない、という雰囲気が伝わるふたつのweb site。現実の京大の様子が伝わってくるみたいで、とても興味深く読ませていただきました。元京大生で内情をよくご存知の田中樋ノ口町さんならではの情報ですね~。この写真、“風雲偏屈城+韋駄天コタツ”のネーミングがぴったりで、笑ってしまいました。

[C2208] NoTitle

たまねぎさん、こんばんは。
「走れメロス」がタイミングよく図書館から回ってきて、すっかり浸っちゃいました。
衝撃的だった「太陽の塔」と比べて、この明るさ、遊び心は、森見さんの引き出しの広さを物語っているみたいでした。

[C2209] NoTitle

板栗香さん、こんばんは。
『ラ・タ・タ・タム』気になっていて、あちこち探されていたんですね。
図書館でこの本を返すときにダメモトで調べていただいたのです。いま手元にあるこれで、たぶん合ってると思います。レビュー、悪戦苦闘中なので、もう少しお待ちくださいね。
表紙イラストの功績って大きいですよね~。いくつかのサイトさんで見つけて知りましたけど、これを書かれた中村佑介さん、
ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)のジャケットで有名みたいです(CD名は『崩壊アンプリファー』)。ストーカーみたいな行動なのに、うまく『太陽の塔』とは別物のイメージになってますよね~(笑)。

[C2210] NoTitle

mintさん、こんばんは。
森見さん、愛称モリミーって言うんですね。私もこれからそう呼びます(笑)。
スムーズな始まりからハッピーエンドまで、ずっと楽しかったですね~。
登場人物の個性と奇想天外な出来事が面白くて、いっぱい笑えました。

あの絵本、予想以上に楽しめました。
レビュー、もうちょっとお待ちくださいね。

[C2211] NoTitle

Spicaさん、こんばんは。はじめまして。
ご訪問、コメント、TBありがとうございます。
京都版「不思議の国のアリス」へ同意してくださって、ありがとうございます。うれしいです。
黒髪の乙女は、なんとなく楽しく迷っているみたいで、このイメージが湧いてきました。
終わるのがなんだか名残惜しくて、ずっと続いてほしい物語でしたよね。
「ラ・タ・タ・タム」手元にあります。ほんのりしあわせ。

また合う記事がありましたら、TB、コメントお気軽にどうぞ。
こちらこそ、これからも、よろしくお願いいたします。なむなむ!(結び言葉にも最適ですね、笑)。

[C2213] NoTitle

木曽のあばら屋さん、こんばんは。
こちらにもコメント、ありがとうございます。
本屋大賞、逃して残念でしたね~。
「一瞬の風」も好きなのですが、真新しい作家さんなので、こちらもありと思ってました。
あはは、“オモチロくもミョウチキリンな世界”ですね。まさに。
この続編で「本屋大賞」を狙うという方法もあるかも、です。

[C2230] NoTitle

『京都版「不思議の国のアリス」』
なんだかぴったりの表現。さすが藍色さん。

最近、京都が舞台の本ばかり読んでいる気がします。
京都が私を呼んでる?

[C2237] NoTitle

ななさん、こんばんは。
乙女体質のななさんに、“ぴったり”と言ってもらえると、お墨付きをいただけたみたいで、とってもうれしいです。自信が持てました。
京都が舞台の本、いろいろ読まれてますよね~。
京都がななさんを待っているのかも、です(そして何かが起こる!?なんてことは…笑)。

[C2265] ラ・タ・タ・タムって実在してたのですか!?

絵本のレビュー、楽しみにしております。
たしかに、この独特な文体は古都京都という舞台に似合っていますね。誇張されたプロット展開ともよく調和していました。

[C2269] NoTitle

昨日の朝、めざましテレビを見てたら、森見さんの「走れメロス」を紹介していて、森見さんブレイクの予感ってな紹介をされていました。うれしいのですが、なんだかちょっとさみしい気もしてしまったりして。
『ラ・タ・タ・タム』実在したんですね。黒髪の乙女があそこまで求める本・・・気になります。藍色さんの感想楽しみです。

[C2276] NoTitle

ディックさん、こんばんは。
絵本、実在してました。レビューまとめ中で、近日にはアップしたいと思ってます。
この古風な独特の文体、京都というロケーションで最高の効果を上げたような気がします。
先輩と乙女のキャラクターにもよく合っていましたよね。

[C2279] NoTitle

juneさん、こんばんは。
森見さんの「走れメロス」、めざましテレビで紹介されていたのですね。
たしかに古典をベースにしていますから、これまで以上にブレイクしそうです。
マイナーな作家さんが有名になるのはうれしいことですけど、遠くに離れてしまうような、さみしい気持ちにもなっちゃいますよね。わかります。
はい、『ラ・タ・タ・タム』実在してました。黒髪の乙女があそこまで求める理由もわかるような・・・。
まとめに悪戦苦闘中ですので、もう少しお待ちくださいね。

[C2296] NoTitle

『ラ・タ・タ・タム』、森見さんが本上まなみさんとの対談で、本上さんに贈呈してましたね。大ファンらしく、舞い上がっていた様子が森見さんのブログであますところなく表現されてて笑いました^^

他の方もおっしゃってますが、わたしも森見作品ではこの作品が一番好きで、一番安心して人にお薦めできるかも。本屋大賞2位の実力、これからも活躍を期待したい作家さんですね♪

[C2303] NoTitle

まみみさん、こんばんは。
『ラ・タ・タ・タム』、森見さんが本上まなみさんに対談の席で、手渡されたのですね。そういえば、どなたかのブログで『太陽の塔』のまなみ号は、彼女から名付けたというのを読んだ気がします。舞い上がられたことでしょう(作家冥利に尽きるかも、笑)。
森見作品は、まだみっつしか読んでませんけど、私もこの作品が一番好きで、人にお薦めするならこれですね。本屋大賞2位、おみごとでした。これからも本当に活躍が楽しみな作家さんですよね。

[C2308] NoTitle

藍色さん、こんにちは!
わぁ~♪読まれましたね!
未だにこの作品を思うとくすくす笑えて、ほんわか幸せになって
なむなむ!と唱えてしまいます。
森見さんの新刊も楽しみです♪

[C2313] NoTitle

リサさん、こんばんは。
だいぶ出遅れましたけど、やっと読みました~。
あちこちでくすくす笑えましたね。いろんな出来事が思い出されて、黒髪の乙女の冒険と先輩の悪戦苦闘がほほえましくて、温かい気持ちになれます。
新刊「走れメロス」面白いですよ~♪。なむなむ!

[C2938]

藍色さん、こんばんは。
黒髪の乙女がすごくキュートでしたね。
なにかあったらなむなむ!って呟いてしまいそう。
偽電気プランは呑んでみたいな。どんなお味でしょう?
『ラ・タ・タ・タム』はWEB本の雑誌の中の「作家の読書道」で、森見さんの思い出の絵本のひとつとして紹介されていました。

[C2946]

雪芽さん、こんばんは。
黒髪の乙女って可愛らしさと意外な強さが矛盾せずに同居していて、魅力的なヒロインでしたね。
そうです、何はなくともなむなむ!ってとなえればたちどころに効果が(嘘、笑)。
偽電気プラン呑んでみたいですよね。おいしすぎたら悪酔いしないように気をつけなくちゃです。
おぉ、WEB本の雑誌の中の「作家の読書道」で『ラ・タ・タ・タム』、紹介されていたんですね。知りませんでした。教えてくださってありがとうございます。

[C3283]

こんにちは。
黒髪の乙女の飲みっぷりを読むたびに、おいしいお酒が飲みたくなりました。
「ラ・タ・タ・タム」は実在なのですね~!
私も機会があれば読んでみようと思います♪

[C3294]

chiroさん、こんにちは。
黒髪の乙女っていい飲みっぷりでしたね。お酒をこんな風に気持ちよく飲めるといいなぁ。偽電気プラン気になります。
「ラ・タ・タ・タム」面白いですよ~。図書館や本屋さんの絵本コーナー、探してみてくださいね♪。

[C3504]

こんにちは
『ラ・タ・タ・タム』って実在の絵本だったんですね。
調べてみたいな~と思っていたので、ここで確認できて嬉しいです。可愛い絵本のようですね。
実物も読んでみたいです~♪

[C3507]

「ラ・タ・タム」のレビュー、拝見しました。
いろんな仕掛けがあるのが、森見さんの作品の楽しいところ。いいこと教えてもらいました。ありがとうございます♪

[C3513]

EKKOさん、こんばんは。
『ラ・タ・タ・タム』気になりますよね。実在確認のお手伝いができてうれしいです。
読んだらなごめますよ~♪。表紙は可愛いんですけど中の絵はシュールです(笑)。

[C3516]

ERIさん、こんばんは。
絵本のレビューって初めてでしたけど、よろこんでいただけてうれしいです。森見さんの作品って気づけていない、いろんな楽しい仕掛けがまだまだありそうですね♪。

[C3641]

”京都版「不思議の国のアリス」”には「おぉ~♪」と頷いちゃいました。そんな雰囲気でしたねー。
この作品を読んだ後、しばらく「なむなむ」が口癖になってしまいました(笑)

[C3672]

すずなさん、こんばんは。
“京都版「不思議の国のアリス」”、ちょっときわどい例えかなぁって思ってたんですが、「おぉ~♪」と頷いていただけて少し自信が持てました。
そうそう、私もしばらく、何もなくても「なむなむ」がマイブームになってました(笑)。

[C4014] こんにちは。

TBさせていただきました。
巷で評判が良かったので早く読みたかったのですが、やっと読めました!
アンソロジーで第一章だけ読んだ時はそんなに思わなかったのですが、単行本となったこの本を読んで評判がいいのがわかりました。かなり面白かったです。このちょっとレトロで不思議な世界感がいいですよね。
「ラ・タ・タ・タム」、実在してたなんて。私も探して見てみます。

[C4024]

masakoさん、こんにちは。コメント、TBありがとうございます。
アンソロジーだとつかめなかった場合でも、まとめて読まれることでしっかりよさがわかるみたいです。この独特の空気感、京都ならではのファンタジーに気持ちよく浸れましたね。
「ラ・タ・タ・タム」、実在してました(笑)。すぐ見つかるといいですね。

[C5973]

遅ればせながら、森見さん、初読みでした。
不思議な世界でした。
しかも、面白い!

もっと早く読むべきだったと後悔してます。

[C6004]

juzjiさんへ。
森見さん、初読みで不思議な世界、堪能されましたね。
「有頂天家族」も面白いですよ。トラックバックが届いたらうかがいます。

[C6763]

こんばんわ。TBさせていただきました。
森見作品は2冊目です。
摩訶不思議な恋愛小説でしたね^^
森見ワールドにはまりそうです。
  • 2008-03-23 20:41
  • 苗坊
  • URL
  • 編集

[C6773]

苗坊さん、こんばんは。
キュートで不思議な恋愛小説、魅了されましたね。
しっかり嵌まってこれからも楽しみましょう(笑)。

[C6780]

楽しかったですね!登場人物がそれぞれ個性ありすぎで、楽しいキャンパスライフ一年目でした。二年目以降も凄そうだ!「四畳半~」の主人公はこんなキャンパスライフに憧れそうですね!
魅惑の偽電気ブラン味わってみたいものです。

[C6799] NoTitle

しおさんへ。
個性ありすぎでしたね~。二年目以降はもっと凄い!?面白そうで興味津々です。
この本と切っても切れない偽電気ブラン。豊潤なまろやかさに酔いしれたいですね。

[C14474] こちらも

TBさせていただきました。
ナオコーラさんも好きですが
森見さんも好きなんです。
それにしても「ラ・タ・タ・タム」が実在するなんて驚きました。
また遊びにうかがいます♪

[C14485]

hrcoaさん、TBありがとうございます。
実在していました。
また、よろしくお願いします。

[C15679] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ごあいさつ

管理人:藍色
トラックバック大歓迎。方法はここ
別記事、宣伝は削除。承認制です。 手塚治虫キャラクター図鑑〈4〉「リボンの騎士」と夢の王国・ファンタジー編
災害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

・気ままな告知板
期間限定


待機中です。

スカイスキャナー

東京の人気ホテル・旅館が最大78%OFF

航空券比較検索

目指せ!合計-8cmやせる体験【エルセーヌ】

全国630店舗以上!リラクゼーション店【りらくる】

もっと簡単にカッコよくしたいと思ってる方にオススメです

数量限定在庫一掃モデルがお得
ハイパフォーマンスゲームPC

決済後最短翌日出荷

動画像編集ソフト付

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

一括し比較検索できる

最適を見つけることができる

人気ホテル・旅館が最大78%オフ

時間とお金の節約

wpXクラウド

ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!

エステ・痩身・脱毛のエルセーヌ:光フェイシャル浄化コース

エステ体験「美脚時代コース」エルセーヌ
たるみ&老け顔にサヨナラ! 「小顔ハリ美肌コース」エルセーヌのエステ体験

『ニキビ集中ケア』エステ体験

一生で一番輝く結婚式・挙式に『ブライダルエステ』エルセーヌ

エックスサーバー

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー