Entries

ソロモンの犬 道尾秀介

装幀は野中深雪。装画は佐伯佳美。別冊文藝春秋連載。
相模野大学の応用生物学部に入学した秋内静(あきうちせい)は、
学内で不愛想な友江京也と知り合います。
羽住智佳に近づきたい秋内に、
「いつも智佳といっしょにいる巻坂ひろ子と俺が付き合うから、
俺と仲良くしていればいい」と発言実行。秋内は智佳と友人関係に。
夏の日曜日、微生物学を教えている椎崎鏡子助教授の十歳のひとり息子で、
四人の顔見知りの陽介、愛犬のオービーに起こったのは―。
道尾さんには「シャドウ」「片眼の猿」で、すっかりやられました。
なので、何気ないエピソードも伏線、の心構えで読みました。
事件をきっかけに揺らぐ四人の関係。事故なのか殺人なのか。
思わせぶりな台詞の数々。鍵を握るオービーの行方。そして真相は?。
読み進んで全体像が見えたと思ったら、衝撃です。
でもこれは、コジツケしてたら当たってました(笑)。
ちょっとピントがずれてるけど神経質な主人公秋内と、
動物生態学者の間宮未知夫助教授のキャラクターが面白くてユーモア風味も。
バラバラのピ-スが最後にきっちり収まるのが、快感です。
悲しく痛ましい場面もありますが、少し爽やかな(ネタバレ?)青春ミステリーでした。
ネタバレになりそうなことは伏せておきます。
たぶん読まれて、ご訪問いただく頃には私が忘れているので、
コメント部分はネタバレOKです(笑)。
関連情報 道尾秀介の読了本
・・シャドウ 道尾秀介
・・片眼の猿 One‐eyed monkeys 道尾秀介
ソロモンの犬
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/298-05c051c3

トラックバック

[T3035] ソロモンの犬(道尾秀介)

ソロモンの犬 作者: 道尾秀介 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2007/08 メディア: 単行本 秋内たちクラスメイト4人は、大学で教わっている椎崎鏡子助教授のひとり息子・陽介君がトラックに撥ねられる瞬間に偶然、居あわせます。幼い友人は、なぜ死んだのか? 哀しみの

[T3051] 道尾秀介『ソロモンの犬』

「カーミング・シグナル」をご存知ですか。

[T3171] ソロモンの犬

さっきまで元気だった陽介が目の前で死んだ。愛犬はなぜ暴走したのか? 飄然たるユーモアと痛切なアイロニー。青春ミステリー傑作文藝春秋HPよりさて、ミステリでは今一番注目してるかも、の道尾秀介さんの新刊です。『シャドウ (ミステリ・フロンティア)』(東京創元社

[T3264] ソロモンの犬 〔道尾 秀介〕

ソロモンの犬道尾 秀介 文藝春秋 2007-08売り上げランキング : 130615おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ さっきまで元気だった陽介が目の前で死んだ。 愛犬はなぜ暴走したのか? 飄然たるユーモアと痛切なアイロニー。 青春ミステリー傑作。 (

[T3271] 本「ソロモンの犬」

ソロモンの犬 道尾 秀介 文藝春秋 2007年8月 秋内静は、急に雨が降ってきたために入った喫茶店で、同じく雨宿りをするために入ってきた大学の友江京也、巻坂ひろ子、羽住智佳と会う。この機会に、椎崎響子助教授の子ども陽介が、愛犬オービーの暴走によ...

[T3481] 「ソロモンの犬」道尾秀介

ソロモンの犬道尾 秀介大学生の秋内静(せい)は自転車便の配達のアルバイト中に、大学助教授の息子・陽介が愛犬・オービーに引っ張られ、トラックに跳ねられる瞬間を目撃してしまいます。その事故の現場には、秋内の友人、友江京也・羽住智佳・巻坂ひろ子の姿も。そしてさ

[T3487] ソロモンの犬

『ソロモンの犬 』 著者/訳者名 道尾秀介/著 出版社名 文芸春秋 (ISBN

[T3496] ソロモンの犬  道尾秀介

また騙されただ……。こんちくしょう。今度こそはと意気込んで読んだのに。最後の二転三転する状況で、何だよそれ!と呟いた直後に、えっ違うのそっち!?とこっちまでボンボンでした。いやコロコロだ。ちなみに幼少時代の私はその時々によって両誌の間をフラフラしてました。

[T3588] ソロモンの犬

著者:道尾 秀介出版社:文芸春秋紹介文:今回も文庫ではないです、ごめんなさい。道尾さん2作目です。今回は「なぜ犬は突然走りだしたのか」という一つの謎で、ラストまで引っ張られてしまいました。ミスディレクション的伏線は健在で、加速度的に面白くなっ...

[T3605] 『ソロモンの犬』道尾秀介

「一度、ちゃんと話し合うべきなのかもしれない」  (中略)「この中に、人殺しがいるのかいないのか」(本文より) 道尾さんの新作は、青春ミステリでした。 主人公の秋内静(せい)は、自転車便のバイトに明け暮れる大学生。友人の京也とその彼女ひろ子、そしてひろ子

[T3645] ソロモンの犬 道尾秀介著。

うん、こういう騙され方ならいつでもカモン。OKかも。 でも、このやり口ならいくらでもどうとでも話作れるっちゅうか、ちょいずるい気もするけど。 ただ今まで、ミスター伏線として読み手を騙すこと、ミスリードすることに力注いでたって感のある道尾氏にしては、ちょっ

[T4336] 『ソロモンの犬』 道尾秀介 文藝春秋

ソロモンの犬(2007/08)道尾 秀介商品詳細を見る楽天で詳細を見る  ★★★☆ う、うんんん。ま、まあ、いいんじゃないでしょうか。 オ...

[T4555] (書評)ソロモンの犬

著者:道尾秀介ソロモンの犬(2007/08)道尾 秀介商品詳細を見る2週間前、大学の助教授の一人息子・陽介が交通事故で死んだ。愛犬・オービ...

[T4639] 「ソロモンの犬」道尾秀介

「ソロモンの犬」道尾秀介(2007)☆☆☆★★※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、叙述トリック、若者、青春いまや売れっ子新人ミステリー作家、道尾秀介。彼の作品との出会いは、期待せず読んだ第5回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞のデビュー作「背の眼」[ http://blog

[T4774] ソロモンの犬<道尾秀介>-(本:2008年39冊目)-

ソロモンの犬 出版社: 文藝春秋 (2007/08) ISBN-10: 4163262202 評価:72点 著者の作品にしては点数低め。 強烈などんでん返しに身震いし鳥肌を立てることを期待して読み始めたが、その期待があまりにも大きすぎたというところだ。 勝手に期待を膨らませた私が

[T4776] ソロモンの犬

 ソロモンの犬  道尾 秀介著/文藝春秋  とても馴染みのある町が舞台だったせいか、  「ラットマン」よりさらに読みやすく、あっとい...

[T6623] 道尾 秀介 著 『ソロモンの犬』

ソロモンの犬 【単行本】 さっきまで元気だった陽介が目の前で死んだ。 愛犬は何故暴走したのか。 大切な人たちを喪った、夏の日…。

[T7594] ソロモンの犬

ソロモンの犬(2007/08)道尾 秀介商品詳細を見る ::: ミステリ ::: ★★★☆☆ ミステリー界期待の星・道尾さんの6作目の作品。 わたくしに...

[T8058] ソロモンの犬/道尾秀介

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/1/12~2009/1/13 [文藝春秋HPより] さっきまで元気だった陽介が目の前で死んだ。愛犬はなぜ暴走したのか? 飄然たるユーモアと痛切なアイロニー。青春ミステリー傑作 『シャドウ』で本格ミステリ大賞を受賞するなど、話題作を

コメント

[C3968]

藍色さん、お久しぶりです。
今回も明らかな引っ掛けを用意していましたね。自分はまんまとはまってしまいました。あのおじいちゃんのエピソードと繋げた所は見事だと思いました。いつもの道尾作品に比べると衝撃度は低かったのですが、道尾さんにしては爽やかな終わり方が印象的でした。
  • 2007-08-29 21:10
  • リベ
  • URL
  • 編集

[C3971]

リベさん、こんばんは。お久しぶりですね。
本読み巧者のリベさんも、はまってしまわれました?。道尾さんってやっぱり油断できませんよね。そうそう、おじいちゃんのエピソードとの繋がり、秀逸でした。読み慣れてきたせいか?私も作品の衝撃度は低い気が…。この爽やかな終わり方、読み間違ってなかったみたいで安心しました。
唐突ですが『カラスのジョンソン』読みました。時間が取れなくて記事は断念しちゃいましたけど(汗)。シンプルで力強い文章。母、里津子と陽一の母子家庭の事情…。陽一とジョンソンの気持ちが印象的で最後は涙でした。
『ジェネラル・ルージュ』のお話、来てくださった方にすごく好評でいつも感謝しています。これからも書き込み、お待ちしていますね。

[C3997]

藍色さん、こんばんわ。
キャラクターが良かったですよね。とくに間宮教授は一作限りでは惜しいキャラなので、別の作品とかでも脇役とかで出てほしいです!
  • 2007-09-01 01:20
  • juice78
  • URL
  • 編集

[C4008]

juice78さん、こんばんは。
キャラクターが特徴があって良かったですよね~。そうそう、間宮教授って一作限りでは惜しい際立ったキャラでした。別の作品に脇役で出てほしいですよね。いつの間にか続けて間宮教授シリーズに(笑)。

[C4030]

藍色さん こんばんは。
ぐいぐいひきつけられて一気に読みました。
内容的には好きではないのですが~(笑)
まんまと騙されましたよ。ふふ。

確かに、間宮助教授はこのまま眠らせて
おくには惜しい存在ですよね。
  • 2007-09-03 20:20
  • naru
  • URL
  • 編集

[C4034]

naruさん、こんばんは。
ひきつけられましたね。「ぐいぐい読ませるとこは星四つ」にうなづきました。
やっぱり騙されました?。でもこれが快感になるんですよ~(笑)。
でも「内容的には好きではないのですが」にちょっと心配したりしてます。
あ、間宮先生って助教授でした?(汗)。人気ありますね。やっぱり近々再登場を(笑)。

[C4192]

こんばんは。
軽い雰囲気で読みやすかったです。
最後のほうで仕掛けがいっぱい爆発するのはなかなか。
さすがにサービス精神満点と思ってしまいました。
オービーが健気で可愛かったです。

[C4205]

ちきちきさんへ。
こんにちは。ライトタッチで気軽に読めました。
“仕掛けがいっぱい爆発”は的をえた表現ですね。今回も楽しませてもらいました。
オービーの健気さに、ちょっと胸キュン?!。

[C4349]

こんばんは!
最初の喫茶店の名前からしっかり伏線になってましたね~。
私も騙されないぞ~と思いながら読んだんですが、今回はすっかりやられてしまいました。
ミステリだけでなく主人公秋内を中心とした青春小説としても楽しかったです。
  • 2007-09-28 23:57
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C4359]

エビノートさんへ。
こんばんは。最初の喫茶店の名前「Welcome to riverside cafe SUN's」でしたね。
あら、今回はすっかり…でした?。「片眼の猿」はわかられてたので意外です。
秋内たちのキャラクター、青春小説の風味に特徴があって楽しめましたね。

[C4366] こんにちは!

道尾さんにしては、明るい内容でしたね。
人が死んでいるのに、明るいもないのでしょうが、今までのように、こどもを圧迫するような内容がないのがよかったです。

[C4374]

花さんへ。
こんばんは。道尾さんの暗いイメージ、少しやわらぎましたね。
大学生たちの青春ストーリーと間宮助教授のキャラクターで明るさが感じられました。

[C4709]

道尾さんの作品は思いっきり騙されるのを楽しみにすることにしました。
陽介君の死がとても悲しかったのですが、あれがなければ物語にならないし…
ラストが良かったですね。

[C4714]

藍色さん、こんばんは。
この本も藍色さんの書評を読んで図書館に予約した本でした。
いつもありがとうございます。
最近は、このブログに紹介された本が予約リストに連なっています。
トラックバックも送らせていただきました。

[C4722]

ななさんへ。
道尾さんの作品って結末が見えないので、騙されるのを楽しむのはいいスタンスかも。
陽介君の死は物語には不可欠ですが、やっぱり悲しかったですね。
ラストの爽やかさが印象的で、良かったです。

[C4727]

t-saitoさん、こんばんは。
こちらも参考にしてくださって、トラックバックもありがとうございます。
あら~、予約リストに連なっているんですか!?。
読み間違いしてなければいいんですけど(汗)…こちらも楽しめたみたいで良かったです。

[C4733]

何度やっても道尾さんには勝てません。
ずっとコマセか!コマセか?って疑ってました。
  • 2007-10-24 02:39
  • たまねぎ
  • URL
  • 編集

[C4740]

たまねぎさんへ。
道尾さんってすごいですよね。
これからも、あっさり足元をすくわれそうです。

[C4870]

こんばんわ。
今回もあっさり騙されてしまいました。
あまりに爽やかなラストに、「私って汚れてる」と自己嫌悪さえ・・・(笑)
マン・マミーヤは不思議な魅力で、良かったですね。

[C4891]

ia.さん、こんばんは。
この流れと伏線、騙されますよね。あら、自己嫌悪なんて…私も少し(笑)。
今思いついたんですが間宮助教授って、もしかするとマニア助教授?(笑)。

[C4962]

いつもばっさりやられてたので、それに慣れてしまうと、ちょっと今回は甘かったですね。っていうか、こういう裏切りならいつでもOKです。
ラストの展開は、チャンチャン♪って感じで爽やかでした。ま、確かに数人死んでるのでチャンチャンでもないですが。
  • 2007-11-11 00:26
  • じゃじゃまま
  • URL
  • 編集

[C4976]

じゃじゃままさんへ。
今回は甘めでしたね。いい方の裏切りでしたからOK、わかります。
大学生たちが主人公で青春ものの雰囲気もあって、思ってたより爽やかでした。

[C6659] ユーモア

こんにちは。
ラットマンに比べると、ユーモアもあり
とても読みやすかったです。
ま、相変わらず女性陣に魅力は感じられないのですが(笑)
子供と犬というとりあわせが
痛ましさも感じましたが、道尾さんの入門編には
ぴったりな作品でした。

[C6668]

BEEさん、こんばんは。
道尾作品には珍しく(?)ユーモラスで楽しめましたね~。女性陣は…ねぇ(苦笑)。
子供と犬でBEEさんどうかな~って心配も杞憂で、気に入られたみたいでよかったです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー