Entries

朝日のようにさわやかに 恩田陸

カバー写真は平野耕作。装幀は新潮社装幀室。
ビールについての冒頭から、天才トランペッターや心太(ところてん)へ話題は移り、
最後は子供の頃に抱いていた謎の解明へと至る―。
虚実の狭間を、流れる意識のごとく縦横に語る表題作他、
ホラー、ミステリ、SF、ショートショート等々、恩田陸のあらゆる魅力がたっぷり詰まった、
物語の万華鏡。(「BOOK」データベースより)
収録作品:水晶の夜、翡翠の朝/ご案内/あなたと夜と音楽と/冷凍みかん/赤い毬
/深夜の食欲/いいわけ/一千一秒殺人事件/おはなしのつづき/邂逅について
/淋しいお城/楽園を追われて/卒業/朝日のようにさわやかに

アンソロジー、新聞、雑誌、業界誌、季刊誌、Webなど
さまざまな媒体に書いた作品を集めた五年ぶりの短編集。
恩田さんといえば、いつもは長編のずっしりした読み応え。
でも今回の短編集もしっかり恩田さん独自の世界でした。
作品ごとのメリハリ、キレの良さや凝縮の妙味、技巧が冴えてます。
ぐっと引き込まれのめり込んで、ぱっと手放されるような感じ。
クロスオーバー、ノンジャンルの幅広いエンタテインメントを楽しみました。
入門書としても最適でしょう。

あとがき―それぞれの覚え書きで、
こぼれ話や作品が生まれたいきさつがわかって興味深かったです。
そうそう、講談社ミステリーランドの予告編が入ってたのが、
うれしいサプライズでした(どれかはあとがきを読んでのお楽しみ)。
好きなのは、1.朝日のようにさわやかに(めくるめく連想が恩田流)。
2.楽園を追われて(懐かしさと現実)
3.邂逅について(イマジネーション・映像が鮮烈)。
4.淋しいお城(どきどきして…)。順番は今後入れ替わるかも、です。
関連情報 恩田陸の読了本
・・ puzzle(パズル) 恩田陸
・・中庭の出来事 恩田陸
・・木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸
朝日のようにさわやかに朝日のようにさわやかに
(2007/03)
恩田 陸

商品詳細を見る

朝日のようにさわやかに
恩田 陸
4103971088

朝日のようにさわやかに 恩田陸
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/218-e726bc01

トラックバック

[T1873] 朝日のようにさわやかに

 朝日のようにさわやかに 恩田陸著/新潮社 どこかで読んだことがある作品だなぁと思ったら、 あちこちに掲載された作品をひとつにまとめたもの だったのね。 朝日のようにさわやかにposted with 簡単リン

[T1894] 朝日のようにさわやかに

 2頁ちょっとのショート・ショートから、40頁くらいの短篇まで。全部で14の、ホラー風味の話がこの一冊の中に入っています。  どういうシチュエーションの話なのか、意識的に説明しないで話が進んでいく。その謎が次第にひもとかれ、明らかになっていくところに、この作

[T2005] 朝日のようにさわやかに  恩田陸

恩田さん五年ぶりの短篇集だそうです。前回の『図書室の海』とは違い、今作はアンソロジーなどの企画ものが中心で、長編に繋がる話はあまりありませんでした。14個の話の内『青に捧げる悪夢』にも収録されていた、水野理瀬シリーズの番外編「水晶の夜、翡翠の朝」と、刊行が

[T2016] 恩田陸『朝日のようにさわやかに』

ホラー、ミステリ、SF、ショートショート等々、恩田陸のあらゆる魅力がたっぷり詰まった、物語の万華鏡。

[T2017] 朝日のようにさわやかに/恩田陸

どうも最近、頭が短編集を読みたがってるみたいで、そういうことならと早速手に取ってみた。ビールについての冒頭から、天才トランペッターやところてんへ話題は移り、最後は子供の頃に抱いていた謎の解明へ-。ホラー、ミステリ、SF、ショートショート等、恩田陸のあらゆ

[T2073] 朝日のようにさわやかに 恩田陸

表題作「朝日のようにさわやかに」をはじめとして、ショートショート、ミステリー、ホラーなど、バラエティに富んだ作品を集めた短編14編。どの作品を読んでも、読者をなんとなく不安な気持ちにさせるという、恩田ワールドならではの感覚が味わえた。そして、ジャンル...

[T2088] 「朝日のようにさわやかに」恩田陸

朝日のようにさわやかに恩田 陸短編とショートショートなど全14作品。そしてあとがきでそれぞれの物語の解説などがついてます。アンソロジーなど、どこかに載せられていたものが集まっているので、いくつかは読んだことがある物語でした。ぞぞぞっとするホラーあり、ミステ

[T2195] 「朝日のようにさわやかに」恩田陸

特にテーマを決めて書いたものではなく、ここ何年間か発表したものをまとめた短編集です。だから雰囲気もまちまち、ページ数もまちまち。★★★☆☆恩田さんは、長編でしっかり独自の世界を描いてほしいなぁと思

[T2239] 朝日のようにさわやかに 〔恩田 陸〕

朝日のようにさわやかに恩田 陸 新潮社 2007-03売り上げランキング : 1492おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫ビールについての冒頭から、天才トランペッターや心太へ話題は移り、最後は子供の頃に抱いていた謎の解明へと至る―。虚実の狭間を、流れ...

[T2272] 朝日のようにさわやかに*恩田陸

☆☆☆☆・ 朝日のようにさわやかに恩田 陸 (2007/03)新潮社 この商品の詳細を見るビールについての冒頭から、天才トランペッターやところてんへ話題は移り、最後は子供の頃に抱いていた謎の解明へ-。ホラー、ミステリ、S

[T2373] 『朝日のようにさわやかに』 恩田陸 新潮社

怒涛のように濃ゆ~い長編作品を次から次へと量産している恩田さん。そういえば短編集って、少ないんですね。恩田さん自身も「あとがき」で短編は難しい、と言っておられます。でもたまには、こういうノンシリーズの短編集もなかなか楽しかったです。まず嬉しいのが、....

[T2423] 朝日のようにさわやかに 恩田陸

朝日のようにさわやかにビールについての冒頭から、天才トランペッターや心太へ話題は移り、最後は子供の頃に抱いていた謎の解明へと至る―。虚実の狭間を、流れる意識のごとく縦横に語る表題作他、ホラー、ミステリ、SF、ショートショート等々、恩田陸のあらゆる魅力....

[T2461] 恩田 陸 「朝日のようにさわやかに」

朝日のようにさわやかに恩田 陸 (2007/03)新潮社 この商品の詳細を見る「図書室の海」以来 5年ぶりの短編集です。2ページちょっとのものから40ページ位のものまで 12作品が収まっています。「おはなしのつづき」の1

[T2497] 「朝日のようにさわやかに」恩田陸

朝日のようにさわやかに恩田さんの短編集は、ずっと忘れていた引き出しをひっくり返したら、わくわくするものがたくさん出てきて、それをうわぁーと眺めるような楽しさがあります。惜しげないです。アンソロジーで読んだものもあったのですが、恐いものあり、毒がひそま....

[T2547] 朝日のようにさわやかに(恩田陸、新潮社)

恩田さんといえば長編!という感じで、短編集というのがあまりピンと来なかった私。うーん、「図書室の海」とあとなんだっけ・・・と考えつつ最後にあとがきを読んだところ、短編集は5年ぶりなんだとか。普段は長編にかかりっきり、とのこと。確かになー、あんなにどんどん

[T2620] 朝日のようにさわやかに 恩田陸

朝日のようにさわやかに■やぎっちょ書評恩田陸さんの短編集には前回とても合わない(平たく言えばおもしろくない)と思ったので、今回もブロガーの皆さんがどんどん読んでいく中、「読まなくてもいいかなぁ」なんておもっていました。ら・・・Ciel Bleuの四季さんの感想...

[T2737] 『朝日のようにさわやかに』

今日読んだ本は、恩田陸さんの『朝日のようにさわやかに』です。

[T3180] 朝日のようにさわやかに 恩田陸著。

よかった。また恩田ワールドで置いてけぼりになるかと思ったけど、なんとかついて行けた。短編集だったんだね。 最初の「水晶の夜、翡翠の朝」はヨハンと憂理の名前見た瞬間にすぐに思い出せたのは幸運。ま、あんな非現実的、非日常的な、不思議で本当かよ!?的な学校の

[T3631] 朝日のようにさわやかに<恩田陸>-(本:2007年132冊目)-

朝日のようにさわやかに出版社: 新潮社 (2007/03)ISBN-10: 4103971088評価:70点表題作を含む、14作品からなる短編集。極めて個人的な感想を結論から言うと、恩田陸はやっぱり長編のほうが面白いなということだろうか。この短編集自体が、5年ぶりの短編集....

[T4019] 朝日のようにさわやかに 恩田 陸  

朝日のようにさわやかに(2007/03)恩田 陸商品詳細を見る<ホラーあり、ミステリありの様々な味が楽しめる恩田ワールド>恩田さんの作品は、ホラー、ミステリが好きなのですが、この短編集はいろんな味が詰まった作品

[T4553] 『朝日のようにさわやかに』 恩田陸

『朝日のようにさわやかに』著:恩田陸水晶の夜、翡翠の朝/ご案内/あなたと夜と音楽と/冷凍みかん/赤い毬/深夜の食欲/いいわけ/一千一秒殺人事件/おはなしのつづき/邂逅について/淋しいお城/楽園を追われて/卒業/朝日のようにさわやかにビールについての冒頭..

[T4571] 恩田陸さん著 『朝日のようにさわやかに』を読んだよ!!

短編集です。「水晶の夜、翡翠の朝」「ご案内」「あなたと夜と音楽と」「冷凍みかん」「赤い毬」「深夜の食欲」「いいわけ」「一...

[T7964] (書評)朝日のようにさわやかに

著者:恩田陸 朝日のようにさわやかに(2007/03)恩田 陸商品詳細を見る 表題作を含む全14作を収録した短編集。 『図書室の海』以来の短編集...

コメント

[C2283] 冒頭が

こんにちは。
冒頭の作品にはニヤリとさせられましたー。
こういう形でリンクした作品を読めるのは
うれしいものですよね。
恩田さんの力量が非常によくわかる
贅沢な一冊でした。

[C2291] NoTitle

BEEさん、こんばんは。
冒頭の作品、なるほど~っていう感じでした。
短編集という形を使った、上手な活用法でうれしくなりますよね。
何をどう書いても一級品にしてしまう恩田さんの力量がよくわかって、そうです、贅沢な一冊でした。

[C2332] NoTitle

こんばんはー
私が印象に残ったのは「あなたと夜と音楽と」と「冷凍みかん」と「淋しいお城」と「楽園を追われて」あたりかな。
恩田さんの講談社ミステリーランドの話はあんな感じなのですね。
恩田さんの多才な力を改めて感じました。
そういえば「ブラザー・サン、シスター・ムーン」はいつ出るのかな?
  • 2007-04-16 22:46
  • リベ
  • URL
  • 編集

[C2347] NoTitle

リベさん、こんばんは。
印象に残った作品、ふたつ重なってますね。うれしいです。
そうそう、講談社ミステリーランドの話、あのテイストなんですね。ちょっと…。
恩田さんの多才さには、いつも驚かされますよね。
「ブラザー・サン、シスター・ムーン」…ごめんなさい。未読で情報にうといので、わかりません。そういえば、昔の外国映画に同じタイトルの作品がありました。

[C2494] NoTitle

藍色さんがおっしゃるように作品ごとのメリハリ、キレの良さや凝縮の妙味、技巧が冴えてました。
ちなみに、私が好きなのは「あなたと夜と音楽と」「冷凍みかん」「楽園を追われて」かな~。
他の方を見ると「淋しいお城」「冷凍みかん」が人気があるようです。いろんな作品が楽しめて、とっても面白かったですね♪
  • 2007-04-23 19:16
  • naru
  • URL
  • 編集

[C2495] NoTitle

初めて恩田陸を読んだのが「象と耳鳴り」で、その完成度の高さにぶっ飛んだので、「恩田陸」「短編集」というキーワードが揃うとすぐに手が出てしまいます。
とはいっても、5年に一冊ぐらいしか出てくれないので、手を出そうにもなかなか出せないという現実はあるんですが、その分きっちり毎回楽しませてくれます。

ちなみに初めて読んだ恩田陸の長編は「木曜組曲」でした。
なかなか渋い選択でしたが、それから結構はまったんで、なかなか正しい選択だったと今では思っています。

[C2502] NoTitle

naruさん、こんばんは。
好きな作品、「楽園を追われて」が重なっていますね。うれしいです。
他の方は「淋しいお城」「冷凍みかん」が人気があるのですね。
「淋しいお城」、どう続くのか楽しみです。「冷凍みかん」恩田さんとしては珍しいジャンルなのですが小松左京さんや星新一さんをいっぱい読んでたので、評価低めになっちゃいました。
恩田さんらしい、ジャンルを飛び越えたような短編集で楽しめましたね~。

[C2503] NoTitle

ロケットさん、こんばんは。
初めての恩田さんは、短編集だったのですね。
五年に一冊ぐらいのペースなので、待ち遠しいことでしょう。
短編も、しっかり楽しませてくださいますよね~。
初めての恩田さんの長編小説は「木曜組曲」だったのですね。未読です(恥)。
私の恩田さんとの出会いは、リンクしてる「puzzle(パズル)」の記事をご覧ください。ちょっと不幸な出会いでした(笑)。

[C2513]

一つのジャンルにおさまらない豊富な物語が、まさに恩田さんといった感じでしたね。ミステリランドの本編がとても楽しみになりました。
  • 2007-04-24 23:02
  • たまねぎ
  • URL
  • 編集

[C2521] NoTitle

たまねぎさん、こんばんは。
面白さに境界なんてない、って感じさせるような、恩田さんの幅の広さを物語る短編集でしたね。ミステリランドの本編(続き)は怖いかもですけど、すごく楽しみです。

[C2619] NoTitle

こんにちは。藍色さん。
恩田ワールド全開でしたね!
短いながらにもそう感じさせる何かがありました。
さすがです!
  • 2007-05-02 13:49
  • ゆう
  • URL
  • 編集

[C2625] NoTitle

ゆうさん、こんばんは。
どの作品も恩田さんらしさいっぱいの独自の世界でしたね。
短いのに、この強烈なインパクトのパワー。
ますます好きになりました。

[C2651]

藍色さんこんばんは。

短い文章の中に恩田さんらしさがギュギュギュっと詰まっていて、幸せ読書タイムでしたね。

[C2668]

ななさん、こんばんは。
どんなに短くても恩田イズム(?)が詰まっていましたね。
そうそう、ギュギュギュっていう感じでした。
多彩に楽しめた、しあわせ読書タイムでした。

[C2777]

藍色さん、こんにちはっ♪
いろいろなパターンのお話がたくさん入っていて、
確かに入門書にはちょうどよいかもしれませんね。

私は、「おはなしのつづき」と「寂しいお城」、「楽園を追われて」が好きでした。
「邂逅について」は、何回読んでもその場で忘却。私には難しすぎるみたいです(*^_^*)

[C2790]

そらさん、こんばんは。
入門書に同意してくださって、ありがとうございます。
さまざまなお話が盛りだくさんなので、初心者にも楽しめると思います。

「寂しいお城」、人気ですね。ミステリーランドもお楽しみに(ついにネタバレ、笑)。
「楽園を追われて」日常がよかったですね。
「邂逅について」は、画像で憶えていて、まだなんとか記憶に残ってる気がします(笑)。

[C2836]

こんばんは!
「冷凍みかん」が好きでした~
といっても、この作品も怖いけれど(^_^;)
怖さを感じる作品が多かったですが、
皆さんが書かれていらっしゃるように
どの作品も恩田さんの色が出てましたよね。
ミステリーランド楽しみです。
他の作品も、
現時点では考えてなくても
将来長編の作品との繋がりができたら面白そうだなぁ~
というものもありました。
  • 2007-05-25 22:49
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C2844]

エビノートさん、こんにちは。
「冷凍みかん」、あの短さにインパクトがあって、人気がありますね~。
そうそう、怖さを感じる作品が多かったです。スリラー・ホラー系が主体のような気がしています。恩田さんの色、濃厚に出てましたね。ミステリーランドも楽しみです。
将来長編作品に繋がると面白そうなのも、いくつかありましたね~。もしかするとあるかも(笑)。ちょっと期待です。

[C2893]

ここから生まれる長編作品、たのしみですね。

『淋しいお城』『冷凍みかん』
人気がありますね。わたしも好きです。

ヨハンくんの物語は
もう言うことありませんね♪
  • 2007-05-31 18:57
  • ふらっと
  • URL
  • 編集

[C2896]

ふらっとさん、こんばんは。
長編作品、ここから生まれるって考えたら楽しいですよね♪。
『淋しいお城』『冷凍みかん』すごく人気があって、このへんに恩田さんの人気のバロメーターなのかも、です。
ヨハンくんの物語、また次が楽しみです。

[C3039]

こんばんは♪
ホラー色が濃かったですが、それも恩田さんらしくて、とても楽しめました。
ミステリーランドは、本当に楽しみです。

[C3052]

EKKOさん、こんばんは。
ホラー色が強かったですね。ふだんホラーを読み慣れてないので怖かったりもしたのですが、恩田さんだったらそれも楽しまなきゃってことでそれなりに(笑)。
ミステリーランド、ここからどう続くんでしょう?。楽しみです。

[C3123]

こんにちは。久しぶりに恩田さんの作品を読みました。
恩田さんらしいな~と言うのが最初の感想です。
「冷凍みかん」がゾクッとしましたね~。
ヨハンも素敵でしたし、面白かったです。
三月シリーズはずっと続いてほしいですね。

[C3138]

苗坊さん、こんばんは。
恩田さんらしい、多彩な短編集でしたね。
「冷凍みかん」、やっぱり一番人気です(笑)。
ヨハンのエピソード、面白かったですね。
三月シリーズは人気もありますから、ず~っと続きますよ、きっと。

[C3178]

こんにちは~。
短編集ながら中身がぎっしり、濃厚でありながら切れ味の良い作品が多くて楽しめましたね~。
結構どの作品も、その先を自分で想像して楽しめる感じで終わっていたので、いろいろ想像ふくらませちゃいました。

[C3183]

Spicaさん、こんばんは。
色とりどりの内容でそれぞれに独特の味わいがあって、さすが恩田さんと思わせる短編集。楽しめましたね。
短いのに強烈で、読み手のイメージを呼び起こしますよね~。続きを妄想しちゃってたのが私だけじゃなくて安心しました(笑)。

[C3219]

藍色さん、こんにちわ。
私も「冷凍みかん」「淋しいお城」は好きです。でも、「赤い毬」の世界も好きなんです。映像的で妙にそそられるというか。
それにしても、「三月シリーズ」の続編、早く読みたいものです。

[C3228]

juneさん、こんばんは。
そうそう、恩田さんの引き出しの多さ、驚きますよね。
おぉ、「赤い毬」の世界。謎の巨大日本建築が舞台で幻想的でした。妙にそそられるのですね。なんとなくわかる気がします。
「三月シリーズ」の続編、読みたいです~。気長に待ちましょう。

[C3300]

藍色さん、お久しぶりです!ご無沙汰しております。
しばらくブログをお休みしていましたが、
またはじめましたので、どうぞよろしくお願いいたします。

いろんなタイプのお話があって、ほんと面白かったですね~。
私は「楽園を追われて」「あなたと夜と音楽と」がお気に入りです。
たくさん作品を出している恩田さん、みなさん出会いもそれぞれのようで面白いですね。
私は「六番目の小夜子」でした。

[C3302]

くろさん、こんばんは。おひさしぶりです。
しばらく止まられてたので心配してました。再開されたんですね。よかったです。来てくださってうれしいです。
恩田さんならではの多彩な物語、楽しかったですね。
「楽園を追われて」は平凡で地味なんですけど雰囲気や空気感が好きで、私も2位にしています。
くろさんは「六番目の小夜子」が出会いの作品だったんですね。デビュー作からっていうのが、やっぱり一番いいと思います。私は「月の裏側」で散々で…くわしくは「puzzle(パズル)」の記事に。
これからもお気軽にどうぞ。こちらからも、またうかがいますね。

[C3557]

こんにちは。
久しぶりに恩田さんの本、読みました。
この本は読みたいと思いながらも、今頃になってしまいました。

それぞれの話がみんな独特の世界で、いろいろ楽しめる本でしたね。
やっぱり恩田さんはすごい!と思いました。(改めて言うことでもないか?)
そうそう、新刊が出ているらしいので、そちらも楽しみです。

[C3565]

mintさん、こんばんは。
恩田さんって人気が高いので読むのが遅くなること、ありますよね。なので遅れても大丈夫です(笑)。
多彩でひとつとして同じようなお話がなくて、恩田さんのすごさを改めて知らされましたね~。ホラーも多くて怖かったんですけど、面白く読めました。
新刊のこと、教えてくださってありがとうございます。とっても楽しみです。
風邪、早く治るといいですね。お大事になさってくださいね。

[C4196]

私が好きだったのは「冷凍みかん」「卒業」ですね。これは頭の中で映像が浮かんできて、ああ、こんなドラマや映画の1シーン見てみたいと思いました。
あと「水晶の夜、翡翠の朝」も出来上がってて好きですし、「あなたと夜と音楽と」も展開にドキドキして好きでした。
  • 2007-09-17 15:40
  • じゃじゃまま
  • URL
  • 編集

[C4221]

じゃじゃままさんへ。
「冷凍みかん」や「卒業」はビジュアルが浮かんできますよね。映像化したときの迫力を思い描いたりして。
「水晶の夜、翡翠の朝」はシリーズもので楽しめて、「あなたと夜と音楽と」は会話だけの展開がスリリングでしたね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー