Entries

ホテルジューシー 坂木司

装幀はtheGARDEN石川絢士。「野性時代」掲載+書き下ろし。連作短編集。
語り手の柿生浩美は大学の夏休み、石垣島の民宿でアルバイト。
オーナーから頼まれ那覇のボロ宿、ホテルジューシーへ。
先輩の松谷さんはさらりと去って残るは頼りないオーナー代理の安城幸二、
腕のいい料理人の比嘉照子さん、掃除のクメばあとセンばあ。
健気に奮闘するヒロですが…。
沖縄らしいアバウトで「てーげー」な雰囲気に戸惑いながら馴染んでいく浩美。
会話のやりとりが楽しいです。
現役引退した山本さん、女子高生ギャルのユリ&アヤ、自称骨董屋の田中さん、
ブログを書いてる矢田さん、お弁当売りのヤスエさん、円満すぎる久保田夫妻。
…宿泊客にまつわる謎とトラブル。
大家族の長女の浩美は持ち前の正義感から、つい深入り。
融通のきかなさにちょっと苦さ。
自己満足ってわかってても助けたい思いや行動、
成長していく様子に好感が持てました。
手助けする昼夜二重人格のオーナー代理が微妙にいい男。
すっきりの読後感でした。
沖縄の景色、風土、温かい人々が魅力的。
ポーク玉子など沖縄料理がいっぱい出て来て美味しそう。
ドゥルワカシーを食べたくなりました。
今回は挟み込みの坂木司特別便「ホリデーとホテルと僕」、
テープ貼り付けで読了。
目次:ホテルジューシー/越境者/等価交換/嵐の中の旅人たち
/トモダチ・プライス/≠(同じじゃない)/微風
関連情報 坂木司の読了本
・・ワーキング・ホリデー 坂木司
・・シンデレラ・ティース 坂木司

ホテルジューシー (角川文庫)


楽天からも購入できます。「ホテルジューシー」坂木司
ホテルジューシー 坂木司
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/327-9b2e847a

トラックバック

[T3431] ホテルジューシー

 ホテルジューシー 坂木 司著/角川書店 この本の帯に坂木さんが「覆面作家」だと堂々と 書かれていて、そういえばお顔を見たことがないのだわと 今さら気付く。 坂木さんって男?女?  ホテルジューシー

[T3441] ホテルジューシー   ~坂木 司~

『シンデレラティース』の姉妹作品といっていいですよね。冒頭の部分は『シンデレラティース』重なっており、サキメインが、『シンデレラティース』へ、浩美メインが『ホテルジューシー』へと繋がっていきます。

[T3444] ホテルジューシー

 坂木司 2006 『Sweet Blue Age』 角川書店 アルコールに依存

[T3445] ホテルジューシー 6

坂木 司 2007 野性時代 vol.41 責任感が強いしっかり者で世話焼き役の

[T3470] 坂木司『ホテルジューシー』

ホテルジューシーへようこそ♪

[T3478] 『ホテルジューシー』

今日読んだ本は、坂木司さんの『ホテルジューシー』です。

[T3612] [review]坂木司『ホテルジューシー』

 浩美が夏休みのバイト先に選んだのは居心地のいい石垣島。だが、慣れた頃にオーナーの依頼で那覇のホテルに移ることになった。そこはオーナー代理を筆頭に、マイペースで一風変わった人たちがいる宿。宿泊客たちの抱える事情も様々で、浩美は正義感からついつい深入りし

[T3687] ホテルジューシー

『ホテルジューシー』 著者/訳者名 坂木司/著 出版社名 角川書店 (ISBN

[T3702] ホテルジューシー

JUGEMテーマ:読書web KODOKAWAより大家族の長女に生まれ、天下無敵のしっかり者にして直情一本勝負系の女子大生、ヒロちゃん。ところがバイトにやってきた那覇のボロ宿、ホテルジューシーはいつもと相当勝手が違った。最初の洗礼は頼りにしていた先輩による置き去り。そし

[T3724] ホテルジューシー

JUGEMテーマ:読書柿生浩美20歳。しっかり者ですが、それが何か?職場は沖縄C級ホテル、冷暖房一応完備、掃除アバウト、朝食激うま、そして・・・・・・注目の覆面作家がおくる、ひと夏の青春&ミステリ 路地裏ホテルの名物は、がんばる女子と日常の謎!!大家族の長女に

[T3763] ホテルジューシー 坂木 司

ホテルジューシー坂木 司 (2007/09)角川書店この商品の詳細を見る<「正しい」と思っていても、「余計なお世話」になる、ホテルの世界>坂木さんの本年、二作品目を読みました。上手く形容できないんですけど、働く人

[T3765] 「ホテルジューシー 」「 ホームレス中学生」感想

2冊とも、表紙からして、つい手に取りたくなるオーラを出してる(^O^)

[T3772] 「ホテルジューシー」 坂木司

ホテルジューシー坂木 司 角川書店 2007-09売り上げランキング : 59307Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明バイト先のホテルジューシーで、昼夜二重人格の“オーナー代理”やあやしげな同僚、ワケありのお客さんに翻弄される日々を送るヒロちゃん。怒りつつもけなげに奮

[T3774] 『ホテルジューシー』坂木司

ホテルジューシー坂木 司JUGEMテーマ:読書2007/9/30発行 角川書店 P.355 ¥1,470★★★★★「正しい」ことはいいことだ。そう教えられてきた。だから正しさを守りたいし、他の人にも守ってもらいたいと思う。でも、それをしようとすると必ずどこかで

[T3890] 「ホテルジューシー」坂木司

ホテルジューシー坂木 司JUGEMテーマ:読書大家族の長女に生まれ、天下無敵のしっかり者にして直情一本勝負系の女子大生・ヒロちゃんこと柿生浩美。大学2年の夏、石垣島のホテルで住み込みのバイトをはじめたヒロちゃんだったが、オーナーから那覇のホテルで人が足りないか

[T3895] ホテルジューシー

人物のキャラクター描写が良かったので、退屈せず楽しんで読めました。いやー、なんか青春ですな。大学の夏休みに、沖縄のホテルで住み込みアルバイトをする20歳の女子の話。主人公ヒロは非常に正義感が強く、しっかり者で、少し人に干渉し過ぎる面がある。人の事情に深入り

[T3905] 『ホテルジューシー』坂木司(角川書店)

大学が夏休みになり、石垣島のプチホテルでアルバイトすることにした、柿生浩美(ヒロ)。そこのオーナーから頼まれ、急にアルバイトの人が辞めた為代わりの人間を探しているという那覇の宿・ホテルジューシーで働くことに。昼夜二重人格の頼りないオーナー代理・安城幸二、

[T3946] ホテルジューシー/坂木司

坂木 司 ホテルジューシー所は沖縄、立地は路地裏、掃除アバウト冷暖房一応完備、朝食激うま、オプションはがんばる女子と日常の謎。ホテルジューシーへようこそ!!柿生浩美20歳。しっかり者ですが、それが何か?注目の覆面作家がおくる、ひと夏の青春&ミ

[T4014] ホテルジューシー*坂木司

ホテルジューシー(2007/09)坂木 司商品詳細を見る大家族の長女に生まれた柿生浩美=ヒロちゃんは、直情で有能な働きモノ。だがこの夏のバイト先、ホテルジューシーはいつもと相当勝...

[T4217] ホテルジューシー 坂木司 角川書店

坂木さんの新刊。がんばる人への応援歌、という色合いが最近強い坂木さんですが、これもやはりそう。世話焼きで、正義感がやたら強くて、じっとしていられなくて・・長女。うわあ、ちょっと若い頃の自分っぽくて、どことなく辟易しながら読んだんですが(笑)この沖縄の、懐

[T4427] ホテルジューシー(坂木司)

沖縄に行きたぁーいっ。「南の島」っていうのはあまり興味がないんで(海でばちゃばちゃっ(笑)てのがイマイチ好きじゃないので)、今までそんなこと思ったこともなかったんだけどね。このお話を読んだら、沖縄に行きたくなっちゃった。美味しい沖縄料理をタラフク食べたいっ

[T4490] ホテルジューシー  坂木司

続けて坂木さんをもう一冊。実は先の『ワーキング・ホリデー』とこの『ホテルジューシー』には『ホリデーとホテルと僕』っていう小冊子がおまけで付いていて、続きの物語になっているんですね。出版社の枠を越えたそのナイスなおまけと、それを本に貼付けてくれる図書館の小

[T4517] ホテルジューシー 坂木司

ホテルジューシー■やぎっちょ書評読み終えましたホテル・ジューシー。シンデレラ・ティースとの姉妹本ということで興味津々でした。普通に考えたら、全然別の本として別の物語を書けばいいんだけど、友達同士の夏休みの過ごし方という設定をしてくれたおかげで、どこ....

[T5279] 『ホテルジューシー』坂木司

 ねえ。私の「正しさ」は、間違ってるのかな?(本文「越境者」より)  坂木さんも結構作品の中に料理が出てきますよね。今回はホテルのまかない料理やおやつ、宿泊客に出す食事など、食べ物の記述が多かった。どれも美味しそうでした~。本当は沖縄料理って癖があって...

[T5592] ホテルジューシー/坂木司

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/4/18~2008/4/19 [角川書店HPより] 大家族の長女に生まれ、天下無敵のしっかり者にして直情一本勝負系の女子大生、ヒロちゃん。ところがバイトにやってきた那覇のボロ宿、ホテルジューシーはいつもと相当勝手が違った。最初の洗

[T7530] ホテルジューシー 坂木司

ホテルジューシー 「ホテルジューシー」卒業旅行の資金をためるため、夏休み中沖縄の民宿でアルバイトをする事になった浩美。行った先はとてもいいところだったのだが、那覇のホテルに助っ人に行ってほしいといわれる。そこには頼りないオーナー代理がいた。バイトを始め...

[T9158] 今日の一冊:ホテルジューシー(坂木司)

今日の通勤の電車の中で読み終わってしまったので..... お散歩の最後は、またの機会に譲って.... 今日の一冊は、『ホテルジューシー』(2007年9月)。 沖縄の町に住んだことはないけれど、一緒に仕事をしたことがあるのです。なんとなく、沖縄の持つおおらかさといい...

[T16834] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2011-04-08 12:11

[T18633] 『ホテルジューシー』

ホテルジューシー(2007/09)坂木 司商品詳細を見る

コメント

[C4630] このオーナーこそ

このオーナーこそ谷原章介さんに
演じてもらうのはどうでしょう?
もうちょっとだらしない雰囲気にして。
結構あうと思うんだけどな。

[C4643]

藍色さん、たびたびですが、TBをお願いいたします。私は短編集と雑誌で部分的に読んだので、すっかり中抜け状態でした。こちらの記事も二つにわけてアップしていますので、TBはお好きなほうを選んでくださいませ。
日常の生活感のあふれる沖縄でしたね。おばあがあったかくて、別れが切なくなります。それにしても、坂木さんの本は、どれもご飯がおいしそうです。

[C4652]

BEEさんへ。
オーナーを谷原章介さん、いいですね。昼夜二重人格のメリハリ、嵌まりそうです。

[C4681]

藍色さん こんばんは。
最初はあまりのれなかったので、もっと辛口になるやと
思っていたのですが、数日あけて読むと意外にさくさく
読めました。なんでだろ~(笑)
今回はあんまりいい人じゃない人も出てきたりして。
『ワーキング・ホリデー』にくらべ、キャラがあと一歩
だった気がしました。
今回は特別便「ホリデーとホテルと僕」ついていたん
ですね~。良かったね♪

[C4704]

香桑さんへ。
TB、送らせていただきました。
最初と最後だけ読まれたんですね。エッセンスをしっかり感じ取られててさすがです。
沖縄の生活感がいいですね。帰ってくるって決めてるおばあたち、あったかくて好きです。
坂木さんの作品って、おいしそうなご飯が必ず描かれててお腹が空きますね(笑)。

[C4705]

naruさん、こんばんは。
出だしは浩美と同じように戸惑いもあって、乗りにくかったのかも。
甘口に書いてたので、naruさんのレビューが辛口にならなくてよかったです。
リゾートとは裏腹の、ダークな部分も描かれていましたね。
確かにキャラの押し出しは『ワーキング・ホリデー』より弱かったみたいです。
そうそう、前はついてなくて悲しかった「ホリデーとホテルと僕」読めました。
気になってたので、やっとスッキリしました(笑)。♪

[C4707]

おはようございます。
正義感が強くてちょっとお節介かなと思う浩美がいろいろ経験しながら成長していく姿に好感が持てましたね。
のんびりした沖縄の人の雰囲気も良かったし。
知らない沖縄料理がたくさん出てきたのにはびっくり。

そうそう、私も今回は「ホリデーとホテルと僕」第二章、読みましたよ。
前回は読めなかったのでずっと気になっていたのよね。

[C4720]

mintさん、こんにちは。
浩美の正義感の強さに若さと苦さを感じながら、成長を見守るスタンスで読めました。
沖縄の人のあったかさが気持ち良かったですね。
沖縄料理がおいしそうで、カロリーが高くても雰囲気で食べてしまいそう(笑)。
mintさんも「ホリデーとホテルと僕」第二章、読めたんですね。よかった~。
前回読めなくて寂しくて気になってたのでやっと溜飲が下がった感じ(大げさ?笑)。

[C4914]

こんばんは。
コメント、トラバありがとうございます。

沖縄でのエピソードもおもしろかったですが、帰って行った浩美がどんなふうに変わっていくのか、すごく気になりました。
そういえば、僕の読んだ『ワーキング・ホリデー』にも「ホリデーとホテルと僕」の第一章が挟まれていませんでした。おかげで第二章にも手が出せません。

[C4930]

shiba_motoさん、こんばんは。
こちらこそコメント&トラバ、ありがとうございます。
いろんな経験をして帰ってからの浩美のその後、気になりますね。続編期待しましょう。
第二章読んじゃいましたけど、前との繋がりがわからなくてちょっと悔しいです。

[C5024]

藍色さん、おはようございます。
沖縄には行ったことが無いのですが、この本を読んで行ってみたくなりました。沖縄のスローライフ。あこがれます。
自分の借りた静岡市立図書館の本には特別便が着いていませんでした。
「ワーキングホリデー」にはついていたのに・・・。
司書や、どの図書館(静岡市にはたくさん図書館があるんです)かによって扱いが違うようです。
トラックバックも送らせていただきました。

[C5041]

t-saitoさん、こんばんは。
トラックバック、コメントありがとうございます。
私も行ったことがありません。スローライフの雰囲気がよさそうで行きたくなりますよね。
特別便、ついてなくて残念でしたね。付属品の扱いが違うのですか?。困りますよね。

[C5053]

おはようございます。
私はこの本ちょっと駄目でした。
でも沖縄の雰囲気たっぷりで、旅行に出かけたくなりますね。
私は図書館で借りたので「ホリデーとホテルと僕」読むことができませんでした。残念。

[C5066]

りょうさん、こんばんは。
あら、駄目でしたか?。主人公によって作品に波があるのかもしれませんね。
沖縄の空気が感じられました。ドラマ化の際のタイアップは旅行会社かも(笑)。
「ホリデーとホテルと僕」口絵だったら確実に読めたのにって思ったりしてます。

[C5087]

こんばんは。

浩美ちゃん、私にはちょっと暑苦しかったです(^_^;)
こういう人もいないとみたいな気持ちはあるんですけど…
でも確実に成長してましたね。もうちょっとお休みが長かったらよかったのに!?

沖縄には行きたくなりました。

[C5107]

ちきちきさん、こんばんは。
浩美ちゃんの暑苦しさ、こういう人がいてもほどほどに、ですね。
成長していく様子が、よく描かれていてよかったです。
誰もが確実に沖縄に行きたくなる本でした。

[C5144]

藍色さん、こんにちは~!
これ、読んでみましたー☆
私は、ヒロちゃんのおせっかいだけど、がんばっちゃう気質?は、
好感持って読めちゃいました。
彼女のキャラがイヤだと、楽しく読めない小説かな~と思います。
表紙にソソられてつい図書館で借りて読むに至りました。
坂本さんの本は初めて読みましたが、サクサクと、よみやすかったです。

[C5149]

こんばんは。
楽しく読めたお話でした。ヒロちゃんが不人気なのが気になりますが……
ひと夏の思い出としてとてもいいものを手にしてるのがうらやましかったです。バイト代+プライスレスな経験!
わたしも沖縄のホテルジューシーで働いてみた…いや…やっぱり読むだけでやめときます(笑)

[C5161]

latifaさん、こんばんは。
読んでくださってありがとうございます。図書館にあってよかったです。
おぉ、やっとヒロちゃんのがんばりに好感を持てる方が(笑)。心強いです。
大勢の方が楽しく読めなかったみたいで、内心もったいないなって思ってました。
坂木さんは他のも読みやすいですよ。姉妹本「シンデレラ・ティース」がおすすめです。

[C5168]

まみみさん、こんばんは。
ヒロちゃんへの辛口評が多くて、ちょっとめげ気味だったので安心しました。
こういうヒロちゃんだからこそ得たものは大きく、これから役立つ貴重な財産ですよね。
まみみさんならこの職場、おおらかに楽しく働けるかもです(笑)。

[C5354]

こんにちは。
浩美のキャラ、評判よくないんですね。
私は「Sweet Blue Age」の時に「あんまり…」って思っていて
期待していなかったので、それなりに楽しめました。
ドゥルワカシー食べてみたいですね。
挟み込みの坂木司特別便「ホリデーとホテルと僕」挟み込まれてなかった(涙)
これは本屋で立ち読みかしら…

[C5378]

ななさん、こんばんは。
浩美のキャラへの風当たりが強くて、読み間違い?って困惑しちゃいました。
ななさんは確か、女の子だと母目線…で読まれたのかも。
沖縄料理、美味しそうでしたね。ドゥルワカシー、食べてみたいです!。
特別便、残念でした。短かったので立ち読みされても大丈夫です。たぶん。

[C5527]

ヒロちゃん、あまり評判がよくないようですね。
わたしは結構わかる気がしました。

最後は、ヒロちゃんと一緒にホテル・ジューシーにさよならを言わなければならない心地でさみしくなりました。
  • 2007-12-28 06:48
  • ふらっと
  • URL
  • 編集

[C5534]

ふらっとさんへ。
「シンデレラ・ティース」で好印象を持たれての期待からでしょうか。
ヒロちゃんの評判がよくなかった方が多くて、正直、読み間違い?って焦りました。
最近、意見の近い方が増えてきてほっとしてます。
ホテル・ジューシーに愛着が生まれて、別れることに寂しさを感じましたね。

[C5683]

藍色さん、あけましておめでとうございます。こちらこそ、ご挨拶遅くなりました。
ヒロちゃんの評価が分かれてるんですねえ。私は、自分がちょっとヒロちゃんに似てるんで、痛くなりつつも、そうそう・・と思いつつ読みました。大丈夫・・ヒロちゃんも、おばちゃんになったら、私くらいには適当になれます(笑)今年もよろしくお願いします。

[C5713]

ERIさん、あけましておめでとうございます。遅くないですよ~。大丈夫です。
はい、評価が分かれてます。始めは批難轟々(ごうごう)だったので、あれ~読み間違い?さらにアイデンティティが揺らぎかけましたが(大ゲサ、笑い)段々わかる方が現われて落ち着きました。ヒロちゃんも年月を重ねて、きっと魅力的な女性になることでしょう。
今年もどうぞよろしくお願いします。

[C5728]

この記事と「渋谷に里帰り」もう一度TBしたのですが、どうも反映されてないみたいです。日にちをおいてみますね。時々FC2と相性がよくない時期がありますね~( ̄_ ̄i)申し訳ありません。

[C5742]

ERIさんへ。
両方にもう一度TBしてくださったんですね。お手数をおかけしてごめんなさい。
FC2のユーザーサポートにメールしました。早急に改善してほしいです!(涙)。

[C6146]

沖縄料理がとっても美味しそうでしたね~。坂木作品は夜中に読んではいけないと痛感しました(笑)
ヒロちゃんを取り巻くホテルの従業員の暖かさが伝わってくるよい作品でした。

[C6160]

すずなさんへ。
沖縄料理に食欲を刺激されました。夜中は危険ですよね。気がつけばモグモグ(笑)。
おいしそうな食べ物と職場の人たちの暖かさは、これまでの作品に共通してるのかも。

[C6252]

私は欲望に負けてポークを買いに行ってしまいました。沖縄の雰囲気もよいのですが、食べ物が本当に美味しそうな本ですよね。
  • 2008-02-08 21:11
  • たまねぎ
  • URL
  • 編集

[C6273]

たまねぎさんへ。
おぉ、ポークを買いに行かれたんですね。わかります~。
おいしそうで、食べ物への誘惑が強烈な一冊でしたね(笑)。

[C10026]

こんばんわ。TBさせていただきました。
ようやく読めました。
「シンデレラ・ティース」は既読だったので、ヒロちゃんの夏休みが気になっていました。
いろんなことがあったんですねぇ。
ヒロちゃんは男前でしたけど、最後まで共感できない所もありました。
自分の意見を捻じ曲げない所が過度すぎるところとか^^;
最後に分かったようで良かったですけど(ちょっと偉そう)

[C10046]

苗坊さん、こんばんは。
ヒロちゃんの強い正義感が、裏目でしたね。
曲げて合わせることを解って、よかったです。

[C11785]

楽しかったですね...ひぃろちゃんの行動はちょっぴり熱くて、自己満足に過ぎないのかもしれないけれど、行動原理はとってもよくわかって共感しました。沖縄の空が思い出されます(もう、何年も行ってないけど)....
  • 2009-04-01 02:36
  • Kiyochan
  • URL
  • 編集

[C11827]

Kiyochanさん、浩美の熱さ、わかって痛かったです。
沖縄に行きたくなりますね。

[C19345] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


カテゴリー