Entries

ぐるぐる猿と歌う鳥 加納朋子

装画・挿絵は久世早苗。講談社ミステリーランド。
主人公で語り手の高見森(しん)には腕白で乱暴者のレッテルが。
五年生進級の春、父親の転勤で東京から北九州市へ。
引越し先の社宅の子どもたちとの交友。猿とは?そして鳥とは?。
社宅に何か秘密が、もしくは謎があると感じた森は…。
プロローグで提示される謎。
転校先で森を受け入れたのは個性豊かな子どもたち。
いち早く方言を覚えた温和なココちゃん(佐久間心)、
美少女なのに訛っててゲラゲラと豪快に笑う十時あや、
登校班の班長の篤樹が長男の竹本五兄弟、そしてパック。
方言に戸惑いながら、持ち前の行動力と率直な会話で親密に。
ふたつのモノローグで深まる謎。痛快な作戦。
最近怖いのが多かったミステリーランドですが安心して読めました。
日常の謎の名手、加納さんらしい目配りの行き届いた物語展開と見事な解決。
危うく騙されそうに(笑)。
ラスト、みんなと一緒になって自転車で坂道を駆け下りていくようで爽快でした
(「ちゃちゃちゃ探偵団」に入団?笑)。

よく回る舌で土田にタンカを切るあや(p155)、
聞いた話から真実を導き出すパックが魅力的。
あとがきから、加納さんが少女時代の思い出を交えたのかも?
こんな子が身近にいて憧れたのかも?って思ったり。
子供たちが話す北九州弁、懐かしかったです。
親が共働きで、小学生の夏休みは母方の北九州の従兄の家に預けられていたので。
謙遜されてますが北九州弁をきちんと再現。
甦る当時のこと。高台から見た洞海湾に沈む夕日は壮観でした。
北九州出身の有名人(以下敬称略)、チャゲ&飛鳥のチャゲ、中尾ミエ、
山本リンダ、萩尾みどり、松本清張、松本零士etc...。
みんな、ちゃちゃちゃちゃ言っていた!?(笑)。
関連情報 加納朋子の読了本
・・モノレールねこ 加納朋子
ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)
(2007/07/26)
加納 朋子

商品詳細を見る

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)
加納 朋子
4062705834

ぐるぐる猿と歌う鳥 加納朋子
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/287-5321e7a3

トラックバック

[T2871] 『ぐるぐる猿と歌う鳥』の感想

『ぐるぐる猿と歌う鳥 Spiral and Hummingbird』加納朋子/講談社ミステリーランド/楽しみにしてた加納朋子さんのミステリーランドは、期待通り、もぅすっごく面白かった!! プロローグの森とあやの物語が魅力的な謎を提示していて、最初からぐいぐい惹き込まれてしまい..

[T2879] ぐるぐる猿と歌う鳥

ぐるぐる猿と歌う鳥 MYSTERY LAND M-023 著者/訳者名 加納朋子

[T2886] 加納朋子『ぐるぐる猿と歌う鳥』

かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド

[T2928] ぐるぐる猿と歌う鳥 〔加納 朋子〕

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)加納 朋子 講談社 2007-07-26売り上げランキング : 1099Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫転校先の社宅には謎の人物とある事件が!五年生の春、北九州の社宅へ引越したシン。東京では嫌われ者だったが、ここはシンをまる....

[T2972] ぐるぐる猿と歌う鳥*加納朋子

☆☆☆☆・ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)(2007/07/26)加納 朋子商品詳細を見る5年生に進級する春、北九州の社宅へ引っ越した森(シン)。東京ではいじめっ子の乱暴者というレッテルをはられ嫌われ者だったが、引っ越し

[T2987] 「ぐるぐる猿と歌う鳥」加納朋子

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)加納 朋子東京から九州の社宅に引っ越す5年生の高見森。子どもの頃から悪さばっかりして母親を困らせてばっかり。いじめっこの乱暴者だったシンだが、新しい社宅ではここちゃん、あや、竹本兄弟にパックと仲良くなった。不思議な存在

[T3064] [review]加納朋子『ぐるぐる猿と歌う鳥』

 父親の転勤で東京から北九州の社宅にやってきた小学5年生の森(シン)。そこで出会ったのはココちゃん、あや、竹本五兄弟、そしてパックという個性豊かな子どもたち。彼らは東京では問題児として扱われてきた転校生のシンをあっさりと受け入れたのだった。  ミステリー

[T3102] 本「ぐるぐる猿と歌う鳥」

ぐるぐる猿と歌う鳥加納朋子  講談社 ミステリーランド 2007年7月 高見森(シン)は、転勤で九州へ引っ越してきた。やんちゃもののシンであったが、隣のココちゃんと仲良しになり・・・・・・第一話「ぐるぐる猿と歌う鳥」シンは、体育館の屋根から、社宅の

[T3137] ぐるぐる猿と歌う鳥 加納朋子 講談社ミステリーランド

加納さんの書く、ミステリーランド。期待していたんですがこれがまた、なかなか面白かった。加納さんらしい・・子どもの頃に吸っていた空気を、久しぶりに吸い込むような、懐かしい匂いのする物語でした。

[T3177] 『ぐるぐる猿と歌う鳥』加納朋子

 ★★★★ “かつて子どもだったあなたと少年少女のための”というコンセプトのミステリーランドシリーズ。 語り手は小学5年生の高見森。父親の転勤で東京から北九州の小学校に転校してきた、向こう見ずでじっとしているのが苦手な男の子。そんな彼と社宅の子どもた...

[T3358] 『ぐるぐる猿と歌う鳥』

今日読んだ本は、加納朋子さんの『ぐるぐる猿と歌う鳥』です。

[T3417] ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)

社宅に隠された秘密とは?5年生に進級する春、森(シン)は父親の転勤で東京から北九州へ転校することになった。わんぱくで怪我は絶えないし、物は壊すし、友だちは泣かせるしで、いじめっ子の乱暴者というレッテルをはられていた森の転校を聞いても、先生どころかクラスメ

[T3500] ぐるぐる猿と歌う鳥(加納朋子)

一応、子供向けの「児童書」って位置付けなんだろうけど、”大人向け”と言っても全く支障はないと思う。読み応えのある作品でした。

[T3518] ぐるぐる猿と歌う鳥 加納朋子

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)オススメ!五年生に進級する春、森は父親の転勤で東京から北九州へ転校することになった。わんぱくで怪我は絶えないし、物は壊すし、友だちは泣かせるしで、いじめっ子の乱暴者というレッテルをはられていた森の転校を聞いても、...

[T3676] 『ぐるぐる猿と歌う鳥』加納朋子

 おれは人生最大の勇気をふりしぼって言った。「あのさー、おれと友だちになってくれない?」と。(本文より) 小学五年生の高見森(シン)は、父親の転勤で東京から北九州へと引っ越してきた。前の学校では、腕白で怪我ばかりして乱暴者のいじめっ子というレッテルを貼ら

[T3779] ぐるぐる猿と歌う鳥-加納 朋子

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)(2007/07/26)加納 朋子商品詳細を見る小学五年生の高見 森(シン)は父親の転勤で、東京から九州に転校してきた。住む所は会社の工場の社宅。...

[T5850] 書籍「ぐるぐる猿と歌う鳥」読了。これもお子様シリーズ。

書籍「ぐるぐる猿と歌う鳥」 加納朋子・著 講談社・刊を読了。 これは講談社のミステリーランドというシリーズの1冊。 以前に小野不由美さんの「くらのかみ」を読んだのですが、ミステリーランドというのは基本的にお子さま向け書籍の印象。 ただ、小野さんと違っ...

[T8848] 読書50『ぐるぐる猿と歌う鳥』

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)(2007/07/26)加納 朋子商品詳細を見る 五年生に進級する春、森は父親の転勤で東京から北九州へ転校するこ...

コメント

[C3767] こんにちは!!

謎あり冒険ありの爽やかなお話でしたよね。
やっぱり加納朋子はスゴイ、と思わされましたw
「ちゃっちゃ、けぇけぇ、うるせえよ!」と森くんは怒ってましたが、
北九州弁って、可愛いですねぇ。

・・・偶然藍色さんと同じ日に記事をアップしてたので、
珍しくて、嬉々としてコメントしちゃいました(笑)。

[C3773]

こんにちは。

加納さんらしく、きちんとした推理小説になっているだけでなく、
子供たちに向ける暖かい眼差しが感じられる、よい本だと思います。

藍色さまは北九州弁になじみがあるのですね。うらやましいです。
北九州弁がこの本の楽しさの1つになっていますから。

トラックバックと、コメントの追加をさせていただきました。
ありがとうございます。

[C3777]

りるさん、こんばんは。コメント、TBありがとうございます。
推理、作戦、見所いっぱいでした。りるさんが書かれていた、加納さんの相手に抱く感情の豊かさ、素晴らしいですね。私も大好きです。
北九州弁、可愛いですよね~。「そう思うっちゃ」です(笑)。
いつも来ていただいてて同日の記事アップ、うれしいです。合う記事増やしていきたいです。
これからも、よろしくお願いいたしますね☆。

[C3783]

t-saitoさん、こんばんは。
トラックバックと、コメントの追加ありがとうございます。
加納さんの日常の謎が冴えていて、子供たちへの視線もあたたかで気持ちよかったですね。偶然ですが北九州弁になじみが。「不思議な縁っちゃ」です(笑)。
「ななつのこ」から「スペース」まで12年かかったんですね、ビックリ。続編、気長~に待ちます。Neちゃん、夏休みの感想文で書いてくれるといいですね。

[C3786]

藍色さん また来たよ~(笑)
ジャノメミシンには笑えました。そしてすっかり騙され
ましたよ。はは。
ナスカの地上絵のハチドリが見たくなりましたね。
楽しく軽い作品かと思いきや、けっこう重く深いテーマ
だったりして驚きました。
『ちゃちゃちゃ探偵団』のお話はいつになるんでしょう。
次は柴田さんの新作を置いて、不評な東野圭吾にいって
みます。どこまでも追っかけますので。ほっほっほ。

[C3791]

naruさん、今夜もいらっしゃいませ~(笑)
モリミシン=ジャノメミシン、笑えましたね(じ、時代が、笑)。すっかり騙されました?。
ナスカのハチドリ、イメージを合わせるために見たくなりますよね。
展開は明るく楽しく。でもテーマは深かったりして加納さんってやっぱりすごいです。
『ちゃちゃちゃ探偵団』のお話、続きをぜひ書いてほしいですよね。
柴田さんの新作ってもしかして「小袖日記」?ノーマークです。急いで読まねば~。次は東野さんですね。期待しないで読んでください(笑)。追っかけ、楽しみにしていますね~。

[C3842]

ココちゃんや、ギザジュウなどのニックネームなど
細かい部分への目配りも効いていて楽しめる一冊でしたね。
子供たちの様子が微笑ましかったです。
『ちゃちゃちゃ探偵団』ぜひとも発足させて欲しいですね!!
  • 2007-08-19 22:45
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C3853]

エビノートさん、こんばんは。
仲間たちのニックネームにも個性があふれてて親近感が湧いてくる、面白い作品でしたね。
元気で明るい子供たちが素敵。『ちゃちゃちゃ探偵団』絶対発足させるっちゃ!です。

[C3907]

もっと書いて~!と急かしたくもあるけれど
じっくりマイペースで加納さんらしいものを書いて!とも思います。
わたしも六年半福岡で暮らしたことがあるので
「ちゃちゃちゃ」は懐かしかったです。笑
  • 2007-08-25 16:32
  • ふらっと
  • URL
  • 編集

[C3923]

ふらっとさん、こんばんは。
加納さんって作品が素敵なので急かしたくなりますよね~。わかります。
加納さんらしい高いクオリティを保つためには、ファンはガマンでしょうか(笑)。
ええっ、六年半福岡に!でしたら「ちゃちゃちゃ」懐かしく思い出されたでしょう。
もしかすると、すれ違ってたかもしれんっちゃ!です(笑)。

[C3933]

こんばんは。
プロローグから引き込まれました!
さすが加納さんですよね。
パックに何かあったら…と心配しましたが
ラストの坂道がすごく良かったです。
藍色さんのところに「ちゃちゃちゃ読書団」が結成されてる。
私も仲間に入れてもらいたいところですが
きっとラムちゃんになっちゃうだっちゃ(完全にラムちゃんだ…)

[C3946]

ななさん、こんばんは。
プロローグの謎からしっかり引き込まれて…さすが加納さんって思わせる作品でしたね。
ラストの坂道、ほのぼのされたんですね。私もとても気持ち良かったです。
そういえばパックっていうネーミング、シェークスピアの『真夏の夜の夢』の妖精を思い出したんですけど、これって私だけ?(汗)。
あはは、いつのまにか「ちゃちゃちゃ読書団」が結成されてました。
ななさんも入ってくださるんですか?うれしい!。
北九州弁のワンポイントアドバイスは、そのまま“っちゃ”をつけること、です。
なのでこの場合は、なっちゃうだっちゃ→なっちゃうっちゃ、になります。
でもななさんのラムちゃん語もすっごく可愛いっちゃ!です(笑)。

[C4054]

藍色さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ぜひ「ちゃちゃちゃ読書団」に入れてください!
子どもたちの活躍がほほえましい作品で、加納さんらしくて良かったです。
最後の坂道は爽快でした。

[C4067]

shiba_motoさん、こんにちは。
「ちゃちゃちゃ読書団」へのご参加、コメントありがとうございます!。
元気いっぱいの子どもたちと一緒になって、楽しく冒険できましたね。
加納さんらしい日常の謎、いっぱい盛り込まれていました。
だいぶ先になりそうですが、加納さんの次の作品も楽しみです。

[C4095] こんにちは!

ちゃ、ちゃ、ちゃと話すのがとてもかわいかったですね。
角度を変えて、見える地上絵なんて、そこだけでも感心でした。

[C4119]

花さん、こんばんは。
北九州の言葉、かわいいですよね~。
地上絵の場面、発想のスケールが大きくて驚きました。

[C4142]

加納さんは、いいですね♪いつも読むたびに、心が優しい気持ちで満たされます。子どもの目を通した世界の独特な色合いに惹かれました。
藍色さんの子供時代は、私と同じ色でしたか?だから、色々シンクロしちゃうのかもしれませんね!!

[C4148]

ERIさんへ。
加納さんの人柄って作品によく現れていますよね。あったかくて優しくて。今回は子どもたちから、いっぱい元気をもらえました。
子どもの頃って薄闇の印象なんですよ。引っ込み思案で内気な子で・・・知り合いからは「そうでしょうね」って言われます(苦笑)。いろんなシンクロで、もしかして感性が似ていたら・・・畏れ多いですけどうれしいです。ネットの海で出会えたご縁、大切にしていきましょうね。

[C4497]

こんにちは。
子供たちの世界が生き生きと描かれていて、加納さんらしいさわやかな作品でした。
あやのタンカと「ちゃちゃちゃ」には思わず笑ってしまいました。


[C4516]

mintさんへ。
こんばんは。加納さんの筆致で子供たちが伸び伸び生き生き、爽やかでしたね。
あやのタンカの威勢の良さ、ついてくる「ちゃちゃちゃ」も微笑ましかったです。

[C4604]

こんばんは。
可愛らしくて、楽しくて、安心して読める作品でした。
でもなぜかミステリランドでは異色な感じが…

方言、いいですね。
〈森〉が戸惑いながらもなじんでいく感じが良かった♪
自転車で坂を下るシーンは本当に気持ち良さそうでした。

[C4610]

ちきちきさん、こんばんは。
活発な子どもたちの活躍に可愛らしさや楽しさを感じられましたね。
ミステリランドってなぜか大人向けで、安心して読めるのが異色な感じ、わかります。
戸惑いながら方言になじんで仲良くなっていく森の様子、よかったですよね~。
自転車で坂を下るラスト、爽快さが伝わってきました。

[C4736]

こんにちは。
加納さんらしい児童書でした。
シンと一緒に謎に頭を捻ったり、冒険を楽しんだり、そして、パックの存在にいろいろと思い悩んだりと、いろんな感情をかき立てられながら読みました。
最後の自転車のシーンが印象的でしたね。

[C4743]

すずなさん、こんばんは。
加納さんらしい日常の謎、ちりばめられていましたね。
冒険、謎解き、内面の悩みまでシンと一緒になってあれこれ感じることができました。
ラストの坂道の場面で、爽やかな読後感が残りましたね。

[C4755]

こんにちは。
素敵な作品でしたよね~。だから加納作品って好きです。
森は不器用で、寂しがりなんですよね。
いじめっ子というレッテルを貼られているのが何だかかわいそうでした。
この地に引っ越してきて良かったね。って思いましたよ^^

[C4770]

苗坊さん、こんばんは。
加納作品の素敵なエッセンスがいっぱい詰まっていましたね。
貼られていたレッテルを返上して活躍していく森、気持ち良かったです。
現地を知っているので、あたたかく迎えられた様子がわかる気がします。

[C5169]

藍色さん、こんにちは!

やっと加納さんのこの本読めました♪
期待以上に加納さんらしい本に大満足です。
是非「ちゃちゃちゃ探偵団」発足に期待!ですよね。
私は三河の人間なので、語尾に「じゃん、だら、りん」が付きます。
「そうだよね」→「そうだら~」
か、可愛くない!
可愛い北九州弁が羨ましいです~

[C5184]

花梨さん、こんにちは。
加納さんらしい日常の謎と温かさにあふれた物語でしたね。大満足にうなずきました。
「ちゃちゃちゃ探偵団」の発足、期待しています。
花梨さん、三河の方なのですね。この語尾は…ちょっとつらいでしょう。
北九州弁を試されたら、可愛くなるっちゃ、です(笑)。
そうそう、コメント投稿確認で「不正な投稿だと判断されました」って出て書き込みできなかったんです。設定変更してみてください。
ご一報いただけたら書き込みにうかがいますので。

[C5210]

藍色さん、こんにちは。
この語尾、かなり辛いです・・。流石に最近は使わなくなりました(笑)
可愛くしゃべりたいっちゃ!

>コメント投稿確認で「不正な投稿だと判断されました」って出て書き込みできなかったんです。設定変更してみてください。

す、すみません!ご迷惑お掛けしましたm(_ _;)m
特に設定変更をした覚えが無かったので、FC2のユーザーフォーラムを検索してみたら、同様のトラブルが発生している方が他にいらして、どうやらFC2のプログラム上の問題だったようです。
11/30に「問題は解決した」とFC2スタッフの方が書かれているので、恐らく大丈夫?・・・、だと思いたいです(; ;)
教えていただいてありがとうございます。

[C5225]

花梨さん、こんばんは。
あ、やっぱり辛かったんですね。使わなくてもきっと大丈夫でしょう(笑)。
おぉ!北九州弁、上手にしゃべれてるっちゃ!です(笑)。
コメントのトラブル、解決できてよかったです。書き込みもできました♪。

[C11388]

ついつい調子にのって、こちらにまでトラバさせていただきました。
『蒲公英…』ならびに『オーデュボン…』
まちがいなく届いたでしょうか?


実はわたし、加納さんの大ファンでありまして、加納さんの初めてのサイン会にも行きました。
『ガラスの麒麟』と『いちばん初めにあった海』は、わたしの生涯本として不動の位置にあります。
いつも新作がでるのをわくわくしながら待ってるんですよ。
初版で買い揃える、数少ない作家です。

[C11407]

Chrisさん、届きました。ありがとうございます。
加納朋子さん、昔いっぱい読みました。
ブログ開始前で、記事は少し。残念です。
新作が待ち遠しいですね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー