Entries

少女には向かない職業 桜庭一樹

著者はゲーム等のノベライズと、多彩なライトノベル作品を執筆。
東京創元社のミステリ・フロンティアシリーズの1冊で初の一般向け作品です。
「2006年度版このミステリーがすごい!」の国内編第20位を獲得しています。

山口県下関市の沖合いにある、面積三百平方キロメートル、
人口二万人くらいの島(本土との橋あり)に住む、
十三歳中学二年生女子の主人公・大西葵:あたし(語り手)は、
一見快活で無邪気な普通の生活をしているように見えて、
家庭には元猟師で今は酒浸りの義父という問題(ここ重要)を抱えていました。
夏休みに学校では目立たない、メタルフレームの眼鏡にオカッパの図書委員、
宮乃下静香と出会い、心をわしづかみにされた言葉から動き始めた、
その年の夏から冬にかけての出来事を克明につづります。

題名は「女には向かない職業」(著者はP・D・ジェイムズ、
主人公は私立探偵)からのもじりでしょう。初桜庭さんでした。
ミステリに加えてホラーみたいな要素もありますが、それだけじゃなくて、
誰でもが身に覚えがあって陥ってしまいそうな気持ちの揺れ動き、
悲しみと憤りの変質、閉塞状態の衝動などをわかりやすく伝えて、
印象に残る作風でした。
少女には向かない職業
関連情報 桜庭一樹の読了本
・・GOSICK-ゴシック-(シリーズ) 桜庭一樹
・・少女七竈と七人の可愛そうな大人 桜庭一樹
・・赤朽葉家の伝説 桜庭一樹
・・青年のための読書クラブ 桜庭一樹
・・砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹
・・桜庭一樹読書日記 桜庭一樹
・・ブルースカイ 桜庭一樹
少女には向かない職業 桜庭一樹
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/72-36ca19d5

トラックバック

[T113] 『少女には向かない職業』 小娘ハードボイルド

著者:桜庭一樹 書名:少女には向かない職業発行:東京創元社クール度:★★★★☆「このミステリーがすごい2006年版」第20位。中学2年生の大西葵は学校では冗談好きな明るい少女。一方家では、母、アル中の義父と鬱屈した暮らしを送っていた。そんな時、クラスでは目立た

[T115] 少女には向かない職業

「少女には向かない職業」 桜庭一樹桜庭さんはライトノベル界で話題の方だそうです。 これは一般向けレーベルで書かれた初作品。ちなみに桜庭さんは女性。下関市の沖合にある小さな島。 大西葵はその島の中学校に通う13歳。クラスではお調子者で人気者の少女だが、家では

[T116] 少女には向かない職業 [桜庭一樹]

少女には向かない職業桜庭 一樹 東京創元社 2005-09-22大西葵、十三歳。中学二年生の一年間で、私は人を二人殺した―。面白かった!一気読みしました。でもなんとなく、なんとなくですけれどこのラストには若干不満が…。ここまできたら、行ってしまえばよかったのに!(ど

[T128] 『少女には向かない職業』桜庭一樹

少女には向かない職業桜庭 一樹東京創元社2005-09-22by G-Tools島の夏を、美しい、とふいにあたしは思う―強くなりたいな。強くて優しい大人になりたい。力がほしい。でも、どうしたらいいのかな。これは、ふたりの少女の凄絶な“闘い”の記録。ぽっかり空いた穴をどう埋め

[T225] 少女には向かない職業 〔桜庭一樹〕

少女には向かない職業≪内容≫島の夏を、美しい、とふいにあたしは思う―強くなりたいな。強くて優しい大人になりたい。力がほしい。でも、どうしたらいいのかな。これは、ふたりの少女の凄絶な“闘い”の記録。(BOOKデータベースより)

[T330] 【読んだ本】少女には向かない職業/桜庭一樹

これは、「ふたりの少女の凄絶な《闘い》の記録」です。(『少女には向かない職業』カバー返しより)

[T351] 『少女には向かない職業』桜庭一樹

少女には向かない職業桜庭 一樹 2005年 東京創元社★★★★★いい頃もあった。怪物になったのは、いつなんだろう?あたしたちは幸せをいつ失ったんだっけ?山口県下関市の沖合いにある人口二万人、年寄り率高し、の、さびれた島で暮らす、中学2年生、13歳の大西葵

[T369] コズミック・ブランチ(宇宙の枝)

◆本日のひとこと◇ 「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、その人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。」 (新改訳聖書 ヨハネの福音書

[T374] 少女には向かない職業

桜庭 一樹少女には向かない職業「少女には向かない職業」桜庭一樹・著東京創元社・出版『二人殺した女の子の青春物語』 これ、あんまり期待してなかったのだけれど、とてもよかったです。 著者はライトノベルで有名な方だとか、、。(ライトノベルをち

[T850] 「少女には向かない職業」(桜庭一樹さん)を読んだ

主人公のお母さんが再婚した相手は腕の良い漁師であったが,足に怪我をして酒浸りの生活となり家族へ暴力を振るうようになる。

[T1192] [桜庭一樹] 少女には向かない職業

中学二年生の一年間で、あたしは人をふたり殺した。 夏休みにひとり。冬休みにもうひとり。 少女の魂は殺人に向かない。 だけどあの夏、あたしの近くにいたのは、あいつだけ。 宮乃下静香 -さつじんしゃ - ...

[T1248] 『少女には向かない職業』

今日読んだ本は、桜庭一樹さんの『少女には向かない職業』です。

[T1897] 少女には向かない職業 桜庭一樹

少女には向かない職業■やぎっちょ書評2007年初の5つ★です。でもね「よし!5つ★来ました~」な感覚はなくって、「あぁ、5つ★ってこうなんだ」「岩に染み入る蝉の声」ってこうなんだぁ、みたいな。正直、超、個人的感情なので他の人にはあまりグッと来ないかもしれま...

[T1927] (書評)少女には向かない職業

著者:桜庭一樹 大西葵13歳は、中学2年生の1年間にふたりの人を殺しました。1人

[T2029] 少女には向かない職業  桜庭 一樹

少女には向かない職業桜庭 一樹 07-53 ★★☆☆☆ 【少女には向かない職業】 桜庭 一樹 著  東京創元社 《各章の題名の付け方が楽しい作品だ》 内容(「BOOK」データベースより)島の夏を、美しい、とふいにあたしは思う―強くなりたいな。強くて優しい大人に

[T2048] 少女には向かない職業

少女には向かない職業桜庭 一樹 東京創元社 2005-09-22by G-Tools  桜庭一樹『少女には向かない職業』を読む。矢作俊彦『ららら科學の子』と引き比べるとひどくスカスカで空虚な代物だった。中学生二年生の大西葵は二人の人間を殺した。一人は養父、もう一人は同級生宮乃

[T2063] 少女には向かない職業

私こと大西葵は中学2年生。下関の沖合いの島に住み、ちょっとお調子者だがごく普通の中学生として暮らしていた。その不満はあるものの、平穏な日々があっけなく崩れ去ったのはひとりの同級生との出逢いだった――――

[T2399] 『少女には向かない職業』  桜庭一樹  東京創元社

読み終えて、本を閉じたあと、目の前が真っ白になって、頭のなかが「☆※&£★▼$・・・・・」って感じになってしまう。言葉にならない感情がうずまいてぼ~っとしてしまう・・・こういう感覚を味わえるのが読書の醍醐味のひとつだと私は思っているのですが、そういう意..

[T2702] 少女には向かない職業(桜庭一樹、東京創元社)

雑誌の紹介本コーナーに載っていて、気になったので図書館から借りてきた一冊。いやいや。昨夜のうちに、さらっと読んでしまいました。大西葵、13歳。中学二年生。人を、ふたり殺した。そんな告白から始まる、少女の一年間の、ぎりぎりの精神の記録。桜庭さんって、聞いたこ

[T2847] 少女には向かない職業⇔桜庭一樹

少女には向かない職業 〔桜庭一樹〕あの夏を美しい、とふいにあたしは思う。…強くなりたいな。強くて優しい大人になりたい。力がほしい。でも、どうしたらいいのかな。これは、ふたりの少女の凄絶な《闘い》の記録。ランキングエントリー中!■□■...

[T2848] 『少女には向かない職業』桜庭一樹

 島の夏を、美しい、とふいにあたしは思う。 ――強くなりたいな。 (略) 強くて優しい大人になりたい。力がほしい。でも、どうしたらいいのかな?(本文より) このタイトルを見て最初に思い浮かべるのは、P・D・ジェイムズの『女には向かない職業』だ。あっちはコー

[T2861] 少女には向かない職業(桜庭一樹)

桜庭作品2作目。1作目に読んだのが「めっちゃいぃーーーーっ!!」だと、2作目を読む前にちょっとドキドキする。あれと同じくらい好きになれるかな?あれが良すぎて、比べてしまってハズレ;;;となったら嫌だなとか思っちゃって。でも、これも好きでした。寝る前にちょっ

[T2955] 少女には向かない職業  桜庭一樹

以前『少女七竈と七人の可愛そうな大人』で紹介した桜庭一樹さんの『少女には向かない職業』です。冒頭から人をふたり殺したと始まったのはこの本になります。この作品は七竈ほど空気の濃さは感じなかったのですが、独特の雰囲気はやっぱりあると思いました。ゴシック....

[T2977] 少女には向かない職業

この本は"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!さんから紹介していただきました。著者:桜庭 一樹出版社:東京創元社紹介文:ブロガーさんに評判の桜庭一樹さん、初読みです。なんか、すごいですね、コレ。"少女には向かない職業"って殺人者?武器は&

[T3079] 少女には向かない職業/桜庭一樹 [Book]

 桜庭一樹:著 『少女には向かない職業』 少女には向かない職業 (ミステリ・フロンティア)桜庭 一樹東京創元社このアイテムの詳細を見る 少女には向かない職業=殺人。 けっこうセンセーショナルな出だしです^^;; でも、内容は、中2の少女の心の叫びで、 けっし

[T3092] 「少女には向かない職業」桜庭一樹

少女には向かない職業 (ミステリ・フロンティア)とにかく読みやすかったし、すごくおもしろかったです。まず帯の「あたし、大西葵13歳は、中学2年生の1年間で、人をふたり殺した。」というのと、目次の「一章 ◎用意するものはすりこぎと菜種油です、と静香は言った...

[T3336] 少女には向かない職業 桜庭一樹

少女には向かない職業 桜庭一樹島の夏を、美しい、とふいにあたしは思う―強くなりたいな。強くて優しい大人になりたい。力がほしい。でも、どうしたらいいのかな。これは、ふたりの少女の凄絶な“闘い”の記録。(「BOOK」データベースより)女子中学生二人の....

[T3366] 少女には向かない職業

桜庭 一樹 少女には向かない職業 ミステリーっぽくないミステリー。ってかミステリーじゃないんじゃ…。またまた色々考える本読んじゃいました。最近疲れてるからかなぁ…。だれか、時間をください。いや、本気で…。むしろ、誰かエントリーシートな

[T3627] 少女には向かない職業*桜庭一樹

少女には向かない職業 (ミステリ・フロンティア)(2005/09/22)桜庭 一樹商品詳細を見る中学2年生の1年間で、あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した-。これは、ふたりの少女の、血の噴...

[T3650] 少女には向かない職業[桜庭一樹]

桜庭 一樹 少女には向かない職業 中学二年生の大西葵の家には怪物がいる。それは酒浸りになり暴力を振るう義父である。学校ではそれをひた隠しにしてお調子者を演じている。 家庭の有様は似たような環境の男友達にしか話せない。 彼女に図書委員の宮乃下静香が近づき、

[T3914] 少女には向かない職業/桜庭一樹

読書期間:2007/12/13中学2年生の1年間で、あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した−。これは、ふたりの少女の、血の噴き出すような闘いの記録。痛切なストーリーが胸を抉る衝撃作。

[T4423] 少女には向かない職業

 謹賀新年!  文庫読みの宿命というか何というか、どうしても読書界最先端のトレンドには遅れがちである。  そんなわけで、ようやく初読みの桜庭一樹氏。  ミステリor推理というより、サスペンス。面白かった。 ・内容 あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した…

[T5472] 少女には向かない職業 桜庭一樹

少女には向かない職業 (ミステリ・フロンティア) あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した… あたしはもうだめ。ぜんぜんだめ。少女の魂は殺人に向かない。 誰か最初にそう教えてくれたらよかったのに。 だけどあの夏はたまたま、あたしの近くにいたのは、あいつだ

[T5580] 少女には向かない職業

 桜庭一樹 2007 創元推理文庫 青空と黄色いフリージア畑。廃墟となった建造物

[T5603] 少女には向かない職業/桜庭一樹

記念すべき初桜庭――が、なぜ本作かということに深い意味はなく、たまたま家にあったから。 少女には向かない職業 (創元推理文庫 M さ 5-1)桜...

[T5719] 「少女には向かない職業」桜庭一樹

少女には向かない職業 (創元推理文庫 M さ 5-1) 桜庭 一樹 JUGEMテーマ:読書 中学二年生の一年間で、あたし、大西葵十三歳は、人をふたり殺した。夏休みにひとり。それと、冬休みにもうひとり。 小さな島で過ごす中学2年生の大西葵。お父さんは亡くなり、漁師だ

[T7320] 少女には向かない職業<桜庭一樹>-(本:2008年147冊目)-

少女には向かない職業 (ミステリ・フロンティア) # 出版社: 東京創元社 (2005/9/22) # ISBN-10: 4488017193 評価:74点 内容(「BOOK」データベースより) 島の夏を、美しい、とふいにあたしは思う―強くなりたいな。強くて優しい大人になりたい。力がほしい。...

[T7418] 少女には向かない職業

少女には向かない職業 桜庭一樹 中学2年生の葵は、学校では明るく人気者、でも家では暗く無口な少女。 学校では暗く無口なクラスメイト、静香と夏休みに偶然出会った葵は 静香の立てた計画で夏休み、一緒に葵の義理の父を殺します 誰にもばれない完全犯罪を成功させ...

[T9777] 少女には向かない職業/桜庭 一樹

これまで何となく避けてきた桜庭一樹さんの小説を読んでみました。他の作品ではまた違うのかもしれませんが、この作品はライトノベル風で読...

[T13456] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2010-01-27 20:11

[T14468] 少女には向かない職業 / 桜庭 一樹 (東京創元社)

いかにもラノベだったので、敬遠していたけれど、いざ読んでみたら、勢いで読んでしまいました。 そりゃ、少女に殺人は向いていないだろうなあ……。誰にも向いてない職業だと思うなあ、それは。家族に不満を持ち、友人との関係に気を遣って生活している大西葵、...

[T16459] 少女には向かない職業 / 桜庭 一樹 (東京創元社)

いかにもラノベだったので、敬遠していたけれど、いざ読んでみたら、勢いで読んでしまいました。 そりゃ、少女に殺人は向いていないだろうなあ……。誰にも向いてない職業だと思うなあ、それは。-----------------------------------------------------------家

[T31779] 桜庭一樹 『少女には向かない職業』

              JUGEMテーマ:読書感想文        『少女には向かない職業』といタイトルからして  ...

コメント

[C143]

「GOSICK-ゴシック」は図書館で見かけたので、読んでみようと思っています。
イラストの可愛らしさを鵜呑みにしてもいいものでしょうか?
しっぺ返しがあるかも(笑)。

[C144]

こんにちは。
少女の心理描写は凄かったですね。
宮乃下静香がラノベ風で興味深かったです。
「容疑者X…」にもTBさせてもらいました。

[C145]

ミステリ・フロンティアはなかなか粒ぞろいで好きです。まだ読んでない作品もたくさんあるので、読んでいきたいです!

[C153]

桜庭さんは「GOSICK」1巻とこの作品の2冊しか
読んでいないのですが、少女の内面を良く描いていると思います。
他の作品もどんどこ追いかけたいところ。
「GOSICK」はシリーズ制覇を目指します!
TBさせていただきました。

[C164]

コメント、トラバありがとうございます。
語り手の葵の強くなりたい思いと、
それに気づくことができず、関わり救い出せなかった
大人の無力さが伝わってくる物語でもありました。

「GOSICK」も読もうと思っています。

[C257]

藍色さん、こんばんは!
表紙の写真が美しいですよね~
内容は随分とやりきれないところもあったのですが、読み終えた後、この表紙を見てちょっと救われたような気がしました。
  • 2006-06-26 20:30
  • エビノート
  • URL
  • 編集

[C262]

エビノートさん、こんにちは。
苦しくてやりきれない内容を晴らすかのような、表紙ですよね。
東京創元社のミステリ・フロンティアシリーズは、こうした空の写真が多いですけど、その中でも特にいいですね。

[C344] TBありがとうございました。

GyaOでドラマが放送されていますね。
http://www.gyao.jp/drama/shoujo/
もうすぐ終わっちゃうので、急いで見なくちゃ!と思っているところです。

[C346]

こばけんさん、こんばんは。
リンクつきコメント、トラバありがとうございます。
うわぁ!USENでドラマを放映しているんですね。これは見ないと、ですね。
父親が萩原聖人にビックリ!です。

[C384] コメントとTBありがとうございました

藍色さん、TBとコメントありがとうございました。
ミステリ・フロンティアシリーズは、私もチェックを入れていますよ。
 
 

[C388]

indi-bookさん、こんばんは。
トラバ、コメントありがとうございます。
ミステリ・フロンティアシリーズは、良い作品がそろってますよね。
「犬はどこだ」は、表紙が暗雲だったので、読むのが最近になってしまいました(笑)。

[C939] TBしました

古い掲載分ですが,気がついたので.よろしくお願いします。  千代
  • 2006-11-03 18:37
  • 千代 女
  • URL
  • 編集

[C944]

千代 女さん、こんばんは。
ご訪問、コメント、トラバありがとうございます。
私もミステリ好きなので、また合う記事がありましたら、トラバお気軽にどうぞ。

[C1480] 読みました。

こんにちは。

桜庭さんの作品、既読だったんですね。
私は初読みでした。
ストーリーは書き出しほどショッキングなものではなかったように思います。
葵の心境に引っ張られる感じで読みました。

桜庭さんはライトノベルの作家さんだと思っていたのですが、作品はイメージがちょっと違ってました。(いい意味で)
今後の活躍が楽しみです。


[C1489]

mintさん、こんばんは。
桜庭さんは私もこれから読み始めたので、mintさんに、いっそう親近感です。
淡々とした日常から、ふと足を踏み外して追い込まれていく葵の心境がリアルに伝わってきましたね。
桜庭さんはほかにも記事を持っています(「GOSICK」「少女七竈と七人の可愛そうな大人」)。なので、読まれたらのぞいてみてくださいね。
実は、おすすめの作家さんです(笑)。

[C2598] NoTitle

こんばんは、月季です。

桜庭さんは思春期の少女の描写をさせるとピカイチだと思っています。
「少女には向かない職業」も確かに良作だったのですが、その前に読んだ「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」の衝撃に負けてしまったという苦い過去があります(苦笑)

単行本で再登場しましたが、やはり富士ミスの挿絵付きで読むほうがおススメでしょうか。ぜひぜひw

それではこの辺で。
TBありがとうございました!!

[C2609] NoTitle

月季さん、こんばんは。
桜庭さんが描く思春期の少女の内面、そして言動。
これまで読んだ「少女七竈と七人の可愛そうな大人 」や「赤朽葉家の伝説」でもよく伝わってきましたよね。
「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」おすすめありがとうございます。
図書館に置いてなくて未読なのです。
富士ミスの挿絵付きで読むほうがよいのですね。
リクエスト、出してみようかなぁって思ってます。

[C3077]

ミステリフロンティアは、それほど読んでいないのですが(多分4冊目)今まで読んだ本はすべて良かったです。
この本もすっごく良かったので、藍色さんおすすめの桜庭さん、私もすっかりハマッてしまいそうです~

[C3091]

EKKOさん、こんばんは。
ミステリフロンティア、私も読めてるのはわずかですけど、はずれがないですよね~。検索ボックスに“フロンティア”って書いて押されたら、私が読んだ本がわかります(笑)。最近のおすすめは「ハルさん」です。
この作品、気に入ってくださってうれしいです。緊張感を持続させるパワーすごかったですよね。おすすめさせていただいてよかったです。桜庭さん、ハマッて一緒に追いかけましょう。「少女七竈と七人の可愛そうな大人」も独特の世界ですよ。

[C3506]

こんばんは。
かなり時間差ありのTBとなり、失礼いたしました・・・。
思えば、私はこの作品で桜庭さんと出会ったのでした。
もう、すっかり一般書の方でもおなじみの作家さんになりましたよね。
今は「青年のための読書クラブ」がはやく図書館に入らないかな~と、心待ちにしているところです。

[C3515]

くろさん、こんばんは。
時間差は気になさらずに。TB、コメントつきでうれしいです。
これが初桜庭さんだったのですね。そうそう、今では一般書でも広く知られる作家さんになってうれしいです。おぉ、「青年のための読書クラブ」読まれる予定なのですね。レビュー楽しみにお待ちしています。
よろしかったら継続中の「ゴシック」もどうぞ。

[C3725]

TBとコメントありがとうございました。
私もこの作品が初桜庭さんでした。
バトルアックスって女子にも簡単に扱えるものだったか?
それよりも、そのへんで売っているものなのか?
という基本的な疑問はすっきり無視して、とても読みやすい作品でした。
残念ながら図書館では待ちが出る状態で、なかなか次が読めません。

[C3732]

らぶほんさん、こんばんは。はじめまして。
ご訪問、コメント、TBありがとうございます。
らぶほんさんも桜庭さん初読みはこの作品だったんですね。おぉ、バトルアックスに目が行かれたのですか、なるほど。とても読みやすくてインパクトのある作品でした。
桜庭さんっていつのまにか人気作家さんになられてて、こちらの図書館でも何人か待たれています。
これからも、よろしくお願いいたします。

[C3744]

こんにちは。
なかなか衝撃的なお話でした。でも、暗く重いというのはあまり感じなかったんですよねぇ^^;そこに惹かれたのかもしれません。・・・と、自分のことなのによく分からないんですが;;;
なんとも言いようの無いお話でした。でも、これ好きです^^;
次に読む桜庭作品は、藍色さんにお勧めしてもらった「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」です。楽しみー。

[C3758]

すずなさん、こんばんは。
衝撃的でしたね。暗く重くをあまり感じなかったことに惹かれたのかも…なのですね。私はちょっとダメージでした。『赤朽葉家~』をすでに読んでいたから大丈夫だったのかもですね(読み間違い?)。
2作目を読む前のドキドキ、伝わってきました。ちょっと心配でしたけどこの作品も好きになられてよかったです。私もこの本はレビュー、上手く書けませんでした。なのでそれほど凹まずに(笑)。
次の桜庭作品は、「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」なんですね。桜庭さんの一般向け作家へのきっかけになった作品です。お勧めさせていただいたのでドキドキ。あまり期待しすぎないようにして読んでみてくださいね(←弱気)。

[C3879] 桜庭さんは

最近の作品では時代の移り変わりを背景に書いてますが、こういう閉塞した状況での渇望を描くのも悪くないんですよね。もっと色々と読んでみたいと思わせてくれます。
  • 2007-08-22 23:17
  • たまねぎ
  • URL
  • 編集

[C3885]

たまねぎさん、こんばんは。
そういえば、最近の作品は時代のことを取り入れてますよね。でもこうしたギリギリの少女たちの気持ちを描けるのも桜庭さんの特徴でした。この先どう変わっていかれるのか、とっても楽しみですね。

[C3911]

藍色さん、はじめまして。
TBをありがとうございます♪
桜庭さんは初読みだったのですが、面白いですね~。
大胆なストーリーなのに、心の動きや閉塞感が細やかに描かれていて、
共感できました。
他の桜庭作品も読んでみたいです。

[C3927]

ia.さん、こんばんは。
ご訪問、コメント、TBありがとうございます。
ia.さんも桜庭さんはこれが初読みだったのですね。入り口が同じでうれしいです。
葵の気持ちの移り変わりや閉塞感がしっかり描かれて、あちこち共感できました。
他の桜庭さんの作品、記事にリンクを貼ってますので参考にしてくださいね。
合う記事がありましたら、TB、コメントお気軽にどうぞ。
これからもよろしくお願いいたします。

[C4018]

こんにちは!
TBありがとうございました。
こちらからも送らせていただきますね!
(今頃で申し訳ないです)

桜庭さんはやっぱり「追い詰められた女の子たち」が上手い作家さんだと思います、私。

[C4028]

千砂さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
桜庭さん、いろんな作品でふたりの少女をモチーフにしていますよね。
キーワード「追い詰められた女の子たち」に、なるほどです。

[C4071]

 おっしゃるとおり、閉塞状態での苦しい心理などが
 うまく描かれてましたよね。
 
 タイトル、もととなるものがあったんですね。
 なるほどー。
 印象に残るタイトルですよね。

 桜庭さんの作品、たくさん読んでおられますね。
 私もこれから読んでみようと思います^^

[C4083]

桜庭さんは、閉ざされた場所で過ごす少女を描くのがうまいなぁと思いました。「少女七竈~」から読み始めたんですが、桜庭さんの描く少女には、すっかりやられてしまいました。今度は「砂糖菓子~」を読んでみようかと思ってます。

[C4086]

miyukichiさんへ。
読んでいて息苦しい感じが伝わってきました。
タイトル元は、リアルな女性ハードボイルドものですよ。 
桜庭さんの作品、とっても素敵なので、これからぜひ読まれてみてくださいね。

[C4106]

juneさんへ。
閉ざされた場所で悩みながら自分らしく生きようとする少女…が桜庭さんの作品のテーマのような気がします。
「少女七竈~」から読み始められたんですね。桜庭さんの描く少女ってクールで熱いのが特徴なのかも。魅了されます。お、今度は「砂糖菓子~」を。レビュー楽しみにしていますね。

[C4480]

他の桜庭作品の主人公に比べると「強い」という印象を受けましたが、やはり不安定な少女達の心は「弱い」ものなのでしょうね

[C4488]

しおさんへ。
悩みに対して自覚している分、「強い」印象がありますが、まだ少女なので不安定で心が「弱い」こと、それでもいいことに気づけないのが切なかったです。

[C4944]

葵も静香も、どこにでもいる少女でありながら
世界中にただ一人の少女なのだということが
胸にずしんとしみこみました。
葵と静香だけではなくて、ただ一人のその人自身なのですね。

ホラーっぽさもあったけれど、そちらに流されすぎずによかったと思います。
  • 2007-11-08 17:18
  • ふらっと
  • URL
  • 編集

[C4950]

ふらっとさんへ。
大人からはありふれた、どこにでもいると思われても、その少女は唯一無二の存在。
桜庭さんの強烈なメッセージが心に響きましたね。
ただ一人のその人のことを思い、考える大人が一人でも増えてくれたら…。
…ホラーっぽい印象、まだ消えずに残っています。

[C6991]

こんばんわ。TBさせていただきました。
本当に瀬悦ない話でした「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」と微妙に違いますけど、何だか思い出しちゃいます。
心にずしっときますね。
  • 2008-04-15 22:01
  • 苗坊
  • URL
  • 編集

[C7000]

苗坊さん、こんばんは。
「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」の後に書かれた作品です。思い出しますよね。
ふたりの少女がしてしまった事と心情。重みがあって切ない物語でした。

[C7125]

こんばんは。ようやく桜庭さんを読み始めました。
葵や静香のような殺意を抱えている子どもは、一体どれだけいるのだろうと思うと、胸が痛くなる物語でした。

[C7142]

香桑さん、こんばんは。
私はこれが桜庭さんの最初の本です。
追い詰められていく葵と静香が可哀相で心に突き刺さるような痛みが残りました。
殺意を抱いてしまう子どもに大人ができることは?って突きつけられたみたいでした。

[C7323]

ミステリー・フロンティアだったとは!
このミス20位とは!と二度驚きました。
中学生の女の子の気持ちがすごくよく表現されていたと思いました。

[C7341]

ななさんへ。
はい、それまでのラノベから一般書に活躍の場を広げた作品でもあります。
葵の不安な気持ち、頑張りがよく伝わってきましたね。
おすすめさせていただいたこと覚えていてくださって、とってもうれしいです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自動更新など

検索とお気に入り

風のようにうたが流れていた DVD-BOX


楽天からも購入できます。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
アマゾンの人気商品
ゲーム、本、おもちゃ、家電・カメラ、スポーツ&アウトドア、ホーム&キッチンのベストセラー1時間ごとに更新
こんな本が売れています。
文学・評論のベストセラー1時間ごとに更新


るろうにほん 熊本へ


米澤穂信と古典部


マスカレード・ナイト


星野源雑談集1


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


700番 第二巻/第三巻


コンピレーション・アルバム

蜜蜂と遠雷 音楽集


陸王


追想の探偵


羊と鋼の森


カエルの楽園


また、同じ夢を見ていた


女子的生活


村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-


しんせかい


蜜蜂と遠雷


あの家に暮らす四人の女


アンマーとぼくら


コロボックルに出会うまで 自伝小説 サットルと『豆の木』


コンビニ人間


海の見える理髪店



まことの華姫


君の膵臓をたべたい


楽天

希望荘


バベル九朔


東京會舘とわたし(上)旧館


教団X



文学効能事典 あなたの悩みに効く小説



ポイズンドーター・ホーリーマザー



掟上今日子の挑戦状


楽天

サブマリン


楽天

かがやき荘アラサー探偵局


僕は小説が書けない


楽天

THE IL BISONTE BIBLE (バラエティ)


ポーラースター ゲバラ覚醒


ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]


N響 プロムナード・コンサート


日本の伝統行事 Japanese Traditional Events


世界で一番美しい猫の図鑑


楽天
「JORGE JOESTAR」舞城王太郎/荒木飛呂彦
小説講座 売れる作家の全技術(仮)」大沢在昌
すごい本。

ミステリーの書き方

楽天

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

楽天

この作家この10冊


カテゴリー