Entries

まんまこと 畠中恵

装丁・イラストレーションは南伸坊。
「オール讀物」平成17年7月号~18年12月号不定期掲載の連作短編集。
江戸は神田の古名主、高梁宗右衛門の跡取り麻之助。
お気楽ものの遊び人で、しゃばけシリーズの若だんなとは違い健康体。
でも中身は素直で心優しく気立てのいい若者です。
名主代理として支配町からの奇問に、幼なじみのふたりの悪友―
男前で色男の八木清十郎、堅物の同心見習い相馬吉五郎と取り組むことに。
三人のキャラクターや得意分野を活かし、知恵を働らかせ、
難題や人情のもつれを解き明かしていきます。

持ちかけられたさまざまな揉め事や事件はそれほど深刻ではありません。
いつものゆったりほのぼのとした空気感でした。
そして甘い父親たち(笑)。
おのぶ、お紺、お寿ず、おむめ、おしんなど
可憐で芯の強い女たちも生き生きと描かれています。
印象に残ったフレーズ:麻之助はお由有のことを、
早春の柳の若芽のように、涼しげな美しさがあると言う。(p65)
麻之助とお由有(幼なじみで清十郎の義母・幸太の母)との
淡く切ない恋もうっすらと織り込まれていて、よかったです。
読んだ後、ふんわりと温かな気持ちになりました。
収録作品:まんまこと(真真事・ほんとうのこと『江戸語辞典』)/柿の実を半分/
万年、青いやつ(万年青=おもと)/吾が子か、他の子か、誰の子か/
こけ未練(つまらなく執着すること、思い切りの悪いこと『江戸語辞典』)/静心なく
まんまこと
関連情報 畠中恵の読了本
・・とっても不幸な幸運 畠中恵
・・うそうそ 畠中恵
・・ちんぷんかん 畠中恵
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/229-2fd104fc

トラックバック

[T2039] 『まんまこと』 畠中 恵

桜も満開。お花見には行きましたか?私はここ最近、毎日のようにお花見してます。……1人で…[:あせあせ:]今日も今日とて、お弁当を持って平和公園まで出向き、ベンチに座ってボーっとお昼ご飯を食べて、ぼんやり本を読んで、1時間を過ごしました[:パクッ:]気持ちよかった

[T2045] まんまこと   ~畠中 恵~

畠中恵の新作。お江戸を舞台にして町名主の放蕩一人息子、麻之助の活躍を描く時代物。時代物でちょっとした謎解きメインのお話とくれば「しゃばけ」シリーズを思い出すけれど、この作品では妖たちは出てきません

[T2049] 畠中恵『まんまこと』

『まんまこと』をはじめ、6つのお話。それぞれの心の中にある「まんまこと」とは。

[T2051] 「まんまこと」畠中恵

まんまこと畠中 恵町名主のお気楽な跡取り息子・麻之助。16歳までは生真面目で勤勉だったのに、ある日を境にお気楽な青年になってしまった。その麻之助を中心に、隣の町名主の息子で女好きの清十郎、かたぶつの同心見習い・吉五郎が町で起こったり名主の所に持ち込まれる

[T2066] 『まんまこと』

今日読んだ本は、畠中恵さんの『まんまこと』です。

[T2084] まんまこと

(C)文芸春秋畠中恵著お江戸は神田の町名主の息子、麻之助はたいそうなお気楽者。同じく名主の息子である清十郎、同心見習いの吉五郎といった幼馴染と、揉め事を解決してゆきます。”しゃばけ”とはまた別のシリーズ、になるのかな?麻之助くんの”のほほん”具合はわかるの

[T2085] まんまこと 〔畠中 恵〕

まんまこと畠中 恵 文藝春秋 2007-04-05売り上げランキング : 422おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫女好きの悪友が念者のふりをしろと言いだした!?嫁入り前の娘にできた子供の父親は一体誰なのか。玄関で揉めごとの裁定をする町名主の息子として...

[T2254] まんまこと/畠中恵

 女好きの悪友が念者のふりをしろと言いだした!? 嫁入り前の娘にできた子供の父親は一体誰なのか。 玄関で揉めごとの裁定をする町名主の息子として生まれた麻之助。これがたいそうなお気楽もので、周囲は気がもめるのだが。 ふうわり胸が温まる畠中恵ワールド新シリーズ

[T2337] まんまこと

 まんまこと 畠中 恵著/文藝春秋社 「しゃばけ」シリーズの若だんな・一太郎を 白とするならば、この作品の跡取り息子・麻之介は黒。 一太郎が病弱でなく、元気なまま大人になったら こんな感じかも、とニヤリ

[T2455] まんまこと

呑気な跡とり・麻之助が人情のもつれをさばきます! 江戸は神田の古い名主の家に生まれた麻之助。支配町から上がってくる奇問に幼馴染の色男・清十郎、同心見習の吉五郎と取り組むが 文藝春秋HPより「しゃばけ」の畠中さんの新シリーズ、ということです。今度も江戸モノ短

[T2480] まんまこと*畠中恵

☆☆☆☆・ まんまこと畠中 恵 (2007/04/05)文藝春秋 この商品の詳細を見る「しゃばけ」シリーズがブレイク中の気鋭・畠中恵さんの新シリーズは『まんまこと』というタイトルです。意味は「真実。ほんとうのこと」。江戸

[T2591] まんまこと

まんまこと畠中 恵 (2007/04/05)文藝春秋この商品の詳細を見る江戸は神田。玄関で揉めごとの裁定をする町名主の家に生まれた麻之助は、たいそうなお気楽もの。支配町から上がってくる奇問に幼馴染の色男・清十郎、同心見習の

[T2633] まんまこと 畠中恵 文藝春秋

もう、大人気の畠中さんの時代物。名主の家の跡取り息子が主人公。体は弱くないけれど、叶わない恋を胸に秘めた、一見お気楽な若者です。・・・うん、面白かった。安心して読めて、ちょっとキュンとして、楽しい謎解きもあって。いいなあ。時代物は好きです。気負わず、肩肘

[T2643] まんまこと 畠中恵

江戸・神田の町で巻き起こった小さな揉め事を、町名主の放蕩息子・麻之助が二人の親友と共に解決していく連作短編六編。ちょっとしたミステリーを絡めた時代物でテンポ良く展開し、江戸の情緒も味わえ楽しく読めた。しかし、全体的に卒なく無難にまとめられている感じ...

[T2898] まんまこと  畠中恵

畠中恵さんの『まんまこと』です。これはあやかしやもののけは出てこないけど、しゃばけシリーズと実は同じような話ですね。舞台はもちろん江戸、時代はおそらく11代将軍家斉の頃、寛政の終わりか、享和、文化ぐらいだと思います。西暦にすると1800年代初頭です。主人公は..

[T2949] 「まんまこと」

まんまこと畠中 恵掃除をするといつも思い出す家鳴家鳴がいるかも、と思うと掃除も楽しい「まんまこと」この作品に家鳴が出てこなくてとってもさみしい

[T3001] 『まんまこと』畠中恵

 タイトルにある「まんまこと」とは、「本当のこと」の意。 お江戸は神田の名主、高橋家の息子・麻之助のところに持ち込まれた、住民たちの揉め事の数々。当時は、長屋の大家である差配の手にが余るが奉行所へ届け出るほどではない、民事訴訟のような案件を、この名主が裁

[T3038] まんまこと 畠中恵

まんまこと女好きの悪友が念者のふりをしろと言いだした!?嫁入り前の娘にできた子供の父親は一体誰なのか。玄関で揉めごとの裁定をする町名主の息子として生まれた麻之助。これが、たいそうなお気楽もので、周囲は気がもめるのだが。ふうわり胸が温まる畠中恵ワ....

[T3706] まんまこと<畠中恵>-(本:2007年139冊目)-

まんまこと出版社: 文藝春秋 (2007/4/5)ISBN-10: 416325840X評価:80点「しゃばけ」シリーズと同じく、江戸を舞台にした時代物。ただし、こちらには妖怪の類は一切出てこない。江戸人情ミステリーとして、これが新シリーズになるらしいが、そこそこ面白く続....

[T5865] 書籍「まんまこと」読了。これはシリーズ化はないかなぁ。

まんまこと 書籍「まんまこと」畠中恵・著 文芸春秋・刊 読了。(特設HPあります) 畠中恵氏の新シリーズ、でもってお得意のお江戸が舞台。 今回の主役は神田の町名主の息子、高橋麻之助。 名主というのは奉行所に持ち込むまでもないような、些細ないざこざをお...

[T10364] まんまこと 畠中恵著。

≪★★★★≫ 今回はよかった~。裏切られなかった。 神田の町名主の跡取り息子、お気楽な麻之助。幼なじみにして悪友のこちらも町名主の跡取り清十郎、そして同心見習い吉五郎と、江戸の町で巻き起こる人情物語の数々。 いや~、面白かった! 畠中氏は、明治より江戸の

[T10391] まんまこと(畠中 恵)

まんまこと(2007/04/05)畠中 恵 町名主の跡取り息子の麻之助は、周囲からも呆れられる大層なお気楽者。 それでも16の頃には期待も高い生真面...

[T11680] [本]「まんまこと」畠中恵。

まんまこと 作者: 畠中恵 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2007/04/05 メディア: 単行本 Amazon.co.jpで詳細を見る 神田町名主のお気楽放蕩息子麻之助と友の清十郎、吉五郎が繰り広げる、ミステリー+ほのぼの恋物語。麻之助の家業がら、町内のいざこざを調停する。 畠中

コメント

[C2554] NoTitle

こんばんわ~☆

畠中さんの作品って厳しさももってるけど、全体的に優しくて甘~い部分が多いから、読んでて気持ち良いですよね♪読後感が気持ち良い☆

それに今回は麻之助たち三人組のやりとりが楽しくて楽しくて…もっとこの三人の遊んでる場面を読んでみたかったです。
早く続編が出ないかな~♪
気が早すぎる!(笑)

[C2563] あ!

こんにちは。
私もいまこの本を読んでいるところです。

主人公の麻之助は畠中さんらしいキャラだなぁと思いながら読んでます。
読んだら、感想、アップしますね。

[C2569] NoTitle

マメリさん、こんにちは。
畠中さんの書かれる物語って厳しさや時には試練もありますけど、やっぱり温かくて優しくて、読んだあといい気持ちになれますよね~。
麻之助たち三人組のやりとり、楽しかったですね。気兼ねなく、なんでも思ったことを言い合える風通しのよさが魅力的でした。
続編、待ち遠しいですよね。こんなに素敵なお話なのですから(笑)。

[C2571] NoTitle

mintさん、こんにちは。
書き込み、ありがとうございます。
いまこの本を読まれているのですね。シンクロしてるみたいでうれしいです。
そうそう、主人公の麻之助って、とっても畠中さんらしいキャラですよね~。
感想のアップ、楽しみにしていますね。

[C2577] NoTitle

藍色さん こんばんは~♪
さすが畠中さんの時代物、安心して読めました(笑)
面白かったですよね~。
悪友3人組それぞれのキャラもですが、まわりの
女性たちもうまく描かれていました。
これからどうなっていくのかしらん。ふふっ。楽しみ~。
  • 2007-04-28 22:22
  • naru
  • URL
  • 編集

[C2578] NoTitle

naruさん、こんばんは。
畠中さんの時代物、さすがって言えるくらいの風格を感じます。
安心して読めて、面白かったですよね。
悪友3人組のキャラを活かしたやりとりが良かった~。
女性たちもそれぞれ個性が際立ってました。
楽しみなシリーズがまたひとつ増えて、うれしいですね~♪

[C2580] NoTitle

私の方からお邪魔しました!!!

すごく楽しめました。
私は「しゃばけ」シリーズより、どちらかといえばこっちが好みかもしれないです。
3人の役割分担も楽しいし、お由有との関係も気になるところです。

[C2588] NoTitle

ななさん、こんばんは。
来てくださって、ありがとうございます。
とっても楽しめましたね。
「しゃばけ」シリーズの若だんなは病弱という設定ですから、活発に動ける麻之助が気に入られたのかも、ですね。
三人の適材適所の働き、面白かったです。
麻之助とお由有のこれからも気になりますね。

[C2601] NoTitle

藍色さん、こんにちは。
コメント&TBが遅くなりましたけど、読みました。

まさに、畠中ワールドという感じでした。
麻之助、清十郎、吉五郎のトリオがよかったですね。
この先、どうなるんなだろう?という終わり方だったので、続きが気になるところです。


[C2602] NoTitle

こんにちはー
気楽に楽しめた1冊でした。実は初めて畠中さんの本を読んだのですが(!)、1話目から安心して読めました。今度は清十郎の裁定も読んでみたいです。
  • 2007-05-01 11:46
  • リベ
  • URL
  • 編集

[C2612] NoTitle

mintさん、こんにちは。
そんな、遅くなんてことないですよ。書き込みいただいてから三日ですから、お早いと思います。
私は図書館本延長人なので、延び延びになっちゃうことが多いので(汗)。
畠中ワールド、あたたかく広がっていましたね。
悪友三人組のチームワーク、肩肘張らずに楽しめました。
あれって、読者をじらす終わり方ですよね。続きがとっても気になります。

[C2613] NoTitle

リベさん、こんばんは。
先日の海堂さんのお話、ありがとうございました。
畠中さんの本、初めて読まれたのですね。いい出会いになって、リラックスして楽しまれたみたいでよかったです。
そうそう、清十郎の裁定って読んでみたいですよね。麻之助よりも少し渋みがあったりして(妄想が始まってます、笑)。

[C2638] NoTitle

TBありがとうございました。

畠中さんの作品、読後に心がほんわかする、そんな世界ですよね。物語の中に悪意がないというか…
”しゃばけ”のシリーズも好きでしたが、この3人組の先行きも気になるところ。続編が楽しみです。

活字中毒のMAY、ひとさまがどんな本を読んでらっしゃるのかにもとても関心があります。
これからちょくちょく遊びに来ますね、どうぞよろしくお願いいたします。

[C2639] NoTitle

藍色さん、こんばんは!
のんびりほんわかとさせてくれる作品でしたね~。
とはいえ、麻之助たちの恋路はどう展開して行くのか、気になるところです♪
清十郎や吉五郎視点のお話も読んでみたいですね!
賛成!賛成!
早く次が出ないかな~~♪
  • 2007-05-05 20:59
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C2642] NoTitle

MAYさん、こんばんは。はじめまして。
ご訪問、コメント、TBありがとうございます。
畠中さんの作品って安心して読めて、読んだ後、こころが温かくなりますよね。ほんと、悪意がなくて好きです。
”しゃばけ”シリーズもいいですよね。新しい、この3人組のシリーズも先々が楽しみです。続編が待ち遠しいです。

MAYさんは活字中毒なのですね。少しずつしか読めてないんですけど、私も本好きです。
関心を持っていただけて、これからも遊びに来てくださるのですか?。うれしいです。
また合う記事や気になる記事がありましたら、TBコメントお気軽にどうぞ。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

[C2644] NoTitle

エビノートさん、こんばんは。
畠中さんらしい、ほんわかあったかな作品でしたね。
そうそう、「しゃばけ」シリーズと違って、大人な展開(笑)。麻之助たちの恋路、どうなるんでしょう。とっても気になります。
清十郎や吉五郎視点のお話!あぁ、思いつきませんでした。ものすごく読んでみたいです。ありそうですよね。大賛成です!(笑)
次巻がとっても楽しみです~♪。

[C2867]

こんにちは♪
今回も楽しく読了しました^^
畠中さんの作品はほんわかと気持ちが暖かくなる作品が多いですよね
これからの3人組の活躍と麻之助の恋の行方が凄い気になります
次巻が楽しみです♪

[C2881]

Rayさん、こんばんは。
畠中さんの作品って、期待を裏切らない楽しさあったかさで読んだ後に気持ちがなごみますよね♪。
次巻で悪友三人組、どんな活躍を見せてくれるのでしょうか?。
麻之助の淡い恋の行方も気になりますね~。
とっても楽しみなシリーズがまたひとつ、です(笑)。

[C2981]

こんにちは。
あぁ、楽しかった!
シリーズ化待望の作品でした。
麻之助のその後をぜひ
読みたいものです。

[C2999]

BEEさん、こんばんは。
新しい爽快な物語、面白かったですね。
麻之助がこれからどんな活躍を見せてくれるのか、とっても楽しみです。

[C3168]

こんばんは。
安心して楽しく読めました。
そういえば、病弱な若だんなのシリーズとは違って、今回の登場人物たちは元気いっぱいでしたね。
けんかもいっぱいやってたし。

悪友たちがもっと活躍するお話も読みたいなあ…

[C3173]

ちきちきさん、こんばんは。
包み込むような畠中ワールド、安心の読み心地でしたね。
そうそう、今回の登場人物たちって元気いっぱいで、江戸っ子気質が良く現れていたみたいでした。
シリーズが長期化すれば、悪友たちがメインになって活躍するお話も書かれるかも、ですね。

[C3204]

悪友三人組、三者三様のキャラがいいですね。
それぞれの持ち味を活かしてこの先もほのぼのと困りごとを解決してもらいたいです。
  • 2007-07-03 07:32
  • ふらっと
  • URL
  • 編集

[C3210]

ふらっとさん、こんばんは。
主人公麻之助、もっと遊んでる(?)清十郎、堅物の吉五郎、三人のコントラストがいい感じです。
それぞれ適材適所で難題解決に取り組んでいけるといいですね。でもミスマッチもまた楽し、かも(アマノジャクな私、笑)。

[C3399]

時代物の楽しさ、しっかり書き込んでありましたね。
このふんわり感は、お江戸が舞台じゃないと味わえない。
きっと畠中さんは優しい方なんでしょうね。人柄がそのまま拝見できるようで読後感が爽やかです。この装丁もいつもいいですね♪

[C3405]

ERIさん、こんばんは。こちらにもありがとうございます。
畠中さんの描く時代物、新しいシリーズにもあたたかさ、ふんわり感が息づいていましたね。現代では再現できない繊細な空気感が素敵です。登場人物の人情、町の風景や映る景色、爽やかな読み心地。畠中さんの優しい人柄がうかがえますね。南伸坊さんの装丁もとても似合ってるって思います。

[C3414]

こんばんは。藍色さん。
少し物足りない感じがしないでもなかったですが、読後感はよかったです。
次も、きっと読みますよ!!(笑)
  • 2007-07-17 19:39
  • ゆう
  • URL
  • 編集

[C3429]

ゆうさん、こんばんは。
読みますよ宣言、うれしいです。
これからの盛り上がりを、ぜひご一緒に楽しみましょう(笑)。

[C3797]

父親はなんのかんのといって甘い父親でしたね
もちろん日本橋の大店の旦那ほどではありませんでしたが
  • 2007-08-15 17:08
  • たまねぎ
  • URL
  • 編集

[C3803]

たまねぎさん、こんばんは。
口数の多い父親でしたけど、こちらも息子に甘かったですね。あはは、若旦那への甘さは特別でしょう。

[C4010]

こんにちは。TBさせていただきました。
面白かったですね。畠中さんの作品はやっぱり好きです。
人情味があふれていて良かったですね。
麻之助のお気楽な中に秘める思いも何だか切なくて好感を持ちました。
  • 2007-09-01 13:45
  • 苗坊
  • URL
  • 編集

[C4020]

苗坊さん、こんにちは。
畠中さんの作品、あたたかでいいですよね~。市井の人たちの人情劇、面白かったです。
秘めた思いを胸に抱く麻之助のこれから。とても楽しみです。

[C12990]

面白かったですね!
「しゃばけ」はちょっと苦手だったので、非常に嬉しいシリーズです。
お由有とは、やっぱりそうだったか!と切なくなりましたが、でもお由有の子の出生が分かった瞬間、私の中では、こうなったら寿ずでもいっか、と諦めがつきました。(笑)
  • 2009-06-05 22:51
  • じゃじゃまま
  • URL
  • 編集

[C13003]

じゃじゃままさん、面白かったですね。
切り替えの早さを見習いたいです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー