Entries

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹

語り手の山田なぎさは鳥取の片田舎に暮らす女子中学生。
父は他界し、母のパート代でやっとの暮らし。
早く卒業して社会に出たいと思っているリアリスト。
九月始めの転校生は海野藻屑。
自分を人魚だと言い張る少し不思議な女の子。
奇妙な友情を描く青春暗黒ミステリー。

まだ13歳、
自分で運命を切り開けないのに庇護しない大人、傷つける大人。
実弾(経済力や発言の影響力や自立心)を
手に入れたいと願う山田なぎさ。
ミネラルウォーターを手に、
嘘という砂糖菓子の弾丸を撃ち続ける美しい顔立ちの海野藻屑。
始めは不思議ちゃんでしたが、
それは現実を隠し精神の均衡を保つための発言。
そのひとつひとつが胸に響いてきました。
リアルに描かれるふたりの姿。
迎えた最悪の結末。何もできなかったなぎさの無力さ痛々しさ…。
「砂糖でできた弾丸では子供は世界と戦えない」 (p205)。
切なくて悲しい物語でした。
育まれていくふたりの友情をもっと見ていたかったです。

あとがきによると、…依頼ではなく、
ふと生まれてどうしても書きたくなって書いた物語。
別件の打ち合わせをした編集者(当時「GOSICK」執筆中)に渡して
ライトノベルのレーベルで刊行されたとのこと。
その後の作品に共通する“ふたりの少女”のモチーフ、
独特の擬音(ぐびぐび、ぽこぽこ)、
ミステリ要素(サイコロジカル・ミスディレクション=
心理的トリックby兄・友彦p108)が
しっかり現われています。
まさに作家、桜庭一樹の原点。
桜庭さんが感じた強く励まされる思い、
感謝の気持ちがとても素直で素敵でした。
ショッキングですけど多くの人に読んでほしい一冊です。
図書館に置いてなかったので、
この角川書店版を指定してリクエスト。
この単行本化で手に取る人が増えるといいなって思います。
もちろん文庫版も。
装丁・装画は大路浩実(左側)。書き下ろし。
2004年刊行の富士見ミステリー文庫(右側)を単行本化。
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
関連情報 桜庭一樹の読了本
・・少女には向かない職業 桜庭一樹
・・GOSICK-ゴシック-(シリーズ) 桜庭一樹
・・少女七竈と七人の可愛そうな大人 桜庭一樹
・・赤朽葉家の伝説 桜庭一樹
・・青年のための読書クラブ 桜庭一樹
・・桜庭一樹読書日記 桜庭一樹
・・ブルースカイ 桜庭一樹
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/268-5ff5b3be

トラックバック

[T2549] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 発売:2004.11発行:富士見書房桜庭 一樹〔著〕posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.26ちょっと暗い家庭環境を抱えたちょっと冷めた女の子(?)とだいぶおかしい家庭環境を抱え...

[T2560] [review][▲]桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』

 ひきこもりの兄・友彦を抱え、母と3人で暮らす山田なぎさは中学二年生。兄を養うために”実弾”を欲するなぎさの前に現れた転校生は、自分は人魚だとうそぶく海野藻屑であった。なぎさを振り回す藻屑であったが、友彦は彼女を「砂糖菓子の弾丸」と表現した・・・  中編

[T2567] 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』

今日読んだ本は、桜庭一樹さんの『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』です。

[T2581] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけないposted with 簡単リンクくん at 2007. 1. 5桜庭 一樹〔著〕富士見書房 (2004.11)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 桜庭さんらしい話だなぁ、というのが感想。 っても、それほど著作を読んでいるわけではあり

[T2583] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 〔桜庭 一樹〕

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet桜庭 一樹 富士見書房 2007-03売り上げランキング : 162084おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫桜庭一樹の原点、青春暗黒ミステリーが単行本化!どこにも行く場所がなく、そしてどこかに逃げたい...

[T2754] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

 桜庭一樹さんの本 お初デス一度読んでみたいと思っていた作家さんだったので ドキドキしながら読みました。 「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」フーっ   長いタイトルです (°∀°) 元々富士見ミステリー文庫から出版されたモノがジワジワ版を重ね 3年後にハー

[T2830] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet(桜庭一樹)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet 作者: 桜庭一樹 出版社/メーカー: 富士見書房 発売日: 2007/03 メディア: 単行本 『赤朽葉家の伝説』が各方面から大絶賛ということで富士見書房、桜庭がうちのラノベノーベルで出した過去の作品も単行本で出せば売れ

[T2902] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない(桜庭一樹)

最初に、思いっきりネタバレしてるっていうか、ラストが書いてあるんだよね。で、そのラストに向かって粛々と物語が進んでいく・・・という感じでした。最初にラストが書いてあっても、途中までは「何のことやら?」って意味不明なことも多いんだけど、これはもうね、「こう

[T2946] 砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない 桜庭一樹 富士見ミステリー文庫

今一大ジャンルにもなっているライト・ノベル。うちの図書館も大量に所蔵しています。貸し出しも多い。1番図書館に来ない中高生が、マンガ以外に借りるのは圧倒的にこのジャンルです。私も時々首を突っ込んでみるのですが、なにしろ数が多すぎてとても読みきれない。でもな

[T3219] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet/桜庭一樹 [Book]

 桜庭一樹:著  『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet』  砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet桜庭 一樹富士見書房このアイテムの詳細を見る  先日桜庭さんの 『少女には向かない職業』  を読んだときにも感じたんですが、  ...

[T4404] 「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet」桜庭一樹

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet桜庭 一樹桜庭一樹の原点、青春暗黒ミステリーが単行本化!どこにも行く場所がなく、そしてどこかに逃げたいと思っていた。そんな13歳の二人の少女が出会った。リアリストの山田なぎさと不思議系転校生の海野藻屑。

[T4578] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet桜庭 一樹このテのタイトル、なんか気になってしまうのだわ。ってことで、甘くてハードボイルドでそして長いタイトルで選んだ一冊。昨日読んでたのが、なんともアタシの思考能力では理解不能なものだったため、これも

[T4766] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない-桜庭 一樹

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)(2004/11)桜庭 一樹、むー 他商品詳細を見る 中学生の山田なぎさは、中学を出たら自衛隊に...

[T5358] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet 片田舎で13歳の2人の少女が出会った。山田なぎさは父を嵐で亡くし、母と兄との3人暮らし。早く卒業し、社会に出たいと思っているリアリスト。なぎさの通う中学校に、海野藻屑という不思議な少女が転校してくる。 ...

[T5734] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

ぐはぁ。 ページ数は少なくてさらっと読めるのに、重い。 ものすごく気に入りました。 たぶん今年の感想文はこれだな。 虐待。 ウチが通ってた小学校にもあった。 姉妹の妹が死んじゃって、その頃は結構ニュースでも流れてた。 私はその妹の姉の子とは、私より年下だった..

[T5981] 「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet 」桜庭一樹

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet 単行本になったのを機に読んでみたのですが、アマゾンで画像を検索して出てきた「富士見ミステリー文庫」の表紙に驚きました。このストーリーにこの表紙ですか・・と。ラノベの定義ってよくわからないんですが、...

[T6009] 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』桜庭一樹

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹/富士見書房 どこにも行く場所がなく、そしてどこかに逃げたいと思っていた。そんな13歳の二人の少女が出会った。リアリストの山田なぎさと不思議系転校生の海野藻屑。すべては生きるために、生き残っていくために。冒頭から衝撃を...

[T6891] 「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」桜庭一樹

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet 桜庭 一樹 JUGEMテーマ:読書 海辺の町に生きる、どこにでもいるけど少し不幸な女子中学生・山田なぎさは、自分を人魚だと名乗る転校生・海野藻屑により、いままでの生活が狂わされた。家族のため、兄のために...

[T7210] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹私の中で、「少女には向かない職業」と登場人物がかぶります(笑)虐待を受けている有名人の娘と、美しい貴族の兄を持つ少女の物語です。 結末は最初から予想出来ていたのですが、読んでみるとやっぱりショック...グロいの、痛い

[T7335] 「推定少女」「砂糖菓子の弾丸は打ちぬけない」感想

両方読んで思ったことは、桜庭さんは文章を書くのが凄く上手だということと、読者をぐぐっと小説に引き込ませる力量があるという事でした。

[T7628] 「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」/少女たちよ、武器をとれ

桜庭 一樹, むー「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない -A Lollypop or A Bullet-」富士見ミステリー文庫ふわふわしたお菓子は欲しくない。現実に必要の...

[T8354] 桜庭一樹  砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

あとがきにも書かれていましたが不思議な本です。桜庭さんの言う不思議と私が感じた不思議は別物なんだと思いますが。(^^;ゞ この本が出た頃に、私は一度本書を手に取った事があるのですが、少女達のとてもダークな話とだけ聞いて、今の私にはちょっと無理かもな~と引い

[T9111] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet

 今月は読みたいと思う文庫本が多い。次にどれを買うか迷いに迷う。そんな状況が楽しい。  『砂糖菓子~』は、2004年に富士見ミステリー文庫、2007年に富士見書房から単行本として刊行されたという変わりダネ。  以前に読んだ同じ著者の『少女には向かない職業』が面...

[T9892] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない/桜庭 一樹

桜庭一樹さんの「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」を読み終えました。これまで桜庭さんの作品には、暗くて痛いイメージがあったのですが、そ...

[T10574] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet /桜井一樹

読書期間:2009/5/13~2009/5/1 [文庫裏表紙より] その日、兄とあたしは、必死に山を登っていた。見つけたくない「あるもの」を見つけてしまうために。あたし=中学生の山田なぎさは、子供という境遇に絶望し、一刻も早く社会に出て、お金という“実弾”を手にするべ...

[T13009] 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet

久しぶりに一気読みしました。内容の独特な世界に掴まった感覚。現実の世界に目を向けて一刻も早く自立したい山田なぎさ、中学生。父親の亡き後、家計を支える母と部屋に閉じこもりきりの兄の食事を用意する。ある日なぎさのクラスに転校してきた変わった美少女・海野藻屑...

[T15790] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2010-10-25 22:58

[T17854] 桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』について

――見事に『現実』を描写したライトノベル―― ■「子供の無力感」を描き切ったミステリー 直木賞作家・桜庭一樹が注目されるきっかけとなった 本書・『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』であるが、 当初この作品は 富士見ミステリー文庫という ライトノベルの文...

コメント

[C3307]

はじめまして。コメント、トラバありがとうございます。
ある意味唐突に訪れてしまった感じがする結末でした。ふたりの友情をもっと見ていたかったというのは全く同感です。
単行本になったことで、文庫の表紙に抵抗を感じていた人も手に取ってくれるといいですね。

[C3312]

shiba_motoさん、こんばんは。はじめまして。
ご訪問、コメント、トラバありがとうございます。
冒頭の新聞記事で読者は覚悟できるんですけど、なぎさも藻屑もまさかこうなるなんて思っても、って考えたら…。友情が育つ様子、もっと見たかったです。
ライトノベルだったので読みにくかった方も読みやすくなったのではって思います。金額と持ち運びやすさで文庫もいいんですけど。
また合う記事がありましたら、トラバ、コメントお気軽にどうぞ。
これからも、よろしくお願いいたします。

[C3314]

こんにちは。
私は図書館に単行本があったので読みました。
最初はミステリーなのかなと思って読んでいたら意外な展開に…という感じでしたね。
二人の姿がちょっと痛々しかったです。

あとがきを読んで、桜庭さんがこの作品を大切に思う気持ちがよくわかりました。


[C3327]

藍色さん、こんばんは!
単行本で読めて良かったです。
イラストは可愛いものの、ライトノベルにはなかなか手をつけないので、今回は良い機会でした♪
でも、ラストは何だか哀しかったですね~。
子供たちが生き抜くことが難しい現実を、桜庭さんらしい雰囲気で上手く描いてるなぁ~と感じました。
  • 2007-07-13 20:48
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C3339]

mintさん、こんばんは。
青春暗黒ミステリーと聞いていたんですが、楽しい部分もあって。
でもせっかく仲良くなったと思ったら…。読み進めるのがつらかったですね。
あとがきでこの作品ができるまでと桜庭さんの想いがわかって、よかったです。

[C3345]

こんばんは。

桜庭さんの現在のスタンスを確立させるきっかけになった作品じゃないかなぁと思うんですよね。
結末は最初から分かっているはずなのに、読むのが怖い。
その結末へ進んでしまうのが怖い。
読んでいてそんな想いを抱き、そして分かっていたはずの結末に打ちひしがれてしまった……そんな感じでした。

直木賞候補にも上がりましたが、受賞にこだわることなくこれからも良作を書いて欲しいですね。

それではこの辺で。


  • 2007-07-14 19:53
  • 月季
  • URL
  • 編集

[C3359]

エビノートさん、こんにちは。
ライトノベル、エビノートさんは抵抗を感じられていたのですね。単行本で読めて良かったですね。
なぎさや藻屑に突きつけられる現実が痛々しくて、胸が詰まりました。桜庭さんらしい特徴もよく現れていましたね。
単行本化でうれしかったのはあとがきです。桜庭さんの気持ちが伝わってくるみたいでした。

[C3378]

月季さん、こんばんは。
“桜庭さんの現在のスタンスを確立させるきっかけになった作品”同感です。
ショックを和らげるためでしょうか?。始めに結末を提示していて、わかってるんですけど読み進めていくとずっと何気ない日常が続いて怖くなってきて…。忘れていないのに突然のような衝撃があって…っていう気がしました。

そういえば桜庭さんの作品、直木賞候補にも上がりましたね。受賞してほしいんですが、たぶん今回はこれまでの流れから見送りでしょう(残念)。でもめげずこだわらず、これからも楽しませる作品を書き続けていってほしいですね~。

[C3806]

生々しく、痛々しい物語でした。なかなか衝撃的でした。
ラストは分かっているんだけど、どうか変わって欲しい・・・と思いながら読んでしまいました。

[C3818]

すずなさん、こんにちは。
ふたりのそれぞれの戦う様子がけなげで痛々しくて、衝撃的なお話でしたね。
結末に向かうにつれて、変わってほしいって祈るような気持ちで読みました。
私も「少女には向かない職業」を先に読んでいたので、少しはダメージが軽減された感じです。

[C3866]

こんばんは。私の桜庭さんの初読み作品でした。
今思い返せば、確かに桜庭さんの原点かもしれませんね・・。
図書館に入ってなかったんですか?
ライトノベルをあまり買わない図書館もありますもんね。
残念です。リクエストして買ってもらって、よかったですね!!

[C3875]

ERIさん、こんばんは。
桜庭さんの初読み作品だったんですね。私の桜庭さんの初読みは『少女には向かない職業』でした。依頼でなく自分の内から湧き出して来た作品で先に繋がっていったので、原点っていう見方になりました。
ライトノベル、図書館にいろいろ取り揃えてますが、なぜかこれはなかったんです。リクエストを出し忘れてたら、いいタイミングで単行本で読めたのでよかったです。

[C4279]

 こんにちは♪

 藻屑となぎさの友情、これから先を見たかったですよね。。
 痛くて哀しくてせつなかったです。

 桜庭さんの作品、かなり読んでおられるんですね。
 私もこれから読んでいきたいです^^

[C4292]

miyukichiさんへ。
こんばんは。藻屑となぎさの友情、これからどう育つかを見られなくて…。
ふたりの痛み苦しみが切なかったですね。
桜庭さんの作品、miyukichiさんも追いかけてくださるんですね。うれしいです。

[C6104]

こんばんは。
最初に結末が出ているからこそ、友情を育むなぎさと藻屑がまた切なく、痛々しく見えました。
藍色さんは桜庭さんの本をたくさん読んでいるんですね!
次読む本の参考にさせてもらいます♪

[C6127]

アメコさん、こんばんは。
切なく痛々しい結末でした。なぎさと藻屑が仲良くなるのをもっと読みたかったです。
桜庭さんの本、ラノベとエッセイの一部を除いて大体読めてると思います(汗)。
参考にしてくださいますか?うれしいです。

[C6876]

こんばんわ。TBさせていただきました。
なんとも切ない話でした。
藻屑がかわいそうでなりません。
読んだ後もこれだけ心に残る作品って久しぶりのように思います。
  • 2008-04-05 23:36
  • 苗坊
  • URL
  • 編集

[C6886]

苗坊さん、こんばんは。
あまりに痛々しくて切なかったですね。健気で精一杯の藻屑、そしてなぎさ。
鮮烈な印象を残す桜庭さんの初期作品。単行本化で読めて改めて好きになりました。

[C7658]

確かにショッキングだけれど、私もたくさんの人に読んでほしい作品だと思いました。
大人でも子供でも、どちらの心にもそれぞれ響くと思います。
やっと生まれかけた二人の友情・・。私も育っていくのを見たかったです。

[C7678]

juneさんへ。
読んでほしいですよね。大人の読者にも思いが届く作品って感じてます。
育まれていく友情を見られない悔しさから、わずかに妄想を膨らませたりしてます。

[C7711]

藍色さん、こんにちは♪
すごくすごく痛くてやりきれない作品だったけど大好きです。
本当にいろんな方に手にとって読んで欲しい。
単行本化はいいきっかけですよね。
二人の友情、私もこの後どうなったかな?なんて想像しています。

[C7723]

リサさん、こんばんは。
やりきれなくてひりひりと痛かったですね。でもとても好きな作品です。
単行本化で大人の装丁。印象も変わって多くの方に…同意いただけて心強いです。
この後の二人の成長を想像して、悲しくなったり楽しくなったりしています。

[C9028]

文庫の単行本化だったんですね。
私も単行本だったら手に取るの躊躇していたかもしれません。
「山田に必要なのは安心だ」と言い切った担任の先生がいい人でした。
藻屑のほうも手遅れにならないうちに何とかして欲しかった。

[C9051]

ななさんへ。
この版で手に取れて、よかったです。
担任の先生は好印象でしたね。
もう一歩踏み込んで、悲劇を防いでほしかったです。

[C9214]

藍色さん、こんばんは(^^)。
子供であるという、その閉塞感と生き辛さ。
なぎさと藻屑が仲良くなるにつれ、間に挟まれ繰り返される「十月四日の早朝」の大きくなってゆく不安の共鳴。
物語にガッシリとつかまれて、すごい勢いで読んでしまいました。
でも、やっぱり、切なくて痛くて、胸が苦しくなりました。
  • 2008-10-08 22:58
  • 水無月・R
  • URL
  • 編集

[C9238]

水無月・Rさん、こんばんは。
近づく十月四日の早朝が、読むに連れて、のしかかるみたいでした。
運命が変わるよう祈って迎えた結末、切なく痛い物語でした。

[C9733]

藍色さん、こんにちは。
私の男の次に読んだのが、推定少女、そしてコレでした。
桜庭さんの力量を再確認しました。
でも好き・・・な内容って訳ではなかったのですが、でも今後も読んで行きたい作家さんです。
>赤朽葉家の伝説 
最初にリクエストしたのが、これだったのですが、ず~~っと待ってるんです。全然回って来ない・・・

アイスクリン強し、今リクエスト待ち中です★

[C9751]

latifaさん、こんばんは。
直木賞から初期作品、ですね。
今後も読まれるみたいで、よかったです。
赤朽葉家の伝説、長くて時間がかかるかもです。
アイスクリン強し、お待ちしていますね。

[C10147]

藍色さん、こんばんは。
いやー、これはほんとにすごい作品でした。
私はまさにラノベ!な表紙で読んだんですが、ラノベだからといって侮れない作品は多いんだよなぁ、ということを思い出しました。
このひりひりとした痛さ、怒り、こういうのが桜庭さんの核にあるのかなぁ、と思いました。

[C10155]

つなさん、こんばんは。
ラノベでも侮ると、時には火傷するかもですよ(笑)。
痛み、怒り、やるせなさ。桜庭一樹さんの思いの凝縮みたいでした。

[C15396]

こんばんは、藍色さん。
ただただ凄くて読む手が止められませんでした。
私にとって再読必至です。

TBさせていただきました。
  • 2009-11-21 02:19
  • monkeywalk
  • URL
  • 編集

[C15412]

monkeywalkさん、TBありがとうございます。
凄かったですね。再読も楽しみです。

[C17541] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


カテゴリー