Entries

仏果を得ず 三浦しをん

装画は勝田文。装丁は松昭教。「小説推理」連載に加筆修正。
文楽に魅せられ笹本銀大夫に弟子入りして十年目の主人公、健(たける)。
師匠が三味線の鷺澤兎一郎と組めと命令。
「実力はあるが変人」との評判に不安な健は…。
既刊エッセイ『あやつられ文楽鑑賞』で文楽の魅力を楽しく語ったしをんさん。
好きが昂じての小説執筆?。
馴染みのない堅苦しく思われがちな伝統芸能の世界をわかりやすく描き、
引き付けられて面白く読めました。
一人前の義太夫を目指す健、文楽を生業とする人々、文楽ファンのミラちゃんや
その母岡田真智など活き活きしてるキャラクターたちが魅力的です。
相方の兎一郎の過去や一目惚れの恋の行方なども読ませます。
絶妙な比喩もいっぱいで笑えました。
迸る情熱は人一倍、各演目の登場人物の言動や心情に取り組み、
悪戦苦闘しながら気づきを得て成長する健。
真摯に精進する姿勢が素敵です。最後の「早野勘平腹切の段」での感情移入、
タイトルにまつわる部分の迫力に圧倒。
しをんさんの文楽への愛情が伝わってきます。
文楽を見たくなりました(NHKで演ってますか?笑)。
関連情報 文楽といえば…三浦しをんの文楽本
あやつられ文楽鑑賞 三浦しをん
関連情報 三浦しをんの読了本
関連情報 読了本
・・菅原伝授手習鑑 文・橋本治 絵・岡田嘉夫
・・ほんとうはおもしろいぞ歌舞伎菅原伝授手習鑑 沼野正子
仏果を得ず
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/362-bba759d4

トラックバック

[T3917] 仏果を得ず-三浦しをん

仏果を得ず(2007/11)三浦 しをん商品詳細を見るしをんさんの出たてホヤホヤの新刊です。「“好き”が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい。」と帯にあるよう、文...

[T3926] 仏果を得ず 〔三浦 しをん〕

仏果を得ず三浦 しをん 双葉社 2007-11売り上げランキング : 615おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫直木賞作家が描く、伝統芸能の世界。主人公は太夫を語る大夫・健。人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。芸に恋に....

[T3968] 仏果を得ず  三浦しをん

健は困り果てていた。師匠の銀大夫に、六月から兎一郎と組むよう言われたからだ。健はまだまだ駆け出しの大夫だ。浄瑠璃語りをする大夫には、ともに組む三味線がいる。その三味線に銀大夫は兎一兄さんを指名した。兎一兄さんの腕は確かにずば抜けている。しかし技芸員の間..

[T3982] 『仏果を得ず』三浦しをん

『仏果を得ず』三浦しをん仏果を得ず(2007/11)三浦 しをん商品詳細を見る[日販MARCより] 伝統芸能・文楽で大夫をする健が、人間国宝の師匠・銀大夫や変わり者の三味線弾き・兎一郎...

[T3990] 「仏果を得ず」三浦しをん

仏果を得ず三浦 しをんJUGEMテーマ:読書文楽に見せられ笹本銀大夫に弟子入りして十年目の主人公・笹本健(たける)は、ラブホテルの1室に寝泊りし、義太夫として精進するストイックな毎日を過ごしていた。ある日師匠の銀太夫から謎多き三味線の鷺澤兎一とコンビを組むこと

[T4020] 仏果を得ず/三浦しをん

またしても、しをんにやられた。去年も、ちょうど今頃しをんにやられていた。その結果、お正月に箱根駅伝を見て感涙に咽んだりしていたのだが、今年は文系である。久しぶりに国立文楽劇場に足を運ばねば。こう見えて文楽は好きな方である。どれくらい好きな方かと言えば、人

[T4108] 「仏果を得ず」 三浦しをん

 仏果を得ず  三浦しをん  双葉社 (2007/11) 本の帯にある「“好き”が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカになってみたい。」という言葉に、大きく頷いた。好きなことに情熱を傾けている人には共感を覚える。親近感を抱く。たとえそれが自分の興味の範

[T4127] 三浦しをん『仏果を得ず』

三浦しをん『仏果を得ず』双葉社 2007年11月25日発行文楽の太夫を目指す健は、超わがままなお師匠銀太夫(人間国宝)の元で日夜修行の日々。そんなある日、堅物と評判の三味線・兎一郎と組むようにというお達しが出て・・・。若手太夫の熱き青春物語。仏果を得ず三浦 しを

[T4135] 三浦しをん『仏果を得ず』

文楽に賭ける若手大夫の熱い青春。

[T4249] 仏果を得ず

三浦しをん「仏果を得ず」箱根駅伝に感動→「風が強く吹いている」再読→そういえば新しいの出てたな→という単純な流れで「仏果を得ず」にたどりつきました(笑)一般人には縁遠いヒミツの世界、“文楽”その奥深い魅力の一端に触れた・・・かも?(笑)...

[T4259] 仏果を得ず (三浦しをん)

(本の内容)直木賞作家が描く、伝統芸能の世界。主人公は太夫を語る大夫・健。人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。芸に恋に悩みながら健は成長していく。傑作青春小説。...

[T4303] 「仏果を得ず」 三浦しをん

仏果を得ず三浦 しをん 双葉社 2007-11売り上げランキング : 1470Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明“好き”が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい。文楽に賭ける若手大夫の熱い青春の物語。『小説推理』の連載に加筆修正し単行本化。

[T4438] 仏果を得ず

JUGEMテーマ:読書直木賞作家が描く、伝統芸能の世界。主人公は太夫を語る大夫・健。人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。芸に恋に悩みながら健は成長していく。傑作青春小説。双葉社HPよりへえ。文楽。一度じっくり見てみたい、と思わされた

[T4501] 仏果を得ず/三浦しをん

JUGEMテーマ:読書読書期間:2008/2/3~2008/2/4[BOOKデータベースより]“好き”が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい。文楽に賭ける若手大夫の熱い青春。直木賞作家が愛をこめて語ります。

[T4546] 仏果を得ず

双葉社HPより直木賞作家が描く、伝統芸能の世界。主人公は太夫を語る大夫・健。人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。芸に恋に悩みながら健は成長していく。傑作青春小説。JUGEMテーマ:読書今年初めのTBS王様のブランチ本のコーナーで、三浦しを

[T4621] 仏果を得ず

 仏果を得ず 三浦 しをん著/双葉社 思っていたよりもおもしろかった! 文楽の知識がなくても、ノープロブレム! 仏果を得ず(200...

[T4656] 『仏果を得ず』

今日読んだ本は、三浦しをんさんの『仏果を得ず』です。

[T5258] 「仏果を得ず」三浦 しをん

文楽の普及にこれほど貢献する人は、今世紀もう現れないんじゃなかろうか。 けっこう好きなんてレベルじゃない、文楽にとり憑かれている。人形の美しさに憑かれ、三味線の音色に憑かれ、太夫の語りに憑かれている。そして文楽の世界の、己とは時代背景の違う登場人物たち...

[T5290] 仏果を得ず 三浦しをん

仏果を得ず オススメ! 文楽に魅せられ笹本銀大夫に弟子入りして十年目の主人公、笹本健。 師匠から突然、三味線の鷺澤兎一郎と組めと命じられる。 文楽の世界に入ってから、ろくに会話をした事がなく、また「実力はあるが変人」という噂もある人物だった。 “好き”...

[T5387] 三浦しをん 『仏果を得ず』

仏果を得ず 三浦 しをん 双葉社 1575円 Amazonで購入 書評 / 直木賞作家が描く、伝統芸能の世界。主人公は太夫を語る大夫・健。人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。芸に恋に悩みながら健は成長していく。傑作青春...

[T5632] 仏果を得ず

仏果を得ず 三浦 しをん 積んである本の中から、これを手に取ったとき、そもそもなぜこの本を読もうと思ってここに積んだのか自分でちっとも分からなかった。 文楽ってぜんっぜん分からないクセして……。 義太夫ってナニよ?とか思いながら本を開いた。 これっ

[T5670] 「仏果を得ず」

 以前読んだ「風が強く吹いている」の描いた駅伝。 そして今回の「文楽」。勝手に名づけて「動と静の二部作」。 文楽に、まったく触れたこ...

[T5700] 「悶絶スパイラル」「人生劇場」「仏果を得ず」感想 三浦しをん

「悶絶スパイラル」⇒「人生劇場」⇒「仏果を得ず」の順で読みました。

[T6085] 今日の一冊:仏果を得ず(三浦しをん)

今日の一冊は『仏果を得ず』(2007年11月) 文楽を見たり聞いたりしたことがありますか? 文楽というのは世界無形遺産にも登録されているような日本の伝統文化なのですが.... 私の高校の同級生が文楽にはまってるって何年か前に言っていたような気がするのですが、な...

[T6702] 『仏果を得ず』三浦しをん

『仏果を得ず』 三浦しをん/著  ほとばしるような文楽青春物語! ・・・なのに何故か読んだ後、悲しい気持ちに。 人間国宝となってもまだ道の途中といわれる果てしない芸の世界に、 生活のほぼ全てを注ぎ込む主人公・健。 ある日師匠から突然、変人と噂される三味線の...

[T6889] 仏果を得ず。

登場人物が活き活きと描かれていて、 笑いあり、涙ありで、とても面白いです。 文楽の世界がすごく身近なものに感じ、 一度見てみたいなぁと感じます。

[T7090] 「仏果を得ず」

今回ご紹介するのは、「仏果を得ず」(著:三浦しをん)です。 -----内容&感想----- 「仏果を得ず」は、文楽(ぶんらく)という世界を舞台にしています。 文楽は、簡単にいうと人形劇のことです。 物語を語る大夫(たゆう)、三味線、人形遣いの三つの役で人形劇を構成

[T8466] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2009-02-21 00:38

[T9646] 仏果を得ず (三浦しをん)

文楽好きなしをんさんによる文楽に携わる人々を題材にした小説。 意外に恋愛色が強い…びっくりしました 仏果を得ず(2007/11)三浦 しをん商...

[T11450] 仏果を得ず 三浦しをん

 日本の伝統芸能の一つ、文楽として一般に知られている人形劇(人形浄瑠璃)を演じる、若手大夫のお話。芸道に取り憑かれたこの青年を取り巻く稽古や恋のお話が、ほどよく混ざり合い、やわらかい作品に仕上がっています。 主人公の健は幼いころから修業を受けてきた文楽の...

コメント

[C5348]

ご無沙汰しております!
以前、コメントを残したことがあるpercyです。
その後も覗きに来てはいたのですが・・・。

さて、この本!今、図書館で予約待ちなんです。
藍色さんのを読んで、より一層楽しみにしております♪
『あやつられ文楽鑑賞』を読んで、文楽を生で観たいと思いつつ、
未だ叶わず。まずは、また小説で楽しみたいと思います。

[C5373]

percyさんへ。ごぶさたしてました。
覚えてますよ。のぞいてくださってたのですね、うれしいです。
早く読めるといいですね。『あやつられ文楽鑑賞』が役立って、とても楽しかったです。
文楽、観たいですよね~。読まれたら、きっともっと観たくなっちゃいますよ(笑)。
レビュー、楽しみにしていますね。

[C5394]

藍色さん、こんにちは!

しをんさんの新刊、面白かったですね。
馴染みのない文楽が、とっても身近に感じられました。
藍色さん『あやつられ文楽鑑賞』読まれてたんですね。
私も読んでおけば良かったです~。
読んでなくても、問題ないように書かれていますが、読んでいたほうがよりいっそう楽しめたかなと思いました。
近いうちに『あやつられ文楽鑑賞』も読んで、しをんさんコンプリートを目論見ますv

TBさせていただきました。

[C5404]

花梨さん、こんにちは。
健(たける)と個性的な登場人物たちのやりとり、面白かったですね。
はい、『あやつられ文楽鑑賞』運良く読んでたので、一層楽しめました。
まさかその後に小説が出るなんて思ってなかったんですが(笑)。
おぉ、花梨さんも『あやつられ文楽鑑賞』読まれることに。うれしいです。
レビュー、楽しみにしていますよ。

[C5410]

文楽への愛情が詰まった物語でしたね。
『あやつられ文楽鑑賞』で、しをんさんが疑問に思っていた文楽の登場人物の言動への解釈、ここでされてましたね~。
健自身の思いと絡めての解釈に、なるほどなぁと感心しながら読みました。
銀大夫との都都逸勝負など、笑えるところも盛りだくさんで、楽しかったです。
  • 2007-12-16 20:44
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C5436]

エビノートさんへ。
TBありがとうございました。
健の想像や気づきと重ねた、しをんさんのそれぞれへの解釈。興味深かったです。
文楽への愛情がキャラたちにいっぱい息づいてて、あちこち笑えて楽しめましたね~。

[C5459]

これを読んであやつられ文楽鑑賞に興味が湧いちゃいました。文楽についてもっと分かるようになるのかなって。
何だか、みんな文楽最高よ!一緒にみようよ、っていう三浦さんの巧妙な罠にはめられた気分です。
  • 2007-12-21 23:00
  • たまねぎ
  • URL
  • 編集

[C5471]

たまねぎさんへ。
『あやつられ文楽鑑賞』は入門書テイストですが、わかりやすく面白いです。
しをんさん、文楽ムーブメントを巻き起こしたいのかも、ですね(笑)。

[C5479] 読みました!

こんばんは。
ようやく、図書館から順番が回ってきて、読み終えました。
年内に読めてよかった~。
本当に、良かったです!!
しをんさんの文楽愛をヒシヒシと感じました。
私は、銀大夫にすっかりやられちゃいました!どのキャラも良い味があってさすが、しをんさんですよね。

[C5490]

こんばんは。
しをんさんの「文楽ムーブメント」にすっかりのせられている私です。
文楽の世界にはまりエッセイを書き、小説を書く。
しをんさん素晴らしいです。
健だけじゃなく、周りの登場人物みんな素敵なキャラでしたね。

[C5497]

parcyさん、こんばんは。
早めに年内に読めてよかったですね~。私もうれしいです。
しをんさんの文楽愛があふれてましたね。銀大夫の情熱と弟子への想い、素敵でした。
個性的なキャラクターたちも味わい深くて、面白かったですね。

[C5512]

ななさん、こんばんは。
しをんさんの描く文楽の世界。エッセイから小説へ見事な昇華でした。
登場人物の誰もが生き生きと描かれていて楽しく読めましたね。

[C5532]

経験者からひとこと。
文楽は、絶対生で見に行った方がいいです。
あの臨場感と、人形の動きは、テレビだと伝わりません。
テレビだと、下手したらただの人形劇で終わってしまうかも。

なので初体験は、ぜひライブでお願いしたいところです。
なんだったら、国立文楽劇場の前で待ってますから(笑)
  • 2007-12-29 01:41
  • ロケット
  • URL
  • 編集

[C5542]

ロケットさんへ。
経験者からのひとこと。とっても参考になりました。
文楽ってテレビ向きでなくて、ライブでこそ臨場感と人形の動きが伝わるのですね。
お誘いありがとうございます。国立文楽劇場の前で待ち合わせ…どきどきです(笑)。

[C5660]

藍色さん、こんばんは!
しをんさんの文楽愛の熱さにすっかりのぼせて、
熱が伝染してしまったみたいな状態です。
人間味溢れる登場人物達がみんな素敵ですね。
最後、本のタイトルと語りが重なる部分は圧巻で、
息苦しくなるほどでした。
しをんさん凄いわと思った1冊です。

[C5693]

雪芽さん、こんばんは。
しをんさんの文楽愛、熱かったですね。のぼせちゃったのもわかりますよ。
キャラたちの人間味が自然に物語に溶け込んでて素敵でしたね。
タイトルがわかる語り部分のすごい迫力、まさに圧巻でした。

[C5718]

藍色さん こんばんは。
年明け早々追っかけますよ~(笑)
さてこの作品、文楽が分かりやすく描かれていて
なかなか面白かったですね。
登場人物も個性的でいい人ばかりでした。
爽やかな青春小説でしたが、岡田真智の存在が
何かひっかかりました。
私だけかな??!(笑)
  • 2008-01-09 18:52
  • naru
  • URL
  • 編集

[C5736]

naruさん、こんばんは。
年明け早々の追っかけ、うれしいです。こちらからも追っかけますよ~(笑)。
一般にはなじみの薄い文楽をわかりやすく描いて、しをんさん流の面白さでした。
個性的で気がいい登場人物に囲まれた健の成長が爽やかでしたね。
岡田真智は、そういう人もいる&スパイス的役回りっていう風に考えてました(笑)。

[C5939]

実際に見たことない(しかも興味もなかった)ものを「観たい!」と思わせるパワーがすごいなと思いました。
こういうのは熱いうちに観るといいんですよね!観るか!?
とりあえず興行予定を検索してみます!

[C5961]

まみみさんへ。
見たことも興味もなかった文楽を見たくさせるしをんさんの情熱、すごいですよね。
すぐ興行予定を検索される行動力、さすがです。遠いので調べてませんでした(汗)。

[C5977] はじめまして。

藍色さん、はじめまして。
ななさんのところから飛んできました。
私もこの物語を楽しんで読んだ一人です。
実際に文楽を見たことがないので、テレビででも見たいのですが、最近やってないみたいですね~(^。^;)

[C6008]

キウイさん、はじめまして。
来てくださって、うれしいです。しをんさんの物語、多くの方に楽しまれてますよね。
キウイさんも文楽鑑賞はこれからですね。テレビ放送なし…遠くに住んでて辛いです。

[C6112]

また、TBが通ってないような気がします・・。ごめんなさい。
また、後日トライしますから。

文楽は、ロケットさんがおっしゃるように、是非生でどうぞ。
よろしければ、解説など致しますよ♪
難しく考えないで、ただ、ひたれば、それでいいのです。
私も、3月に、また文楽に行きますよ!!

[C6136]

ERIさんへ。
TB通らなくてごめんなさい。ユーザーサポートへ連絡しました。後日お願いします。
生で、極意はひたる事ですね。解説してくださるのですか?行きたくなってきました。

[C6185]

こんばんは。
あらら。コメント書いたみたいだったんですけど、忘れてたのかも…すみません。

楽しく読めました♪
こうやって見るとみなさん、文楽に興味深々…そして私も!
ちょっと縁遠い世界に感じてた文楽にここまで興味を抱かせるしをんさん、すごいです!

犬猿の仲?の師匠2人、良かったです。一癖も二癖もある人たちに囲まれて健も大変だ(ちょっとうらやましい?)

[C6224]

ちきちきさん、こんばんは。
再コメントかも、ですね。お手数おかけしました(汗)。
文楽の世界を読み手にぐっと近づけるしをんさんの力量も感じられました。
師匠たちの犬猿ぶりも良く描かれて…健は苦労も多そうですが恵まれてます。きっと。

[C6339]

藍色さん、こんにちは。
健の文楽への真摯な姿はとても好感が持てました。
文楽の世界がちょっと身近に感じられて、実際見てみたくなりますね。
『あやつられ文楽鑑賞』も読んでみたいです。

[C6353]

りょうさん、こんばんは。
健が文楽に向き合う姿勢が素敵でしたね。文楽が近くなったみたいに思えました。
文楽を見たい気持ちが膨らんでます。『あやつられ文楽鑑賞』もよろしかったら。

[C6441]

こんにちは。
これを読むと確実に
「あやつられ文楽鑑賞」を
読みたくなりますね~。
早速注文しなくては。
登場人物がどれも魅力的で
楽しい読書タイムでした。

[C6458]

BEEさん、こんばんは。
「あやつられ文楽鑑賞」と、やっぱりワンセットみたいです(笑)。
登場人物が物語を引っ張っていって、面白く読めましたね。

[C6486]

こんにちは。
図書館で予約をするのがちょっと遅れたら、読むのがとんでもなく遅くなりました。(泣)

いや~、この本、おもしろかったですね。さすが、三浦さんです。
文楽については全然知識がなかったけど、舞台を見ているような感じでした。
健が修学旅行で文楽に目ざめて、太夫になろうとする気持ちが一途でさわやかでした。
二人の師匠や兎一郎も個性的で、おもしろかったです。

[C6512]

mintさん、こんばんは。
予約遅れは痛かったですね。私も時々ありますよ。
文楽への知識がなくても楽しめましたね。公演に臨場感があふれてました。
健の一途さに好感が持て、関わる人たちのこともよく描かれていて面白かったです。

[C6784]

こんばんわ。TBさせていただきました。
文楽の世界はしをんさんの本を読んで知りました。
ストーリーも文楽についても楽しく読めましたね。
  • 2008-03-26 22:53
  • 苗坊
  • URL
  • 編集

[C6802]

苗坊さん、こんばんは。
なじみのない文楽の世界、まさかしをんさんから教えてもらえるなんて、でしたね。
文楽を題材にした成長物語、見事に両立していて楽しかったです。

[C6917]

こんばんは。
本当文楽が全くわからない人でも楽しんで読める作品でしたね。
三浦しをんさんが文楽が本当に好きなのがとても良く伝わってきました。
この本、ちょっと読むのに時間がかかってしまったのですが、読み終わった後は文楽を一度観に行きたいな、と思えるそんな作品でした。

[C6932]

masakoさん、こんばんは。
文楽がわからなくても楽しめて、しをんさんの情熱がしっかり伝わってきますよね。
まだ観たことがない文楽、体験してみたいです。

[C7265]

藍色さん こんにちは

まさに、こちらの感想で書かれているように
好きが昂じて書いた一作という感じです。
なじみのない文楽の世界を、面白く小説に結実させる
筆力は、ただものじゃ~ないなと感じました。
  • 2008-05-06 07:53
  • 本命くじら
  • URL
  • 編集

[C7282]

本命くじらさん、こんばんは。
やっぱり、好きが昂じて執筆された感じがしましたよね。
文楽の世界をわかりやすく紹介しながら、楽しく読ませる技量に驚きました。

[C7299] (^O^)

藍色さん、こんにちはー!
GWいかがお過ごしでしたか?^^
この本を読んで、今まで全く知らなかった新しい世界を教えて
もらえた感じでした。
いつか本物の舞台を見てみたいな~って思いました。

PS TBの件ですが、ハッキリ解らないようです・・・・今後調査してみます・・との答えでした・・

[C7315]

latifaさん、こんばんは。
GWは部屋の片付けでいつのまにか過ぎちゃいました。
しをんさんが描いた文楽の世界に導かれて楽しく遊べた感じでしたね。
いつか舞台の臨場感、味わってみたいです。
TBの件、お手数おかけしました。問い合わせしてくださってありがとうございます。
今後調査なのですね。早く直りますようにって祈ってます。

[C7795] こんばんは

なかなか文楽の世界も厳しそうですね。文楽は見たこともないけれど、この本の印象が残っているうちに見に行かないと一生見ないかもしれない...と思わせるような本でした。青春恋愛小説(笑)に出てくる脇役陣がみんなそれぞれ個性的で、魅力いっぱいでしたね。
  • 2008-06-20 02:08
  • Kiyochan
  • URL
  • 編集

[C7818]

Kiyochanさん、こんばんは。
文楽の内情まで描いてて深い印象が残り、文楽を見に行きたくなる作品でした。
主役だけでなく脇役たちも魅力的で、楽しかったですね。

[C9384]

「仏果を得ず」は、文楽という聞いたことのないものを題材にしていて、興味深く読みました。
文楽は大阪が発祥の地のようですね。
話の内容も堅苦しくなくて、とても面白かったです。
たまにギャグ的な内容も出てきて、笑ってしまいました^^
以外な人間関係も明らかになったりして、その辺りはさすが三浦しをんさんだなと思いました☆
TB送らせて頂きます♪

[C9407]

はまかぜさん、TB返させて頂きました。
文楽をわかりやすく描いていましたね。
あちこちで笑えて、面白かったです。
人間関係の機微も、三浦しをんさんらしかったですね。

[C14060]

TBさせていただきました。
三浦しをんさんに最近ハマり気味だったので藍色さんのレビューを読んでいたら、これも読まれていたんですね。
この本の主人公は芸に一直線な様子が好印象で…しかし9歳の女の子からの告白にどぎまぎする様子など、芸以外の部分ではなかなか面白くもあり、魅力十分でした。
読んだ人に文楽へ興味を向けることのできる一作ですね。私も思わず見に行きたくなってしまいました。

[C14078]

SETさん、TBありがとうございます。
健のキャラが魅力的でした。
文楽への興味が増す一方です。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー