Entries

夜市 恒川光太郎

装丁は片岡忠彦。第12回日本ホラー小説大賞受賞作。
大学生のいずみは高校時代の同級生、裕司に連れられ夜市へ。
裕司の目的は以前「野球の才能」と引き換えに売った弟を買い戻すこと…。
表題作は、夜市のルールに怖さを感じ、
罪悪感に悩んできた裕司の心情に胸を打たれました。
そして驚きの展開。哀愁の漂う結末が切ない読後感でした。
書き下ろしの「風の古道」。
語り手の少年と友人カズキが迷い込んだ古道。出口に向かう途中で…。
丁寧な描写で異界の風景や様子が鮮やかに浮かびます。
レンとの友情、カズキへの思い。矛盾と直面する少年の成長。
切ないやりきれなさもありました。
どちらも読みやすい文章、特異な設定に引き込まれ、斬新な展開に驚きました。
鮮烈な情景描写、幻想的で美しい世界観に彩られた作品。
懐かしいような不思議な異界の魅力にのめり込み、
切なくて温かくて深い余韻が残りました。
関連情報 恒川光太郎の読了本
秋の牢獄 恒川光太郎
雷の季節の終わりに 恒川光太郎
夜市
恒川 光太郎
4048736515

夜市 (角川ホラー文庫)
恒川 光太郎
4043892012

夜市 恒川光太郎
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/404-e989562e

トラックバック

[T4421] 夜市 (恒川 光太郎)

妖怪たちがさまざまな品物を売り、 望むものが何でも手に入る夜市 小学生のころに夜市に迷い込んだ裕司、自分の幼い弟と引き換えに「野球の才能」を買った。 野球部のヒーローとして成長し、甲子園にも出場した裕司だが、 弟を売ったことに罪悪感を抱いていた。 そし

[T4422] 「夜市」

ホラーが苦手だけど読みたい気持ちが募って意を決して読みました。私が思っていたホラーとしての怖さはなく、逆に展開が気になる程面白かった!描写が緻密で現実味のある心理表現が一般的なホラーのイメージを払拭しているように思う。収録作品は「夜市」「風の古...

[T4425] 読書の楽しさ再確認-夜市-

手帳に雑誌やネットや新聞で面白そう、いつか読みたいと思う本のリストを作っているんだけど、その中の1つ”夜市” by 恒川光太郎を昨日読んだ。レビューから不思議な話というのは知っていたんだけど、それだけでないもう少し奥深いものがあって、最近あまり読んでない感じ

[T4429] 夜市

 夜市 恒川光太郎著/角川書店 調べてみたところ、私の住む町の図書館では この「夜市」の予約登録者が26人。 「チーム・バチス...

[T4441] 恒川光太郎「夜市」

友人の裕司に誘われ「夜市」に出かけた いずみ不思議なものばかり売られている「夜市」裕司は幼い頃、野球の才能を買うために、自分の弟を売ってしまっていたしかしその才能も自分にとって結局どうでもいいコトになってしまっていたずっと気になっていた弟を買い戻....

[T4450] 「夜市」恒川光太郎

夜市恒川 光太郎日本ホラー小説大賞の受賞作ですが、ホラーというよりファンタジーな印象。「夜市」と「風の古道」の2篇なんだけど、どちらも現実でどこかにありそうな不思議な感じがした。歩いている道から一歩外れてしまったら、いつの間にかこんな世界が広がっていても

[T4456] 恒川光太郎『夜市』

「今宵は夜市が開かれる」

[T4458] 『夜市』/恒川光太郎 ◎

異界とつながる『夜市』では、なんでも手に入る。が、何かを買わないと、そこから出られない。少年時代、弟と2人でそこに迷い込んだが買う金を持たず、弟を売って「野球の才能」を買い、逃れた男が再び「夜市」に入り、自分を売って弟を買うというが・・・。

[T4459] 夜市 / 恒川光太郎

夜市(2005/10/26)恒川 光太郎商品詳細を見る大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた。裕司に連れられて...

[T4464] 夜市  恒川光太郎

夜市にはすばらしい品物が並ぶことだろう 夜市には北の風と南の風にのって、多くの商人が現れるからだ 西の風と東の風が奇跡を運ぶだろう 今宵は夜市が開かれる ~恒川光太郎『夜市』より~ いくつもの異相の世界を結ぶ場である夜市 そこにはありとあらゆる品物...

[T4466] 心に潜む異界

人の心の奥底には、 自分の生きる世界とは 異なる世界が存在するのではないか、 いや、人はそれぞれ、 自分の生きる世界とは異なる世界を あえて持とうとしているのではないか、 我が身を踏まえて、僕はそんな気がするのだが 如何なものだろうか。 その世界はき...

[T4487] 夜市 恒川光太郎著。

どなたかのブログでこれは面白そうだ!と思い、借りてきた。 うん、面白かったよ~。どこか懐かしくて、こういうのをノスタルジックというのか?読んでると、自分の幼かった頃の夕方の町並みを思い出してしまった。 町並みだけじゃなく、両親に甘えてた子どもの頃の自分、そ

[T4504] 「夜市」 恒川光太郎

夜市恒川 光太郎ホラー小説というのは五感に響いてくる。自分は確かに見慣れた風景の中に座して、その本を読んでいるはずである。それでも微弱な物音、空気の僅かな震えに、なにかしら気配の予兆がないかと感覚が鋭く尖っていくのを感じるのだ。この世とはまったく異なる世

[T4601] 『夜市』恒川光太郎

夜市恒川 光太郎 角川書店 2005-10-26売り上げランキング : おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 第134回直木賞候補にも挙げられた、第12回日本ホラー小説大賞受賞作。表題の「夜市」と「風の古道」の二作から成っています。 ■夜市 今宵は夜市が開かれる

[T4646] 夜市(恒川光太郎、角川書店)

以前、ちょっと気になっていた時にBEEさんのレビューを読んで、これは読まねば!!とばたばた慌てて図書館予約した一冊。一ヶ月と少し待ちまして、ようやく手元に届いたのでした。何でも売っている不思議な市場「夜市」。幼いころ夜市に迷い込んだ祐司は、弟と引き換えに「

[T5483] 本「夜市」

夜市 恒川光太郎 角川書店 2005年10月 大学生のいずみは高校生時代の同級生裕二から誘いを受け、岬の公園の奥の森で行われる、なんでも売っているという夜市へ行く。裕二は、昔、野球がうまくなりたいと、弟と引き換えに、野球ができる能力を得たこ...

[T5758] 書籍「夜市」恒川光太郎・著を表紙の絵につられて購入&読了。

夜市 「夜市」恒川光太郎・著 角川書店・刊を読了。 日本ホラー小説大賞受賞作だそうだ。 この大賞というのは過去の受賞履歴が後ろについているのだけれど、結構該当作品ナシな年も多い。その作品の中で記憶にある読んだ作品は「ぼっけえ、きょうてえ」くらいかな? ...

[T5936] 夜市

夜市 恒川光太郎著 今宵は『夜市』が開かれる。告げに来るのは学校蝙蝠。そこには、珍しくも奇妙、奇怪、貴重な品々が並び、その店先を覘...

[T6765] 夜市

 角川ホラー文庫レーベルではあるが、ホラーというよりファンタジーの手触り。血が飛ぶわけでもないし、怖い話でもない。 ・内容 妖怪たちが様々な品物を売る不思議な市場「夜市」。ここでは望むものが何でも手に入る。小学生の時に夜市に迷い込んだ裕司は、自分の弟と...

[T6823] 恒川光太郎  夜市

日本ホラー小説大賞受賞作ということで、ホラーが超苦手な私はずっと避けて読んでいなかった本です。でも、ものすごく評判がいいのは知っていたし、恒川さんの出される本はまたまた評判がいいみたいで・・・ずっと気になっていて、文庫化もされた事だし、昔よりはホラーに...

[T6833] 「夜市」 恒川光太郎

「夜市」を読みました。 ホラー小説大賞受賞作ですが、怖さはほとんどなく、どちらかというと 日本古来のファンタジー というイメージを受けました。 でも、いいと思います。 正直、ホラーはあまり好きでないですし。 (ホラー苦手によりなかなか手に取らなか...

[T14424] 夜市

夜市 (角川ホラー文庫) 著者:恒川 光太郎 出版:角川グループパブリッシング 発行:2008/05/24 評価〔B〕 悲哀が漂う異世界がらみのお話 キーワ...

コメント

[C6132] こんばんは~!

TBありがとうございました。

幻想的で不思議な物語でしたね。
風景が目に浮かんでくるようでした。

[C6133] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C6134]

藍色さん、こんばんは。
鮮やかな情景描写で、あっという間に
引き込まれてしまいますよね。
切ないけど読了後に何か感じるものがありました。

ブログリストに登録させていただきましたので、
今後とも宜しくお願いします!
  • 2008-02-04 00:36
  • 琉歌
  • URL
  • 編集

[C6142]

藍色さんこんばんは~。
この本で恒川さんのファンになりました。
「夜市」の美しくも恐ろしい世界観に魅せられ、わりと短い話なのに、強烈に心の中に残っています。
恒川さんの既刊は全部読みましたが、私の中では「夜市」は格別です。

[C6144] 風の古道

トラックバックありがとうございました。

表題の夜市より、私は風の古道の方が読後感などで印象深かったです。独自の世界がとても大好きな作家さんです。読書blog大好きなので、ちょくちょく遊びに来させていただきます。

[C6148] ホラーより

こんにちは。
ホラーは好きではないのですが、
この作品に関しては、まったくホラー的では
ないので大丈夫でした。
視覚よりも聴覚や触覚で怖くなる
・・・そんな感じを受けました。

[C6156]

kazuさん、こんばんは。
TBありがとうございます。
丁寧な風景の描写が沁みてくるようでした。
幻想的な世界が素敵でしたね。

[C6159]

琉歌さん、こんばんは。
情景がすぐに浮かんで引き込まれましたね。いろんな事を感じた読書でした。
ブログリストへの登録ありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

[C6162]

爽さん、こんばんは。
「夜市」で描き出された世界観。短くても強烈なインパクトがあって魅了されました。
私も恒川さんの既刊三冊全て読んでみて、「夜市」の格別にうなずけました。

[C6164]

pripruさんへ。
こちらこそコメント、トラックバックありがとうございます。
風の古道もよかったですよね。恒川さんって独特の作風で魅力的に感じています。
また遊びに来てくださいますか?うれしいです。

[C6168]

BEEさん、こんばんは。
ミステリ好きでホラーは苦手ですが、ホラーらしくなくてスムーズに読めました。
雰囲気や気配でその場の空気が変わっていたような印象が残ってます。

[C6177]

藍色さん、こんにちは。
夜市のルールは怖いですよね。
怖いのに読んでいくとしんみりとした感じになっていって、
読後は最初の印象と違っていました。

恒川さんの他の本はまだ読んでいないのですが、
藍色さんの記事みたら読みたくなっちゃいました。

[C6188]

藍色さん こんばんは。
いつも異世界が味わえる恒川ワールド、けっこう好きな作家さんです。私は表題作の方が好きかも。そうそう、日曜日は大変でしたね。お疲れ様でした。
あっ...『相棒』もう読まれたのですね。早いっ。私も手元にあるんですが、坂本龍馬とか知らないけど大丈夫かな~とか思ってたら、藍色さんの感想には「おすすめ」の文字を発見…これは読まねばなりません♪

[C6193]

藍色さん、こんばんは(^^)。
ほのかに漂う、幻想感。異界と現実世界がまじりあった、その時その場にいてしまったが故に、取り込まれてしまう、危うさ。
恒川さんの描く、美しい世界が、本当に怖ろしいですね。
見てみたいけれど、現実世界には帰れないかもしれない・・・。
うわ~、ゾクゾクしますね!
  • 2008-02-05 21:41
  • 水無月・R
  • URL
  • 編集

[C6198]

藍色さん こんばんは
この作品は私のツボでした 笑 本編ももちろん、いいですが、古道が何とも言えず、好きです!!

[C6199] 夜市は

怖いですね。知らずに迷いこんでしまったら、どうしようもない。しかしそれに魅せられてしまいそうな自分もいます。
  • 2008-02-05 22:51
  • たまねぎ
  • URL
  • 編集

[C6207]

アメコさん、こんばんは。
夜市のルール、怖かったです。その先の展開と結末に驚いて。印象が変わりましたね。
読みたくなったこと嬉しいです。あと二冊も読みやすいですよ。楽しみにしてます。

[C6221]

naruさん、こんばんは。
デビュー作から異世界に酔いました。表題作の独自の展開に一目惚れみたいな(恥)。
2月3日は長時間ログインできなくて泣きました。お気遣いありがとうございます。
『相棒』、私も幕末のことってあまり知らなくて…でも読んでみたら面白かったです。
始めは説明がくどいかもですが、両者が揃う26頁から楽しくなりますよ~。

[C6226]

水無月・Rさん、こんばんは。
現実世界と異界が繋がる時、もしそこにいたら否応なく巻き込まれてしまうかも。
怖ろしくも美しい世界、覗くだけならいいですけど足を踏み入れるのは危険ですね。
現実世界に帰れなかったら怖いです~。ひゃ~、ゾクゾクです!

[C6230]

yoriさん、こんばんは。
この二作、絶妙のカップリングでした。
風の古道、浪漫が感じられるみたいで良かったです。

[C6234]

たまねぎさんへ。
迷いこまないほうがいいはずの怖い夜市。
なのに不思議と魅力的で誘惑されそうです。

[C6249]

「夜市」で即、恒川さん好きになりました。特に「風の古道」がいいですね。恒川さんの作品には、今いる空間のちょっとした隙間に迷い込んだ感じがして、ゾクゾクしますね。で、それを利用する奴がいたりと、結構奥底では共通してるものがあって、恒川さん自身もこだわりがある気がします。
  • 2008-02-08 16:06
  • じゃじゃまま
  • URL
  • 編集

[C6264]

藍色さん、こんばんは!
ちょっと本の世界とは違う異界に入り浸っていたので、伺うのが遅くなりました。
『夜市』の衝撃度は大きかったですが、漂う哀切感のようなものにより惹かれました。文章もシンプルで美しい!
同時収録の『風の古道』も好みにドンピシャです。

[C6271]

じゃじゃままさんへ。
どこか身近にありそうな、恒川さんの描くリアルな異界にそう、ゾクゾクでした。
そういえば『秋の牢獄』でも悪用する人がいました。こだわりなのかも、ですね。

[C6290]

雪芽さん、こんばんは。
遅れはお気になさらずに。来てくださって嬉しいです。
「夜市」シンプルと美を兼ね備えた文章、意外な展開と切ない結末、惹かれましたね。
「風の古道」も素晴らしかったです。

[C6477]

お久しぶりです。
随分前にコメント&TBいただきましたのに、
再び遅くなってしまいすみません。

「風の古道」、よかったです。
今ある世界から少しだけ軸をずらしたことろにある世界。
一度読んでしまうと忘れられずに、
何度も図書館で借りなおして再読しています。
  • 2008-02-24 20:19
  • くろ
  • URL
  • 編集

[C6500]

くろさんへ。
正直言って、ちょっと心配してました。来てくださって嬉しいです。
「風の古道」、異界がとっても魅力的でしたね。おぉ何度も再読!わかりますよ~。

[C6996]

こわい中にも、切なさが漂う作品でしたね。
異空間へ行ったような感覚を味わいました。

[C7009]

花さんへ。
怖い上に切なさや懐かしさもありましたね。
幻想的な風景描写が印象に残りました。

[C7594]

藍色さん、こんばんわ。
『夜市』も『古道』も切なさが漂うような読後感で、とても素敵でした。とても空気が澄んでいる…というような異空間が思い浮かべられました。

[C7611]

romiさん、こんばんは。
独特の空気が感じられる異世界の物語、魅了されましたね。
行ってみたいような、行きたくないような、微妙な気持ちです。

[C8150] 夜市と風の古道

こんばんわ~!!!
夜市もおもしろかったけど、私は、風の古道にとても感動
しました。あのなんともいえない不思議感!たまりません!!!
おもわず、私の家の近くにあんな道ないかなーなんて思ったりしちゃいました。とても印象に残り、この話にめぐり逢えて本当に良かったと思います!!!

[C8153]

よもぎさん、こんばんは。
風の古道、不思議感に魅了されました。ご近所にあるかも?。
素敵な話に出会えてよかったですね。私もうれしいです。
(文末から膨大な空白があったため、管理人判断で転載しました。)

[C16718] 今度はこちらから

お久しぶりです。トナクです。
今度はこちらからトラックバックさせていただきました。

2編とも余韻の残る小説でした。表題作は長編で読んでみたいです。

[C16728] Re: 夜市 恒川光太郎

トナクさん、余韻は今でも鮮烈です。
TBありがとうございます。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


安心安全なアフィリエイト
チャペルを大通りで探す
02/04まで

カテゴリー