Entries

HEARTBLUE 小路幸也

ブックデザインは岩郷重力+WONDER WARKZ。
東京創元社ミステリ・フロンティア。
一方の語り手、ダニエル・ワットマンはニューヨーク市警察失踪人課勤務。
サミュエル・マイヤー(サム)が捜査依頼し、
後日遺体で見つかったペギーの所持品に胡桃のキーホルダーが。
もう一方の語り手、巡矢新は仕事でニューヨークに滞在。
再会した旧友のフォトグラファー恵野かんなの写真に
ワットマンと少女の興味深い一枚が。結びついた先に…。
前作『HEARTBEAT』既読でスムーズな没入。
飽きさせない展開。真相は予想通りでやりきれなさも。
でも罪の哀しみと人の繋がりや気持ちを優しく描いたドラマ。
登場人物が素敵です。面白く読めました。
関連情報 小路幸也の読了本
前のエピソードは・・HEARTBEAT 小路幸也
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア)HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア)
(2007/12)
小路 幸也

商品詳細を見る

HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア)
小路 幸也
4488017371

HEARTBLUE 小路幸也
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/375-1d263ae3

トラックバック

[T4089] 『HEARTBLUE』 小路幸也 東京創元社

HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)(2007/12)小路 幸也商品詳細を見る楽天で詳しく見る  ★★★★★ うおぉおお萌えた。またしても。 ...

[T4090] 「HEARTBLUE」 小路幸也

HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)小路 幸也 東京創元社 2007-12売り上げランキング : 9667Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明NYの失踪人課の男を少年が訪ねてきた。1年程前から変だったという彼の捜す少女は、なぜ姿を消したのか? 映像クリエイターの青年も

[T4096] 「HEARTBLUE」小路幸也

HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)小路 幸也JUGEMテーマ:読書ある虹の朝、ニューヨーク市警の失踪人課の男のもとへ、一人の少年が訪ねてきて言った。「ペギーがいなくなったんだ」と。彼の捜す少女は、一年ほど前から様子がおかしかったというのだが―一方、男の知り

[T4115] 『HEARTBLUE』小路幸也(東京創元社)

ある虹の朝、NY市警の失踪人課で働く警察官ダニエル・ワットマンの元をひとりの少年が訪ねてきた。彼は、サミュエル・マイヤー……かつての中で生きてきて、死なせてしまったと同じ暗闇で過ごしていた少年だった。友人の少女・ペギーの行方を探して欲しいと頼みにきた彼だ

[T4120] 『HEARTBLUE』

今日読んだ本は、小路幸也さんの『HEARTBLUE』です。

[T4159] 記憶の欠片を爪弾きながら

タイトルは、微妙に似ている。表紙からイメエジされる世界観も共通だ。そして出版元も同じく、東京創元社のミステリー・レーベルとして名高いミステリ・フロンティアだった。図書館で借りて、読み始める前にそんな共通項に気付いてしまった私は、何となくの....

[T4431] [review]小路幸也『HEARTBLUE』

 NY警察の失踪人課に勤務するワットマンのもとへ少女ペギーの失踪を伝えたのは、以前地下で知り合ったサミュエルだった。ペギーはビルから身投げしていたが、ワットマンは過去の事件との類似に気がつき、調べだす。一方巡矢は、かんなの写真に写った「いるはずのない少女

[T4585] HEARTBLUE*小路幸也

HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)(2007/12)小路 幸也商品詳細を見るある虹の朝、ニューヨーク市警の失踪人課の男のもとへ、一人の少年が訪ね...

[T4809] 「HEARTBLUE」小路幸也

「HEARTBLUE」小路幸也(2007)☆☆☆★★ [913]、国内、現代、小説、ニューヨーク、ミステリー、幽霊 ※ネタバレあり。未読者は注意願います。 本書は「HEART BEAT」[ http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/9264780.html ]に続く物語。しかし残念なことに、過去の...

[T5336] HEARTBLUE<小路幸也>-(映画:2008年50冊目)-

HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40) 出版社: 東京創元社 (2007/12) ISBN-10: 4488017371 評価:55点 「HEARTBEAT」の続編。 といっても、前作をほとんど憶えてはいないのですが、すいません・・・。 何が物足りないのか、不満なのかと問われればいろいろ

コメント

[C5641]

前回作品よりも、謎解きシーンがなんだか読んでて辛かったです。もっと他にやりようがあったんじゃ?と思ってみたり。でもみんながよかれと思って行動したらああなったんですし…ううむ。
こんな感じで続いていくんでしょうかね。そして「彼」はどうなるのか……気になることが山積みです。

[C5645]

『HEARTBEAT』を読んですぐって羨ましいです。
「彼」の存在感が大きかった。
取り上げているのがあまりいい罪じゃないのに
読後感が爽やかでした。

[C5666]

こんばんわ☆

小路さんの作品に出てくる人々って、みんな素敵ですよね。
自然な温かみがあって…こんな人が居たらいいなぁと思うような、素敵な人ばかり。
だから余計、切なく哀しく感じるのかもしれないですが…。
今年こそ、小路さんの作品を制覇したいなぁと思ってます♪
小さいけど、今年の目標です(笑)
  • 2008-01-08 01:07
  • マメリ
  • URL
  • 編集

[C5668]

まみみさんへ。
結末に苦さがあって辛かったです。各人の善意がわかってるだけにやりきれなさも。
シリーズなのでこんな感じで続きそうですね。「彼」との再会、期待しています。

[C5673]

ななさんへ。
今回はシリーズ物の1作目の記事をアップできたので後悔せずにすみそうです。
前作からの繋がり、「彼」の存在が感じられましたね。
難しいテーマなのに爽やかな読後感は、小路さんの優しさとテクニックでしょうか?。

[C5675]

 あけましておめでとうございます♪
 いつもながら小路さんの作品に出てくる人たちは、とても魅力的ですよねvv
 わたしは前作の内容をだいぶ忘れてたので、近いうちに読み返してみたいと思います(笑)。
  • 2008-01-08 12:36
  • 似夜
  • URL
  • 編集

[C5679]

こんばんは。
今回の結末はあまりすっきりしたものではなかったという気がします。
ワットマンがこれから抱えていく哀しみが切ないです。

[C5703]

マメリさん、こんばんは。
小路さんの作品って、描かれる人たちがみんなあたたかくて素敵ですよね~。
ほんと、身近にいてくれたらいいのになぁって思います。
だからこそ、そこに切なさや哀愁が感じられるのかもしれないですね。
おぉ、小路さんの作品制覇を?意外と書かれてるので小さくない目標ですよ(笑)。
なかなか以前の本には手が伸ばせなくて…。続編「HEARTBLUE」がいいきっかけでした。

[C5704]

似夜さん、あけましておめでとうございます。
小路さんの作品の登場人物って、いつもあたたかでとっても魅力的ですよね。
読み返されたら、また新たな発見をされるかもしれませんね。
今年もどうぞよろしくお願いします。

[C5709]

mintさん、こんにちは。
苦さややりきれなさが残って辛い結末でした。
ワットマンが抱えていく哀しみ。いつか癒える日が来てほしいです。

[C5725]

こんばんわ!!!
あわわわわ…すみません~!!TB、間違えて送信しちゃってました!
お恥ずかしいかぎりです…。
お手数おかけして申し訳ないのですが、こちらに送っちゃったTBは削除してくださいv-40あらためて、ハートビートの方に送信させていただきました…。
ご連絡、本当にありがとうございました!
ご連絡いただけて、嬉しかったです!

[C5740]

マメリさん、こんばんは。
続編なので一緒にアップしちゃったのが、間違いを誘ったのかもです(汗)。
気を悪くされないか、ちょっと迷ったんですけど、お知らせさせていただきました。
タイミング良くコメントいただけたので、TB到着後すぐ誤送を削除できました。
お知らせしてよかったです。安心しました。

[C5755] 知らぬが仏

藍色さん こんばんは
続編とは知らずに読んでしまいました。読み始めてすぐに気付きましたが、前作の記憶が曖昧だったので、フラストレーションが溜まった部分も・・・ 前作、再読します!! 笑

[C5765]

yoriさん、こんばんは。
続編の前作を忘れてしまってフラストレーションが溜まることってありますよね。
「知らぬが仏」に座布団一枚です(笑)。読み遅れが「怪我の功名」でした。

[C6149]

こんにちは。コメント、トラバありがとうございます。
2冊続けて読めるというのはやっぱり羨ましいですね。前作を忘れかけていたので、「誰だっけ?」と確認しながら読みました。
小路さんの作品は辛い中にもやさしさやあたたかさが見えるところが魅力的ですね。

[C6166]

shiba_motoさん、こんばんは。
コメント、トラバ、こちらこそありがとうございます。
前作からだいぶ経っているので、早めに読まれてたら忘れちゃいますよね。
こんなに辛い物語でも優しさや温かさを感じられる小路さんの作品、素敵です。

[C6393]

前作を読んでから結構間が開いてしまったので
思い出すのにかなり時間がかかってしまいました。^^;

苦くて辛いラストだけれど、人間の温かさは感じられたので
次にどう繋がっていくのかたのしみです。
  • 2008-02-20 06:56
  • ふらっと
  • URL
  • 編集

[C6415]

ふらっとさんへ。
続編って時間が経つと前作を思い出すのに時間がかかりますよね。わかります。
結末の苦さ辛さの中にも人々の善意が感じられてよかったです。続編が楽しみですね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ごあいさつ

管理人:藍色
トラックバック大歓迎。方法はここ
別記事、宣伝は削除。承認制です。 手塚治虫キャラクター図鑑〈4〉「リボンの騎士」と夢の王国・ファンタジー編
災害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

・気ままな告知板
期間限定


待機中です。

スカイスキャナー

東京の人気ホテル・旅館が最大78%OFF

航空券比較検索

目指せ!合計-8cmやせる体験【エルセーヌ】

全国630店舗以上!リラクゼーション店【りらくる】

もっと簡単にカッコよくしたいと思ってる方にオススメです

数量限定在庫一掃モデルがお得
ハイパフォーマンスゲームPC

決済後最短翌日出荷

動画像編集ソフト付

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

一括し比較検索できる

最適を見つけることができる

人気ホテル・旅館が最大78%オフ

時間とお金の節約

wpXクラウド

ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!

エステ・痩身・脱毛のエルセーヌ:光フェイシャル浄化コース

エステ体験「美脚時代コース」エルセーヌ
たるみ&老け顔にサヨナラ! 「小顔ハリ美肌コース」エルセーヌのエステ体験

『ニキビ集中ケア』エステ体験

一生で一番輝く結婚式・挙式に『ブライダルエステ』エルセーヌ

エックスサーバー

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー